生命保険は加入した方が良い?入るメリットとデメリットをまとめてみた

記事監修者紹介
松葉 直隆
大学卒業後、損保ジャパン日本興亜代理店の保険会社にて5年以上勤務し、年間100組以上のコンサルティングを行う。
その後、2016年6月より保険ブリッジの記事監修を務める。

「生命保険とその加入」に焦点を当てて考えてみませんか?

生命保険の加入は任意であるため、加入するにあたってメリットがなければ自分にとって価値がないものです。

生命保険に加入するメリットやデメリットを中心に、生命保険の種類や定義について解説していきます。

最近では医療保険やがん保険もまとめて生命保険と呼ばれていますが、そもそもの定義は違うんですよ。


この記事をざっくり言うと…
  • 保険の加入率は約80%にのぼるが、大切なのは全体の加入率ではなく、どの保険がどれだけ加入されているか
  • 保険の加入は自分の意思であることから、賛否両論あるため見極めることが大切
  • 生命保険は万が一の時に備えられ、保険の内容や形次第では保険金が必ず受け取れたり貯蓄性がある
  • 加入する保険によって落とし穴が違うため、加入している/加入予定の保険がどのタイプがきちんと把握する
  • 保険相談を検討するなら、店舗型では保険見直し本舗、訪問型では保険見直しラボといった無料相談サービスがおすすめ。
  • どこに相談するか迷う人は、平均業界歴11.8年のベテランFP揃いで取扱い保険会社数も30社とトップクラスの保険見直しラボ無料相談をおすすめします

 

 

生命保険の保険相談、無料の代理店なら保険見直しラボがおすすめ!

 

\1分で完了/

保険見直しラボ公式HPはこちら

「保険ブリッジ」読者が選んだ いま人気の保険相談サービスはこちら!
gmocoin
日本最大級の全国254店舗!店舗がない場合は訪問サービスで受付も可能! 公式HP
bitpoint
無料相談満足度約90%!今なら無料相談で人気商品プレゼント! 公式HP
bitmex2
いいとこ取りオーダーメイド保険 今なら無料相談で仙台熟成牛タンがもらえる!! 公式HP

生命保険の定義と種類、加入率

松葉 直隆

生命保険という言葉はよく耳にしますが、それがどんな保険を指すのが知っているでしょうか?

今では「万が一の事態に備えるための保険」全般に使われていますが、実は生命保険とはある一定の条件を満たした場合のみにお金が支払われる保険です。

最近では医療保険やがん保険なども併せて「生命保険」と一括りにされてしまっています。

注意事項
確かに、将来の事故や病気の事態に備える保険なので生命保険ともいえますが、生命保険の定義としてはこれらの保険は当てはまらないのです。

これから生命保険の加入を考えている人は、生命保険がどういった保険なのか、どんなメリットやデメリットがあるのかしっかりと理解してから保険に加入するようにしましょう。

生命保険の定義とは

生命保険の定義とは
「人が一定の年齢まで生きた場合、または死亡した場合に約束(契約)した金額のお金を受取人に支払う保険」のことです。

この定義から生命保険を分類すると、医療保険やがん保険は当てはまらないことになります。

松葉 直隆

生命保険は死亡保険・生存保険・生死混合保険に分類され、そこから死亡保険の定期・終身、生存保険の定期・終身…などと枝分かれしていきます。

つまり簡単に言ってしまえば、死んでしまった場合や、将来身体を動かすことができずに働けなくなった場合などに備えた保険のことです。

最近では保険と名前がつくものすべてが「生命保険」と一括りにされていますが、本当の意味から紐解くと医療やがんなどの保険は含まれないのです。

MEMO
医療やがん保険はあくまでも生きている期間の通院や入院資金を支える、いわば生活を支える保険です。

生命保険の種類

保険の種類
  • 死亡保険
  • 生存保険
  • 生死混合保険

例えば、死亡保険は被保険者が亡くなった・高度障害者になってしまった場合に、保険金が遺族である受け取り人に支払われる保険です。

さらにこの死亡保険は保障期間をいつまでと定めた定期保険、死ぬまで保障が続く終身保険が存在します。

MEMO

生存・生死混合保険もほぼ同様と考えて良いでしょう。

生存保険は年金保険、生死混合保険は養老保険とも呼ばれています。

なんだかややこしくて頭がこんがらがってしまいそうですが、一度簡単にまとめてみると以下の通りになります。

生命保険の基本の形
  • 死亡保険…被保険者が死亡・高度障害状態になった場合に保険金が遺族の受取人に支払われる保険 定期と終身がある
  • 生存保険…契約時から契約満了時まで生きていた場合に保険金が支払われる保険 年金保険のこと
  • 生死混合…死亡・高度障害状態になった場合には「死亡保険金」、契約満了時まで生きていた場合は「生存保険金」が支払われる保険 養老保険のこと

本来の生命保険とは、この3つの保険の形から成っています。

生命保険の加入率は?

生命保険の加入率はどのくらいでしょうか?

保険の加入は自分次第といっても、周りがどれだけ保険に加入しているか気になるところですよね。

生命保険文化センターのデータによると、全体を通して約80%の人が生命保険または何らかの保険に加入していることがわかります。

つまり、大人の大半が保険に加入していることになります。

しかし、生命保険、あるいは何らかの保険に加入するかどうかは自分自身の意思です。

注意
周りが入っているからと周りに合わせるのではなく、目的意識をきちんと持って加入するようにしないと、運用ミスに繋がり必要なときに、必要な保障が受け取れない事態にもなってしまうので注意しましょう。

加入率はあくまでも目安ですので、これだけの人が加入しているのか、くらいに考えましょう。

加入率は変動しますし、色々な保険の総合値です。

大切なのは全体の加入率ではなく、どの保険がどれだけ加入されている(保障内容が優れている・自分に合っているかなど)かです。

生命保険の無料相談なら保険見直しラボ

生命保険は加入した方が良いの?加入時の心得

多くの人が、生命保険への加入を一度は考えると思います。

絶対に生命保険に加入した方が良いのでしょうか?

確かに、自分に何かあった際に誰かに残せるお金があれば安心ですが、誰しも残したい相手がいるわけではありませんよね。

また、十分な貯蓄や財産があるため、保険をかけてまでお金を残す必要はないと考える人もいるかもしれません。

このように、生命保険を必要としている人たちがいる半面で、生命保険に必要性を感じない人もいるのです。

生命保険への加入は「した方が良い」と言われているだけで、「強制されて入るもの」ではないのです。

誰かに言われたから、無理に進められたから、ぼんやりとしたビジョンで入った方が良いかな…などの場合には今一度考え直した方が良いでしょう。

MEMO
生命保険は自分または遺される家族のために入る保険です。

自分に、家族にその必要性があるのかをしっかりと考えたうえでの判断が必要になります。

生命保険は万人が加入した方が良いとは限らない

生命保険に加入しない人だって存在します。

松葉 直隆

お金を残したいと思う人がいない、生涯独身である、こどもがいないなどの理由から生命保険に必要性を感じない人もいるのです。

生命保険は強制されて入るものでもないので、生命保険の加入の際には第一に「誰にお金を残したいのか」「お金を残す必要があるのか」を明確にしてから考えるようにしましょう。

生命保険の加入は人に言われて入るものではない

たまにこんな話を耳にします。

「保険の相談に行ったら相談員(FPや販売員)に強く保険の加入を勧められた。自分には入る意思がなかったが、相手の強い要望で保険の加入を決めた。」

さて、この話だと自分の意志で保険加入を決定していませんよね?

どちらにせよ最後にハンコを押した時点で自分の意志にはなるのですが、大切なのは「自分が必要性を感じて入ったわけではない」ことです。

生命保険、あるいは他の保険であっても、保険の加入は誰か他人に言われて入るものではありません。

注意事項

保険の相談に行ったとしても、必ず加入しなければいけないというわけでもありません。

生命保険に加入するように強く言われたとしても、必ず自分にその意思がないのであれば保険加入を断るようにしましょう。

もちろん加入を強く決めたのなら、加入をすれば良いのです。

生命保険の加入は賛否両論

実際のところ、生命保険への加入は賛否両論です。

これは、必要性を感じない人と必要だと思う人がいるからですが、他のところでは「遺族年金が受け取れる」など保険以外の保障される部分で十分だと考える人もいます。

そのため、生命保険に加入しなくてよい、加入するのはバカだという人もいます。

松葉 直隆

万人が加入しなくて良いと言っている人のように、保険に入らずともお金を残してあげられるとは限らないのです。

万が一の事態に備えることは良いことだと思います。

もし子どもが幼かった場合は多額のお金が将来必要になるでしょうし、自分の葬式代金も残しておいてあげたいでしょう。

必要となるお金は人の数だけ違います。

MEMO
残してあげたいお金がいくらなのかという明確な数字を計算して、自分に必要か不必要かの判断をすると良いでしょう。

生命保険の加入は慎重に

自分が亡くなったあとに必要なお金も計算した、自分や家族にとって生命保険の加入は大切だ、だから生命保険に加入しよう。

松葉 直隆

これは普通の考え・流れでしょうが、保険の加入をするならできるだけ慎重に行いましょう。

それは、「保険には落とし穴がある」からです。

保険会社のHPやパンフレットにはおすすめするポイントばかりが載っていますね。

また、保険の相談に行くとFPや販売員はいいことしかほとんど口にしません。

注意事項

つまり「悪いことは大々的に載せていない・言わない」のです。

そのため、最悪のパターンを想定して加入を考えなければいけません。

保険は高いお金を払って保障を受け取ります。誰しも保障はいらないからお金だけ払います、なんて言えないですよね。

そのため、自分にどれだけメリットが出せる保険かを見極めることが必要なのです。

松葉 直隆

安易に保障内容だけ確認して決めてしまうと、いざというときに保険金が支払われない事態になってしまうので注意しましょう。

生命保険の相談ならプロにお任せ!

生命保険に加入するメリットは?

生命保険の加入にはいくつかのメリットがあります。

もし加入に悩んでいるのであれば、一度簡単なメリットやデメリットを見比べてみるのも良いでしょう。

保険の加入を考えるときにメリットばかりに目を向けるのは良くないことですが、メリットを知ることはその保険がどんな得をもたらしてくれるかという目安や指針になります。

松葉 直隆

生命保険のメリットは加入する保険によって多少誤差が出ますが、共通していえることは「万が一の事態に備えられる」です。

自分に万が一のことがあっても保険が遺された家族を守ってくれる…。

家族を大切に思っているからこそ、生命保険に加入する人も多いのです。

万が一の事態に備えられる

MEMO
生命保険に加入する目的の多くは、「万が一の事態に備えられる」からです。

今は自分が家族を支える大黒柱やサポートする側の人も、元気なままとは限りません。

人生何があるか分からないため、万が一の保険として生命保険に加入するのです。

ポイント

保険金額は自分たちで決めることができるので、自分たちに必要なお金を保障/残すことができます。

生命保険は被保険者が死亡した場合には多くのお金が受け取れるため、遺された家族もある程度の生活は続けられるようになります。

保険次第では保険金が必ず受け取れる

保険の内容・形次第では保険金が必ず受け取れるというメリットもあります。

これは主に払込期間・保障期間が終身の場合です。

注意
定期保険は掛け捨てになってしまうので、期間内に被保険者が亡くならない場合には保険金は受け取れませんので注意しましょう。

契約している保険が終身か定期かで内容も変わってきますが、終身保険や養老保険の場合はほぼ必ず受け取れます。

ただ、例外として被保険者が自殺した場合などは保険金の支払いがされないこともあるので確認しておきましょう。

保険次第では解約時に返戻金が発生するので貯蓄性がある

保険の内容次第では、解約時に返戻金が発生します。

この返戻金は支払ってきた保険料を元に計算されるため、ある一定期間を過ぎれば払込保険料総額を上回るお金を受け取れることもあります。

この制度を利用して生命保険を貯蓄用として活用する人も多く、長期間の定期貯金と考えて利用する人もいます。

ある一定期間を過ぎれば払込保険料を上回るため、銀行に預けるよりも多くのお金を手にできるのです。

注意事項

しかし、途中で引き出すことができないため、解約しない限りはお金を受け取れません。

また加入している期間が短いと返戻金が発生しない可能性もあるので注意です。

保険見直しラボの公式HPこちら

生命保険に加入するデメリットは?

MEMO
生命保険は万が一の事態に備えられるという最大のメリットがありますが、その反面保険料が他の保険に比べて割高に設定されています。

保険料は家計に大きなダメージを与えてしまうため加入は慎重に行わなければいけません。

いざ保険に加入しても、保険料が支払えなければ保障を受け取ることもできません。

また定期保険や終身保険など保険の形をよく理解しておかなければ頼りにしていた保障を受け取ることもできません。

松葉 直隆

加入する前に良く、デメリットや落とし穴を理解してから加入するようにしましょう。

終身保険の場合は保険料が高い

生命保険の中でも特に終身保険の場合は、他の保険に比べて保険料が高いので注意しましょう。

これは、保障が一生涯続くためです。

MEMO

死亡した場合に保障が絶対に受け取れるため、他の保険に比べると保険料が割高になっています。

保険内容や契約内容にもよりますが、30代男性で終身保険の加入する場合の保険料はだいたい1万円以上が相場です。

保険金がさらに高くなるほど保険料も高くなっていきます。

今では契約期間中は解約返戻率が低く設定されている代わりに保険料が割安に設定されている低解約返戻型保険もありますが、それでも定期保険などに比べると保険料は高いです。

定期保険は保険金が受け取れない可能性がある

定期保険は保障期間というものが決まっていて、例えば、保障期間が60歳まで、65歳までと決まっています。

この場合は、60歳・65歳を迎えると保険が終了となり、それ以降に亡くなった場合でも保険金の支払いはありません。

松葉 直隆

つまり、払い込んだ保険料が全てムダになるのです。

定期保険のことを掛け捨てとも呼びます。

定期保険は終身保険に比べて保険料が少しばかり安いですが、保障期間や保険金受取を考えるとこのようなデメリットが発生します。

松葉 直隆

もしどうしても保険金が受け取りたい場合には、終身保険や生存保険、生死混合保険を選ぶようにしましょう。

このように保険の形によってデメリットが違うので注意が必要です。

保険次第では解約時に返戻金が発生しない

注意事項
保険次第では、解約時に返戻金が発生しない場合もあるので注意しましょう。

保険の公式HPを見ると、小さく「解約時に解約返戻金が発生しません」との文字が記載されているのですが、よく読まないで加入してしまうと損だけをします。

特に、解約時に返戻金が発生しないのが定期保険です。

MEMO

終身保険は保険料の高さや一生涯の保障から解約時に返戻金が発生しますが、定期保険は所謂掛け捨て保険です。

保険次第で解約時に得をするもの・しないものもあるのでよく確認する必要があります。

【訪問・店舗型別】おすすめ保険相談窓口ランキング5選!

保険会社と商品の数が多すぎて、自分や家族に合ったものを自分で調べて選び、比較・検討するのは至難の技じゃないですか?

保険相談検討者

松葉 直隆

その通りですね。そこで、健康や体と同じくらい大切なあなたの「時間」も有効活用しませんか?

保険相談窓口を利用するきっかけ 見直し、新規加入

今なら保険の相談をしてアンケートに答えるだけ保険に加入しなくてもOK!)で豪華なプレゼントが貰えるチャンスが沢山!

このお得な機会を是非見逃さないで!

訪問型無料相談

保険の無料相談には、訪問型店舗型の2種類があるのをご存知ですか?

訪問型は、主に以下の項目に当てはまる方々にぴったり寄り添ってくれますよ!

訪問型の保険相談がおすすめな人 仕事が忙しくてなかなか時間がとれない 妊娠中や小さな子どもがいて遠出が難しい とれる時間が不規則で予測がつくのが直近になる 近くに店舗型の相談所が無い、あるいは調べるのが面倒

訪問型の無料相談は、あなたの求める場所と時間にプロが足を運んでくれる優れもの。

近くのカフェや喫茶店、ファミレスなど勝手を知る場所を指定できるのもメリットになりますね!

訪問型おすすめランキング1位 保険見直しラボ

生命保険の保険相談、無料の代理店ランキング1位は保険見直しラボ

新しく保険に加入するor保険を見直すなら人気の高い保険見直しラボがおすすめ!

保険見直しラボの特徴
  • 取扱保険会社約30社とトップクラス
  • 競合他社の中ではNO.1のベテランFP揃い
  • 何度でも無料で相談できる

保険見直しラボは、全国に約60拠点展開している国内最大級の訪問型保険代理店

「訪問型」なのでお客様のご希望の場所に、平均業界歴11.8年のベテランFPが来てくれます!

取扱保険会社数は約30社と、他保険代理店と比べてもダントツの多さ

相談は何度でも無料なので、保険見直しラボなら自分にぴったりの保険をオーダーメイドできますよ!

\1分で完了/

保険見直しラボ公式HPはこちら

保険見直しラボキャンペーン

生命保険相談 訪問・店舗型別おすすめ保険相談窓口 お得なキャンペーン

保険見直しラボでは保険の相談後にアンケートを答えるだけで、以下のプレゼントいずれかをもれなくプレゼント!

漏れなく選べるプレゼント!
  1. ゆめぴりか
  2. 宮崎県産熟成牛タン
  3. 高級雪室熟成豚
  4. タイ料理ペースト
  5. アルガンオイル
  6. 日本一醤油セット
  7. DALLOYAUのマカロン

キャンペーン詳細はこちら

訪問型おすすめランキング2位 保険コネクト

生命保険相談 訪問・店舗型別おすすめ保険相談窓口ランキング6

保険の悩みをプロに相談したいと考えている人は保険コネクトの利用をおすすめします。

保険コネクトの特徴
  • 2500人以上のプロが全国各地で対応
  • 経験5年以上等の評価項目を満たす優秀なFPのみ
  • お得な「優待サービス」1年間プレゼントキャンペーン中

保険相談した人の約90%が「満足した」と回答している保険コネクト。

全国各地にいる厳選した2500人以上のFPと提携しており、しつこい営業行為の禁止相談者からの評判が悪いFPへの紹介禁止などと、FPに関する厳しいルールを設けています。

保険コネクトでの相談はもちろん完全無料

保険コネクト公式HPはこちら

保険コネクトキャンペーン

生命保険相談 訪問・店舗型別おすすめ保険相談窓口ランキング6

保険コネクトでは今なら保険相談完了後にアンケートに回答するだけで、30,000種類以上のサービスをお得に受けられる「優待サービス」を1年間無料で利用できるプレゼントキャンペーンを実施中!

どれも日常的に使っているお店ばかりですね!

利用検討者

キャンペーン詳細はこちら

あわせて読みたい
保険コネクト利用者の生の声を徹底調査しました!

★訪問型無料相談の注意事項

あなたの都合に合わせてくれる力強い味方である訪問型の無料相談ですが、カフェやファミレスを利用する際に注意すべきことがいくつかあります。

見落としがちな注意点を以下にまとめましたのでご覧ください。

訪問型の保険相談で注意すべきこと 騒がしくならず、混雑しがちな時間は避ける 資料を広げたりプライバシーに関わる話が出るためテーブルの大きさやレイアウトを考慮する 自分が注文した飲食代は自分で払う

特にファミレスを利用する方は、テーブルは広くて良いですが騒がしい時間帯になると声が聞き取りづらくなったりすることも。

逆にカフェや喫茶店だと2人席に通されるとテーブルも狭くなったり、また隣の席との距離感が近くて個人情報が筒抜けの気分になる気がして落ち着けないかもしれません。

松葉 直隆

こういったことも考慮して、融通がきく場所を選ぶことができたら質の良い相談ができることと思います。

また、飲食代を出されてしまうと気まずさを覚えたりすることもありますから、ここは貸し借りなしで自分で支払うと良いですね!

訪問で一番人気の保険見直しラボの公式HPこちら

店舗型の無料相談

テレビのCMなどでお馴染みの店舗型の無料相談は、ご自身でその店舗の所在を調べて出向くかたちになります。

店舗型の相談がおすすめな人
  • ご自身の自宅近くに所在がある場合は申し込みをする必要もない場合もある
  • 気軽に来店できる
  • キッズスペースが確保されている店舗も多く小さいお子さんがいてもOK

店舗型おすすめランキング1位 保険見直し本舗

保険相談窓口ランキング厳選の6選

100万件の相談実績を持つ大手保険ショップの保険見直し本舗は、店舗型でありながら訪問も可能で柔軟性◎。

提携している保険会社数が40社以上なのは代理店トップクラス!取扱会社が多ければ多いほど、必然的に自分にぴったりの保険を見つけやすくなりますよね。

保険見直し本舗の特徴
  • 契約実績100万件を突破!
  • 提案から加入手続きを経てアフターフォローまでしっかりサポート
  • しつこい勧誘は営業方針として禁止している

保険見直し本舗の相談実績は、日本で最初に出来た保険ショップである「保険クリニック」の3倍以上の100万件!

全国に253店舗(2018年11月現在)すべてが直営店。保険相談だけでなくサービスやコンサルティング料も全て何度でも無料

保険見直し本舗がユーザーに選ばれ続ける理由を是非体験して下さい!

公式HPはこちら

予約フォームはこちら

店舗型おすすめランキング2位 保険相談ニアエル (旧ライフル)

保険相談窓口ランキング厳選の6選

保険相談ニアエル(旧ライフル)は、それ自体が特定の保険ショップを運営している訳ではなく、全国の保険ショップを検索・予約ができるポータルサイトです。

全国に1200以上の店舗と提携しているため、どこを選べばいいか悩む方には「おまかせ予約」というサービスも用意されており、最短1時間でピッタリな保険ショップ探してくれます。

保険相談ニアエルの特徴
  • 全国に1200店舗以上のショップと提携
  • 希望すれば女性スタッフを優先的に選択することが可能
  • しつこい勧誘は担当者変更や他措置も取られるため安心

そのため、HPでは保険ショップごとに女性スタッフやキッズスぺ―スの有無など、店舗情報も細かく確認することが可能。

保険相談ニアエル(旧ライフル)では保険相談所の主要な店舗はしっかり提携を結んでおり、この掲載店舗数は業界No.1の数字です。

保険相談ニアエル公式HPこちら

あわせて読みたい
保険相談ニアエル(旧ライフル)のメリットとデメリットを徹底解剖!

店舗型おすすめランキング3位 保険クリニック

保険相談窓口ランキング厳選の6選

保険クリニックは、全国に約190店舗展開する保険の代理店で、約20年の歴史がある老舗代理店です。

取り扱っている保険会社数は41店舗(2019年1月現在)、大手保険会社の生命保険はほぼカバーしているので頼もしいですね。

保険クリニックの特徴
  • アフターサービスまであり、一生涯のサポートを受けられる
  • 専門のコンサルタントは5つのマスター資格(家計・住宅ローン・介護・相続・年金)を所持
  • キッズルームが用意されている店舗が多い

保険クリニックは、何といってもアフターサービスがあることが強みだと言えます。

相談して終わりではなく、その後についても一生涯サポートしてくれる体制があるのは心強いですよね。

保険クリニックの公式HPこちら

保険代理店の特徴を表で徹底比較!

たくさんの代理店があって迷ってしまう方もいらっしゃると思いますので、ここで代理店を表にして徹底比較してみましょう!

訪問型代理店を表で徹底比較

▼スマホは比較表を横スライドできます

代理店名 公式 特徴 取扱数

保険見直しラボ

●全国に約60拠点展開

●平均業界歴11.8年のベテランFP

●選べる6つの嬉しいプレゼント!

30社

保険コネクト

●経験5年以上等の評価項目

●2500人以上が全国で対応

●1年間無料可能な優待サービスキャンペーン中!

44社

松葉直隆

約30社の保険の取り扱いがあり、キャンペーンも充実している保険見直しラボがおすすめです!

次に、店舗型の代理店を表にて徹底比較してみましょう。

店舗型代理店を表で比較

▼スマホは比較表を横スライドできます

代理店名 公式 特徴 取扱数

保険見直し本舗

●店舗型でありながら訪問も可能

●全国に253店舗(2018年11月現在)すべてが直営店

●契約実績100万件を突破!

40社

保険相談ニアエル(旧ライフル)

●全国に1200店舗以上のショップと提携

●保険代理店掲載数はダントツNo1

●女性スタッフやキッズルームなど詳細選択可

 

保険クリニック

●全国に約190店舗展開

●アフターサービスありで一生涯のサポート

●キッズルーム保持店舗が多く訪問サービスも充実

41社

松葉直隆

CMでもおなじみの保険見直し本舗は店舗数も多く、最寄りに店舗がない場合は訪問対応もしてくれるのでおすすめです!

面倒でも、可能な限り複数の無料相談所を利用するべき!

さて、ここまで無料の保険相談所をご紹介して参りましたがいかがでしょうか。

保険相談をしようと決心したのですが、どこの代理店を利用するかちょっと悩みましたね。

保険相談検討者

保険会社や保険商品と同じで、保険の代理店もたくさんあって迷ってしまう方も中にはいらっしゃるかもしれません。

松葉 直隆

保険相談書で相談をしたら保険に加入しなければいけないわけではないため、構えず、気軽に考えて大丈夫ですよ

そして、可能ならば1つの代理店ではなく複数の代理店で相談を受けてみましょう

複数人に担当してもらうメリット

なぜ相談を何度かしたほうが良いのですか?一回で済ませてしまいたいところですが…

保険相談検討者

注意

保険に限らずどの業界でも同じことが言えますが、担当してもらう人の質はやはり運という部分も無きにしもあらずです。

保険に限って言えば、保険の相談を何年もしてきている人もいれば、経験の浅い新人に担当される場合もあるでしょう。

こればかりは仕方がないことでもありますので、時間が許す限り、様々な代理店で相談をしてみることに損はありません。

松葉 直隆

面倒に思われるかもしれませんが、何十年と払うこともある生命保険です。この時ばかりは時間を作ってみても良いかもしれませんね。

複数の商品を知れるメリット

さらに、担当して下さる方によってはあなたに勧めてくる保険の商品も異なってくる可能性も十分にあります。

しかし、保険会社や保険商品は今や五万とある時代。

同じ商品を勧めて来られるほうが稀かもしれません。

松葉 直隆

ここでは、色んな商品を知ることができるキッカケでもありチャンスでもあると考えてみるのも良いと思います。
確かに、そうでもしないと色んな会社の生命保険を比較や検討はできないかもしれませんね。

保険相談検討者

勧めて来られるからには理由があります。

あなたにとってのベストな選択肢が増えることはメリットでしかないでしょう。

長い付き合いになる保険会社と商品とのお付き合い。

損をしないためには、少なくとも2つから3つの代理店に相談をして、比較することができるとなお良いでしょう。

一番おすすめな保険見直しラボ公式HPこちら

代理店で迷っているならまずはこの店舗へ!

ここまで、保険の見直しや新規加入を検討している方には、無料プロに相談できる保険の相談窓口をおすすめさせて頂きました。

保険商品は何十年も払い続けるもの。当然、契約する保険会社ともそれだけ長い付き合いになるということ。

多数ある保険会社に保険商品を洗い出して比較、検討するには時間も労力も限られてしまいます

相談窓口も今やたくさん存在する時代、もしもどこに相談しようか迷われているならば、保険ブリッジ読者にも一番人気の保険見直しラボを試してみてはいかがでしょうか。

生命保険の無料相談なら保険見直しラボがおすすめ!

 

保険見直しラボの特徴
  • 取扱保険会社約30社とトップクラス
  • 競合他社の中ではNO.1のベテランFP揃い
  • 何度でも無料で相談できる

保険のことが気になっている今こそ試すとき

保険見直しラボへ今すぐアクセス!

\1分で完了/

保険見直しラボ公式HPはこちら

【必読】保険の無料相談で得するために

上記でご紹介させて頂いた保険の相談ができるサービスは全て無料となっていますが、無料だからといってどこでも良いというわけではないですよね。

松葉 直隆

保険商品と同じで、少しでもあなたに合った相談窓口を選択できるために必要な情報をお伝え致します。

取扱い保険会社の数が多い窓口を選ぶ

保険会社を1つでも多く取り扱っていれば、それだけ選択肢が増えます

すると、一人ひとり、あるいは各ご家庭に合わせた最適な保険やプランを提案することが可能に。

逆に、取り扱っている保険会社の数が少なければ少ないほど、自社の保険を売るために押し売りに合ったりしかねません

さらに、選択肢も狭まり、保険の相談をする意味が失われてしまいかねません。

保険会社を多く取り扱っていて、その分多数の商品も熟知している保険の相談窓口や代理店、またFPを選択して利用するようにしましょう。

松葉直隆

取り扱い数が一番多いのが44社で保険コネクト、2番目に多いのは41社で保険クリニックです!

キャンペーンを利用する

これまでご紹介させて頂いた相談窓口をご覧のとおり、保険の相談窓口によっては時期によってキャンペーンを実施していることがあります。

保険相談のキャンペーンで商品券やプレゼントを無料で貰って得しよう!

無料で保険の相談をし、そののちに簡単なアンケートに答えるだけで対象となることがほとんど。

ということはつまり、保険を勧められたりしても加入しなくても対象になるんです!

このお得なキャンペーンを使わない手はないですよね!

松葉直隆

熟成牛タンは保険見直しラボで、1年間利用可能な優待サービスは保険コネクトでもらっちゃいましょう!

複数の保険会社で比較・検討する

先にも説明させて頂きましたが、時間が許す限り複数の窓口での相談、もしくは複数のFPに相談をすることをおすすめします。

複数人に担当してもらうメリット

保険だけに限った話ではありませんが、やはり担当する人の質は代理店によっても違いますし、代理店内であっても違うでしょう。

確かに、保険相談の実績のある人もいればそうでない人も当然いるでしょうし、代理店やFPによって提案する保険会社や商品も異なるのは至極当然のことかも…

保険相談検討者

このようなことも鑑みて、様々な代理店で相談が可能ならばしてみるに越したことはありません。

松葉 直隆

10年以上毎月支払い続けるあなたや家族にとって大切なお金です。

複数の商品を知れるメリット

代理店やFPによって、提案される保険の商品も違ってくることも想定されますよね。

様々な保険会社や商品を知るきっかけでもあり、選択肢が増えるチャンスだと思えば苦ではないかもしれませんね。

保険相談検討者

松葉 直隆

そうですね。10年以上も支払い続けるまとまったお金を、たった一度の相談や決断で決断してしまうのは実にもったいない話です。

可能であれば、2社3社、あるいは2名以上のFPに話を聞き、様々な商品に触れてより良い保険を選択できるのがベストだと言えます。

選ばれ続ける理由を実感。保険見直しラボ

生命保険に加入する前に確認しておきたいこと

生命保険に加入する前に確認しておかないといけないことがたくさんあります。

MEMO
掛けておく保険金の金額はいくらにするか自分が死んだあとに必要となるお金はどのくらいなのかなどです。

なんのプランもなく生命保険に加入してしまうと、損だけをします。

また、自分の健康状態にも気を配っておく必要もあります。

注意

生命保険は加入者の健康状態によっては加入を断られることもあるので、誰でも保障を受けられるというわけではありません。

また、健康状態が良好でなくとも加入できるケースもありますが、大抵保険料を割高に設定されることもあるので注意が必要です。

保険に加入するときは自分の体調・健康から必要資金の確認、保険内容の確認など確認しなければいけないことがたくさんあります。

どれも大切なことですから、省略せずにすべて確認し、ムダのないように契約するようにしましょう。

必要資金の確認

必要資金とは
被保険者・加入者が亡くなったあとに必要となるお金の総額です。

民間の生命保険に加入していなくとも、国や所属していた会社からある程度の保障を受けることができます。

この保障額と将来必要になるであろうお金をすべて計算します。

将来必要になるであろうお金-国や会社から受け取れる保障額=必要資金(生命保険で補うべき金額)

正確に計算した方が、支払う保険料にムダが出ずに済みます。

松葉 直隆

国から受け取れる保障とは「遺族年金」のことで、会社から受け取れる保障とは「厚生遺族年金」のことです。

会社から受け取れる保障は厚生年金保険料を支払っていなければ受け取れません。

自分の健康診断の結果

生命保険や医療保険に加入するときは、直近の健康診断結果や健康状態を告知しなければいけません。

注意事項
加入しようと考えている時期に病気にかかってしまった場合やケガをしている場合には加入を断られたり、条件を付けられる可能性もあるため注意が必要です。

また、健康診断の結果の提出を求められることがあるので無くさないようにしましょう。

健康状態の告知内容によっては、直接医師の診断を受けなければいけないことがあります。

松葉 直隆

嘘の告知をしてしまうと後に強制解約をされたり、保険金の支払いを拒否される事態に陥ってしまうので絶対に止めましょう。

各保険商品の保険内容の比較・確認

各保険商品の保険内容や保障金額、保険料はしっかりと比較・確認をしておきましょう。

松葉 直隆

うわべだけのメリットだけを見比べるのではなく、デメリットや注意事項にまで目を通しておく必要があります。

公式HPや保険販売員は都合の良いことを前面に出しますが、肝心のデメリットとなる部分や保険金が支払われないケースは大々的に公表しません。

よくHPやパンフレットを読む必要があります。

これを怠ると、いざ保険金や保障を受ける時になって保障を受け取れない・拒否されることがあり、保険に加入した意味が無くなってしまいます。

保険選びに迷ったら『保険見直しラボ』で無料相談!

自分だけで比較するのは難しい!何と言っても現在、多くの保険会社がまた多くの保険商品を販売しているのも事実。

どんな商品があるの?自分に合った生命保険ってどれなの?自分で調べるには限界がある!

そんな方におすすめしたいのが、日本最大級の保険代理店である『保険見直しラボ』です。

『保険見直しラボ』なら同時に複数の保険を比較できるほか、平均業界歴12年以上のプロがあなたの元に保険の相談に乗りに来てくれますよ!

相談は無料なのでまずは『保険見直しラボ』で話を聞いてみるのはいかがでしょうか?

保険見直しラボ

保険見直しラボの公式HPこちら

将来を通して無理のない保険料金額

保険内容や保障金額を決める際に同時に将来を通して、無理のない保険料を設定する必要があります。

今は支払える金額でも、将来きちんと支払っていけるとは限りません。

特に歳を重ねるにつれて働ける量も減っていきます。

松葉 直隆

いつまでも同じように働いていけるとは限らないため、将来を通して無理のない保険料金額を設定しなければいけません。

今の家計と相談して、解約しなくても済むような金額を計算しておきましょう。

自分の年代の死亡率

そもそも、自分の年代の死亡率が低いのか高いのか知っておくことも加入を考える目安になります。

松葉 直隆

終身保険は早いうちから加入しておけば保険料が安くてすみますが、トータルで考えるとお得とは言い切れません

また、20代、30代は60代、70代に比べると死亡率が低いため、生命保険に加入する必要性があまりないともいえます。

死亡率は一般的な数字なのですべて正しいというわけではありませんが、一つの目安として参考にするようにしましょう。

生命保険のそれぞれの落とし穴を理解しておこう

生命保険には、いくつかの落とし穴が潜んでいます。

この落とし穴を理解しておかなければ、保険に加入したとしても損をする可能性が高いため、よく理解しておきましょう。

注意
落とし穴はデメリットとしても捉えられますが、知らないままでいると最悪の場合保険金が受け取れなかったり、あてにしていた解約返戻金が発生しない事態に陥ってしまいます。

人は悪いことには目を背けたくなるものですが、保険の場合は保障を最大限に受けるためにも知っておく必要があります。

保険にはいくつかの落とし穴があることを知り、保障を最大限に受け取れるようにしましょう。

加入する保険によって落とし穴が違う!

MEMO

第一に、加入する保険によって落とし穴が違うことを理解しておきましょう。

どれも似たようなデメリットを持っていますが、実際に保険金や解約返戻金を受け取るときは違う落とし穴が存在します。

これらの落とし穴は各保険内容をしっかりと理解しておけば、回避できるものです。

保険の相談に行って、いわれるがままに加入したり、ただ何となくという気持ちで加入することは絶対に止めましょう。

定期保険の場合の落とし穴

松葉 直隆

定期保険の落とし穴は、ずばり「掛け捨て」です。

保険料は安いのですが、その分保障期間が決まっているため、保険料の払い込みが終了したとしても満期金や保険金の支払いはありません。

つまり保障が受け取れない可能性が大きいのです。

注意事項

保険料が保険期間終了まで一定ではないため、更新を迎える毎に保険料が上がっていきます

終身保険に比べると安いものですが、それでも収入が少なくなる歳になるにつれて保険料が上がってしまいます。

また、生命保険を更新する場合、他の保険に比べると保険料がグンと高くなります。

安い保険料で高い保障を受けられる生命保険の定期型保険ですが、このように保険料が更新で高くなる・保険金が受け取れない可能性が大きいという落とし穴をよく理解しておきましょう。 

終身保険の場合の落とし穴

松葉 直隆

生命保険の終身型保険の落とし穴は「保険料の高さ」です。

終身型保険は歳をとっても保険料が変わらないというメリットがありますが、そもそもの保険料が1万円越えが当たり前と負担が大きい保険です。

これは、貯蓄性を兼ねているので、貯蓄分と保障分を合わせているためです。

また、終身型保険と銘打っていても定期保険がくっついている保険も中にはあります。

注意事項
そのため、終身保険だと思って加入し、解約返戻金がある程度溜まった頃に解約したとしても定期保険がくっついているために解約返戻金が発生しない…なんてことにも。

もし生命保険の解約返戻金を当てにしているのであれば、加入まえに解約返戻金が発生するのかしないのかしっかりと確認しておきましょう。

また、その際に返戻率も一つの目安にしておきましょう。

MEMO

解約返戻金は、加入期間が短いと発生しない・あってもごくわずかのどちらかです。

このような落とし穴も存在するので注意しましょう。

養老保険の場合の落とし穴

生命保険の生死混合保険にあたるのが、この養老保険です。

養老保険とは
一定の期間まで生きていた場合は生存金を、死亡した場合には死亡金を受け取れる保険のことです。

この保険の落とし穴は、「満期金(生存金)を受け取った場合、老後資金に充ててしまうと遺族にお金を残せない可能性がある」です。

生きていても死んでしまっても保険金が受け取れる保険ですが、主に老後の生活を支えるために加入するものなので、遺族にお金を残してあげたい場合には向いていません。

松葉 直隆

解約返戻金が発生しますが、保障期間中に解約しても戻ってくるお金は払い込んだ保険料総額に満たない場合が多いです。

どっちに転んでもお金が受け取れると思って加入すると、大事な場面でお金を残せないハメになるので注意しましょう。

学資保険の場合の落とし穴

学資保険とは
主に子どもの学費に充てるお金を作るために加入する保険のことです。

そのため生命保険に分類はされないのですが、契約者(親など)が死亡した場合は以後の保険料の払い込みが免除されます。

こちらも貯蓄性があるため少しご紹介をしておきましょう。

注意

学資保険の落とし穴は、まず「元本割れ」しやすいことです。

元本割れとは、支払った金額に対して受け取れるお金が少ないことです。

そのため、保険料を支払ったとしても最終的に受け取れるお金が支払った保険料総額を下回る結果になります。

もし学資保険に加入する場合は元本割れしない保険を見極めることが必要です。

どれも元本割れする保険ばかりではないため、よく保険内容を確認するようにしましょう。

生命保険の無料相談なら保険見直しラボ!

まとめ

生命保険の加入は、人それぞれです。

自分が必要だと思えば加入し、そうでないなら加入しなくても良いのです。

MEMO
最近は保険の相談に行ってそのまま契約してしまうパターンが多いですが、その場で決めずに一度家に帰ってからよく考え、そして返事をすることをおすすめします。

その場は良いというイメージが強いですが、一度冷静になってみるとデメリットだらけという場合もあります。

生命保険は万が一の事態に備えるための保険です。保険料も高いので、加入は慎重に行うようにしましょう。

「保険ブリッジ」読者が選んだ いま人気の保険相談サービスはこちら!
gmocoin
日本最大級の全国254店舗!店舗がない場合は訪問サービスで受付も可能! 公式HP
bitpoint
無料相談満足度約90%!今なら無料相談で人気商品プレゼント! 公式HP
bitmex2
いいとこ取りオーダーメイド保険 今なら無料相談で仙台熟成牛タンがもらえる!! 公式HP
『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る