生命保険の掛け捨て型と貯蓄型の比較

生命保険の掛捨型と貯蓄型の比較と選び方
 
生命保険に加入しようとした時に、掛け捨て型にするのか貯蓄型にするのが考えると思います。

掛捨て型の保険
 
解約をしたとしても、それまで掛けてきた保険料は返らないか、返ってきたとしても少額です。

貯蓄性は低いが保険料が安く抑えられるという利点があります。

保健期間を定めその間に死亡すると死亡保険金が受け取れる。
 
加入した保険が満期になった時に、被保険者が生存していたとしても満期保険金は支払われません。

契約期間満了時まで支払ってきた保険金が戻らないことから掛け捨てと呼ばれています。

掛け捨て保険は、損をするような感じで受け取るかも知れませんが、契約期間中にもしもの事があったとしたら、払い込んだ保険金がどんなに少ないとしても多額の保険金を受け取ることができるのですか保障という点だけで考えると決して損とはいえません。

掛け捨ての保険は、掛け金が少ない割に大きな保障を受け取ることができます。

貯蓄型の保険
 
満期になった時に満期保険金が受け取れたり、途中で解約した場合には解約返戻金が期待できる保険です。

この保険の特徴は、満期を迎えた被保険者が場合に死亡保険金と同額の金額が支払われます。

契約途中で死亡したときにはもちろん保険金が支払われます。

満期保険金に死亡保障が付加されていると一般的には考えられています。

当然、掛け金は掛け捨て型と比べると高くなります。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る