プルデンシャルってどんな生命保険?加入前に知っておくべき実態とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「プルデンシャル」という生命保険会社を聞いたことがあるでしょうか? カタカナだし長いし、なんだか馴染みの無い社名ですよね。実際、あまり情報が出ておらずネット上の口コミも少ないようです。

 

もしプルデンシャル生命保険を勧められたら、あなたはどうしますか? 「よく分からない会社」ということでちょっと腰が引けてしまうのではないでしょうか。

 

プルデンシャルがどんな会社なのか、どんな商品を取り扱っているのか、どんな営業スタイルなのかということを知っていれば、誰かにおすすめされたり勧誘にあったりしても落ち着いて対処できます。今回は、知る人ぞ知るプルデンシャルの実態を詳しくご紹介します。プルデンシャルの情報が出回っていないのはなぜなのか、どんな人におすすめなのかなどもばっちり分かりますよ。

目次

1.プルデンシャル生命保険といえば?口コミをチェック

1.1.謎に包まれた外資系生保、プルデンシャル

1.2.庶民には敷居が高い?保険界の「ベンツ」

1.3.「営業社員が超高給取り」説は本当なのか?

2.プルデンシャル生命保険ってどんな会社?

2.1.プルデンシャル日本上陸の歴史

2.2.外資系って大丈夫?倒産や撤退の可能性

2.3.ジブラルタ生命保険はプルデンシャルのグループ会社だった

3.プルデンシャル生命保険の商品とは?

3.1.商品一覧

3.2.詳細が非公開な理由とは?

4.プルデンシャルの生命保険、特徴や評判を知りたい

4.1.保険料が高いってほんと?

4.2.全然宣伝していないし、マイナーな会社なんじゃない?

4.3.人気の商品はこれだ

4.4.米国ドル建リタイアメント・インカムはこんな人におすすめ

5.国内生保とは一線を画す営業スタイル

5.1.ネットや郵送申し込みNG!

5.2.オーダーメイドの保険提案が売り

6.プルデンシャル生命保険の社員ってどんな人?

6.1.「ライフプランナー」って何者?

6.2.過酷なライフプランナー

6.3.保険料の高さ=サービスの充実

6.4.時にはごり押しも?

7.プルデンシャル生命保険は信用できるのか?

7.1.会社としては安定している

7.2.担当者との相性が重要

8.まとめ

 

1.プルデンシャル生命保険といえば?口コミをチェック

女性_思案2

プルデンシャルという生命保険会社を聞いたことがあるでしょうか。名前は聞いたことがあっても、どんな会社なのかよくご存じないかもしれません。そんなプルデンシャル生命について、ネットではこんな噂があるようです。

 

1.1.謎に包まれた外資系生保、プルデンシャル

プルデンシャル生命保険は、外資系の生命保険会社です。日本の生命保険会社はたいていテレビCMなどで大々的に宣伝しているものですが、プルデンシャル生命保険はCMなどの宣伝を見かけることもありません。「そもそもプルデンシャルって信用して大丈夫?」「外資系って不安定じゃないの?」といった疑問を持つ人が多くいるようです。

 

1.2.庶民には敷居が高い?保険界の「ベンツ」

プルデンシャル生命保険は、保険業界のベンツなどと言われることもあるようです。ベンツというと単なる外国車というだけではなく、乗っている人のステータスを示す高級車ですよね。車ならまだしも、保険に高級だとかステータスなんて概念があるのでしょうか。調べてみると、「保険業界のベンツ」たるゆえんは日本の保険会社とは一線を画す営業スタイルにあることが分かりました。

 

1.3.「営業社員が超高給取り」説は本当なのか?

プルデンシャル生命保険というと、「社員の給料がとても高いらしい」という噂があります。その年収は何千万円とも、何億円とも言われています。確かに、外資系も保険会社も給与水準の高い世界ですよね。本社も赤坂の一等地にあります。高給そうな条件は揃っていますが、いくらなんでも年収が億って本当なのでしょうか

 

2.プルデンシャル生命保険ってどんな会社?

まずはプルデンシャル生命保険がどのような会社なのか、簡単にご紹介します。

 

2.1.プルデンシャル日本上陸の歴史

プルデンシャル生命保険は、外資系の生命保険会社です。その親会社は、1875年にアメリカで創業した「プルデンシャル・ファイナンシャル」という会社です。生命保険会社としてスタートしましたが、現在では投資信託や年金、資産運用などさまざまな金融事業を手掛けています。

 

プルデンシャルの日本進出は1979年です。米国のプルデンシャル生命保険とソニーの合弁という形で、「ソニープルデンシャル生命保険」という会社を立ち上げました。後の1987年、ソニーとの経営戦略の違いから合弁が解消され、プルデンシャル生命保険が設立されました。ちなみに「ソニープルデンシャル生命保険」は現在のソニー生命保険です。

 

当時すでに日本の生命保険加入率は90%を超えていましたが、プルデンシャル生命保険は独自の営業手法で契約高を伸ばし、創業から4年後の1991年には保有契約高1兆円を突破するなど急成長を遂げます。1992年には日本で初めてリビング・ニーズ特約を発売して話題になりました。

 

現在では保有契約高34兆6,357億円、従業員数5,197人の巨大企業へと成長しました。一方で、2015年に保険業界で初めて信託子会社「プルデンシャル信託」を設立するなど、業界の最先端を行く社風は健在です。

 

2.2.外資系って大丈夫?倒産や撤退の可能性

「外資系」と聞くと、倒産や撤退のリスクは無いのかと心配になってしまいますよね。外資系生命保険であるプルデンシャル生命が日本からなくなる危険はないのでしょうか。

 

過去日本で破綻した生命保険会社は8社あり、実はすべて日本の生命保険会社です。外資系生保は親会社の都合などでたびたび社名が変わってきたためか、「不安定そう」と思われがちですが、日本の生命保険に比べて危ないというイメージは誤りです。むしろ、プルデンシャル生命は破綻した生命保険会社の契約を引き継ぐなどして吸収してきた側です。

 

では、現実にプルデンシャル生命保険の安全性はどうなのでしょう? 保険会社の経営状態の健全性を示す指標として、「ソルベンシー・マージン比率」というものがあります。詳細は割愛しますが、ソルベンシー・マージン比率が高ければ高いほど、経営の健全性は高いということになります。200%を下回ると、金融庁から早期是正措置命令が出されます。プルデンシャル生命保険のソルベンシー・マージン比率は810.5%で、国内生保で言うと住友生命と同じくらいです。

 

また、プルデンシャル生命はS&Pという格付会社の保険財務力格付においてA+と格付けされています。Aは「保険契約債務を履行する能力は高い」ことを示していて、健全性の高さを示しているといえるでしょう。同格付けの会社としては、日本生命や第一生命があります

 

以上より、プルデンシャル生命は日本の生命保険と比べて倒産や撤退のリスクが高い訳ではないと言えるでしょう。

 

2.3.ジブラルタ生命保険はプルデンシャルのグループ会社だった

ジブラルタ生命保険という会社を聞いたことがあるでしょうか。この会社は、プルデンシャル生命保険のグループ会社です。設立は2001年です。2000年に破綻した「協栄生命保険」という会社をプルデンシャルが買収し、その事業を引き継ぐために設立されたのがジブラルタ生命保険です。プルデンシャル生命保険と同じく、親会社はアメリカのプルデンシャル・ファイナンシャルです。プルデンシャル生命保険とは兄弟の関係にあたり、資本関係はありません。

 

協栄生命保険という会社が教職員をターゲットとしていたため、いまでも学校の先生はジブラルタ生命保険に加入している方が多いそうです。2009年には破綻した大和生命を、2011年にはAIGエジソン生命とエイアイジー・スター生命を子会社化して規模を拡大してきました。

 

2009年にジブラルタ生命保険が買収した大和生命は、現在「プルデンシャル・ジブラルタ・ファイナンシャル生命保険」という名称になっていますが、ジブラルタ生命保険の完全子会社です。「プルデンシャル」と頭につくものの、プルデンシャル生命とは資本関係はありません。甥っ子・姪っ子といった位置関係です。

 

3.プルデンシャル生命保険の商品とは?

女性_フリップ2

プルデンシャル生命保険の商品についてご紹介します。

 

3.1.商品一覧

商品の一覧を表にしてみました。死亡保険を中心に、がん保険や介護保険など幅広い商品があります。

終身保険
終身保険(無配当)
修正払込方式終身保険(無配当)
養老保険
養老保険(無配当)
リタイアメント・インカム(無配当)【年金支払型特殊養老保険】
定期保険
解約返戻金抑制型家族収入保険(高度障害療養加算型)(無配当)
平準定期保険(無配当)
低解約返戻金型平準定期保険(無配当)
無解約返戻金型平準定期保険(無配当)
逓減定期保険(無配当)
疾病・医療保険
解約返戻金抑制型入院保険(一時給付金型)(無配当)(入院一時金簡易支払サービス)
がん診断保険(無配当)
介護保険
終身介護保険(無配当)
介護終身保険(認知症加算型)(無配当)
介護一時金保険(無配当)
就労不能障害保険
解約返戻金抑制型就労不能障害保険(無配当)
外貨建保険
米国ドル建終身保険(無配当)(円換算払込特約/円換算支払特約/円換算貸付特約)
米国ドル建特別終身保険(無告知型)(生存保険金特則付)(無配当)(円換算払込特約/円換算支払特約/円換算貸付特約)
米国ドル建リタイアメント・インカム【米国ドル建年金支払型特殊養老保険】(無配当)
(円換算払込特約/円換算支払特約/円換算貸付特約)
米国ドル建介護終身保険(認知症加算型)(無配当)
(円換算払込特約/円換算支払特約/円換算貸付特約)
変額保険
変額保険(終身型)(無配当)
変額保険(終身型)[一時払](無配当)
個人年金保険
通貨指定型個人年金保険(無配当)(ジブラルタ生命)

※商品は2017年2月時点の情報。法人向け商品は割愛した。

 

3.2.詳細が非公開な理由とは?

プルデンシャル生命保険の商品は、パンフレットに載っている保険料例がかなりざっくりしています。そのため、パンフレットを見ても自分の保険料が分からなくてやきもきしてしまうかもしれません。ネット生保を中心に、ウェブサイト上で保険料の計算ができる会社が増えている中、保険料が分かりにくい書き方をしているのはなぜなのでしょうか。

 

答えは、プルデンシャル生命保険の特徴である営業スタイルにあります。プルデンシャル生命保険は、パッケージ化された保険ではなく一人一人に合わせたオーダーメイドの保険設計を売りにしています。そのため、パンフレットには参考情報程度の情報のみを載せているのです。

 

4.プルデンシャルの生命保険、特徴や評判を知りたい

男性_虫眼鏡

プルデンシャル生命保険の特徴はどんなところになるのでしょうか。また、評判はどうでしょう。

人気記事ランキング

1 2

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る