終身保険おすすめランキングベスト3!保険料と返戻率で選ぶ優秀保険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

保険は形のない商品です。必要性は感じていても、どの保険に入るか決めるのは難しいですよね。

とはいえ、生命保険は人生で2番目に高い買い物と言われ、生涯で生命保険に支払う保険料は数百万円~数千万円にものぼります。特に終身保険は払込期間が長く、払込保険料が大きい保険です。リサーチ不足でイマイチな保険に入ってしまったら悔しいですし、高い買い物だけになるべくおトクなものを選びたいですよね。

終身保険の良し悪しにはいろいろな観点がありますが、「おトクかどうか?」という視点で選ぶなら、注目すべきポイントは保険料と解約返戻率です。保険料が安く、解約返戻率の高い保険がおトクな保険だと言えるでしょう。

今回は、保険に詳しい人が必ずチェックする保険料と解約返戻率に着目して、おすすめの終身保険をランキング形式でご紹介します。後悔しない保険選びをするために、ぜひこのランキングを活用してください。

目次

1.終身保険おすすめランキングベスト3

2.終身保険、なんのために入る?
2.1.死亡時の葬儀費用
2.2.老後資金等の貯蓄
2.3.遺族の生活を支えるのは、別の保険で

3.終身保険の選び方のポイント2つ
3.1.保険料の安さ
3.2.解約返戻率の大きさ

4.保険料が安い終身保険ランキングベスト10

5.解約返戻率の高い終身保険ランキングベスト5

6.文句なしのイチオシ保険!オリックス生命「ライズ」
6.1.概要
6.2.保険料例
6.3.特色

7.損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「一生のお守り」
7.1.概要
7.2.保険料例
7.3.特色

8.注目の外資系!マニュライフ生命「こだわり終身保険v2」
8.1.概要
8.2.保険料例
8.3.特色

9.変額終身保険って保険?投資?
9.1.変額終身保険のメリット
9.2.変額保険はどんな人に向いている?
9.3.ソニー生命「バリアブルライフ」
9.4.プルデンシャル生命「変額保険(終身型)(無配当)」

10.まとめ

 

1.終身保険おすすめランキングベスト3

保険会社 商品名 保険料 解約返戻率 サービス
1 オリックス生命 終身保険ライズ ★★★ ★★★
2 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 一生のお守り ★★ ★★ ★★
3 マニュライフ生命 こだわり終身保険v2 ★★ ★★

 

2.終身保険、なんのために入る?

終身保険とは、そもそもなんのために入る保険なのでしょうか。終身保険の特徴と、一般的な入り方について確認しておきましょう。

 

2.1.死亡時の葬儀費用

終身保険の保険金の用途として代表的なのは、自身の葬儀費用等です。葬儀費用はいつ死亡しても必ず掛かる費用なので、保険期間が限定されない終身保険で準備するのが適しています。

 

葬儀費用の平均は約196万円と言われています。また、墓地を新たに用意する場合、お墓にかかる費用は約286万円との試算があります。葬儀費用とお墓にかかる費用を合計すると、約482万円となります。この金額を遺族が負担するとなれば、相当な負担ですよね。遺産から支払うとしても、亡くなった人の預金口座は凍結されてしまうので、お金をおろすまでに時間がかかってしまいます。

 

終身保険があれば、万が一突然亡くなった場合でも遺族が葬儀費用に困ることはありません。また、保険金は受取人が手続きをすれば受け取ることができ、遺産分割協議の対象ともならないので、円滑に支払いを行なうことができます。

 

葬儀やお墓にかかる費用には地域差や家ごとの差があるので、「自分の場合いくらかかるのか」をよく調べてから保険金額を決めることが重要です。

 

データ出典:

葬儀にかかる費用はどれくらい?|公益財団法人生命保険文化センター

お墓がある人の割合や費用を知りたい|公益財団法人 生命保険文化センター

2.2.老後資金等の貯蓄

終身保険には解約返戻金があります。これを活かして、老後資金などの貯蓄に終身保険を利用することもできます。通常の貯金との違いは、毎月保険料が引き落とされ自然に貯蓄ができることです。「将来のための貯蓄をしているけれど、つい取り崩してしまう」という人におすすめです。また、生命保険料控除で節税できるというメリットもあります。

生命保険料控除控除については「生命保険料控除はやらないと損!あなたの税金はいくら安くなる?」で詳しくご紹介しています。

 

長期間にわたって現金化が出来ない代わりに、銀行の預金と比べて利率の良いものもたくさんあります。2017年3月現在の銀行の定期預金金利は、年0.010%です(メガバンク3行の場合)。例えば月1万円の積立を30年間続けたとしても、利息はたった4,200円つくだけです。30年間で積み立てる元本は360万円なので、元本に対する貯蓄額は100.1%ほどです。

 

終身保険ならば、同様の条件で保険料を払った場合の解約返戻金が元本の110%超になるものもあります。長期的な貯蓄をするのであれば、現在の金利状況下では預金よりも保険のほうが効率的です。

 

2.3.遺族の生活を支えるのは、別の保険で

保険の役割というと、遺族の生活を支えることを真っ先に思い浮かべる方も多いでしょう。しかし、終身保険は遺族の生活を支えるにはおすすめできません。遺族の生活費を保険金で賄わなくてはならない場合というのは、扶養されている人がいる場合です。具体的には、以下の期間です。

・子が生まれてから経済的に独立するまで

・配偶者が専業主婦/主夫の場合、年金をもらう年齢に達するまで

上記の期間は遺族の生活を支えるために高額の保険金をかけたほうが良いかもしれませんが、ここに当てはまるのは人生のなかの数十年にすぎません。子どもの独立後・配偶者が年金を受給するようになった後は、養わなくてはならない遺族はいないのですから、高額の生命保険をかけるのは保険料の無駄になってしまいます。

 

遺族の生活のための保険は保険料の安い定期保険で、葬儀費用などは終身保険で保障するのがおすすめです。

 

3.終身保険の選び方のポイント2つ

終身保険の用途は「葬儀費用」と「貯蓄」の2つであることを踏まえて、終身保険を選ぶポイントを2点挙げます。

 

3.1.保険料の安さ

保険を選ぶ時にいちばん気にかかるのが、保険料の安さではないでしょうか。同じ額の保険をかけるのなら、保険料は安いに越したことはないですよね。終身保険の保険料を調べると、高いものと安いものの差が倍以上開いています。なぜそんなに差があるのでしょう。

 

終身保険の保険料を見るうえで注意しなくてはならないのは、保険料の払込期間です。終身保険の保険料の払込期間は、「○歳払済」と決められている場合が多いです。例えば「60歳払済」であれば、60歳まで保険料を支払います。商品によっては、終身で支払いを続ける終身払いが選べる場合もあります。

 

払込期間が長ければ長いほど、月々の保険料は安くなります。しかし、目先の保険料にとらわれるのは危険です。満期までに支払う保険料の総額で比べると、払込期間が短いほうが安いのです。

 

また、払込期間の長い保険に関しては、老齢になってから支払い続けることができるかという問題もあります。定年後で働き続けるつもりでいても、病気などで退職せざるをえなくなったり、時短勤務を余儀なくされたりするかもしれません。払込期間はなるべく短くしたほうが、老後の安心感につながるでしょう。

 

もう一点、気を付けたいのが特約です。終身保険には災害死亡保険などの特約があらかじめセットになっている商品もあります。特約がついていれば、その分保険料は高くなります。もちろん必要だと思う特約が付いている分には問題ないのですが、不必要な特約が付いた高い保険を契約してしまうのは損です。契約前に要らない特約が付いていないか確認しましょう。

 

3.2.解約返戻率の大きさ

終身保険で貯蓄をしようと考えている場合、重要になるのが解約返戻率です。解約返戻率とは払込保険料に対して解約返戻金がどれだけ増えるかを示す指標で、100%であれば払込保険料と同額、100%以上であれば払込保険料よりも多いということになります。

 

貯蓄をするなら、最低でも100%を超える解約返戻率が必要になります。長期的な貯蓄を考えている場合、低解約返戻金タイプがおすすめです。低解約返戻金タイプの終身保険は、契約から払込期間終了までの解約返戻金が低く抑えられています。その代わり、払込期間が終了すると解約返戻金が通常の終身保険より多くなる場合があります。解約返戻率は商品によって異なるので、貯蓄期間に合ったものを選びましょう。

 

なお、どの終身保険でも契約から一定期間内に解約すると解約返戻金が払込保険料より少なくなってしまいます。貯蓄を目的として終身保険を契約するのは、長期的に一定金額を貯蓄に回せる見通しが立つ場合にしておきましょう。

 

4.保険料が安い終身保険ランキングベスト10

以下の表は、代表的な終身保険の保険料例をランキングにしたものです。健康状態や喫煙の有無などによって保険料が変わる場合があるので、目安として考えてください。

30歳男性・保険金額500万円の場合の月払保険料例

  保険会社 商品名 保険料
1 オリックス生命 終身保険ライズ 60歳払済 9,240円
2 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 一生のお守り 60歳払済 9,640円
3 マニュライフ生命 こだわり終身保険v2 65歳払済 8,330円(※)
4 ジブラルタ生命 終身保険(無配当) 60歳払済 10,970円
5 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 終身保険(無配当) 60歳払済 10,970円
6 東京海上日動あんしん生命 終身保険 60歳払済 11,375円
6 フコクしんらい生命 終身保険 60歳払済 11,375円
8 明治安田生命 終身保険パイオニアE 60歳払済 11,475円
9 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 終身保険(5年ごと利差配当付き) 60歳払済 11,620円
10 ネオファースト生命 ネオdeとりお 60歳払済 11,675円

※マニュライフ生命「こだわり終身保険v2」については60歳払済の場合の保険料が公表されていないため、おおよその水準を推定して順位をつけた。

 

保険料の払込期間は早く終わったほうが安心なので、60歳払済の場合の月払保険料をベースにランキングをつけました。また、葬儀費用およびお墓の費用を準備するための保険を想定し、保険金額は500万円と設定しています。これらの条件が変わると順位が多少入れ替わる場合がありますが、大きな順位の変化は無いでしょう。

 

国内生保の中では新規参入組にあたるオリックス生命、古参の損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、外資系のマニュライフ生命と多様な顔ぶれが並びました。そんな中、保険料が安いイメージの強いネット専業生命保険が少ないのは意外です。

 

ネット専業の生命保険会社は保険料の安さでシェアを伸ばしていますが、主力商品は掛け捨ての定期保険や医療保険です。そもそも終身保険を販売していないネット生保も散見されました。低金利が続く中、貯蓄性を担保する終身保険は利益が出にくくなっています。また、終身保険は長期的に運用する必要があるので、規模の大きな金融グループに強みがあるようです。

 

5.解約返戻率の高い終身保険ランキングベスト5

以下の表は、代表的な終身保険の、払込終了時点の解約返戻率の例をランキングにしたものです。契約条件等によって返戻率が変わる場合があるので、目安として考えてください。

30歳男性・保険金額500万円の場合の解約返戻率の例

  保険会社 商品名 払込終了時点の解約返戻率
1 オリックス生命 終身保険ライズ 60歳払済 115.90%
2 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 一生のお守り 60歳払済 107.40%
3 マニュライフ生命 こだわり終身保険v2 65歳払済 108.30%
4 住友生命 バラ色人生 60歳払済 103.40%
5 ネオファースト生命 ネオdeとりお 65歳払済 100.90%

※マニュライフ生命「こだわり終身保険v2」・ネオファースト生命「ネオdeとりお」については60歳払済の場合の返戻率が公表されていないため、おおよその水準を推定して順位をつけた。

 

30歳男性が60歳までの30年間終身保険を契約していた場合の解約返戻率をランキングしました。上位1~3位はなんと保険料ランキングと同じ結果になりました。保険料を抑えているのに、解約返戻金はしっかり出るということは、それだけうまく運用されている保険ということになります。

人気記事ランキング

1 2

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る