身近に潜む「もしも」を個人賠償責任保険で備えるためのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「自転車に乗っていて、歩行者と当たりそうになった」や、「旅行中の買い物で店の商品を壊しかけた」、なんて経験をした方は意外に多いのではないでしょうか。

免許も必要なく、気軽な移動手段である自転車や、楽しい旅行中の買い物でも一歩間違えば、ケガをさせたり、弁償をさせられたりと、大変な思いをする事があります。

身近なところにも危険がたくさんあるのですね。

そのような事は、出来れば経験したくないという事は誰でも思う事ですが、起こってしまう前に保険でリスク回避をしておくのも一つの手段です。

その保険が、個人賠償責任保険です。

名前は聞いたことある人も多いと思いますが、その内容を知らない方はたくさんいらっしゃいますので、この記事では、元損害保険の代理店をしていた立場から、様々な賠償責任を実例も交えながら解りやすく解説していきます。

この記事を読んで、身近に潜む「もしも」に備えていきましょう。

目次

1.賠償責任保険とは

1-1賠償責任とは

1-2個人賠償責任保険と日常賠償保険の違い

1-3その他の賠償責任保険とは

2.賠償責任保険の種類

2-1個人向けの賠償責任保険

2-2事業者向けの賠償責任保険

2-3その他の賠償責任保険

3.個人賠償責任保険の支払い事例

3-1支払い事例

3-2免責事例

3-3その他の損害保険の事故例

4.個人賠償責任と日常賠償責任

4-1加入の仕方

4-2自動車保険の場合

4-3火災保険の場合

4-4傷害保険とその他の保険の場合

5.近年の賠償責任における判決例

5-1自転車事故の例

5-2その他の事例

6.まとめ

 1.賠償保険責任保険とは

賠償責任保険とはいったいどのような保険なのか、説明できる方は少ないと思います。

近年の事故で多いのが、自転車事故であるのは知っている方も多いのではないでしょうか。

自動車の事故であれば、自動車保険で対応し、家が燃えてしまった場合であれば、火災保険で対応するでしょう。

しかし、自転車同士でぶつかってしまった場合や、歩行者とぶつかってケガをさせてしまった場合には、どのように対処するでしょうか。

その時に、役に立つのが賠償責任保険なのです。

賠償責任保険には、先ほども書いたような個人向けの賠償責任保険もあれば、施設賠償保険や生産物賠償保険の様な事業者向けの保険もあります。賠償責任保険を簡単に言うと、第三者から法的な損害賠償を請求された時に対応する保険という事です。

これは、自転車事故で相手にケガをさせてしまった場合には、治療費や慰謝料や休業損害等であり、製造業などで言えば、作った製品に不備がありお客様にケガを負わしてしまうことや、お客様の所有物を破損させてしまったときの治療費や修理代などになります。

少し難しいかもしれませんが、一つずつ見て行きましょう。

 

1-1賠償責任とは

そもそも、賠償責任とは何なのか。

先ほども少し書きましたが、賠償責任とは、第三者から法律的な損害賠償請求をされる事案という事です。

解りやすく言うと、あなたのせいでこの様な事になったので、元に戻してほしいという事や、約束をしたのにその約束事を守ってくれなくて損害が出たなどになります。

賠償責任には幅広い分野での事例があるので、保険に関すること以外は今回は割愛させていただきます。

 

1-2個人賠償責任保険と日常賠償責任保険の違い

損害保険会社が取り扱っている個人向けの損害賠償保険は、多くが自動車保険や火災保険や傷害保険の特約での加入になります。

そして、保険の種類によっては、個人賠償保険や日常賠償保険と特約名が違う場合があります。

名前が違う以外に何か違いがあるの?と思う方もいるかもしれませんが、基本的な補償内容は同じです。

個人賠償責任保険の単独での販売が少ないので、自動車保険か火災保険か傷害保険の特約として準備をすると書きましたが、どの保険の特約なのかで名前が変わり、また保険金額に違いがある場合多いと言えます。

それ以外の、違いはなく、個人賠償責任も日常賠償責任も同じ補償であると覚えていてください。

 

1-3その他の賠償責任保険とは

先ほど書いた、個人賠償責任保険の他にはどのような賠償責任保険があるのか。

賠償責任保険は、大きく分けると、個人向けの賠償責任保険と事業者向けの賠償責任保険に分けることが出来ます。

先ほど書いたものは、個人向けの賠償責任の一つですが、事業者向けの賠償責任保険には、施設賠償保険や生産物賠償責任保険や受託物賠償責任保険など、店舗の運営や事業の運営には欠かすことのできない補償内容の保険があります。

一般的には知らない方も多いと思いますが、損害保険には数多くの商品があるのです。

その内容は、次の章で細かく説明していこうと思います。

 

2.賠償責任保険の種類保険料を払い過ぎ

賠償責任保険には先ほども少し書いたように、個人向けの賠償責任保険と事業者向けの賠償責任保険があります。

ここでは、その賠償責任保険の種類を個人向けと事業者向けと分けて紹介・解説していきます。

個人向けの賠償責任保険でもあまり知名度は高くないのですが、同じ賠償責任保険でも何を対象にするのか、またどのような目的で掛けるのかで、種類も豊富にあるという事を知っていただければと思います。

 

2-1個人向けの賠償責任保険

個人向けの賠償責任保険と一言で言っても、その保険の種類は数種類あります。

また、賠償責任保険の単独で加入できる商品が少ないので、どのように加入するのかという事も少し書いていこうと思います。

 

個人賠償責任保険

個人向け賠償責任保険で一番注目をされているのが、個人賠償責任保険です。

どの様な商品かと言うと、第三者から損害賠償を請求された時に、その金額を補償してくれる商品です。

解りやすく言うと、先ほども書いたように、他人にケガをさせてしまったり、他人の物を壊してしまい治療費や修理代を請求された時に役に立つ保険です。

マンションに住んでいる方は、ベランダから過って洗濯物や布団やプランターを下に落としてしまい、通行人にケガをさせてしまったり、自転車で歩いている人と接触しケガをさせてしまったなど、日常生活の身近なところに危険があるのです。

 

日常賠償責任保険

日常賠償責任保険も個人賠償保険と同じで、保険会社や保険商品によって名前が変わるので、少し混乱しますが名称は個人賠償責任保険よりも日常賠償責任保険の方が一般的にも解りやすいのではないでしょうか。

 

ゴルファー保険

ゴルフをしている人でもあまり馴染みのない保険ではないでしょうか。

損害保険の事故処理などをしていると唯一事故が起こって、「おめでとうございます」と言える商品だと思います。

この賠償責任保険は、前の組や隣のホールでプレイをする人にボールを打ち込んでケガをさせてしまった時や、練習などでゴルフクラブを過って破損させてしまったという時も支払い対象なのです。

しかし、ゴルフ保険ではそれ以外でも、ホールインワンやアルバトロスをした際には、記念樹を植樹する事や、お祝いのパーティをそのプレイをした本人がお金を出してしないといけない場合があります。

ゴルフ保険では、その時に掛かった費用を補償してくれる保険でもあるのです。

その事から「おめでとうございます」と言える唯一の保険であると言えるのです。

 

2-2事業者向けの賠償責任保険

賠償責任保険には、個人向けの商品以外にも、事業用の賠償責任保険の商品が数種類あります。

ここでは、大きな企業から個人事業まで、事業を行う上で安心できる賠償責任保険の代表的な商品を紹介・説明していこうと思います。

また、事業者向けには一般的な業種向きの保険から、特定業種の保険など業種によって種類も変わってきますが、ここでは、一般的な企業の保険を中心に書いていきます。

 

施設管理者賠償責任保険

この保険は、名前の通り施設管理における賠償責任保険です。

簡単に言うと、事業を行う施設や自身・自社で管理している施設において、事故が起こった場合、その施設の管理者に賠償責任が生じる場合に役に立つ保険であるという事です。

例えば、店舗運営をしていた場合に、店舗の床を水拭きしていて、お客様が滑って転倒しケガをしてしまった場合などになります。

店舗運営や事務所・会社に来店者や来訪者が多い事業主さんには欠かせない保険であると言えます。

 

生産物賠償責任保険

この保険は、製造業などの商品・製品を作っている業種には欠かせない保険です。

生産物賠償責任とは、名前の通りですが、作った商品に対しての責任となり、その製造物に不備があり破損したり、購入者がケガをしてしまったりした場合に生じる責任という事です。

解りやすく言うと、エアコンを購入しメーカーの定める通りに使用・管理していたのにも拘らず、発火・炎上してしまった場合、その責任はエアコンを製造したメーカーにあり、修理・その他破損物などの補修などは、メーカーが責任を持たなければいけないという事です。

製造業などは、1つの商品を1つ作るのではなく、数万台製造している事で、一度問題が起これば、製品の自主回収・販売停止など、メーカー側の受ける打撃も大きくなります。

その上、消費者への賠償などあれば、企業としても経営に響くことになります。

その時に、この生産物賠償責任保険でリスクをカバーするという事になります。

また、この生産物賠償保険は、PL保険とも言われています。

 

企業総合賠償責任保険

この保険は、名前の通り企業の賠償責任を総合的に補償出来る保険であり、これまで書いた企業向けの賠償責任保険を一つにした商品であり、この保険である程度の賠償責任には対応が出来ると言っていい商品です。

取扱いしている保険会社も増えてきていますが、まだまだ、それぞれのリスクに対応した商品を個別に売っている保険会社も多く残っています。

この企業総合賠償責任保険は、施設管理者賠償責任や昇降機賠償責任保険や生産物賠償責任など、事業を運営するうえで考えられるリスクを総合的にカバーできる事と、事業形態によって必要な補償が異なるので、必要な補償を選べるという利点がある商品であるのです。

必要な補償の必要な金額を選ぶことにより、企業のリスク管理をしやすくなる商品であると言えます。

 

2-3その他の賠償責任保険

これまで、個人向けと事業者向けの賠償責任保険の種類を書いてきましたが、もっと身近な賠償責任保険があるのです。

賠償責任保険と言われると、ピンと来ないかもしれませんが、広域な解釈で言うと、自動車保険も賠償責任保険なのです。

自動車保険の目的は事故を起こした時に、自己相手への対人・対物の賠償責任に対する保険です。

相手の物(自動車や自転車)を壊してしまったために、弁償をしなければいけない。

相手の人がケガをしたので、治療費を払わなければいけない。

そう考えれば、賠償責任保険も身近なものであると言えると言えるのではないでしょうか。

また、賃貸物件に住んでいる方は、入居時に火災保険に加入したと思いますが、その保険も自身の家財道具を守る以外に、借りている部屋を燃やしてしまった場合や、破損させてしまった場合には、原状回復して大家さんへ返さないといけません。その賠償責任に対応するのが、火災保険の追加補償である、借家人賠償責任保険と言う保険なのです。

火災保険に加入しないといけないのは、この借家人賠償責任保険を準備していないといけないためなのです。

人気記事ランキング

1 2

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る