生命保険は終身型が人気?特徴やメリットなど絶対に知るべき6つの事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

将来のことを考えると生命保険に加入しておくべきか悩みますよね?特に結婚した、子供ができた、社会人になった、老後近づいてきたなどライフイベントが発生している方はすでに必要性を感じられてるのではないかと思います。

でも、いざ加入を検討しようにも、生命保険って取っ付き辛くてわからない!終身や定期といった様々な種類を聞くけど自分にあうものはどれ?生保レディーに勧めらたものに加入してもいいのか?と悩んだりするものです。

生命保険を検討する際には、特徴やメリット、デメリットなど基本的なことを抑えておくことで自分にあった適切な商品を選べるようになります。

逆に、基礎知識がないまま契約してしまうと損してしまうことがあります。

しかしながら、多くの人が生命保険に関する十分な知識を持っていません。

実際、独立行政法人の国民生活センターによると、生命保険に関するトラブルの相談が毎年8,000件以上寄せられており、その多くは契約者の理解不足が原因になっています。

そんなトラブルに巻き込まれないためにも、今回は、「生命保険の特徴やメリットなど絶対に知っておくべき6つのポイント」について、詳しくご紹介いたします。

尚、生命保険の中でも人気のある終身型に焦点を当ててご紹介します。
この記事を読めば、契約して失敗した、なんてことは起こりませ!それどころかお得に契約できる方法についてもご紹介しているので是非、覚えていただければと思います。

目次

  1. はじめに:生命保険って必要?その役割とは? 
    1‐1.そもそも生命保険って何?

    1‐2.生命保険には加入すべき?
  2. 知っておきたい生命保険の3つの基本タイプと特徴
    2-1.これぞスタンダード!保障の定期型

    2-2.一生涯安心!人気の終身型

    2-3.欲張りな人にはこれ!充実の養老型
  3. 生命保険(終身型)のメリットとデメリットとは?
  4. 生命保険(終身型)の目的別活用方法教えます
    4-1.計画的に老後の資金準備   

    4-2.相続税対策

    4-3.葬儀関連費用の準備

    4-4.生命保険料控除で税金メリットを受ける
  5. どこで生命保険を契約する?生命保険会社の選び方
    5-1実はどの会社も大差ない?生命保険の商品特性
    5-2生命保険料のからくり!純保険料と付加保険料
  6. 生保レディーが教えてくれないお得な契約方法!
    6-1付加保険料の差は販売チャネルの違いに現れる
    6-2割安ならネット系生保・比較検討なら代理店
  7. まとめ

1.はじめに:生命保険って必要?その役割とは?

保険を選ぶにあたってまずは前提として押さえておくべきことを説明します。

保険とは何らかの損失を保障するための金融商品です。

そのため、保険を選ぶ際は自分に起こり得る損失(リスク)を把握し、リスクの目的に合った保険を選ぶ必要があります。

この判断を見誤ると、必要のないものにお金を払ってしまったり、保障されてると思ったものが保障されなかったりと、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があります。

そうならないためにも、この章では、生命保険の本質的な役割について説明し、生命保険に興味がある皆さんが、適切に保険選びのための基礎を身に着けてもらいたいと思います。

1‐1.そもそも生命保険って何?

生命保険(終身型)について知る前にまずは生命保険そのものについて説明します。

生命保険とはその名の通り、人の生存または死亡による損失を保障する保険で、人が死亡した時に効力を発揮する金融商品です。

被保険者(保険契約の対象者)が死亡したときに支払われる死亡保障が生命保険の本質的な役割です。

よく、入院保険やがん保険などの医療保険を生命保険と、ごちゃ混ぜにして解釈している人がいますが、厳密にいえば、医療保険は生命保険ではありません。

保険法上、保険は『第一分野』『第二分野』『第三分野』と、3つに分類されており、生命保険は『第一分野』の保険で、医療保険は『第三分野』の保険になります。(『第二分野』は損害保険)

医療保険は生命保険と同様で、人にかける保険ですが、決定的な違いとして生死に関する損失を保障する役割をもっていません。

そのため、単に病気やけが、がんなどによる損失を保障したいだけならば生命保険は必要ありません。

生命保険は『死』に関する損失を保障するものです。

1‐2.生命保険には加入すべき?

この役割を踏まえたうえで、生命保険には加入すべきか?

その答えは、YesでありNoです。

まずはYesの理由について、誤解を恐れずに言いますが、いずれ人は100%『死亡』するからです。

つまり、生死に関するリスクは人であれば誰しも持っているからです。

一方でNoの理由は、生死に関するリスクの『程度』が人それぞれ異なるからです。

どういうこというと、一般的に死亡率は若い人は低く、高齢になればなるほど上がります。このように年齢や個人の状況によって死に関するリスクの大きさが違い、保障すべき内容が変わってきます。

もちろん、一般的にリスクが低い若い人達には生命保険は必要ないと言いたい訳ではありません。

死による損失を保障するという本来の目的を見たときに『本当に自分には必要か』という事をしっかりと考えたほうがよいと言いたいのです。

とはいえ、そこまで深く考えるときりがないので、一般的にどういった時に人は生命保険に入ろうと考えるのかについて紹介します。

一般的に生命保険に加入しようと思うきっかけはなんらかのライフイベントが発生した時です。

ライフイベントとは、結婚、出産、子供の小学校進学、就職など、人生の大きな節目をさします。ライフイベントが加入のきっかけになるのは、もし仮に自分に何かがあっていなくなった時、残された家族や大切な人たちの、これからの経済的な負担を考えるとあらかじめ備えておく必要があると実感する機会となるからです。

このことから、生命保険が自分に必要かどうかは、自分の死亡リスクや万が一自分に何かがあった時に、経済的な負担を減らしたい大切な人がいるなどの観点から検討されるのはいかがでしょうか。

単に、「数十年後、数千万円になって返ってくるから」などの貯蓄機能だけの目的の安易な加入はあまりお勧めしません。

保険は”転ばぬ先の杖”と言われるように、損失に備える保障手段にすぎないので、お金を増やしたいなどのニーズとは別で考えるのが賢明かと思います。

2.知っておきたい生命保険の3つの基本タイプと特徴

生命保険がそもそも自分に必要があるか考えたうえで、次に必要なのは生命保険の基本タイプについてです。

この章では生命保険の基本3タイプについて説明します。

2-1.これぞスタンダード!保障の定期型

まずはスタンダードなタイプの定期型から紹介します。このタイプは一般的に定期保険ともいわれます。

定期型の特徴は保険の期間が決まっている点と保険料が掛け捨てで、死亡保障のみが備わっている点です。

余計なものは付けずに、生命保険の基本となる死亡保障に特化したタイプとなっています。

死亡保障額が同額なら他のタイプと比べ保険料が最も安くなります。

一定期間だけ死亡保障が必要でかつ保険料を抑えたいという方にお勧めです。

2-2.一生涯安心!人気の終身型

次は終身型について説明します。このタイプは一般的に終身保険と言われるものです。

終身型の特徴は死亡保障が一生涯続く点と解約返戻金と呼ばれる解約時に払い戻されるお金がある点です。

このように終身型では定期型にはない貯蓄機能が備わっています。

終身型では貯蓄機能の分だけ、プラスして保険料を支払い生命保険会社がその保険料を元手に運用を行ってくれます。

その結果、満期まで保険料を払い込んだ場合、払い込んだ保険料の総額よりも多い額の解約返戻金を受け取れるようになります。

貯蓄機能の分だけ余分に保険料を払うので定期型より割高になりますが、一生涯、死亡保障が必要で、払い込んだ保険料を掛け捨てたくないという方にお勧めです。

ちなみに終身型は生命保険のタイプでは毎年契約件数が最も多いタイプとなっており、貯蓄文化の根強い日本人には一番人気があるタイプになっています。

2-3.欲張りな人にはこれ!充実の養老型

最後に養老型について説明します。このタイプは一般的に養老保険といわれるものです。

養老型の特徴は、定期型と同様、死亡保障期間に定めがある点に加え、満期時に満期給付金としてお金を受け取れる点です。

終身型と同様、貯蓄機能が備わっていますが、満期給付金は死亡保障額と同額のものがほとんどです。

そのため、貯蓄機能の点で見れば終身型よりも貯蓄性は充実しています。

ただその分、保険料はかなり高くなっています。養老保険は老後の資金準備として活用されることが多いです。

ただ、バブル期にはよく取り扱われていましたが、終身型の登場で現在ではあまり積極的に取り扱われていません。

養老保険にも強みはありますが、まずは終身型を先に検討されるのが良いと思います。

3.生命保険(終身型)のメリットとデメリットとは?

前章で、生命保険の基本タイプについて理解できましたでしょうか?

この章では、生命保険(終身型)についてさらに細かく理解するためにメリット・デメリットについて紹介します。

これを読めば、生命保険(終身型)についてさらに理解が深まると思います。

■生命保険(終身型)のメリット

生命保険(終身型)の最大のメリットは『死亡保障機能』に加え、『貯蓄機能』が備わっている点です。

『死亡保障機能』『貯蓄機能』は前章でも少し触れましたが、ここで整理しておきます。

終身型生命保険の役割は大きく、『死亡保障機能』と『貯蓄機能』に分けられます。

死亡保障機能は”被保険者(保険の適応者)が死亡した際に死亡保険金として支払われる事”を指し

貯蓄機能は”毎月の払込保険料が掛け捨てられずに積み上がり、解約返戻金または一生涯の死亡保障として貯蓄される事”を指します。

このように生命保険(終身型)では定期保険とは違い、解約した際に解約返戻金が支払われる点と保障が一生涯続くことがメリットといえます。

■生命保険(終身型)のデメリット

一方で、生命保険(終身型)では『貯蓄機能』が備わっていることがデメリットにもなります。

具体的には

・同じ保障額の場合、定期保険と比べ保険料が高くなる(貯蓄機能分が保険料に別途上乗せされるため)

・早期に解約してしまうと解約返戻金が払込保険料総額を下回ってしまう、あるいは支払われない

などがあげられます。

このように生命保険(終身型)は貯蓄性が利点と言えますが、貯蓄機能が必要のない契約者や、途中で保障内容の見直しなどで生命保険(終身型)を解約する事となった場合には欠点になります。

安易に、将来的にお金が多く返ってくるからという理由で契約すると思わぬ損をする可能性があるため、必ずしも生命保険(終身型)を選択するのが良いという事ではないので、保障期間や貯蓄機能の必要性を考えて選択する必要があります。

4.生命保険(終身型)の目的別活用方法教えます

前章では生命保険(終身型)のメリット・デメリットについて紹介しました。

この章では生命保険(終身型)の目的別の活用方法を説明します。この章を読めば、生命保険(終身型)が、あなたにとって活用価値があるか判断できるようになると思います。

  4-1.計画的に老後の資金準備

何度もお伝えしていますが、生命保険(終身型)には貯蓄性があります。

この貯蓄性を使って、計画的に老後の資金準備が可能です。

終身型では大きな保障が必要な若いときは死亡保障として考え、老後になって大きな保障が必要なくなれば、解約してお金を受け取り、老後の生活資金にあてるという活用方法です。

また受け取りは一時払いではなく年金払いで受け取ることも可能です。

このように保険料をしっかりと設定期間まで払うとお得に活用できます。

しかし、払込の途中で解約してしまうと損してしまう事もあるのでその点は注意が必要です。

4-2.相続税対策

次に相続税対策として活用する方法です。

生命保険の死亡保険金には相続税の非課税枠というものが存在します。

通常、遺産分割において現金のまま相続すれば、その金額にまるまる相続税が課税されますが、生命保険を契約し、相続税の非課税枠を活用すれば節税する事ができます。

今回は簡単にしか説明しませんが非課税枠は下記の計算式で設けられています。

非課税枠=500万円×法定相続人の人数

このように、上記の算式の分だけ、相続税の課税対象外となり、遺族の負担を減らすことができます。

そのため、現金をたくさん保持している方などには有効な活用方法となっています。

4-3.葬儀関連費用の準備

3つ目は、葬儀関連費用の準備などで活用する方法です。

生命保険(終身型)を利用することで葬儀費用や納税資金で現金が必要になった際にすぐにお金の調達が可能になります。

通常、銀行の預金などは名義人が死亡した時点で、相続財産扱いとなるため、遺産分割協議が整うまで受け取ることができません。場合によりますが、この手続きには時間を要するため即金性がありません。

人気記事ランキング

1 2

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る