共済も検討すべき?

共済も検討すべき?

共済には、都道府県民共済、全労済(こくみん共済)、JA共済などがあり、それぞれが生命保険と同じような保障を取り扱っています。

共済には、いろいろと種類があります。身近なところで、都道府県民共済、全労済、JA共済。この3つは、誰でも加入できます。その他に、業界ごとの共済(電気通信共済会など)もあります。

そして、そのほとんどが、生命保険と同じような保障商品を販売しています。

共済は、それぞれの協同組合によって運営されています。法的にも、制度的にも、成り立ちも保険会社とは異なります。

ただし、わたしたちが知っておきたいことは、以下の点でしょう。

生命保険の保険料のことを、共済では掛金と表現する。
生命保険の配当のことを、共済では割戻金と表現する。
保険会社が破綻したときは、生命保険会社保護機構が加入者を守ってくれる。共済には、そのような仕組みはない。
誰にとっても身近な存在である、都道府県共済、全労済、JA共済の3つについて、個別に見ていきます。

都道府県共済は、現役世代(60歳まで)重視の商品ラインナップ。安い掛金は魅力だが、老後になると、保障はだんだん薄くなる。

都道府県共済の代表として、都民共済を例にとります。

終身保障(一生涯の保障)の商品がない

都民共済の生命共済は、下表のようなラインナップになっています。

保障期間
こども型 0歳~18歳
総合保障型(熟年型に継続) 18歳~85歳(65からは熟年型)
入院保障型(熟年入院型に継続) 18歳~85歳(65からは熟年入院型)
保障は85歳まで、というのが微妙です。日本人の平均寿命は男性80.21歳、女性86.61歳(いずれも2013年)なので、女性の平均寿命より短くなっています。

ということは、生きているうちに、保障が無くなってしまう人が、かなりいることになります。
これが、掛金の安さの秘密です。

60歳以降、保障がじょじょに薄くなる

やはり都民共済の、入院保障型生命共済を例にとります。都民共済の、医療保障の主力商品です。

85歳まで、月の掛金が一律(年齢に関係なく)2,000円というのは、割安感があります。そのかわり、入院費用の負担が増えるであろう老後に、保障はドンドン薄くなります。

年齢 入院1日あたり 保障される
入院日数
~60歳
10,000円
124日
~65歳
7,500円
124日
~70歳
5,000円
124日
~80歳
3,500円
44日
~85歳
2,000円
44日
85歳以降
なし
なし
老後の医療保障を望む方々にとっては、不安な保障内容です。
加入するなら、70歳以降の保障はオマケ、と割り切った方が良さそうです。

後期高齢者になって、自己負担額が減るとは限らない

日本には高額療養費制度や後期高齢者医療保険があって、高齢になるにつれて、医療費の自己負担は低くなります。都民共済の医療保障が、上の表のようにだんだん薄くなる根拠は、そこにあるのでしょう。

しかし、自己負担割合は低くなっても、入院する確率は、高齢になるにつれて、どんどん上がります。

上のグラフは、厚生労働省『患者調査』(平成23年)をもとに、同世代の中での入院者の割合を、年代別に表しています。40歳台以降、着実に入院するリスクは上がっていきます。

これだけではありません。
同じ調査結果をもとに、入院1回あたりの在院日数も、高齢になるにつれて、だんだん長くなります。

70歳以降は、着実に長くなっいることが、見て取れると思います。

以上のことから、公的医療制度のおかげで、自己負担割合が減ると言っても、それによって実際の出費が減ると考えるのは、楽観的ではないでしょうか。
せいぜい、公的医療制度のおかげで、自己負担額は増えない、くらいに考えるくらいが、ちょうど良いです。

全労済は、現役世代(60歳まで)重視で、すっきりとわかりやすい商品内容。ただし、掛金(保険料)は、そんなに安くはありません。

全労済の、生命保険系の主力商品といえば「こくみん共済」です。何と25ものコースに分かれています。
そのほかにも、「新せいめい共済」が2コース、「いきいき応援」が1コースと、充実のラインナップです。

掛金(保険料)は、損保系生保・カタカナ生保より高い

数ある全労済の中から、「こくみん共済」の『終身医療5000』と「新せいめい共済」の『終身生命プラン』の掛金を、オリックス生命の同等の保険商品と比べてみましょう。
全労済の掛金は、さほど安くはありません。

全労済『終身医療5000』 vs オリックス生命『新CURE』
終身医療保障、入院日額5,000円、女性での掛金(保険料)の比較です。

加入年齢 全労済
『終身医療5000』 オリックス生命
『新CURE』
30歳
2,290円
1,707円
40歳
2,950円
2,022円
50歳
4,020円
2,772円
全労済『終身生命プラン』 vs オリックス生命『RISE』
終身死亡保障、死亡保険金500万円、保険払込60歳まで、女性での掛金(保険料)の比較です。

加入年齢 全労済
『終身生命プラン』 オリックス生命
『RISE』
30歳
11,450円
8,495円
40歳
17,650円
13,810円
50歳
36,050円
30,355円
明らかに全労済の方が高いです。
保険料(掛金)の安さを重視して保険を探すなら、全労済を候補に加える必要は無さそうです。

JA共済は、ほとんどがセット商品。掛金(保険料)は、そんなに安くはありません。オススメできません。

JA共済の商品ラインナップはとても充実しています。終身共済、一時払終身共済、医療共済、引受緩和型定期医療共済、がん共済、介護共済、予定利率変動型年金共済、養老生命共済、一時払養老生命共済、こども共済、定期生命共済など一通りの保障がそろっています。

商品の仕組みは、国内大手生保と似ています。
たとえば『終身共済』は、定期付終身保険そのものです。いわゆるセット商品です。
『お勧めできない生命保険』でご説明している通り、オススメできません。

また、死亡保険と医療保険のセット販売を、積極的に進めているようです。
ついつい不要な共済にまで加入させられそうで、心配になります。

掛金(保険料)は、そんなに安くはない

JA共済の『医療共済』と『定期生命共済』を、損保系生保・カタカナ生保の同等の商品と比較します。
JA共済の掛金は、さほど安くはありません。

JA共済『医療共済』 vs メットライフ生命『やさしくそなえる医療保険』
10年間の定期医療保障、入院日額10,000円、男性での掛金(保険料)の比較です。

加入年齢 JA共済
『医療共済』 メットライフ生命
『やさしくそなえる医療保険』
30歳
2,549円
2,087円
40歳
3,259円
2,767円
50歳
5,279円
4,407円
JA共済『定期生命共済』 vs オリックス生命『BRIDGE』
30歳~60歳までの30年間の定期死亡保障、死亡保障額1,000万円の掛金(保険料)の比較です。

加入年齢 JA共済
『定期生命共済』 オリックス生命
『BRIDGE』
男性
8,350円
3,464円
女性
5,000円
2,033円
定期保険(定期共済)は、掛金(保険料)の差が出やすい傾向があります。男女とも、2倍以上の差が付きました。

60歳までの保障を重視するなら、都道府県民共済は候補に加えたい。一生涯、老後の保障まで含めて考えるなら、共済は候補から外しても、良さそう。

60歳までの保障をお求めであれば、都道府県民共済の掛金(保険料)の安さは魅力です。掛金(保険料)が一律なので、特に40~50代の方にとっては、割安感が高いでしょう。

また、都道府県共済は、都道府県によって異なりますが、割戻金(生命保険の配当)があります。都民共済なら、支払った掛金の30%くらいが戻ってくるようです。

「共済は安い」というイメージは、都道府県共済によるところが大きいようです。
全労済やJA共済の掛金は、それほど安くはないようです。

一生涯の保障、老後の保障として保障を考えると、共済にはそれぞれ弱点があります。
損保系生保・カタカナ生保にしぼって検討しても、問題無さそうです。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る