火災保険はどこがおすすめなの?人気の火災保険をズバリ解説!

火災保険は、一戸建て、マンション、ビル等の不動産と、建物内にある家具や機材等の動産を補償する商品です。

この保険はその名の通り、火事で建物が燃えてしまったときに補償される商品ですが、その他にも、風災や水害、盗難等も補償されます。

火災保険は、賃貸建物やマンション、ローンを返済中の一戸建てならば、ほとんどの場合に加入が必要となります。

しかし、ご自分が火災保険の加入を検討する場合、保険の種類も多く、どの保険商品へ加入するべきか迷われるかもしれません。

そこで今回は、火災保険の上位にランキングされている人気の保険商品を取り上げます。

そして、その人気商品の補償内容、利用者の口コミ等を解説していきます。

この記事を読めば、火災保険の基本的な知識と、保険商品を選ぶ際の良い参考資料になることでしょう。

1.火災保険について

私はマイホームを建てる予定です。当然ローンを利用します。

ローンで家を建てるならば火災保険は必要不可欠と聞いていました。

でも、火災保険についてあまりよくわからないのが本音です。

まずは火災保険について詳細を知りたいです・・・。

こちらでは、火災保険とは何か?その特徴等について解説します。

1-1.火災保険とは

火災保険は、一戸建て、マンション、ビル等の不動産、建物内にある家具や機材等の動産を補償する商品です。

この保険は、不動産(建物)だけに保険をかけた場合、火災で不動産(建物)が燃えてしまったとき、受け取り可能な保険金は不動産(建物)が受けた被害分のみになります。

この場合、建物の中の動産の被害について、保険金を受け取ることはできません。

動産も補償を受けるには、こちらも保険の対象として火災保険を申込む必要があります。

また、賃貸物件や、ローン完済前の物件は火災保険への加入がほぼ必須条件となります。

ローンを組んだ金融機関から、提携損害保険会社の商品を案内されるケースもありますが、よりご自分に合った火災保険へ入るため、比較検討しながら選ぶことが賢明です。

1-2.火災保険の特徴

火災保険で補償されるのは、単に火災だけではありません。次のような災害も補償対象です。

  • 火災:先火、もらい火、放火等による損害が対象
  • 落雷:落雷による損害が対象
  • 破裂・爆発:ガス漏れ等の破裂・爆発の損害が対象
  • 風災:台風、旋風、竜巻、暴風等の損害が対象
  • 雹災・雪災:豪雪、雪崩等の損害が対象
  • 水災:台風・豪雨等による洪水の損害が対象
  • 水濡れ:給排水設備の事故等で生じた事故に伴う漏水、放水、溢水の損害が対象
  • 建物の外部からの物体の落下等:建物の外部からの物体落下、飛来、衝突、接触、倒壊等の損害が対象
  • 騒擾、集団行為、労働争議による破壊行為等:集団行動・労働争議が原因の暴力行為・破壊行為による損害が対象
  • 盗難による盗取、損傷等:盗取、損傷、汚損の損害が対象
  • 不測かつ突発的な事故:偶然な事故による損害が対象

1-3.火災保険人気ランキング

火災保険商品の人気ランキングは、各インターネットサイトで行われていますが、概ね次のような商品が上位にランキングされています。

順位 保険会社・商品名
1位 楽天損保「ホームアシスト(家庭総合保険)」
2位 セコム損保「セコム安心マイホーム保険」
3位 日新火災「住自在」
4位 東京海上日動「トータルアシスト住まいの保険」
5位 AIG損保「ホームプロテクト総合保険」
6位以降 三井住友海上「GK すまいの保険(家庭用火災保険)」

損保ジャパン日本興亜「THE すまいの保険「個人用火災総合保険」

6位以降の、建物保険金額が100万円以上1万円単位で決められる三井住友海上「GK すまいの保険(家庭用火災保険)」や、自然災害をはじめ身近な事故も補償する損保ジャパン日本興亜「THE すまいの保険(個人用火災総合保険)」も、人気があります。

次章以降では、上位ランキング1位~5位までの火災保険について解説していきます。

2.楽天損保「ホームアシスト(家庭総合保険)」

楽天損保「ホームアシスト(家庭総合保険)」が非常に人気のようですね。

どんな補償内容かを是非知りたいです・・・・。

こちらでは、ホームアシスト(家庭総合保険)の補償内容、口コミについて解説します。

2-1.ホームアシスト(家庭総合保険)の概要

ホームアシストは、火災、落雷、破裂または爆発、風災・雹災・雪災の基本保障に加え、水災や盗難等がカバーできる火災保険です。

プラン共通の費用保険金は、災害時諸費用や地震火災費用、水道修理費用等が含まれています。

また、日常のトラブルに備える特約として個人賠償責任補償特約を付加することができます。

基本的に支払限度額が無制限で、ご自分の他ご家族も対象となり、示談交渉サービスも付帯されています。

次のようなケースで利用できます。

  • 自転車で通行人にケガをさせた
  • 子供が遊んでいる時に物を破損させた
  • 買い物中に店の商品を壊した
  • マンション・アパートで水漏れを起こし、階下の人の家財を汚損した
  • 飼い犬が他人にかみついた 等

その他にも、借用戸室を火災、破裂または爆発で貸主に対して法律上の損害賠償責任を負った場合の「借家人賠償責任補償特約」、ご自宅の火災、破裂または爆発の事故で近隣の住宅、その家財に損害を与えた場合の「類焼損害補償特約」も付加することができます。

この保険は、ご自分のニーズに合わせ、自由に補償をカスタマイズできる点が最大の魅力です。

2-2.ホームアシスト(家庭総合保険)の補償内容

こちらでは、建物の事例をあげて補償内容、保険料を説明します。

  • 火災保険加入状況:新規
  • 見積もり方法:インターネット試算
  • 保険開始日:2019年1月3日
  • 建物:所有
  • 建物形態:一戸建て・地上2階建て
  • 建物構造:木造(耐火建築物)
  • 建物所在地:神奈川
  • 建物建築年月:2019年1月
  • 建物延床面積:90㎡
  • 火災保険対象:建物・家財
  • 建物保険金額:1,500万円
  • 家財保険金額:600万円
  • 家族構成:世帯主30歳、配偶者、子1人
  • オプション:なし
  • 地震保険:なし
  • 火災保険期間:10年間
  • 払込方法:一括払(クレジットカード)
プラン おすすめプラン フリープラン
火災・落雷・破裂または爆発
風災・雹災・雪災

自己負担額:3万円

水災 ×の場合
水濡れ・盗難等 ×の場合
破損・汚損等

自己負担額:1万円

家財支払限度額:50万円

×の場合
災害時諸費用

支払限度額:500万円

×の場合
その他の費用保険金等(※) ×の場合
保険料 166,470円 48,840円

(※)その他の費用保険金等には次の費用が対象になります。

  • 地震火災費用
  • 緊急時仮住い費用
  • 水道管補修費用
  • 錠前交換費用
  • 損害防止費用
  • 特別費用

2-3.ホームアシスト(家庭総合保険)の口コミ

ホームアシストへの利用者の意見は次の通りです。

〇40代男性

保険料は最安値クラスだが、条件の良さや補償の組み合わせの自由度が高い火災保険だ。

この火災保険では、損害などに遭った場合、損害額に上乗せして、災害諸費用というものが更に支払われる。

通常ならば10%~30%の上乗せで、上限200万円~300万円に設定している保険会社がほとんど、しかし、楽天損保の場合は30%上乗せの上限が500万円まである。

非常に商品力に期待がもてる火災保険だ。

〇40代女性

楽天損保はインターネット広告で見つけたました。早速、インターネットから無料見積もりを出したところ、希望の補償内容で、保険料も非常に安かったので、すぐに手続きしました。気軽に見積もりが出せて、火災保険の見直しにもなったので満足です。

〇口コミについて

補償内容が手厚く、その割に保険料はリーズナブルな点を評価する意見が集まっています。

また、インターネットですぐに見積もりができる点も、気軽に試算でき他社と比較が可能なので、人気の理由の一つと言えるでしょう。

3.セコム損保「セコム安心マイホーム保険」

セコムはよくテレビのコマーシャルで馴染みのある会社です。

こちらの火災保険についても詳細が知りたいです・・・・。

こちらでは、セコム安心マイホーム保険の補償内容、口コミについて解説します。

3-1.セコム安心マイホーム保険の概要

セコム安心マイホーム保険は、「ワイドプラン」、「ベーシックプラン」、「スリムプラン」の3つの基本補償プランから選択できます。

保険料は非常に割安であり、更にセコムのホームセキュリティを利用していると、ホームセキュリティ割引等の割引制度を活用できます。この割引で保険料を大幅に下げることができます。

ホームセキュリティを重視している人や、オール電化の利用を行う人には、保険料が低減される面は魅力です。

ただし、加入希望者が自由に補償をカスタマイズできるわけではなく、オーソドックスな補償や、セキュリティに関心のある方々に向いている保険です。

3-2.セコム安心マイホーム保険の補償内容

こちらでは、建物の事例をあげて補償内容、保険料を説明します。

  • 火災保険加入状況:新規
  • 見積もり方法:インターネット試算
  • 保険開始日:2019年1月3日
  • 建物:所有
  • 建物形態:一戸建て・地上2階建て
  • 建物構造:木造(耐火建築物)
  • 建物所在地:神奈川
  • 建物建築年月:2019年1月
  • 建物延床面積:90㎡
  • 火災保険対象:建物・家財
  • 建物保険金額:1,500万円
  • 家財保険金額:600万円
  • ホームセキュリティ:セコム有
  • オプション:なし
  • 地震保険:なし
  • 火災保険期間:10年間
  • 免責金額:すべてなし
  • 払込方法:一括払
プラン ワイドプラン ベーシックプラン スリムプラン
火災・落雷・破裂または爆発
風災・雹災・雪災
盗難

通貨等の盗難

建物外部からの物体落下、飛来、衝突等 ×
水漏れ

×
騒擾、労働争議に伴う暴力・破壊行為 ×
水災 × ×
保険料 103,160円 63,950円 54,460円

3-3.セコム安心マイホーム保険の口コミ

セコム安心マイホーム保険への利用者の意見は次の通りです。

〇30代男性

基本補償のプランが3種類のみで非常にシンプルだ。ただし、補償が自分のニーズに合わせてカスタマイズできるわけではなく、設計の自由度は高い方とはいえない。

そうはいっても、火災・落雷・破裂・爆発、風災・雪災・ひょう災、水災の基本補償を十分に確保し、個人賠償責任特約を付加すするならば、保険料が最も割安だしおすすめだ。

発生すると損害額が大きくなる災害には、十分に対応できるのが魅力。

〇30代女性

私はセコムのホームセキュリティを利用しているので、この保険に加入しています。特にホームセキュリティの利用者はその内容に応じ、保険料が大幅に割引かれるのでコスト面では優位ですね。

私の住んでいる地域は、水災の心配は無いものの、盗難が多発しているのでホームセキュリティ・盗難補償は必要不可欠です。その意味で、私にとってこの火災保険は最良の保険です。

自由設計タイプの保険ほど柔軟な補償内容とはいえませんが、私が必要としている基本保障はバッチリなので満足です。

〇口コミについて

補償を自由にカスタマイズできない部分はありますが、基本保障はしっかりしており、セコムのホームセキュリティを利用していると、保険料が割安になることに評価が集まっています。

家族のためにセキュリティや、オール電化を利用し省エネに配慮したい方々向けの火災保険と言えます。

4.日新火災「住自在」

私はマイホームの購入の際、住宅ローンを利用することになるはずです。

そのため、何とか火災保険の保険料を抑えたいのですが・・・・。

こちらでは、日新火災「住自在」の補償内容、口コミについて解説します。

4-1.住自在の概要

住自在は、保険加入者のニーズに合わせ自由にカスタマイズできる保険商品です。

なお、プランで選ぶ場合は「ワイドプ」、「ベーシック」、「スリム」の3つがあります。

住宅ローンを組んで返済の負担が発生する方々は、ご自分にとって必要と感じた補償を選ぶことができます。

日新火災もローン利用住宅向けとして、安い保険料で基本補償+必要な分の補償内容を選び、家計の負担が減らせることをアピールしています。

また、火災・落雷等による損害について、新価額(同等のものを新たに建築または購入するのに必要な費用)を基準に、修理代から減価額を差し引くのではなく、実際の損害額を支払う方法をとっています。

ただし、自由に補償がカスタマイズできるからと言って、最低限の補償しか付けないということはあまり賢明といえません。

ご自分がお住いの地域で、どんな天災や事故のリスクが高いかを、地方自治体が作成・更新しているハザードマップで確認しつつ、適切な補償を選ぶことが大切です。

4-2.住自在の補償内容

こちらでは、建物の事例をあげて補償内容、保険料を説明します。

  • 見積もり方法:インターネット試算
  • 建物:所有
  • 建物構造:耐火建築物
  • 建物所在地:神奈川
  • 建物延床面積:100㎡
  • 火災保険対象:建物・家財
  • 建物保険金額:2,200万円
  • 家財保険金額:500万円
  • 地震保険:なし
  • 火災保険期間:10年間
  • 払込方法:一括払
基本補償 ワイド ベーシック スリム
火災・落雷・破裂または爆発
オプション ワイド ベーシック スリム
風災・雹災・雪災
盗難、水濡れ等 ×
破損・汚損等 × ×
水災 × ×
事故時諸費用
水災 × ×
特約 ワイド ベーシック スリム

個人賠償責任総合補償特約

(支払限度額:1億円)

×
類焼損害補償特約 × ×
被害事故弁護士費用等補償特約 ×
保険料(総額) 205,320円 126,420円 85,440円

当然、基本補償の火災・落雷・破裂または爆発だけで契約しても構いません。

4-3.住自在の口コミ

住自在への利用者の意見は次の通りです。

〇40代男性

基本補償(火災・落雷・破裂・爆発)のような、大きい損害に備える補償としては充分だ。

風・ひょう・雪災、水災、盗難・水濡れ・衝突等、破損・汚損が特約としてリスクに応じ任意で選択できる。

自分の場合は高台に家があるので、水災はまず考えられず、あまり雪の降らない地域なので、雪災も必要なかった。

住んでいる地域の気候や環境、リスクに応じて補償をカスタマイズできるのは魅力だ。

住宅ローンを利用しているので、要らない補償を外せば、保険料もぐっと割安になるので助かっている。

〇30代女性

念願のマイホームを買って、火災保険に加入することになり、いろいろと保険会社のパンフレットを取り寄せました。住自在は、補償内容を自由に設定できるので気に入り加入した次第です。

私の住んでいる地域は住宅密集地なので、火災や泥棒の被害が心配だっでした。もちろん、そちらの補償は厚くしましたが、河川が近くにないので水災は外し、大雪被害もまず起こらないので雪・ひょう・風に関する補償も外しました。

現在のところ、我が家に保険金が必要になる事態は起きていません。でも、しっかりと周辺地域の環境・家族のニーズに合った補償を設定できたので、安心して生活を送っています。

〇口コミについて

ご自分が住んでいる周辺地域の環境(防犯を重視しなければならないか、車の往来が激しく外部からの損害に対処すべきか)、また、その地域の気候風土(大雪の被害が想定されるか、洪水被害や土砂崩れのリスクがあるか)等を、判断して補償追加または補償を外せることに評価が集まっています。

住宅ローンの負担もあるので、火災保険の加入負担を減らしつつ、手厚い補償を備えなければならない部分はしっかりケアできる点が、人気となっている商品です。

5.東京海上日動「トータルアシスト住まいの保険」

実は、親せきが熊本の震災の被害をうけてしまって、自分の一番の不安は地震なんです。

地震に手厚い補償が約束されている火災保険はないでしょうか?

こちらでは、東京海上日動「トータルアシスト住まいの保険」の補償内容、口コミについて解説します。

5-1.トータルアシスト住まいの保険の概要

トータルアシストでは補償タイプの例として、「充実タイプ」、「スタンダードタイプ」、「マンション向けタイプ」があります。

この保険は基本的な火災保険の内容に加え、web上で事故や災害、防犯情報を見られる「事故防止アシスト」の他、「地震保険」が原則自動セットとして付帯されています。

地震保険は、火災保険と一緒に加入する保険であり、他の保険会社ではオプションの一つとして取り扱われています。

しかし、トータルアシスト住まいの保険では、地震の被害を漏らさず補償する目的で、各補償タイプに設定されています。

逆に地震保険を外したい場合に、申込書等の「地震保険未加入時のご確認欄(地震保険確認欄)」に署名する必要があります。

なお、地震保険で補償されるリスクは、地震よる倒壊・地震による火災・津波による流失となります。

5-2.トータルアシスト住まいの保険の補償内容

こちらでは、補償内容について取り上げます。

〇火災保険の補償内容

建物の事例をあげて補償内容、保険料を説明します。

  • 建物:所有
  • 建物形態:一戸建て・地上2階建て
  • 建物所在地:東京都
  • 建物建築年月:2000年1月
  • 自己負担額:3万円
  • 補償タイプ:充実タイプ(火災、風災、水災、盗難・水濡れ等、破損等を補償)
  • 火災保険対象:建物・家財
  • 建物保険金額:1,500万円
  • 家財保険金額:1,000万円
  • オプション:住まいの選べるアシスト特約、臨時費用補償特約
  • 火災保険期間:1年間
  • 払込方法:一括払
項目 耐火構造

(T構造)

その他の構造

H構造)

建物 11,960円 25,670円
家財 11,170円 24,100円
住まいの選べるアシスト特約 2,000円 2,000円
保険料(合計) 25,130円 51,770円

〇地震保険の補償内容

自動セットとして付帯される地震保険については、火災保険の支払限度額(保険金額)30%~50%の範囲内で設定できます。

(1)契約内容

火災保険金の支払限度額が1,000万円の場合なら、地震保険はその50%の保険金額500万円が受け取れます。

地震の損害の認定によって、支払われる保険金額が次のように異なります(2017年1月1日以降始期契約)。

  • 全損認定:保険金額500万円(時価限度)
  • 大半損認定:保険金額300万円(時価の60%限度)
  • 小半損認定:保険金額150万円(時価の30%限度)
  • 一部損認定:保険金額25万円(時価の5%限度)

(2)さらに地震のリスク補償を厚くしたいときは

東京海上日動では、「トータルアシスト超保険」という商品も販売されています。地震保険の上限は前述したように、通常ならば火災保険の50%を限度に保険金が補償されます。

しかし、超保険では最大で火災保険と同額の保険金が受け取れることになります(地震危険等上乗せ補償特約)。

つまり、火災保険金の支払限度額が1,000万円の場合なら、地震保険も最大で保険金額1,000万円が受け取ることになります。

最近、日本全国で地震被害が多発している中、地震保険へ特に手厚い補償を期待するならば、一度こちらの保険商品を検討してみても良いでしょう。

5-3.トータルアシスト住まいの保険の口コミ

トータルアシスト住まいの保険への利用者の意見は次の通りです。

〇30代女性

火災保険として基本補償はバッチリだと思います。また火災保険以外でも、事故防止アシストというサービスが付いているのがうれしいですね。

私はよく自家用車を運転するので、サービスの「安全運転情報サイト」は参考になります。

また、都道府県の危険度マップもあって、各地域の火災、犯罪、災害の傾向が日本地図で表示されていて、わかりやすいです。

〇30代男性

この火災保険に付帯されている、Web上で事故や災害、防犯情報を見られる「事故防止アシスト」、緊急医療相談や医療機関案内が原則無料で利用できる「メディカルアシスト」は便利で使いやすい。

また、地震保険も自動セットとして付帯されている。東日本大震災をはじめ、最近では大阪や熊本でも地震が多発しているので、加入することにした。

〇口コミについて

火災保険の補償内容はもちろんこと、事故や災害、防犯情報を見られたり、ご自分や家族がまさかの事態に緊急医療相談ができたりするアシストサービスが高い評価を得ています。

また、地震が特に気になる場合には、「トータルアシスト超保険」で、地震への金銭的サポートを万全にすることを検討してみましょう。

6.AIG損保「ホームプロテクト総合保険」

今まで見てきた中で火災保険の補償は、それぞれの商品で申し分のない内容となっていますね。

でも、私の家族には高齢者がいて、介護に関するサービスもあれば助かるのですが・・・・。

こちらでは、AIG損保「ホームプロテクト総合保険」の補償内容、口コミについて解説します。

6-1.ホームプロテクト総合保険の概要

ホームプロテクト総合保険はインターネットで申込が可能な他、地震保険が原則自動付帯となっている等、便利さと近年の地震のリスクに対応した商品となっています。

プランは、A~Fの6種類のプランに分けられており、細かな補償内容の設定ができます。

また、家族のための健康・医療に関する電話相談や情報提供サービスも行っており、健康・医療・介護・育児電話相談や、うつ病の相談、ベビーシッター派遣業者の案内を通話料無料で提供しています。

いわゆる建物のと家財のためだけの防犯・災害補償のみならず、家族の健康のアドバイスを行うサービスにも力を入れています。

6-2.ホームプロテクト総合保険の補償内容

プランごとの補償内容・付帯サービスを説明します。

〇プランごとの補償内容

タイプ/補償 火災、落雷、破裂・爆発 風災・雹災・雪災 水災 物体の落下・飛来等 盗難 破損、汚損
A
B
C × × ×
D × ×
E × ×
F × × × ×

〇注目すべき付帯サービス

この火災保険では、健康・医療に関する電話相談、情報提供サービスに手厚い点が注目されます。通話料無料です。

①健康・医療・介護・育児電話相談

ご自分や家族の健康・医療・介護・育児に関するご相談に、看護師等の専門相談員が対応します。

②福祉・介護事業者案内

ご家族の中で介護が必要になった場合、希望に応じて訪問介護、訪問看護、訪問入浴、介護機器用品販売・レンタル等を行う介護事業者を紹介してもらえます。

③医療機関・老人福祉施設案内

医療機関・介護施設(ショートステイ・デイサービス等)・有料老人ホームなどに関する各種情報が取得できます。

④メンタルヘルス電話相談

ご自分や家族がうつ状態になった場合等、ストレスや不安をひきおこす原因・対処方法について、臨床心理士・メンタルヘルスの専門家が適切なアドバイスを行います。

⑤ベビーシッター派遣業者案内

ご自分や家族が就労、旅行、介護、通院・入院等の諸事情で、乳幼児の世話が必要となったとき、ベビーシッター派遣業者を案内してもらえます。

⑥人間ドック施設案内

人間ドックを実施する医療施設の情報を受け取れます。また、脳・心臓などの特殊ドック、婦人科系を受診できる施設についても案内してもらえます。

6-3.ホームプロテクト総合保険の口コミ

ホームプロテクト総合保険への利用者の意見は次の通りです。

〇30代女性

火災保険として基本補償は申し分ないです。インターネットでも申し込めて楽でした。

また、医療や介護に関しての施設情報やアドバイスが受けられるのも頼もしいです。

私には乳幼児もいるので、子の健康の状態がとても気になります。子供の症状についてのアドバイスや医療機関を紹介してもらえるのがうれしいです。

〇50代男性

私の父親が亡くなったので、二人暮らしをしていた母親が、私と妻、子と同居することになった。

ただ、母は父と同様に認知症を患う場合もあるので、将来が不安だ。その場合の介護のアドバイスや、介護施設の紹介をしてもらえるのは助かる。

訪問看護の業者も案内してもらえるので、必要となった時にはこのサービスを是非利用したい。

〇口コミについて

建物や、建物内の家財の金銭的な補償を受けられることは大切ですが、人の健康も財物以上に大切です。

高齢化や介護の必要性、現代人がかかえるストレス性疾患へのアドバイスも、サービスとして提供している点に評価が集まっています。

7.まとめ

火災保険は、火災だけに限らず風災や雪災、盗難等を幅広く補償する商品です。

しかし、最近非常に注目され始めているのは、火災保険へ付帯する「地震保険」です。

この地震保険は、地震そのものに関係する損害や津波被害もカバーできますが、保険金額は火災保険の半分以下が相場です。

地震に対する備えを万全にするためには、基本的な地震保険の補償に、上乗せ特約を設定して金銭的サポートを厚くすることが賢明です。

今後は、各保険会社により地震への補償のためのオプションの充実、新サービスの提供が求められます。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る