公的保険の種類と内容

japan

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る

公的保険の種類と内容について解説しています
 
公的保険は社会保険と労働保険から成ります。

社会保険は、医療保険(健康保険)・年金保険・介護保険に分けられます。

民間の保険が自分で保険料額や保健期間を決めることが出来ますが、公的保険は加入者の所得などに応じて決められます。

保険加入者が支払う保険料で成り立つのが民間保険ですが、公的保険は税金でまかなわれます。
 
現在は、高齢者人口の増加などによる財政難から保険料負担増や給付額の減少などといった傾向にあります。

公的医療保険の主な給付内容

・療養給付
病気やけがをした時に被保険者証提示ることで2割~3割負担で必要な医療を受けることができます。

・高額医療費
一か月の自己負担額が1医療機関につき自己負担限度額を超えたとき、超過分が払い戻されます。

・出産・育児一時金
35万円以上で市町村により金額は異なります。

・葬祭費
被保険者本人が死亡したときは市町村が条例で定めている金額が葬祭を行う人に支払われます。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!