個人年金保険の内容

生命保険の個人年金保険の解説です
 
公的年金の不足を補う目的で加入するのが個人年金保険です。

個人年金保険は生存保険なので、基本的に死亡保険金はありません。

年金開始前であれば、既払込保険料相当の死亡給付金が支払われます。

個人年金保険には6種類あります。

1・有期年金
その期間に生きていれば年金が支払われます。
途中で死亡したら年金は終了します。
 

2・保証期間付有期年金
保証期間中であるならば、生死に関係なく年金は支払われます。
保証期間を過ぎると生きている場合に限ってあらかじめ定められた期間だけ年金が支払われます。

3・確定年金
生死に関係なく、定められた期間に年金が支払われます。

4・終身年金
生涯年金が支払われます。
死亡すると、その時点で年金は終了します。

5・保証期間付終身年金
保障期間中は生死にかかわらず年金が受け取れ、保証金後は生きている場合に限り年金が支払われます。

6・保証期間付夫婦年金
夫婦いずれかが生きている限り年金が支払われます
保証期間が付いています。

個人年金保険は老後の資金づくりのための保険です。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る