ロードサービスってなに?有名なJAFとその他サービスを理解しよう

自動車に乗っている方なら一度は見聞きしたことのある「ロードサービス」ですが、実際に利用したという人は実は少ないのです。

現在は、有名どころのロードサービスだけではなく、自動車保険の付随サービスとしても展開されています。

でも、つかった事がない人にとっては、何をしてくれるの?という疑問があるのもの。

そこで、今回は、ロードサービスが何をしてくれるのか?から、有名どころのJAFを中心として各種比較等もしていきます。もちろん、JAFのサービス内容もご紹介しますので、これを読んでロードサービスをおおいに活用してください。

1:そもそも「ロードサービス」ってなに?

頭を抱える男性

「ロードサービス」という言葉を知っている人は多いでしょう。しかし、具体的に何をしてくれるのかは、利用したことがないのでわからないという方も多いのが実情です。そこで、ここでは、そもそも論として「ロードサービス」が何をしてくれるのかについてご紹介しましょう。「ロードサービス」の基本知識もここで一緒に整理して頂きたいと思います。

1-1:ロードサービスでしてくれることは?

ロードサービスはほとんどの場合、任意保険、つまり自由に加入して利用することができます。少し前までは一部の保険会社でのみ取り扱いをしていて車両保険に加入している人だけが利用できるサービスでした。しかし、現在では代理店型、ダイレクト型(通信型)として様々なサービスが展開されています。

では、ロードサービスがどんなサービスをしているか。一般的なサービス内容をご紹介しましょう。

《ロードサービスのサービス内容(一般)》

内容

具体例

1

故障・トラブルへの対応

パンク、ガス欠、脱輪、バッテリーあがり、キーとじ込み、オイル漏れなど。サービスの利用条件は各社により異なる。

2

レッカー移動サービス

事故や故障時に自走不可能となった車を現場から修理工場まで移動。移動距離、条件は各社により異なる。

3

宿泊費、移動交通費サポート

遠方での事故などで現地での宿泊費、列車などの交通費、レンタカー費用などを負担。サービスの無い会社も。宿泊の可否や人数分の交通費といった条件は各社により異なる。

こちらを見て頂くとCMや各社のパンフでも見て頂いたことがある内容ではないでしょうか。実際には、通常利用している際に起きるトラブルについて対応してくれることになりますが、意外とそのサービス内容の範囲は広くなります。現在では一般的なロードサービスとは、ガス欠、車両のパンク、キー閉じこみなどのトラブルから、事故などによって自走不能時のレッカー移動、遠方でトラブルの際の宿泊費・交通費と広範囲にサポートしてくれることになります。一般的なサービスについては、各社とも似ていますが詳細な部分は各社により異なっています。

現在、ロードサービスを展開している会社が増えていることについても補足しておきましょう。実際にロードサービスを展開している会社は複数あります。それには、当然ですが理由があります。大手保険会社が1年間で行ったサービスの件数をご紹介しましょう。

◆故障車故障車の救援作業を行った後に、他の個所も点検しアドバイスした件数

(平成29年度実績)

<チェック項目8点>

①エンジンオイル/ブレーキオイル/クラッチオイルの量

②冷却水の量

③バッテリーの液量・端子の取付・本体の取付

④オルタネーターベルト/パワーステアリングベルト/クーラーベルトの張り

⑤タイヤの空気圧・磨耗・ヒビ割れ

⑥ワイパーゴムの亀裂・破損

⑦ヘッドランプ/スモールランプ/ウインカーランプ/ブレーキランプのパルプ切れ・レンズ割れ・レンズ汚れ

⑧その他点検事項及び特記事項

この8項目のチェックした結果、アドバイスが必要であった件数の「総件数は総件数:1,382,149件」になります。1社での件数としてこの件数を多いと思いますか?この件数は危険度ともイコールです。この件数は、自分たちが認識していなかった故障個所(メンテナンス要)の件数、つまり故障、または故障予備軍ということです。と考えると、同じ道路を走っている車にこの様な故障車がいるということになります。

1-2:各社の違いって?

不思議がる女性

こうした危険があるから、ロードサービスのニーズは格段に増加傾向にあります。では、そのサービス内容の比較をしていきましょう。

こちらでは、会社によりロードサービスの内容がどんな違いがあるかを参考にまとめたものです。

サービス内容ごとの保険会社の差

 

ガス欠

バッテリー、オイル漏れ

レッカー移動

A社

作業代のみ無料、 ガソリン代は実費必要

自宅駐車場などでのトラブルは対応不可

JAF会員のみ対応可能

B社

2年目以降は作業代、 ガソリン代も無料

トラブルの発生場所を問わず対応可能

自社指定工場まで50km無料。それ以外は有料

C社

高速道路上のみ作業代、 ガソリン代無料

JAF会員のみ対応可能

自社指定工場まで30km無料。JAF会員は45kmまで無料

大きな区分は違わなくても、細かい点で相違があることをご理解いただけますか?1つ1つを見ていきましょう。最初に注目するのはガス欠時のガソリン代の負担です。保険会社によってはガス欠時の作業代は無料でもガス欠時のガソリン代は有料の場合や、高速道路のガス欠のみ作業代もガソリン代も無料だったと違いがあります。自動車保険に加入する際には、どのような場合にガソリン代が無料になるかは抑えておきたいポイントです。

また、保険会社によっては、保険会社の指定する修理工場までレッカー移動サービスを無料で利用できる距離が決められている場合やレッカー移動サービスを無料で利用するできる場合もあります。その他にも宿泊費、移動交通費サポートは、サービス自体行っていない保険会社もあります。また、それぞれについても制限・条件が異なることがあります。現在、加入しているロードサービスがある場合には、こうした細かい点を確認しておくことが必要になります。

2:有名どころの比較「自動車保険と専門業者(JAF)のロードサービス比較」

JAFのロゴ

ロードサービスを検討する際には必ず「JAF」」が出てきます。業界最大手、そして知名度もNO1の企業です。ここからはJAFを軸としていくつかの観点で比較・整理していきましょう。ロードサービスの内容と同様に気になるのは、サービス体制や料金。ロードサービスはいざというときに、いかに早く、負担が少なく利用できるかがポイントになります。そこで、ここでは、一般的な自動車保険と専門業者(JAF)のサービス体制、料金について比較していきます。

■自動車保険と専門業者(JAF)の比較

 

自動車保険の ロードサービス

専門業者のロードサービス

保険会社

(一般的)

JAF会員

JAF非会員

入会金

なし

2,000円

なし

年会費

なし

4,000円

なし

サービス拠点

約9,300ヵ所

約1,700ヵ所

約1,700ヵ所

対応時間

24時間365日

24時間365日

24時間365日

バッテリー上がり

無料

無料

12,880円

タイヤパンク時のスペアタイヤ交換

無料

無料

11,020円

キー閉じ込み時の開錠

無料

無料

有料:12,880円

レッカー移動

60kmまたは最寄の指定工場まで 無料

15kmまで無料

有料:12,880円~ (距離による)

ガス欠時のガソリン補給

10L無料 (保険期間中1回)

実費

8,230円+実費

サービス対象

契約車両

会員

すべてのドライバー

(補足)

JAFの料金は8~20時、一般道で利用する場合。

自動車保険のロードサービスは、専門業者であるJAFのロードサービスと比較しても、大きな違いはありません。拠点数や無料レッカーの移送距離、ガソリン補給の費用に的を絞るのであれば保険会社の方が優れていそうにも思えます。ただし、保険会社によってサービス内容に違いがある点は繰り返しになりますが注意してください。

JAFと無料ロードサービス(損保・クレカ)との違い

ソニー損保ロゴ

JAFは有料ロードサービスです。入会金が最高2000円、年会費は4000円。最近では、ロードサービスについては自動車保険(任意保険)にセットされていることもあり、一部のガソリン系クレジットカードにはロードサービスが無料で付帯している場合もありますので、今度は、先ほどとは違う角度で比較してみましょう。

JAF

ソニー損保

エネオスカード

年会費

4000円(別途入会金2000円)

無料(保険料に含まれる)

無料 (ただし、クレジットカードを年1回も利用しなかった場合、翌年の年会費が1215円+税)

受付時間

24時間

24時間

24時間

拠点数

1693か所

9000か所

9500か所

サービス対象者

会員(JAF会員)

契約車両

会員(カード会員)

バッテリー上がり

無料

無料

30分以内の作業無料

タイヤ交換(1本)

無料

無料

30分以内の作業無料

パンクの応急措置

無料

無料

30分以内の作業無料

キーとじ込み

無料

無料

30分以内の作業無料

落輪(側溝・1輪)

無料

無料

30分以内の作業無料

ガス欠

無料+ガソリン代実費

ガソリン代実費。 ただし、自動車保険契約が2年目以降は10リットルまで無料(年1回まで)

無料+ガソリン代実費

故障車両の牽引

15㎞まで無料

50㎞無料 ※指定工場なら制限なし

10㎞までは無料

(自走不能)宿泊費用負担

なし

車検証定員数を限度に補償

なし

(自走不能)帰宅費用負担

なし

車検証定員数を限度に補償

なし

(自走不能)車両運搬費用

なし

制限なし

なし

こうして比較していくと無料でついてくるロードサービスの内容も充実していることをご理解いただけると思います。

3:有名どころの紹介「JAFを抑えておこう」

jafの車

では改めて、有名どころの「JAF」についてご紹介していきましょう。

「JAF」が選ばれる理由の最大は対象者」です。JAFは他人の車やレンタカーも対象となる点が最大の魅力といわれています。

それ以外にも様々なサポートがありますので、こちらをご覧ください。

そして、料金についてもご紹介しましょう。

一般道の昼間(8時~20時)料金

作業名

会員

非会員(一般)

基本料

作業料

合計

基本料

作業料

合計

バッテリー上がり

無料

無料

無料

8,000円

4,500円

12,500円

パンク交換

無料

無料

無料

8,000円

2,700円

10,700円

パンク応急処理

無料

無料

無料

8,000円

4,500円

12,500円

キーの閉じ込み

無料

無料

無料

8,000円

4,500円

12,500円

落輪(側溝1輪)

無料

無料

無料

8,000円

3,600円

11,600円

落輪(側溝2輪)

無料

無料

無料

8,000円

4,500円

12,500円

燃料切れ

無料

無料

無料

8,000円

無料

8,000円

故障車けん引

無料

無料

無料

8,000円

4,500円

12,500円

事故車けん引

無料

無料

無料

8,000円

4,500円

12,500円

一般道の夜間(20時~8時)料金

作業名

会員

非会員(一般)

基本料

作業料

合計

基本料

作業料

合計

バッテリー上がり

無料

無料

無料

10,000円

4,500円

14,500円

パンク交換

無料

無料

無料

10,000円

2,700円

12,700円

パンク応急処理

無料

無料

無料

10,000円

4,500円

14,500円

キーの閉じ込み

無料

無料

無料

10,000円

4,500円

14,500円

落輪(側溝1輪)

無料

無料

無料

10,000円

3,600円

13,600円

落輪(側溝2輪)

無料

無料

無料

10,000円

4,500円

14,500円

燃料切れ

無料

無料

無料

10,000円

無料

10,000円

故障車けん引

無料

無料

無料

10,000円

4,500円

14,500円

事故車けん引

無料

無料

無料

10,000円

4,500円

14,500円

高速道路の昼間(8時~20時)料金

作業名

会員

非会員(一般)

基本料

作業料

合計

基本料

作業料

合計

バッテリー上がり(PA・SA内)

無料

無料

無料

10,000円

4,500円

14,500円

バッテリー上がり(PA・SA以外)

無料

無料

無料

16,000円

4,500円

20,500円

パンク交換(PA・SA内)

無料

無料

無料

10,000円

2,700円

12,700円

パンク交換(PA・SA以外)

無料

無料

無料

16,000円

2,700円

18,700円

パンク応急処理(PA・SA内)

無料

無料

無料

10,000円

4,500円

14,500円

パンク応急処理(PA・SA以外)

無料

無料

無料

16,000円

4,500円

20,500円

キーの閉じ込み(PA・SA内)

無料

無料

無料

10,000円

4,500円

14,500円

燃料切れ(PA・SA内)

無料

無料

無料

10,000円

10,000円

燃料切れ(PA・SA以外)

無料

無料

無料

16,000円

16,000円

故障車けん引

無料

無料

無料

16,000円

4,500円

20,500円

事故車けん引

無料

無料

無料

16,000円

4,500円

20,500円

高速道路の夜間(20時~8時)料金

作業名

会員

非会員(一般)

基本料

作業料

合計

基本料

作業料

合計

バッテリー上がり(PA・SA内)

無料

無料

無料

12,000円

4,500円

16,500円

バッテリー上がり(PA・SA以外)

無料

無料

無料

19,000円

4,500円

23,500円

パンク交換(PA・SA内)

無料

無料

無料

12,000円

2,700円

14,700円

パンク交換(PA・SA以外)

無料

無料

無料

19,000円

2,700円

21,700円

パンク応急処理(PA・SA内)

無料

無料

無料

12,000円

4,500円

16,500円

パンク応急処理(PA・SA以外)

無料

無料

無料

19,000円

4,500円

23,500円

キーの閉じ込み(PA・SA内)

無料

無料

無料

12,000円

4,500円

16,500円

燃料切れ(PA・SA内)

無料

無料

無料

12,000円

12,000円

燃料切れ(PA・SA以外)

無料

無料

無料

19,000円

19,000円

故障車けん引

無料

無料

無料

19,000円

4,500円

23,500円

事故車けん引

無料

無料

無料

19,000円

4,500円

23,500円

※全て税込み 、燃料切れは燃料費が実費となります。

こうしたJAFですが自動車保険のロードサービスにおける大きな違いは(JAFの強み)といえば最初にご紹介した対象者の範囲です。

自動車保険のロードサービスは契約車両が対象となります。たとえば、実家に帰って親の車を運転して脱輪したというような場合には、ロードサービスは利用不可となります。

それとは違いJAFの場合は会員が対象となります。そのため、実家の車を運転していた、レンタカーを運転していた、友達の車を運転していた、といったケースでもあくまで対象は契約者になりますので無料でロードサービスを呼ぶことができる仕組みになります。これは大きな強み、魅力になります。

JAFの会員証

では、今度はまた少し角度を変えててみましょう。

JAFの魅力は他にもあります。JAFの損保やクレカのロードサービスにはない強みは「海外」エリアのサポートですです。JAF会員は海外旅行中、FIA(国際自動車連盟)に加盟する世界70ヵ国以上の海外自動車クラブから、ロードサービスや旅行情報提供などのサービスを受けることができるようになっています。身近ではないと考える方も多いのですが、意外と海外で運転する人が多いので魅力の1つとして数えられています。

そしてやはりサポート範囲が広い点は皆さんに選ばれるポイントです。ご紹介している価格表も時間帯で料金は異なりますがそのサポート範囲はやはり群を抜いています。そして特典の多さも魅力です。会員カードを見せるだけで割引になるお店は全国へ展開しています。こうしてご紹介するとJAFのすごさを分かっていただけるのではないでしょうか?

それだけでは、まだまだ情報が足りないという人向けに自転車保険会社として人気のチューリッヒ社との比較もしておきましょう。

■主なロードサービス比較(JAFとチューリッヒ社)

チューリッヒ

ロードサービス内容

JAF

チューリッヒ

レッカー牽引無料距離

15km

100km (指定工場までなら無料)

ガス欠時のガソリン代

有料

10Lまで無料 (1回のみ)

キー閉じ込み

無料

無料 (1回のみ)

バッテリー上がり

無料

無料 (1回のみ)

パンク時のスペアタイヤ交換

無料

無料

各種オイルの補充

オイル代有料

オイル代無料

冷却水の補充

冷却水代有料

冷却水代無料

灯火類バルブ交換

バルブ代有料

バルブ代無料

落輪引き上げ作業

無料 (有料の場合有り)

無料 (有料の場合有り)

チューリッヒに限らず、自動車保険のロードサービスには、レッカー牽引を利用した場合に以下の費用を補償するサービスが設定されています。

  • 修理後の車の搬送費用
  • レンタカー代
  • 宿泊施設利用料 等

JAFの場合には提携先の宿泊施設などを紹介してくれますがその費用の補償はしてくれないこともあり、長距離を運転する人にとっては検討する内容になるかもしれません。

4:自動車保険のロードサービス

故障車

今度は、自動車保険でサポートしてくれるロードサービスの内容をご整理していきましょう。今では多くの自動車保険にはロードサービスがセットされています。自動車保険に加入すればロードサービスは自然とついてくるイメージです。代表的なロードサービスは自力走行不能ととなった場合の「レッカー牽引」、「車両トラブルの対応」、帰宅困難となってしまった際の「宿泊・帰宅費用サービス」などです。

サービス①|レッカーサービス

運転中に自動車が自力走行不能な状態や自力走行が危険な状態となった時に頼りになるサービスです。実際には故障時に修理工場まで故障車をレッカーで牽引・搬送を行ってくれるサービスになります。 「自力走行不能」とはトラブルで車両が動かない、または道路交通法上運転してはいけない状態のことを差します。 修理工場までの無償の距離範囲や修理工場の指定など無償のサービスは各保険会社により詳細は異なります。有料自動車道路でトラブルが起きた時の高速料金等についてもサポートする保険会社もあります。

サービス②|車両トラブル

<落輪引き上げ・引き降ろし>

うっかり縁石に乗り上げて降ろせなくなってしまった場合や側溝(どぶ)にタイヤがはまってしまった場合など、自力走行不能な場合に引き上げ・引き降ろしを行ってくれるサービスのことです。全ての車輪が落輪している場合などクレーンや特殊作業などを伴った対応が必要になり、そうした場合には場合は別途費用請求が生じることもおあります。また引き上げタイヤの本数に制限がある場合もあります。

<ガス欠>

これもうっかりの事態です。走行中にガス欠になった場合にガソリンを届けてくれるサービスがあります。ほとんどの場合、自宅駐車場やそれと同等の場所と判断された場合はサービス外になりますし届けてくれるガソリンも無償で10リットル給油というのが一般的です。ガソリンは届けてくれますがガソリン代は有料となっている場合もあります。

<バッテリー上がり>

バッテリー上がりはロードサービスの中でもダントツで出動回数が1位のトラブルです。バッテリー上がりはエンジンがかからない状態の時に疑いますが、ライトの消し忘れや長期間車に乗らなかったなどの自然放電、バッテリーの寿命なども原因になります。ロードサービスの応急処置としては「ジャンピングスタート」という方法でエンジンを始動させてくれます。

<パンク時のスペアタイヤ交換>

JAFの救援データではタイヤの交換は2017年の1位の出動数となっています。車のスペアタイヤの搭載は以前では義務でしたが現在では搭載義務はありません。スペアタイヤがない場合は応急修理キットでの修理で一時的に対応できる場合があります。修理できない場合にはレッカー対応となってしまいます。

<キー閉じ込み>

車のカギをなくした時や車のカギを車内に置いたままドアをロックしてしまったりした場合に開錠対応してくれるサービスのことです。保険期間内で1回だけ利用できるサービスと利用制限があります。最近では「スマートキー」が増えていますが防犯効果は高いですがロードサービスや鍵業者では対応できず、自動車ディーラーへの再発行が必要になることが多くなっています。

<宿泊・帰宅費用>

走行中の車の故障でレッカーサービスを利用すると、車が運ばれてしまい移動手段がなくなります。基本的には搭乗していた自動車がレッカー牽引されてしまうと搭乗者は困ってしまうので普通です。また故障が夜間だった場合にはもっと困ることになります。そんな場合に備えてロードサービスの中に宿泊や帰宅費用をサポートしてくれる内容を含んでいる保険会社が増えてきています。負担してくれる金額や宿泊施設の制限などは保険会社により様々ですが、もしもの際に安心できるサービスです。

その他にも各種サービスがあります。ロードサービスは現在多くの自動車保険で自動的につく様になっています。「JAFへ加入しているからロードサービスを外して保険料を安くしたい」と思っても、そうはいきません。JAFは入会金2,000円の年会費4,000円かかるので、自動車保険のロードサービスのサービス内容で十分だとされています。JAFと提携している保険会社も多くありJAF会員であれば自動付帯のロードサービスの内容よりサービス内容が手厚かったり追加のサポートが受けられたりする保険会社もあります。実際には、どういった手法を選択するかになりますが、重複しているサービスがあることが殆どになっていると思ってください。その他にも保険会社独自のロードサービスの内容があったりトラブルの対応以外に故障や情報の相談窓口のサービスが設けられていたり、オイル交換や冷却水の補充なども含まれる場合などもあります。最近では特に、自動車保険のロードサービスはついていて当たり前。そして、充実していて当たり前というのが常識です。JAFと比較して、どこまで自分が求めるサービスがあるかを整理しておくことも大事です。

有名どころについて自動車保険に加入した場合についてくる「ロードサービス」の内容を整理しています。

対応サービス

レッカー サービス

車両トラブル

宿泊・帰宅費用

対応内容

無料の 範囲

落輪

ガス欠

バッテリー上がり

パンク時のスペアタイヤ交換

キー閉じ込み

宿泊費用 限度額

帰宅費用 限度額

車両搬送限度額

あいおいニッセイ同和

30万円

10ℓ

1万5千円/名

2万円/名

15万円

アクサダイレクト

35km

有料 (10ℓ)

搭乗者全員分の 宿泊費1泊まで

被保険者の同乗人数 車検証記載の乗員を限度

無制限

イーデザイン損保

60km

10ℓ

SBI損保

50km

10ℓ

1万5千円/名(1泊まで)

無制限

無制限

セコム損保

100km

10ℓ

セゾン自動車火災

15万円

10ℓ

1万円/名(1泊まで)

2万円/名

15万円

損保ジャパン日本興亜

15万円

10ℓ

チューリッヒ

100km

10ℓ

搭乗者全員分、全額補償(1泊まで)

搭乗者全員分全額補償

無制限

東京海上日動

15万円

10ℓ

5万円

※タクシーの場合1万円/台

10万円

三井住友海上

30万円

10ℓ

1万5千円/名

2万円/名

15万円

三井ダイレクト

50km

有料 (10ℓ)

JAF

15km

有料

注意)上記図は1年目サービス / 通常付帯サービス に限定して作成しています。

また各項目については、諸所の条件が設定されていることもありますので加入時等には詳細な内容を確認してください。

(*)ロードサービスセンターが指定する最寄りの修理工場まで、距離の制限なく無料 〈1〉保険期間中1回 〈2〉30分以内の作業分 〈3〉ビジネスホテルクラス 〈4〉最寄りのホテル 〈5〉搭乗者全員分(グリーン車など合理的でない経路や方法は対象外となります) 〈6〉レッカー牽引の提供範囲は、自力走行不能となった現場から搬送する1回目のみとなります。一度修理工場・自宅・近隣駐車場などに搬送した後の二次搬送費用はお客様のご負担となります。 〈7〉レッカーけん引(運搬費用)と応急処置費用と合計15万円限度 〈8〉合計で30万円限度 〈9〉2万円(税込)までの落輪引き上げ などの諸条件が定義されています。これらについては、保険会社の保険内容そのものの見直しなどにより変更することもあります。

5:まとめ

整備をする女性

ロードサービスといえば、車のトラブル時に助けてくれるサーパーマンのイメージも持つことができますが、実際には加入していることが前提の保障サービスになります。故障の対応の後に加入するということもできていましたが、徐々にそのサービスもなくなってきているのが実情です。

また、JAFなどについては会員でなくても利用することが可能ですが、利用料が格段に上がることになります。万が一、がないにこしたことはありませんが、いざという際の備えとして加入しておくことも大事でしょう。そして、自分のライフスタイルでサポート内容を選ぶことも大事です。長距離が多い場合やそうでない場合でもサポートしてもらえる内容に何が必要かが変わります。もちろん、何が起きるか不明だからこそ広範囲でサポートをしてもらうという考え方もあります。

現在では、車に乗る人は多く、そして事故も増えてきている時代です。そのため、以前と比べいくら気をつけていても事故に遭遇する可能性、確率は格段に増えたといえます。「もらい事故」という言葉を聞いたことがあると思います。この言葉が生まれたのは、まだ数年まえなのです。こうした言葉が生まれるほど、交通事故は身近で起きます。

だからこそ、ご自分やご家族のためにロードサービスの加入については、今一度、考えて頂きたいと思います。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る