ドル建て保険の特徴やメリット、デメリット、加入時の注意点を徹底解説

ドル建て保険は貯蓄性が高いと言われている保険になります。

超低金利が続く中、ドル建て保険を勧められると最初は良さそうだと興味が沸きますよね。

実際に資産運用という視点で見ると日本円以外の資産に分散投資する事は理にかなっているのですがここで資産運用のためにドル建て保険に加入するというのは貯蓄よりも積極的な資産運用に近くなります。

それにドル建て保険は元本割れのリスクもあり、しっかりとドル建て保険のメリットとデメリットを知っておかなければいけないのです。

なので今回はドル建て保険のメリットとデメリットについて加入する時の注意点などを分かりやすく説明していきます。

ドル建て終身保険の種類や仕組み

ドル建て終身保険とは、積立金の支払いや保険金の受け取りなどが全てドルで運用される終身保険の事です。

そのためにハイリスク、ハイリターンとみなされることがあるのが特徴です。

なのでドル建て終身保険は安定した貯蓄目的で生命保険を考えている人には向いていませんが、外貨への分散投資を考えている人や、余剰資金の運用先を考えている帆人には向いているものになります。

なのでドル建て終身保険の一番の魅力は保障内容が変わらず、月々の保険料が割安になる点です。

もう少しドル建て終身保険の特徴を見てみましょう。

スポンサーリンク
ソニー生命の米ドル建保険

ドル建て終身保険とは

ドル建て終身保険の仕組みは毎月一定額のドル(もしくは、その額に相応する円)を支払い、ドルで保険金を受け取る仕組みになっています。

なのでドル建て終身保険は為替の影響を受けるために、毎月支払う保険料や受け取れる保険金が多くなったり、少なくなったりするのです。

円安ドル高になれば保険金は下がりますし、円高ドル安になれば保険金は上がっていきます。

なので円の価値が安いときに保険料を支払うときには、沢山の円を支払わなければいけないのです。

また、ドルの価値が高い時に保険金を受け取れる場合、ドルを円に換えると得することになるのです。

ドル建て終身保険の種類

ドル建て終身保険に加入する場合、まず確認しておきたいのが運用する通貨になります。

日本で販売されているドル建て終身保険は「米ドル」又は「豪ドル」の2種類で運用されていることがほとんどです。

米ドルはグローバルな基軸通貨になり、流通量が世界で最も多く、レートの安定性は高いのが特徴です。

そして豪ドルは高金利であるものの、値動きが激しくてレートの安定性はあまり高くありません。

特にオーストラリアは資源大国なので資源相場の影響を強く受けるのです。

そしてドル建て終身保険商品はこちらに分類することができます。

保険の種類 特徴
終身保険 保障が一生涯続く
個人年金保険 一定期間(一生涯)年金が受け取れる
養老保険 死亡時も満期時も同額の保険金を受け取れる

となっています。

金利や運用での利益に期待してドル建て終身保険に加入する場合であっても、種類ごとのメリットやデメリットを知っておくのが大事になります。

為替リスクとは?

ドル建て終身保険は預かった保険料をドルで運用しますので為替リスクが伴ってきます。

為替リスクとは、日本円と外貨の為替レートの変動によって受けるリスクの事です。

また円をドルに、またドルを円に換金する時に、為替レートによって受け取れる金額が変わってきます。

ドル建て終身保険は円高、円安が保険料や保険金に影響を及ぼすのです。

ドル建て保険の特徴

ではドル建て保険の特徴とは何があるのでしょうか?

ドル建て保険の特徴は

  • ドルで運用する
  • 予定利率が高い
  • 月の保険料や受け取れる保険金の金額が変動する

などの特徴があります。

それでは1つずつの特徴を見ていきましょう。

ドルで運用する

ドル建て終身保険はその名の通り、ドルで運用される終身保険のことです。

特徴は金利が高いドルで積み立てるために低金利が続いている円で積み立てるよりも貯蓄性が期待できます。

その反面、為替リスクがあるので最終的に受け取れる金額が良くも悪くも安定しません。

予定利率が高い

2つ目の特徴として利率が高い事です。

保険会社が消費者に約束される利回りの事を予定利率と言います。

金融庁が発表している標準利率が目安となり、2017年4月に標準利率は1.00%から、0.25%に引き下げられました。

そして利率が下がった影響によって販売中止となる保険商品も増えたのです。

それに比べてドル建て終身保険の予定利率は高いもので3%となります。

利率が高いということは、保険料が割安になります。

そして保障内容や満了金の額が同じで月々の負担を軽く出来ます。

月の保険料や受け取れる保険金の金額が変動する

為替は変動するので、毎月払う保険料が為替変動に応じて変わってきます。

そして理想的な運用方法としては円高の時に契約して、円安になったタイミングで解約するのが定石になります。

ドル建て保険のメリット

ではドル建て保険のメリットとは何なのでしょうか?

ドル建て保険のメリットは

  • 円建てよりも貯蓄性が高い
  • 保険料が割安
  • 円安に動くと為替差益が得られる

というのがあります。

円建てよりも貯蓄性が高い

では1つずつメリットを紹介していきます。

まず、ある一定の金額を投資する場合は金利が低い商品よりも、高い商品で運用した方が運用益を多く得ることが出来ます。

例えば、マイナス金利が続く日本と、日本よりも金利が高いオーストラリアで100万円の投資をしたとします。

それぞれが満期を迎えた時に運用益が多いのはどちらだと思いますか?

正解は金利が高いオーストラリアです。

円建てよりもドル建ての保険商品の貯蓄性が高いと言われているのは「金利水準の違い」があるからなのです。

保険料が割安

2つ目のメリットは保険料が割安という事です。

運用先の金利が高ければより多くの運用益を期待することができます。

そうすると保険会社が設定する予定利率が高くなって保険料の割引率も大きくなっていきます。

なので同じ保険の内容でも予定利率が高い保険は安くなるのです。

円安に動くと為替差益が得られる

3つ目のメリットは円安に動くと為替差益が得られる事です。

円安とは何なのかというと他の国の通貨に対して円の価値が安く動くことです。

例えば1ドル100円が、1ドル120円になった時の事を円安というのです。

ドル建て保険のメリットとして円安になると為替差益が発生する場合もあります。

例えば1ドルが100円の時に満期金1万ドルの保険に加入した時、この保険が満期を迎える時には為替レートが1ドル100円だった場合は満期保険金は100万円となりますが、1ドル120円だった場合、満期保険金は120万円となって予定利率にプラスして20万円の為替差益を得ることができます。

ドル建て終身保険の3つのデメリット

では反対にドル建て終身保険のデメリットは何があるのでしょうか?

ドル建て終身保険の3つのデメリットは

  • 円高に弱い(為替リスクがある)
  • 外貨投資をしたことない人にはわかりにくい
  • 為替手数料がかかる

というのがあります。

このようなデメリットがあるので、ドル建て終身保険は円建て終身保険に比べてリスクが高く、加入する際には注意が必要になるのです。

では1つずつドル建て終身保険のデメリットを紹介していきます。

円高に弱い(為替リスクがある)

まず1つ目のデメリットとして円高に弱いという事です。

加入した時よりも円高になってしまった場合は元本割れするリスクもあります。

なので加入時から満期までの長期にわたって為替がどう動くのかを予想するのは難しくなります。

為替リスクを把握していない人は円建て終身保険にしておいた方が受取額も安定しているために無難となるのです。

外貨投資をしたことない人にはわかりにくい

ドル建て終身保険の2つ目のデメリットは外貨投資をしたことがない人にはわかりにくいという事です。

他の貯蓄目的の保険と比べると為替変動を前提とした投資のようなもので儲かることもあれば損することも中にはあります。

なので「儲かりそうだけど為替はよく分からない。」という人はやめておいた方が良いです。

老後の為に積み立てている保険の受取金が為替による変動の不安にかられながら、何十年も保険料を支払うのはストレスになっていきます。

為替手数料がかかる

3つ目のデメリットしては為替手数料がかかる事です。

ドルと円を両替する際にかかる手数料のことを為替手数料と言います。

これは保険料を支払う際に毎月発生するため、ひと月当たりのコストが低いからと言って無視する事は出来ません。

なので具体的な金額は保険会社やプランにもよるのですが、複数のサイトを確認したところ、1ドルあたり大体10銭前後になっています。

なので注意しなければいけません。

ではドル建て終身保険のリスクとはいったい何なのでしょうか?

ドル建て終身保険と通常の終身保険の違いは?

ドル建て終身保険と通常の終身保険は何が違うのでしょうか?

ドル建て終身保険と通常の終身保険の違いとしては

  • 為替レートによって支払う保険料の金額が変動する
  • 為替レートによって受け取る保険金、解約返戻金が変動する
  • 為替手数料が必要になる

が挙げられます。

ドル建てにしているため、ドルベースでの金額は変動しますが、その時の円高、円安、つまり為替レートによって日本円に換算した金額が変動するのです。

円安時に解約返戻金をドルから円に換金するとお得!

円安時に解約返戻金をドルから円に換金するのがお得になります。

それでは実際に円高時と円安時での解約返戻金の違いを比べてみましょう。

また解約時に解約返戻金を円とドルと選択可能な保険もあるので、そういう保険のお得な受け取り方法もご紹介致します。

1ドル75円125円でドル建て終身保険の解約返戻金を比較

それでは実際に、円高時と円安時では解約返戻金にどれくらいの差が出るのか、数字を当てはめてみましょう。

為替レート 解約返戻金
1ドル75円 100.000×75=750万円
1ドル125円 100.000×125=1250万円

となります。

このように1ドル75円の円高時と、1ドル125円の円安時では、解約返戻金は500万円もの佐差が出ます。

ドルでも円でも受け取れるなら、円安時までドルのまま据え置き

ドル建て終身保険には様々な種類の商品があり、保険金や解約返戻金をドルでも円でもどちらでも受け取れる商品もあります。

解約し、解約返戻金を受け取りたいときに円安であることがベストですが、常に円安であるとも限りません。

そういう場合はドルで解約返戻金を受け取っておき、円安のタイミングを見計らってドルから円に換金するのがおすすめです。

ドル建て終身保険のリスクは?

ドル建て終身保険には手数料や為替リスクなど以外に色々なリスクが存在します。

ではどのようなリスクがあるのでしょうか?

それは

  • 途中解約して元本割れするリスク
  • インフレリスク
  • 保険会社の破綻リスク

になります。

まず1つずつ見ていきましょう。

途中解約して元本割れするリスク

為替レートによって払い込む保険料が変動する事から円安が続けば途中で払えなくなってしまい、解約する事にもなりかねません。

そして払い込んでいる途中での解約は元本割れするリスクも伴ってきます。

そこに為替リスクが重なれば、解約返戻金はさらに目減りしてしまいます。

インフレリスク

インフレは物価が上がっていくと金利も良くなります。

景気の良い話に聞こえますが、インフレになるということは、お金の価値が下がるという事です。

つまり100万円で帰るのも、保険金を受け取るときに物価が上がっていれば、100万円では買えなくなるという事です。

なので現在でも満足のいく設定の保険金でも将来はそれでは足りなくなるのです。

保険会社の破綻リスク

3つ目のリスクとして保険会社の破綻リスクがあります。

保険会社が破綻すると生命保険契約者保護機構が保護をしてくれるシステムがあります。

また救済措置はあるとはいえ、今まで加入していた条件と同じ保障をしてくれるわけではありません。

また1本の保険に多額の保険料を預けて大きな保険金をかけていた場合、万が一破綻などという事態になる大きな損害となってしまうのです。

ドル建て終身保険は預貯金が他にあり、それ以外のお金を投資してみたい人や経済動向や外貨に詳しい人、為替レートをチェックすることが好きな人には向いているかもしれません。

もしかしたら円建ての終身保険とドル建て終身保険の二本立てで加入することもリスク分散になります。

ではドル建て終身保険を選ぶ時のポイントはどのような部分なのでしょうか?

ドル建て終身保険を選ぶ時の3つのチェックポイント

ここまで見てきたドル建て終身保険の為替リスクについて知ったうえで、ドル建て終身保険を選ぶ時の3つのチェックポイントを見ていきましょう。

積立利率、または解約返戻金の返戻率

まず1つ目は積立利率、そして解約返戻金の返戻率をチェックします。

これらの数字が高い方貯蓄効果が高い商品と言えるのです。

為替手数料

そして次にチェックするのが為替手数料です。

保険料の支払いや保険金、解約返戻金の受け取りにあたってドル、円の両替が発生しますが、この時に保険会社に支払うことになる為替手数料がいくらかを比較しましょう。

保険会社によって為替手数料の額に差があり、例えば1ドルにつき0.01円の所もあれば0.5円の所もあります。

なので長期の契約の中でこの手数料の差が貯蓄効果に影響を及ぼします。

保険金の据え置き

3つ目のチェックポイントは保険金の据え置きです。

保険金が出た時にすぐに受け取らず、ドルのまま預けておくことができる保険があります。

このような保険であれば、例えば、保険金を受け取るときが円高なので、しばらくドルのまま据え置いて将来円安になった時に受け取ることができるのです。

ドル建て終身保険加入の注意点は?

ではドル建て終身保険に加入する時の注意点とは何なのでしょうか?

ドル建て終身保険に加入する時の注意点は

  • 元本割れなどのリスクを確認する
  • 為替リスクを避けるなら一括は避ける
  • 為替手数料の安い商品にする

というのが注意点となります。

それでは1つずつ見ていきましょう。

元本割れなどのリスクを確認する

ドル建て終身保険の保険料を払い込むときには為替手数料がかかってきます。

また、保険会社から支払われる保険金や解約返戻金にも為替手数料(ドルを円に換える手数料)が必要になります。

保険契約に関する為替手数料と保険料を支払う際の手数料と、保険金を受け取る際の手数料は保険会社によって異なるのです。

ドル建て終身保険は、円建ての終身保険よりも高い金利が認定されていますが、その都度かかる為替手数料を含めて考えると実質の金利は下がってしまいます。

目先の利率だけではなくて色々な角度から商品の内容を確認して契約内容をしっかりと把握するようにしましょう。

為替リスクを避けるなら一括は避ける

これまでドル建て保険のメリットやデメリットについて調べてきました。

ドル建て終身保険は元本割れするリスクの可能性がある商品です。

そして為替手数料も発生します。

なので加入時に一括払いで保険料を納めると、加入後に世界情勢が変わった時に大きく資産が減る可能性が高いのです。

なので出来るだけ為替変動のリスクを避けたいのであれば、一時払いなどの一括で払う事を避けて月払いで保険料を納めるようにしましょう。

8.3 為替手数料の安い商品にする

為替リスクの事などを考えて月払いの商品を考えるのであれば、為替手数料の安い商品にするのがポイントとなります。

円、ドル間の両替にかかる為替手数料をチェックしておきましょう。

日本に住んでいるのであればドルで保険金を受け取っても使いにくいのが現状だと思います。

なのでドルを円に換える必要性が出てきます。

この「ドルを円に換える手続き」に手数料が取られてしまいます。

例えば「1ドルあたり0.25円」、「1ドルあたり0.5円」など保険によって手数料は異なりますので、受け取った保険金を減らさないためにチェックが必要になります。

一般的に保険料を支払うときの手数料は50銭で共通していますが、保険金や解約返戻金を受け取るときの手数料は生命保険会社によって50銭の所や1銭の所もあります。

1銭の方がいいのは言うまでもありません。

貯蓄性が同じなのであれば手数料の安い商品を選ぶようにしましょう。

ドル建て保険をお勧めできない人とお勧めできる人は?

ドル建て保険の特徴やメリット、デメリットの商品との比較も含めて外貨建て保険に入ってはいけない人、お勧めできる人はどのような人なのでしょうか?

ドル建て保険をお勧めできない人

まずはドル建て保険をお勧めできない人について紹介していきます。

ドル建て保険をお勧めできない人は

  • 絶対に元本割れしない貯蓄をしたい人
  • 株などのリスク商品は絶対に嫌な人
  • 将来の生活費などで絶対に必要になるお金を貯めたい人

などがあります。

ドル建て保険のデメリットは為替変動によって元本割れするリスクがある事です。

元本割れを絶対に避けたい人、元本割れをすると困るお金を運用する人は、ドル建て保険に加入するのはお勧めできません。

為替は株価よりも激しく変動することがあるので、その動向を予想することができないからです。

また積み立てタイプの保険で支払う保険料が値上がりすると困る人もお勧めできません。

その時の為替レートによって保険料が毎月変わってくるからです。

円安が進むと保険料も高くなっていくために月々の支払いが大変になる場合があります。

保険料が上がると支払えなくなるような人は、ドル建て保険におすすめすることができません。

またドル建て保険のことを詳しく理解していない人もお勧めできません。

なぜならドル建て保険は大きなリスクを伴う金融商品だからです。内容をきちんと理解できていない状態で加入するのはとても危険です。

まずは金融商品の仕組みや為替の事を理解してからドル建て保険に加入するようにしましょう。

ドル建て保険をお勧めできる人

では逆にドル建て保険をお勧めできる人はどのような人なのでしょうか?

ドル建て保険にお勧めできる人は

  • リスクをとっても積極的に運用をしたい人
  • 資産を複数の外貨に分散してン要したい人
  • 余裕資金の運用をしたい人
  • 海外赴任などでたまった外貨を運用したい人
  • 海外旅行や海外移住の予定があり外貨を増やしたい人
  • 為替変動を予測できる人

となっています。

また為替変動を予測出来て資産運用をしたい人であれば、外貨建て保険以外にもMMFやFXなどの外貨商品があるので合わせて検討するようにしましょう。

ドル建て保険の種類と特徴を表にしてみた

実際にドル建て保険の種類と特徴を表にしてみました。

保険種類 特徴 活用例
外貨建て終身保険 積立金を外貨で運用する終身保険です。
保険金や解約返戻金を受け取るときの為替レートによって日本円で受け取れる金額を増減します。
・死後の整理資金等

・老後のゆとり資金の貯蓄

外貨建て一時払終身保険 保険加入時にすべての保険料を支払う一時払タイプの外貨建て終身保険です。

加入時と保険金または解約返戻金支払時の為替レートの差による損益の影響がより大きくなります。

生命保険というよりむしろ外貨による資産運用商品と言えます。
・老後のゆとり資金の資産運用

・相続対策

外貨建て養老保険 積立金を外貨で運用する養老保険になります。

保険金や解約返戻金を受け取るときの為替レートによって日本円で受け取れる金額は増減します。

・資産運用

(積み立てタイプ)

外貨建て一時払養老保険 保険加入時に全ての保険料を支払う一時払タイプの外貨建て終身保険です。

加入時と保険金または解約返戻金支払時の為替レートの差による損益の影響がより大きくなります。

生命保険というよりむしろ外貨による資産運用商品と言えます。

・資産運用
外貨建て個人年金保険 積立金を外貨で運用する個人年金保険です。

年金を受け取るときの為替レートにより、日本で受け取れる金額は増減します。

・老後のゆとり資金の貯蓄
外貨建て一時払個人年金保険 保険加入時にすべての保険料を支払う一時タイプのドル建て終身保険です。

加入時と保険金または解約返戻金支払時の為替レートの差により損益の影響が大きくなります。

外貨による資産運用商品と言えます。

資産運用

(定年退職金など)

一時払商品は定年退職金などのまとまった時に、実際に将来使用するまでの間運用するためなどに利用されます。

ドル建て保険の税金はどうなるの?

ではドル建て保険の税金はどうなるのでしょうか?

保険料や解約返戻金を円換算で算出し、一時所得扱いに

ドル建て終身保険の場合、解約返戻金を円で受け取ってもドルで受け取っても、契約時の為替レートでの円換算、受取時での為替レートでの円換算で所得の算出を行います。

またドル建て終身保険に関わらず、解約返戻金が一時所得となるのはそれまでに支払った保険金を解約返戻金が上回る場合になります。

また一時所得には50万円の特別控除があるので、差額が50万円以内ならば課税はされないのです。

ドル建て終身保険の一時所得の計算方法は

(解約返戻金ー支払保険金総額ー手数料ー50万円)÷2=一時所得

となっています。

このように、解約返戻金に税金がかかってきてしまう場合があるのです。

¥円安時に換金して生まれた為替差益は雑所得扱いとなる

ドル建て終身保険の場合、運用をドルで行っているために円に換金する時の為替レートによっては為替差益というものが発生するのです。

解約返戻金を円で受け取った場合は為替差益は解約返戻金に含まれて一時所得として演出されますが、外貨で受け取った場合はそれを円に換金した際に為替差益があれば雑所得となるのです。

保険金や年金

受取る保険金や年金についても基本的に円建ての生命保険と同じ扱いになります。

なお、申告や納税は円に換算して行いますが、その際に用いる為替レートは契約時の各種書類に記載があるので確認するようにしましょう。

ただし、通常、生命保険会社から円換算した金額で通知が来ます。

ソニー生命のドル建て保険とは?加入するときに知っておくべき概要と注意点

終身保険おすすめランキングベスト3!保険料と返戻率で選ぶ優秀保険

まとめ

いかがでしょうか?

今回はドル建て保険の特徴や普通の終身保険の違いや税金についてお伝えしてきました。

ドル建て保険は外貨で考えた時は貯蓄性がある生命保険となりますが、一般の日本人は日本円で保険料を支払い、日本円で保険金や解約返戻金を受け取ることになるために為替リスクを大きく受ける金融商品となります。

なので元本割れをしたら困るという人はお勧めできないのです。

保険という名称から、なんとなく安全そうだったといったイメージを抱いてしまう事がありますが、そう思って気軽に加入するとリスクが高いので注意しましょう。

スポンサーリンク
ソニー生命の米ドル建保険

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る