死亡保険の基本型

孤独死

死亡保険の基本型について解説しています
 
保険の基本となるものには3種類しかありません。

保険では、この3種類を理解しておけば、基本契約の他にどのような特約が必要なのかわかります。

1・定期保険
被保険者から定められた保健期間内に死亡または高度障害状態になった場合に、保険金の支払いがあります。

保険契約期間を定めていることから、定期保険といいます。
 
2・終身保険
被保険者が死亡または高度障害状態になった場合に保険金が支払われますが、定期保険とは違って被保険者が何歳になっても一生涯を保障するものです。

終身の意味は、一生が終わるまでという意味です。

3・養老保険
被保険者が定められた保健期間内に死亡したときには死亡保険金が支払われますが、保健期間満了時に生存していた場合には満期保険金が受け取れます。

死亡保険金と満期保険金は同額です。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る