生命保険ランキングを活用した役に立つ保険の選び方を解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
coins-948603_640

 

生命保険を探しているとランキングサイトを目にすることがあるのではないでしょうか。

ランキングの上位にあがっているということは、その商品には人気があるということが目に見えてわかり、良い商品のように見えますよね。

私もランキングの上位にある商品を良いものと考えてしまう傾向にあるのですが、保険は人気があるから選ぶというものではありません。

一人一人の生活は基本的に異なっているため、必要な保険も人によって全く違います。

本記事では、ランキングを見る前に知っておきたい保険の基本的なことを解説しています。さらに、保険をランキング付けしているサイトの使い勝手や、ランキング上位に挙がっている人気の生命保険が、本当に役に立つ保険なのかどうかも解説します。

この記事を読んで、ランキングに惑わされず、自分に最適な保険を選ぶために役立ててください。

 

目次

1 生命保険ランキングを見る前に知っておきたい保険の基本知識を解説

1-1 生命保険の種類は大きく分けて3種類

1-2 保険は突然の不幸に備えるためのもの

1-3 生命保険はすべての人に必要なわけではない

1-4 貯蓄型保険と掛け捨て型の保険、どっちがお得なの?

1-5 生命保険を選ぶための簡単な手順を解説します!

2 生命保険に加入するメリットはあるのか?

2-1 万が一の備えになる

2-2 日々を安心して過ごせる

3 生命保険に加入するデメリット

3-1 保険料の支払いが必要になる

3-2 必要以上の保険に加入してしまう可能性がある

4 生命保険をランキング形式で紹介しているサイトを解説します

4-1 価格.comの使い勝手は?

4-2 保険市場の使い勝手は?

4-3 保険比較の使い勝手は?

4-4 ランキングを活用する方法とは?

5 生命保険ランキング上位の保険は本当に良い保険なのか?よく見る保険について解説します!定期保険編

5-1 オリックス生命の定期保険『ブリッジ』

5-2 ライフネット生命の『かぞくへの保険』

5-3 アクサダイレクト生命の『定期保険2』

6 生命保険ランキング上位の保険は本当に良い保険なのか?よく見る保険について解説します!終身保険編

6-1 オリックス生命の『ライズ』

6-2 アクサダイレクト生命の『アクサダイレクトの終身保険』

6-3 アフラックの『ウェイズ』

7 まとめ

 

1 生命保険ランキングを見る前に知っておきたい保険の基本知識を解説

mistake-1966448_640

生命保険ランキングを一目見れば、たくさんの商品があることが分かるかと思います。しかし、その商品を見る前に、保険と言うものがどういうものなのかを知っておく必要があると思います。

まずは、生命保険がどのような商品なのか、その基本を押さえておくことにしましょう。

 

1-1 生命保険の種類は大きく分けて3種類

cloves-1367675_640

生命保険には、大きく3種類に分けることが出来ます。

定期保険、終身保険、そして養老保険の3種類が主な保険となっています。

これらはいわゆる死亡保険ともいわれており、契約者が亡くなったときに保険金をもらうことが出来るというのは似ているのですが、それぞれ微妙な違いがあります。

まず、定期保険は、掛け捨て型の保険のため貯蓄性は備えておりませんが、その代わり保険料が安くなっており、その保険料の割には手厚い保障を受けることが出来ます。

一定期間の間だけ、なおかつ安価な保険料で比較的大きな保障額が必要な人に向いている生命保険となっています。

次に終身保険について解説します。終身という言葉からも連想出来るかもしれませんが、この保険は解約しない限り、ずっと保障が続く生命保険となっています。

非常に貯蓄性が高い保険であり、また解約返戻金もある場合が多いです。

解約返戻金というのは、解約した時に戻ってくるお金のことなのですが、終身保険の場合満期までしっかりと解約せずにいると、戻ってくるお金が支払った額以上になる特性を備えています。

そのため、貯蓄性と長い保障を求めている人にはとても向いている保険だと言えます。

しかし、終身保険は途中解約をしてしまうと元本割れをしてしまう場合がほとんどなので、もしも終身保険に加入を考えている場合には満期までずっと保険料を支払うことが出来るのか、その見通しをある程度持っておく必要があります。

最後に解説するのは、養老保険です。

養老保険も、終身保険と同様に貯蓄性が非常に高い生命保険です。その特徴としましては、満期を迎える前になくなってしまった場合には死亡保障を受け取ることが出来て、また無事に満期を迎えることが出来た場合には、死亡保障と同額の保険金を受け取ることが出来ることから老後のことを考えた資産形成に非常に向いている生命保険となっています。

ただ、保険料はほかの生命保険と比較すると非常に高くなっていること、また現在養老保険を取り扱っている生命保険会社が限られているため、比較検討出来ない点には注意しておきましょう。

 

1-2 生命保険は突然の不幸に備えるためのもの

grave-674443_640

ここでは生命保険に加入する理由について考えてみたいと思います。

とりあえず何か保険に入っておきたいから生命保険というのは間違いです。

保険はどれも想定外の事故に備えるために加入するものですが、生命保険に加入する場合には家族にお金を残すことが最も重要な点であると思います。

家族がいるのであれば、自分が亡くなった場合でも困窮することなく、日々生活出来るようにするためのお金を残すために生命保険に加入するのです。

生命保険に加入する場合には、誰かのためにお金を残すという目的を忘れないようにしましょう。

 

1-3 生命保険はすべての人に必要なわけではない

上述したことと少し被ってしまうのですが、生命保険はすべての人に必要な保険ではありません。

生命保険は、誰かにお金を残すために加入するものです。

逆に言ってしまうと、お金を残したい人がいない、公的な年金制度で十分と考える人、あるいは貯金で十二分にそれを賄うことが出来るという場合には生命保険に加入する意味はかなり薄くなります。

むしろ、何らかの形で十分なお金がある人の場合には、保険料の支払い自体が無駄になってしまう場合もあるため、生命保険に加入すること自体が損になってしまいます。

 

1-4 貯蓄型保険と掛け捨て型の保険、どっちがお得なの?

よく、貯蓄型と掛け捨て型の保険はどちらが得なのかという問題が持ち上がります。

では、実際のところどちらが得なのでしょうか。

貯蓄型保険の代表例としては、上述した終身保険、養老保険があげられます。貯蓄型保険全般に言えることは、解約返戻率が高く設定されているため、支払った額以上のお金を将来手にすることが出来るのが貯蓄型保険の最大の特徴です。

現在定期預金の金利はとても低く、銀行に預けているだけでお金が増えることはありませんが、この預ける分のお金を貯蓄型の保険を購入するのに利用すれば、お金を増やすことが出来ます。

少し投資の色を帯びてしまいますが、保障を得られながらなおかつ株などと比較すると保険は非常にリスクの低い商品であるため、少しでもお金を増やしながら保障も同時に得たいという人に向いているのが貯蓄型保険となっています。

ただ、貯蓄型の保険は支払う保険料が、ほかの保険と比較しても高くなってしまうことはデメリットです。

また、貯蓄型の保険は途中解約によって元本割れを起こす可能性がとてつもなく高いため、途中解約をしてしまう可能性が少しでもあると思う場合には避けておくのが良いと思います。

では、次に掛け捨て型の保険の特徴を解説します。

掛け捨て型保険の特徴は、その保険料の安さにあります。貯蓄性がない代わりに、高額な保障を非常に安い保険料で得られるというのはほかの保険にはない特徴です。

注意する点としては、定期保険は契約した期間しか保障が得られないということです。

もしも、契約した期間以上に保障が欲しくなってしまった場合再び契約しなおす必要があるのですが、その時には年齢も上がっており支払う保険料が増えてしまう場合があります。

貯蓄型にも掛け捨て型、どちらにも加入するメリットとデメリットがあり、どちらがお得になるかはその人の求めている保障や、保障期間によって異なります。

大きな保障を安い保険料で、なおかつ一定期間だけ保障が必要だと思う場合には、支払う保険料の安さから定期保険をお勧めします。

逆に、一生涯の保障を得ながらも貯蓄性を重視したいと思う人に場合には、貯蓄型の保険が向いていると言えます。

 

1-5  生命保険を選ぶための簡単な手順を解説します!

さて、ここまで基本的な生命保険の知識に関して説明してきましたが、まず生命保険に加入する場合に知っておくことは、本当に自分に生命保険が必要なのかということです。

家族など、お金を残したい人がいれば生命保険の加入を検討しても良いと思いますが、それ以外の場合には生命保険以外の保険を検討するようしましょう。

次に、生命保険が必要であると思い始めた人が考えなければならないのは、一体どれぐらいのお金を残すのかということです。

遺族年金など、公的な補助を受けることが出来る場合には必要な保険金の額を少なくすることによって支払う保険料を抑えることが出来たり、あるいは生命保険に加入する必要がない場合も出てきますので、このあたりはしっかりと確認しておきましょう。

また必要額以上の保障額を設定してしまい非常に多くの保険料を支払うことになり、保険料の支払いに苦しむ可能性もありますので、どれぐらいのお金を残すのかある程度の見積もりを保険に加入する前の段階で見積もっておくほうが良いです。

この部分に関しては個人で全て行うと難しいので、専門家の人に相談してみるのも賢い方法だと思います。

生命保険が必要だとわかり、ある程度必要な保障額が決まったのであれば、次に決めるのはどれぐらいの間保障が必要なのかという保障期間を決めなければなりません。

一概には言えませんが、ある一定の期間だけ保障が必要で、しかもまとまった保険金が欲しい場合には定期保険が向いていると思います。

残すお金はそこまで必要ではないけれど、少しでもお金を残しながら保障も得たいと考えている場合には終身保険を選ぶのが良いと思います。

とはいえ、これは人によって異なってくるため、以上の例は一つの参考に留めておいてほしいと思います。

最後に、上述したことすべてが決まった時点で数多くある保険商品を比較するようにしましょう。

自分が必要な保障額や、加入したいと考えている保険の種類が分かっているため、非常に多くの商品があったとしても迷うことが少なくなります。

数多くの商品と比較しながら、そこでさらに自分に適した商品を見つけて加入することが出来れば、その保険選びは成功でしょう。

 

2 保険に加入するメリットはあるのか?

crown-1783304_640

ここでは保険に加入する意味があるのか、ということを改めて考えてみたいと思います。

 

2-1 万が一の備えになる

保険に加入する最大のメリットは、病気やケガ、死亡など、いつ発生するか分からない事由に対処することが出来ることです。

人はいつか必ず亡くなりますが、その間に何が起きるのかというのは誰にも予測することは出来ません。

しかし、生命保険に加入していれば、そういった予測不可能な事態に直面してしまった場合でも、その被害を最小限にとどめられます。

 

2-2 日々を安心して過ごせる

busan-1113822_640

未来に何が起きるのか、そのようなことを考えていると時折とても不安になることはありませんか。

しかし、保険に加入していればある程度被害を抑えてくれるため、保険に加入しているから大丈夫だと、あまり将来のことを心配することなく日々を過ごすことが出来るというのもメリットの1つだと思います。

人気記事ランキング

1 2

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る