レーシック手術の費用はどれぐらい?保険は適応になるの?

記事監修者紹介
松葉 直隆
大学卒業後、損保ジャパン日本興亜代理店の保険会社にて5年以上勤務し、年間100組以上のコンサルティングを行う。
その後、2016年6月より保険ブリッジの記事監修を務める。

治療方法も年々簡単になっているなど、近年選択する人が多い「レーシック」手術。

しかし、気になるのは「手術」それも「目」の手術となると怖いイメージが拭い去れないのも事実です。

そこで今回は「レーシック」に関する基本的なことから保険適用に関する関連性までをご紹介します。

損をすることなく、安心して相談できる知識を身につけましょう。

この記事をざっくり言うと…
  • レーシック手術とは、視力を回復させるための手術。
  • 適応検査により、レーシック手術を断られる場合もある。
  • レーシック手術には主に、5種類の方法がある。メリット・デメリットもそれぞれ。
  • ソニー生命の医療保険は、最新の保険商品だから現代人が求める保険を基本となる主契約でカバー
  • 払込んだ保険料が全額戻ってくるお得な保険が新登場!
  • 保険料が一生涯上がらない!ソニー生命の医療保険はメリットがいっぱい

ソニー生命の医療保険

 

 

スポンサーリンク

レーシックとは?基本中の基本から整理しよう

今回ご紹介する内容は、あくまで基本的な内容です。

実際のレーシック治療については、きちんと病院で相談し説明を受けた上で行ってください。

レーシックとは何?

そもそも「レーシック」を簡単に言うと「視力を回復する手術」となります。

このレーシックはいわゆる医療行為、そして手術というカテゴリに入ります。

実際には、角膜にレーザをあてて照射して屈折力を調整することで、近視・乱視・遠視といった屈折異常を改善します。

その結果、視力が回復するということになります。

現在、最も一般的なレーシックは「マイクロケラトーム」と呼ばれる金属製カンナのような医療器具で、角膜表層にフラップ(ふたのようなもの)を作成した後に「エキシマレーザー」と呼ばれる機器を使い、角膜実質にレーザー照射を行うことになります。

この手術の技術も日々、進歩しておりフラップ作成に使用する機器の違い、フラップ作成の有無、エキシマレーザー使用の有無によって様々な手術方法が出てきています。

その分、レーシックを行う時間も短縮化され手術を受ける人の身体的負担も軽減されてきていると言われています。

ただし、誰もが必ず受けれるというモノではありません。

現在では、視力矯正手術として広く知られているレーシックですが、手術前に行なわれる適応検査の結果により手術が可能かそうでないかに分かれます。

実際に適応検査でレーシックをお断りされる方もいらっしゃます。

お断りされるのは「角膜が薄い」「強度の近視・乱視・遠視」「角膜形状不正」が認めれた場合です。

その他にも年齢制限や職業でも判断をされます。

レーシックは、簡単に視力を回復することができると言われていますが、やはりリスクがあります。

医療保険の解約返戻金とは?医療保険の解約返戻金について詳しく解説!

実際に受けた人の口コミを見ていると「コンタクトレンズや眼鏡の煩わしさから解放された」「裸眼で生活できるようになった」といったお声が多いの大して、「後遺症がなかなか治らず不安だ」「思ったよりも視力が上がらなかった」という意見も多数あります。

確かにレーシックで視力回復をしていても視力が期待するよりも改善しなかったという方もいらっしゃる理由は、レーシックにも限界があるということです。

レーシックをしたからといって、全ての人が「視力2.0」になる訳ではありません。

こうした事も踏まえて、しっかりと術前説明を受け納得した上で受けることも大事です。

将来に備えてソニー生命の医療保険をチェック

(参考:レーシックが受けれる人、難しい人)

~レーシックを受けられる人~
レーシックを受けられる人
  • 18歳以上(未成年は親の同意が必要)
  • 角膜の厚みが十分あり、術後も一定以上の厚みを残せる
  • 軽度~中等度の近視・乱視・遠視
  • 角膜の形状が正常
  • 眼の疾患がない
  • 妊娠中・授乳中でない
  • 傷の治癒に影響する疾患(重度の糖尿病やアトピー性皮膚炎など)がない
~レーシックを受けられない人~
レーシックを受けられない人
  • 18歳未満
  • 角膜が薄い
  • 高度の近視・乱視・遠視
  • 角膜の形状に異常がある
  • 白内障や緑内障など、眼疾患がある
  • 妊娠中・授乳中である
  • 傷の治癒に影響する疾患(重度の糖尿病やアトピー性皮膚炎など)がある

角膜について

レーシックの手術対象は「角膜」と呼ばれる部分です。

では、この角膜とはどの様なもので、どんな構造になっているのでしょうか。

角膜とは、一般的には「黒目」の部分とされています。

ドル建て保険ってどんな保険?その内容からおすすめの商品を解説します!

傷がつきやすい眼の傷を修復の器官が黒目、つまり角膜になります。

角膜は透明な組織です。

人の体の中である程度の機能を持ち活動している組織の中で「透明」なのは「角膜」しかありません。

とても綺麗な組織ですが、この角膜自体も汚れやすく、病気になりやすい場所でもあります。

角膜の働き

今度は、角膜の働きについても理解しておきましょう。

角膜は何気なく入ってくる視覚情報、光を目の中へ入れてあげること主な働きになります。

眼から入ってきた情報をしっかりと認識するのは網膜で像を得る必要があります。

角膜の働きとは、光の情報を網膜の上に集束させる、屈折させることになります。

外部から入ってきた情報は、角膜で1回屈曲し、さらにもう一度水晶体で屈曲して、網膜の上、網膜の中心部分の黄斑部という所で結像した後に、初めて私たちが認識することになるとされています。

ここまでのプロセスがないとモノを正しく認識しないとさえ言われています。

角膜の構造

 角膜の構造についても、ご紹介しておきましょう。

角膜は非常に薄い膜の組織です。

その厚さは約0.5mm。

表面から角膜上皮、ボーマン膜、角膜実質、デスメ膜、角膜内皮との5層で構成されています。

 

この中の角膜上皮は約5層からの細胞で構成されており、時間単位で新しい細胞が生まれ、古い細胞が表面から脱落していくという非常に活発な新陳代謝があるのが特徴です。

この特徴からもしも、角膜上皮に傷がついた場合にも、その傷は自然修復することになります。

また角膜神経という、角膜の周辺部から中央部に向かって網目状にたくさんの神経が通っており、その終着点が角膜上皮になります。

知覚が鋭いか鈍いかを示す角膜上皮下神経叢があり、この密度は指や歯の300倍から400倍ともいわれ超密度とされています。

この様に複雑ではありますが、私たち人間にとってとても大切な角膜です。

これを手術する訳ですから、レーシックを受ける際には慎重になる必要があるのです。

どんな方法で行うの?

レーシック手術にはいくつかの種類があります。

ここでは、今実績の多い手術についてご紹介していきますが、レーシックはどんな医療機器を使うかによるところが多く病院にある施設によりできない手術もあります。

今のうちからソニー生命の医療保険をチェック

方法①|アイレーシック(iLASIK)

米国AMO社の商標として登録されている「レーシック手術」です。

使用する機材・名称・ロゴがAMO社指定のものに統一されており、米国NASA・米軍認定(パイロット・軍人も手術可能)のレーシックとして有名です。

AMO社開発の医療機械を使用して、一人ひとりの眼球のゆがみ(収差)を測定した後、視力を矯正するため、術後の視界のにじみがなく、視力安定効果に優れるとされ、今人気の方法です。

<<メリット>>

1人1人の目に合わせたフラップを作るため、安全性が高い

合併症を発症しにくい

<<デメリット>>

手術費用が高額

手術を実施している眼科が少ない

まだまだ、国内で展開している病院が少なく普及率も低い

<<こんな方に>>

合併症が発症する可能性をできるだけ低くしたい人。

自分の目に合ったレーシック手術をしたい人。

フラップ作成 イントラレース FS60(Intralase FS60)、iFSフェムトセカンドレーザー
視力矯正 ビジックス・スター S4 IR (VISX Star S4 IR)
収差測定 ウェーブスキャン・ウェーブフロント(WaveScan WaveFront)、アイデザイン

方法②|Zレーシック

フラップの作成にFEMTO LDV(通称ダヴィンチ)を用いたレーシック手術の総称。

視力矯正で使われる機種により細部の名称は異なってきます。

イントラレースよりも照射時間が短く、術後の炎症が少ないが特徴。

<<メリット>>

術後の炎症が少ない

低エネルギーで緻密なレーザー照射が可能

<<デメリット>>

フラップがずれやすい

角膜が薄い人は手術を受けられない場合あり

<<こんな方に>>

激しい運動をすることが少ない人、目への負担をできるだけ減らしたい人むけ。

フラップ作成 FEMTO LDV(通称ダヴィンチ)
視力矯正 アマリス(Amaris)、アレグレットウェーブアイキューブルーライン(ALLEGRETTO WAVE Eye-Q Blue Line)など

方法③|イントラレーシック

フラップの作成にイントラレース FS60を用いたレーシック手術の総称(広義には、アイレーシックも含まれる)。

多くの眼科が採用している方法。

医療保険の保険料平均ってどのくらい?全国平均や見直しの注意点!

視力矯正にビジックス・スター S4 IR (VISX Star S4 IR)を使用するものは「コンベンショナル(イントラ)レーシック」と呼ばれています。

他のイントラレーシックでは、視力矯正前に眼球のゆがみ(収差)測定を行なったり、手術時にアイトラッキング(眼球の動きを追尾してレーザー照射する機能)を備えた機械使用。

強い近視や乱視にも対応できる特徴があります。

<<メリット>>

1人1人の目に合わせたフラップを作るため、安全性が高い

感染症が起こりにくい

<<デメリット>>

手術費用が高額

フラップの作成、接着にやや時間がかかる

<<こんな方に>>

強い近視や乱視で、他のレーシック手術が難しい人、感染症のリスクを減らしたい人

フラップ作成 イントラレース FS60(Intralase FS60)、INTRALASE iFS(Intralase FS60新機種)
視力矯正 アレグレットウェーブコンチェルト(Concerto)、アレグレットウェーブアイキュー(Eye-Q)、Technolas 217P、Technolas Z100、ビジックス・スター S4 IR (VISX Star S4 IR)

方法⑤|エピレーシック

フラップの作成にエピケラトームを用いたレーシック手術のこと。

マイクロケラトームよりも薄いフラップを作成しますが手術後、角膜上皮の再生とともにフラップが剥がれ落ちる特性があります。

角膜の厚さが不充分な人や、格闘技等の激しい運動をする人に向く方法です。

<<メリット>>

角膜が薄い人でも手術を受けることができる

激しい運動をしても、フラップがずれる心配がない

<<デメリット>>

手術後、痛みを感じやすい

術後数日間は、目を保護するためのコンタクトレンズを必ず装用しなければいけない

少し制限があることを理解しておく必要性があります

<<こんな方に>>

運動を頻繁にする人、角膜が薄い人

フラップ作成 Moria社・Ziemer社エピケラトーム等
視力矯正 NIDEK社エキシマレーザー等

レーシック手術

少し専門的で難しい内容をご紹介しましたが、ここからは今のレーシック手術の動向について見ていくことにしましょう。

手術の動向

近視の率が高い日本においては、すでにレーシック手術の基盤(土壌)が整ったと言わています。

比較的、新しい技術であるレーシック手術ですが、その技術力の向上もり件数は年々増えてきています。

一方で件数が落ちてきているなどの報道があるのも事実ですが、実際には年間5万件程度の実績があるとされています。

ただし、公的な件数の公表はされておらず地域性などによる件数動向は不明です。

件数が伸び悩んでいる、または減少していると言われている要因は、すでにご紹介している通り手術後のトラブルが起因していることが挙げられます。

見えにくいだけではなく、見えすぎるという意見もあります。

こうしたトラブルを避ける為にも、しっかりと説明を聞き、メリット、デメリットの理解やどういった方法を採用していくかにかかってきます。

概算でも費用を知りたい

手術後の成果と同様に気になるのが、「費用」の側面です。

レーッシクの費用

注意しないといけなのは「レーシックの費用は術式によって変わる」ということです。

基本的な考え方は、手術内容が高度になるほど高額になるという仕組みです。

最もシンプルなレーシック手術の場合、治療費の相場は710万円程度。

安価でレーシックを受けられるメリットは当然ありますが、角膜を切削する際にマイクロケラトームと呼ばれる金属製のカンナを使用するため、稀に知覚神経を傷つけてドライアイなどの後遺症をもたらしてしまうなどのデメリットが生じやすいとされています。

イントラレーシックは従来のレーシックを発展させてできた方法です。

すべての処置をレーザー照射によって行い短時間で正確に行えるメリットがあります。

後遺症が現れるリスクも低く、安全性にも問題がないとされていますが治療費は1020万円程度が相場となり高額になってしまいます。

 Zレーシックは、日本国内でも一部の治療機関でしか実施されていない高度な方法です。

眼球の形状をハイテクカメラで撮影し、個々人に最適なレーザー照射をコンピュータが計算して行います。

徹底的に安全性を追求したい方におすすめのコースと言えます。

治療費はより高額となり20万円以上かかります。

 アイレーシックは、角膜切削に要するさまざまな機器を同一メーカーに統一することで、より正確にカスタマイズしたレーザー照射を用いる方法です。

角膜のわずか数ミリ程度の微細な凹凸にも対応できるため、後遺症が現れるリスクが極めて低いとされ、術後の視界も非常にクリアになる魅力があります。

その分、30万円以上かかるとされ高額な金額となります。

高額な医療費に備えてソニー生命の医療保険をチェック

レーシックと保険の関係

決して、安いとは言えないレーシック費用と保険との関係を見ていきましょう。

保険適用される?

まず、そもそもですがレーシック手術には社会保険は適用されません。

確かに、医療行為である手術を行うので通常、保険を使う病気と同様に思う方も多いの恵はないでしょうか。

しかし、レーシックはある意味、美容整形と同じ様に自由に選択できる治療となります。

端的に言ってしまうと受けなくてもよいとされる分野なのです。

語弊があるかもしれませんが、レーシックを受けるのはあくまで本人などの希望に準じるという考え方です。

しかし、決して安価ではない手術代を全額個人負担となると家計の負担も大きくなるのは事実です。

そこで、少しでも家計負担を下げる方法もご紹介していきましょう。

医療費控除を受ける?

レーシック手術は、ご説明している通り社会保険の適用外となりますが、医療費控除を受けることが可能です。

医療費控除とは、ご主人とその奥さんや、子供たちなどの家族(親族)が、1年間に10万円を超える医療費を支払った年に申請できる制度です。

(総所得金額が、200万円未満のときは5%)基本的に申請は確定申告で行うことになります。

毎年11日~1231日の1年間を単位として行います。

母子家庭の医療費は免除になるの?医療費助成制度について詳しく解説

この時、 レーシックだけでなく歯の治療や病気、ケガの治療で支払った、医療費を合計することができるので、一年間の医療費明細は必ず保管しておきましょう。

ただし、必ずレーシックの費用が医療費として認められない場合があります。

職業上、メガネやコンタクトをつけては困るスポーツ選手や、強度の近視・乱視で日常生活に支障がある場合に、 レーシックの手術代を医療費として、認められることが多くなりますが、全てではありません。

対象になるかどうかについては、予め最寄りの税務署で確認をしておくこと方が良いでしょう。

保険の使える病院があるの?

既にご紹介している通り、社会保険が使えない自由診療であるレーシックであるため、保険が使える病院というのはありません。

これは、保険適用の範囲は国が定めたルール内で行う事が義務化されているためです。

これに違反をすると罰則など法的手段を下される場合もありますので、実際に治療を受ける際にはこうしたルールに乗っ取って治療を受ける様にしましょう。

医療保険を選ぶなら?ランキング5選を一挙公開!

松葉 直隆

医療共済と医療保険の違いや種類をご紹介してまいりましたが、ここからは民間の医療保険のおすすめ商品を紹介していきます。

医療保険ランキング1位 ソニー生命「メディカル・ベネフィット」

ソニー生命の医療保険 メディカル・ベネフィット おすすめ医療保険ランキング1位

①毎月の支払保険料

35歳男性の場合:2,025円~(健康還付給付金特則なしの場合)

35歳女性の場合:1,980円~(健康還付給付金特則なしの場合)

35歳男性の場合:4,610円~(健康還付給付金特則ありの場合)

35歳男性の場合:4,340円~(健康還付給付金特則ありの場合)

注意事項

※健康還付給付金特則を付ける付けない共に、保険期間・保険料払込期間共に終身の場合の保険料です。

また、保障内容は入院1日5,000円(1入院120日型)の場合の保険料です。

②保障内容

松葉 直隆

主な保障内容をご紹介します。
  • 保険金額:病気やケガでの入院1日につき3,000円から20,000円の範囲で1,000円単位で選択可能
  • 1入院の支払限度日数も60日・120日・360日から選択が可能
  • その他、手術・放射線治療・骨髄移植などの治療にも対応

③その他

先進医療に関しては特約で選択可能となっています。

また、健康還付給付金特則を付けない場合は、死亡保障の選択が可能となっています。

「メディカル・ベネフィット」の評価

医療保険検討者

松葉 直隆

主契約の保障が手厚いと言うのが特徴の一つと言えますが、最大の特徴は「健康還付給付金特則」というものです。
ソニー生命の医療保険 保障の特徴
  • 主契約が病気やケガでの入院・手術の保障であり、放射線治療や骨髄移植などの手術にも対応している
  • 先進医療や入院一時金・三大疾病*での入院による上乗せ保障などは特約によって追加できる
  • 三大疾病の入院は主契約での保障で1入院の入院日数と通算入院日数は無制限。=三大疾病にも手厚い保障

保障内容としては、バランスのとれた保険と言って良いでしょう。

三大疾病とは
  • がん
  • 急性心筋梗塞
  • 脳卒中
ソニー生命の医療保険の注目点

ただ、保険料は安くはないのですが、もう一つの特徴である「健康還付給付金特則」を付けると、あらかじめ設定した年齢までに入院給付金などを受けなかった場合、それまでの保険料が還付されます

また、入院給付金や手術給付金を受けている場合には、その給付金を差し引いた金額が還付されます。

この特則を採用している保険会社は少なく、20代・30代の方であれば、60代になったときに健康還付給付金を受け取った後に、保険の見直しがしやすくなるというメリットがあります。

注意

ただし、健康状態が良いと言う条件での話にはなります。

また、保険料の払い込みは終身となるので、実際に払い込む保険料は、他の保険会社の60歳払い済みなどと総額はあまり変わらないので、少し割高感はある商品と言えるでしょう。

ソニー生命の医療保険

スポンサーリンク

ソニー生命の医療保険をチェック

医療保険ランキング2位 東京海上日動あんしん生命「メディカルKit NEO」

あんしん生命のメディカルkit NEO 医療保険ランキング2位

①毎月の支払保険料

35歳男性の場合:2,229円~(健康還付給付金特則なしの場合)
35歳女性の場合:2,089円~(健康還付給付金特則なしの場合)
35歳男性の場合:4,589円~(健康還付給付金特則ありの場合)
35歳男性の場合:3,876円~(健康還付給付金特則ありの場合)

また、健康還付給付金の受け取りは60歳に設定しています。

注意事項

※健康還付給付金特則を付ける付けない共に、保険期間・保険料払込期間共に終身の場合の保険料です。
また、保障内容は入院1日5,000円(1入院60日型)の場合の保険料です。

②保障内容

松葉 直隆

主な保障内容は以下のとおりです。
  • 病気やケガでの入院1日につき5,000円・10,000円の2つのタイプから選択可能
  • 手術や三大疾病に罹った場合の保障も手厚い
  • 1入院の支払限度日数は60日型となっており、通算の支払限度日数は1095日

③その他

その他の保障としては、先進医療特約はもちろんですが、5疾病が理由での就業不能に関する給付金を特約として選択が可能です。

5疾病とは…
  1. 悪性新生物
  2. 急性心筋梗塞
  3. 脳卒中
  4. 肝硬変
  5. 慢性腎不全

「メディカルKit NEO」の評価

あんしん生命の「メディカルkit NEO」のポイントは何ですか?

医療保険検討者

松葉 直隆

主契約がシンプルな保険であることと、ソニー生命の「メディカル・ベネフィット」と同様に「健康還付特則」の付いた「メディカルkit R」もラインナップされていることです。

主契約は、病気やケガでの入院・手術を保障するだけの非常にシンプルな内容になっていますが、特約として三大疾病での入院に対して給付金を上乗せしたり、先進医療に対する保障を付けられたりと、保障内容は他社の商品と見劣りもしない内容となっています。

メディカルkitシリーズのメリット

大きな特徴の一つとして「メディカルkit R」があり、健康であればそれまで支払った保険料が戻ってくることで、保険の見直しもしやすくなるというメリットがあります。

また、この保険も保険料は決して安くないですが、若い世代にとっては将来の医療保険の見直しという面を考えるのであれば、面白い商品と言えるでしょう。

あんしん生命の資料請求(無料)はこちら!

医療保険ランキング3位 オリックス生命「新CURE(キュア)」

オリックス生命の医療保険新CURE(キュア) 医療保険ランキング3位

①毎月の支払保険料

35歳の場合:1807円~(男女ともに同額保険料)

保険期間・保険料払込期間共に終身の場合の保険料です。

②保障内容

松葉 直隆

主な保障内容は次の通りです。
  • 病気やケガでの入院1日につき3,000円から10,000円の範囲で1,000円単位で選択可能
  • 0歳から49歳までは5000円からとなる
  • 基本的な保障は入院・手術・先進医療特約のみ

③その他

基本保障がシンプルなため、特約が充実していると言ってもいい保険です。

がんや三大疾病に関する給付金などは、特約で備える形になります。

「新CURE(キュア)」の評価

オリックス生命「新CURE」のポイントを教えて下さい

医療保険検討者

松葉 直隆

保険料が安く保障内容も悪くない、コストパフォーマンスが良い保険と言える商品です。

主契約は、病気やケガでの入院・手術の保障とシンプルな作りとなっていますが、七大生活習慣病での入院の場合には、1入院の限度が60日増え、三大疾病の場合は入院日数の上限が無制限となります。

そのことから、七大生活習慣病・三大疾病への保障は手厚くなると言えます。

七大生活習慣病とは
  • がん(悪性新生物・上皮内新生物)
  • 心疾患
  • 脳血管疾患
  • 糖尿病
  • 高血圧性疾患
  • 肝硬変
  • 慢性腎不全
MEMO

また、先進医療の保障は基本的には、基本保障に組み込まれますが、「がん」に対する保障が特約で充実しているため、医療保険とがん保険を検討している方には、この商品である程度の保障は準備できると言って良いでしょう。

また、保険料の安さで言うと、他社の商品と比べてもお手軽な値段設定となっているので、若い方や子育て中の方など、あまり保険にお金を掛けられないと言う方にとっては、良い商品と言えるでしょう。

オリックス生命の新CURE(キュア)

 

医療保険ランキング4位 メディケア生命「メディフィットA(エース)」

メディケア生命「メディフィットA(エース)」医療保険ランキング4位

①毎月の支払保険料

35歳男性の場合:1,595円~
35歳女性の場合:1,525円~

保険期間・保険料払込期間共に終身の場合の保険料です。

②保障内容

松葉 直隆

主な保障内容は以下です。
  • 病気やケガでの入院1日につき3,000円から10,000円の範囲で1,000円単位で選択可能
  • 1入院の支払限度日数も60日・120日から選択が可能
  • 入院の通算支払限度日数の選択も可能(三大疾病・七大疾病での給付条件の選択)
  • 手術給付金の倍率の選択も可能

③その他

基本保障は、入院・手術に加えて、放射線治療や骨髄移植手術の保障となっていますが、先進医療や通院・がん・三大疾病に関しては特約で備えられるようになっています。

「メディフィットA(エース)」の評価

メディケア生命のメディフィットAのポイントを教えて下さい

医療保険検討者

松葉 直隆

メディケア生命の「メディフィットA(エース)」は、ソニー生命の保険と似ている商品と言えます。

主契約は、病気やケガでの入院・手術の保障と、放射線治療・骨髄移植などの治療への保障となっています。

また、特約として先進医療や三大疾病での給付金の上乗せや通院に備える保障が選べます。

注意

保険料は終身払いにすると安く見えますが、有期払い(60歳払い済み)にすると、少し保険料が高くなります。

しかし、それでも比較的お手頃な保険料と言えるでしょう。

医療保険ランキング5位 ネオファースト生命「ネオdeいりょう」

ネオファースト生命の「ネオdeいりょう」医療保険ランキング5位

①毎月の支払保険料

35歳男性の場合:589円~
35歳女性の場合:582円~

※入院給付金3,000円のみの場合

保険期間・保険料払込期間共に終身の場合の保険料です。

②保障内容

松葉 直隆

主な保障内容は以下のとおりです。

保障内容は、病気やケガでの入院1日につき3,000円・5000円・10,000円の3つのタイプから選択可能となっています。

また、主契約は入院給付金のみとシンプルな内容になっています。

③その他

手術給付金や先進医療や三大疾病など、幅広い保障はすべて特約となっていますので、自分好みの保険を作ることが可能と言えます。

また、健康な方には保険料の割引なども設定されています。

「ネオdeいりょう」の評価

ネオファースト生命の「ネオdeいりょう」のポイントを教えて下さい。

医療保険検討者

松葉 直隆

主契約が病気やケガでの入院に対する保障のみで、その他はすべて特約となっている保険商品であることです。それにより、自由な設計をすることが出来る商品です。
ネオdeいりょうの特約内容
  1. 先進医療
  2. 手術
  3. 退院後の通院
  4. がん診断給付金
  5. 抗がん剤治療など

上記以外にも様々な特約があるので、自分が必要だと思う保障内容の保険商品が作れてしまうのが魅力の一つと言えるでしょう。

保険料は特段安いとは言えませんが、シンプルな保障のみとするのであれば保険料も安く済ませることが出来るでしょう。

注意事項

特約が多いため、あれもこれもと特約を付けるのであれば、他社でバランスの良い保険商品を選ぶ方が無難と言えるかもしれません。

ただ、他社商品の内容が自分に合っていないと言う方であれば、自在にカスタマイズできるのは最大の魅力と言えるのではないでしょうか。

ネオファースト生命の資料請求(無料)はこちら!

医療保険の選び方

医療保険のおすすめの商品を紹介してきましたが、保険会社によって特徴が様々なので、どの商品が良いのか正直迷うと思います。

また、若い方であれば本当に医療保険のお世話になるのは60歳を超えてからとなるのが一般的ですの。

そのため、今の医療保険の内容と、将来の医療保険の内容が大きく異なった場合には、保険の見直しが必要となります。

今の保険料が安くても、60歳になったときに保険を見直して新たな医療保険に加入するとなれば、保険料も上がるでしょう。

考え方一つですが、健康に自信のある方であれば、健康還付特則の付いた商品を選び、60歳や65歳の時にそれまでの保険料を返してもらい、新たな保険に加入すると言うのも考え方の一つと言えるでしょう。

その場合、将来のことを考えるのであれば、今の保険料が少し割高でも、総支払額と言うところを考えると、安く済む可能性があると言うことを知っておいてください。

松葉 直隆

保険選びは迷うことが多いですよね。必要な保障をしっかりと考える事は大事ですが、総支払額を考えるのも大事なことと言えるのです。

病院選びのポイント

レーシック治療をするかを決めるポイントは金額だけではありません。

当然必要となるのが治療を受ける病院選びです。

大事な角膜に対して手術を受けるからこそ当然ではありますが、金額だけで選択する人も多く、そうした場合には後々にトラブルになりやすと言わざるをえません。

そこで、レーシック手術を受ける際の病院選びのポイントも整理しておきましょう。

 ポイント①|専門資格や手術実績がある医師がいるのか

非常に小さく、薄い角膜を手術するため繊細な技術を必要とすると言われています。

だからこそ、高度な知識と技術を習得した専門医や病院を選ぶことが大事です。

基本的には、治療を担当する医師が眼科専門医の資格を取得していること。

さらに、視力矯正手術のトレーニングを受けた執刀医が何人いるのかについても確認しておくべきです。

また、視力矯正手術について、その医院や医師の経験年数も合わせて確認することで、豊富な経験値を持っているかの確認をすることができます。

経験年数や処置数を確認することで、今までの実績を確認することができると同時に、様々なケースを確認していることによる安心感を得ることができます。

とはいえ、若い医師がすべてNGということではありません。

経験値が低い医師が担当する場合には指導できるベテラン医師が立ちあえるかななども判断材料の1つにしましょう。

 ポイント②|症例数を把握

医師と同様に病院全体での症例数も重要です。

専門的な機器を利用するレーシックの為、症例数が多ければ多いほど、専用機器の負担額が下がります。

これは、レーシック手術を受ける側の費用負担に大きく影響してきます。

また、医師だけではなく病院全体の症例数を確認することにより病院全体の設備の充実度合いなども分かってきます。

設備が悪ければ、患者さんはレーシック手術をうけないからです。

ただし、この症例数には注意が必要です。

症例数は二種類の単位で示され病院によって数の数え方が異なる場合があります。

「累計○眼(1眼単位で、両眼で2眼と数える)と示すもの」「1眼にしろ、2眼にしろ、ひとり1回あたり1件」と数える場合など、この差はとても大きく2倍の違いになります。

また、可能であれば1日あたりの手術件数も確認してみましょう。

どのくらいの頻度でレーシックを行っているかにより、最終的な経験値を把握することができます。

 ポイント③|手術前後の諸費用を含めた総費用

カウンセリング費、適応検査代、手術代、定期検診代、薬代などを合計して総費用の概算を把握しておきましょう。

あくまでも手術です。

手術前の診断も必要であれば、術後の経過観察期間での診察も必要です。

手術費だけを準備していたのであれば予算はオーバーしてしまいます。

若いうちからソニー生命の医療保険をチェック

レーシック手術と生命保険

レーシック手術には社会保険が適用されないという内容をすでにご説明していますが、生命保険の場合はどうでしょう。

これは、保険に加入した時期により変わってきます。

一般的に2005年4月以降に加入した(契約した)医療保険ではレーシックは適用外となっています。

それ以前の場合も、確実に適用されるとは言えません。

これには理由があります。

生命保険の医療保険は、イザという時の備え。

つまり、万が一というとっさの際を助けるためのモノです。

しかし、レーシック手術はとっさということで発生するものではありません。

イザという時の備えとは、内容が異なると判断されているためです。

これは、2005年以降の考え方です。

生命保険の保障内容は、各社に通っている部分も多数ありますが、こうした基本的な方針(ルール)は統一されています。

その為、どこかの保険会社で適用はされるが、他はダメということにはなりません。

金額が高額となるため、社会保険をはじめ生命保険会社の商品でも適用して欲しいと思うのは人情ですが、無理なことをせず出来る範囲での対応を行うことが適切でしょう。

また、こうした高額になる場合には病院により分割や医療ローンと呼ばれる分割支払いの方法を案内してくれる所もあります。

こうした制度を利用するのも1つの方法です。

ただし、2005年4月以上の医療保険についてはレーシック手術についても補填を行ってくれる場合があります。

保険会社によっては稀に移行期間としての猶予を持っている場合もあり得ますので、証書の内容を確認し保険会社に問合せてみるのが確実でしょう。

将来に備えてソニー生命の医療保険をチェック

まとめ

レーシック手術は今は、ポピュラーな方法となっており、安定した件数の手術が行われています。

しかし、治療費は安いものではなく、保険適用外の自由診療です。

眼を大事にし快適な視野、クリアな視野であり続けるためにもレーシック、そしてセルフケアについて改めて考えて頂きたと思います。

ソニー生命の医療保険

スポンサーリンク

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る