がん保険の選び方 − がん治療の役に立つ医療保険

医療保険で、がん治療をカバーできるのは、当然のこと。しっかりと選べば、医療保険だけで十分なはず。

がんは、日本人の半数がかかり、死因の約30%を占める病気です。”医療保険”を名乗りながら、がん治療を十分に保障できないとしたら、それは欠陥品と言えるかもしれません。

個々の医療保険を見ていく前に、前のページであげた、がん治療の保障に望まれる4つのポイントを、おさらいしておきましょう。

保障の内容が、現代のがん治療にあっている。
将来、がんの治療法に変化があっても、保険で十分に対応できる。
入院は当然として、通院の治療でも給付金が出る。
手術は当然として、それ以外の治療法でも、幅広く保障する。
基本保障(標準で付いている保障)だけで、がん治療に十分に対応できる医療保険は、ほとんどありません。

人気の高い医療保険を一通り調べましたが、基本保障(標準で付いている保障)だけで、がん治療に十分に対応できる医療保険は、見当たりませんでした。

その理由は、ほぼすべての医療保険が、入院と手術の保障に主眼を置いているからです。
手術以外の治療に目配りをしている医療保険はいくつかありますが、不十分です。

がんには三大治療と呼ばれる、主要な治療法があります。手術、抗がん剤治療、放射線治療の3つです。
このうち、手術については、ほぼすべての医療保険で、基本保障のままで対応できます。
というのも、がんの平均入院日数は22.19日です(厚生労働省『医療給付実態調査(平成23年)』)。入院1日あたり10,000円にしておけば、お金が少しは手元に残るかもしれません。多少自腹を切るつもりであれば、1日あたり5,000円でも大きな助けになります。
また、金額に差はあるものの、すべての医療保険には、手術給付金が標準で付いています。手術をすると、一時金が追加でもらえます。
また、ほとんどの医療保険では、放射線治療を受けても、一時金が出ます。わたしが知る範囲で、放射線治療の給付金が基本保障に組み込まれていないのは、AIG富士生命『さいふにやさしい医療保険』くらいです。特約として用意されています。

というわけで、三大治療のうち、手術と放射線治療は何とかなりそうですが、抗がん剤治療の費用を基本保障で対応してくれる医療保険は見当たりませんでした。

また、基本保障で、通院の費用をカバーしている医療保険も見当たりませんでした。

医療保険に特約をつけるなら、がんの通院の特約か、診断一時金が実用的。

医療保険の基本保障では、通院による抗がん剤投与等の治療が手薄です。

これを特約で補うとしたら、まずがんによる通院を保障する特約です。
一般的な通院特約だと、入院前後の限られた期間の保障に限られてしまいます。入院することが前提条件になっていること、保障期間が3~6ヶ月くらいであることから、がんの治療には心細いです。がん専用の通院保障がほしいです。
基本保障で入院を、特約で通院を保障してもらえば、病院に支払う治療費を一通りカバーできます。

ただし、それでも保障からもれてしまう治療費があります。
たとえば、放射線治療や抗がん剤治療の副作用のために、漢方薬や食品を定期的に購入したり、カツラ(ウィッグ)など身に着けるものを購入したり。あるいは、治療実績の良好な病院が近所に無いときは、交通費や宿泊費などもそれなりにかかります。

そんなときに役立つのが診断給付金です。名前のとおり、がんの診断が確定したら、まとまった金額を受け取ることができる特約です。お金の使途を制限されません。また、診断確定が、給付金が出る条件なので、他の給付金より早くお金を手にすることができます。

大手生保、共済、かんぽ生命は、おすすめしません。

各社の医療保険の、がんへの対応状況をチェックするまえに、検討対象からはずす商品について、ご説明しておきます。
検討から除外するのは、大手生保、共済、かんぽ生命です。

かんぽ生命はそもそも自社の医療保険がありません。
それ以外については、以下に理由を説明します。

大手生保は保険料が高すぎる

日本生命、明治安田生命、第一生命、住友生命、朝日生命、三井生命などの大手生保も医療保険を発売しています。
どこも保険料が高すぎます。たとえば、日本生命『みらいのカタチ – 総合医療保険』の場合。損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の医療保険と比較します。30歳男性の入院日額10,000円プラン(保険料払込60歳まで)での比較です。

月々の保険料
日本生命
14,330円
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
4,939円
なんと3倍以上の価格差です。論外です。

JA共済も、保険料が高すぎる

まず、JA共済『医療共済』は、大手生保と同じく保険料が高すぎます。
掛金(=保険料)の払込期間が80歳までという特殊な仕組みなので、一般の医療保険と同じ条件での比較は無理です。そこで、あえて、東京海上日動あんしん生命の『メディカルKit自由設計プラン』による、払込期間を60歳までのプラント保険料を比べてみます。JA共済の方が、保険料を払い込む期間が20年も長いので、そのぶん保険料は大幅に安くなりそうなものですが・・・

月々の保険料
JA共済
10,055円
東京海上日動あんしん生命
9,610円
それでも、JA共済の方が保険料は高くなります。論外です。

都道府県共済は、老後にどんどん保障が薄くなる

都道府県共済は、地域によって内容が異なるため、一概には良し悪しを言いにくいです。ただ、以下のような特徴の共済が多いようです。

掛金(=保険料)は一定だけど、65歳以降保障がだんだん薄くなっていく。
終身保障ではない。
老後は、健康保険など公的医療保険の自己負担割合が低くなります。だから、保障がだんだん薄くなって、やがて無くなっても、なんとかなるかもしれません。
ただ、日本人の約30%ががんで亡くなることを考え合わせると、このような仕組みの保障を、がん対策としておすすめする気にはなれません。

こくみん共済は無難だけど、保険料はやや高い

こくみん共済(全労災)には、いろんなタイプの医療保険があります。その中で、『終身医療5000』なら、すでにご案内した2つの共済に見られるような難点はありません。

ただ、カタカナ系生保、損保系生保の医療保険と比べると、保険料はやや高めです。条件をそろえて、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の医療保険と比べてみます。40歳男性、入院日額5,000円での保険料です。

月々の保険料
こくみん共済
2,960円
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
2,327円
騒ぎ立てるような大きな差ではありません。ただ、カタカナ系生保、損保系生保の医療保険は、数十円~二百円くらいの範囲で保険料の安さを競っています。わざわざこくみん共済を、候補に加える必要はないと思います。

評判の良い医療保険の、通院給付金、診断給付金の対応をチェック!

それでは、カタカナ系生保、損保系生保の医療保険の医療保険の中から、評判の良い商品の、通院給付金、診断給付金の対応をリストアップします。いずれの給付金も、がん限定での対応状況です。また、ここでの通院給付金は、入院していなくとも支払われることを条件にしています。

保険商品 通院
給付金 診断
給付金
アフラック
ちゃんと応える医療保険EVER
×
×
AIG富士生命
さいふにやさしい医療保険
×
×
オリックス生命
新CURE


損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
新・健康のお守り


チューリッヒ生命
終身医療保険プレミアム
×
×
東京海上日動あんしん生命
メディカルKit自由設計プラン


三井住友海上あいおい生命
&LIFE新医療保険A


マニュライフ生命
こだわり医療保険v2
×
×
メットライフ生命
フレキシィ
×

メディケア生命
メディフィットA


通院給付金のところで、△となっているのは、抗がん剤治療の給付金です。抗がん剤治療に限り、給付金がもらえるタイプです。

通院給付金、診断給付金の療法ともが○である必要はありません。片方だけでも、十分な金額が支払われるなら、問題ありませんから。

また、保険料を考えると、両方の特約を付けるのは難しいかもしれません。
ちなみに、オリックス生命『新CURE』や、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命『新・健康のお守り』では、診断給付金特約を付けないと、通院給付金を付けることができません。これらの商品では、片方だけ付けるとなると、診断給付金を選ぶことになります。
どちらかを選べるときは、以下のことを参考にしてください。

診断給付金は、使い道を制限されず、早い時期にもらえるので、使い勝手は良い。ただし、100万円以上のまとまった金額を受け取るには、保険料も高くつく。
通院給付金は、給付金が出るための条件が診断給付金より多くなる。ただし、保険料は診断給付金より安価。
抗がん剤治療給付金は、治療法が限定されるかわりに、診断給付金より保険料は安い。
おすすめできる医療保険の特徴を、じっくりとご説明します。

上で、各社の医療保険をチェックしました。通院給付金、診断給付金に対応できている医療保険は6つでした。
上の表からは読み取れない、それぞれの医療保険の特徴を整理してみました。ご検討の参考になればと思います。

オリックス生命『新CURE』

この医療保険の目につく特徴は次のとおりです。

基本保障の中に、先進医療の保障が組み込まれている。
原則は入院1回あたり60日間保障だけど、基本保障の中で、七大生活習慣病の保障される入院期間が120日に、三大疾病は無制限に延長する。
特約は、がんの診断給付金と通院給付金の2つ。
オリックス生命は、医療保険に限らず、シンプルな商品構成にこだわっています。
医療保険『新CURE』では、他社なら特約にするであろう保障(入院期間の延長や先進医療)まで、基本保障に組み込んでいます。そして、特約はがんの保障強化に絞っています。

基本保障を他社より手厚くしているので、基本保障だけの保険料を比べると、すこし高くなっています。ただし、保障の中身から判断すると、割安感があります。他社の医療保険で、先進医療や入院期間延長の特約を付けると、ほとんどは『新CURE』より高くなるはず。

もっとも、厚生労働省『患者調査』などで入院日数の統計を見ると、三大疾病・七大生活習慣病のほとんどは60日間におさまりそうです。また、治療の現場で、先進医療が採用される機会はまだまだ少ないです。

三大疾病・七大生活習慣病による通院治療に役立ちそうな保障は見当たりません。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命『新・健康のお守り』

この医療保険の目につく特徴は次のとおりです。

基本保障の中に、先進医療の保障が組み込まれている。
手術給付金の金額が、入院給付金の5~40倍まで、4段階に分かれている。
10個の豊富な特約。それぞれのニーズに合わせて組み合わせ可能。
基本保障だけなら、業界トップクラスの安さです。
10個ある特約のうち、7つまでが直接がんの治療にかかわりがあります。これだけあると、迷ってしまいそう。このサイトのおすすめは、がん診断給付特約とがん外来治療給付特約です。

特約の数は多いですが、三大疾病・七大生活習慣病による通院治療に役立ちそうな保障は乏しいです。

東京海上日動あんしん生命『メディカルKit自由設計プラン』

健康還付給付金のある『メディカルKit R』が話題(?)ですが、こちらで取り上げているのは、同じシリーズの『メディカルKit自由設計プラン』です。
この医療保険の目につく特徴は次のとおりです。

名前のとおり、設計の自由度は、最高レベルで高い。
5疾病就業不能特約、3大疾病保障特約など、他社には珍しく、強力な特約が用意されている。
特約の内容は、他社より充実しています。他社が弱い、がん以外の大病でも、役に立ってくれそうです。「3大疾病保障特約」は、最高で300万円の給付金が出ます。

ただし、大手生保よりはずっと安いものの、基本保障の保険料はやや高めですし、特約の値段も高いです。カタカナ系生保、損保系生保の中では、高級路線という印象。

三井住友海上あいおい生命『&LIFE新医療保険A』

この医療保険の目につく特徴は次のとおりです。

日帰り~5日までの入院では、すべての場合に5日分の入院給付金が出る。
原則は入院1回あたり60日間保障だけど、基本保障の中で、三大疾病は無制限に延長する。
7個の特約。それぞれのニーズに合わせて組み合わせ可能。
箇条書きの上の2つのとおり、短期入院にも、長期入院にも強い、という仕組みです。そのぶん、保険保障の保険料はやや高くなっています。
ただ、厚生労働省『患者調査』などで入院日数の統計を見ると、三大疾病による入院期間が無制限になることのメリットを感じられません。
また、もともと治療費が安い5日以内の入院が、他社以上に手厚くなっていることに魅力を感じるかは、人それぞれでしょう。

メットライフ生命『フレキシィ』

この医療保険の目につく特徴は次のとおりです。

基本保障の中に、先進医療の保障が組み込まれている。
がん専用の特約は無く、三大疾病、七疾病で保障を強化する特約が用意されている。
他の医療保険が、がん専用の特約を複数用意しているのに対して、メットライフ生命『フレキシィ』は、がんを含めた三大疾病、七疾病の特約でカバーします。
一見、がんの保障が薄く思えるかもしれません。しかし、「特定疾病の一時金保障」という特約を付けると、がんの診断給付金として機能します。一時金の金額は50万円で、金額が小さい気はしますが、通算5回まで出ます。診断給付金の特約は、どうしても保険料が高くなりやすいので、難しいところです。

メディケア生命『メディフィットA』

この医療保険の目につく特徴は次のとおりです。

基本保障で、がんによる入院のとき、保障する入院日数が無制限に。
特約は8個用意されており、がんに使える特約は、他社より充実している。
『メディフィットA』はの基本保障はシンプルですが、保険料はやや高め。そこは弱点なのですが、特約のラインナップはなかなか充実しています。
たとえば、「がん診断特約」と「3大疾病保障特約」を付けておくと、がんと診断されたときに、両方の特約から一時金が出ます。
通院の特約はありませんが、「抗がん剤治療特約」が用意されています。

医療保険は、保険分野の中でも、もっとも競争が激しいジャンルです。保険料の安さでも、数十円~二百円くらいの価格差の間で、各社しのぎをけずっています。
ご自分の条件で、候補の医療保険の見積もりを一通り集めて、比較して決めてください!

« がんの保険に必要な条件
人気のがん保険を比較 »
数ある保険商品の中から、ご自分に合った保険を賢く選択する方法は、こちらをご覧ください。

生命保険会社は40社以上あります。その中から、ぜひ見積もりをとっていただきたい会社を、保険の種類(医療保険、終身保険・・・とか)別に厳選しても、4~5社は残りそうです。

ご自分に合った保険を選んでいただくためには、ここでご案内しているような保険商品の見積もりを、一通り集めて比較して判断いただくしかなさそうです。

生命保険を比較して選ぶ、手軽で安心な方法は、 賢い生命保険の入り方 をご覧ください。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る