葬儀費用の準備は保険?預金?どちらがいいのか教えます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

よく自分の葬式代だけは、子どもに残しておきたいという声を耳にします。

自分が死んでしまった後まで子どもに迷惑を掛けたくないと言うことですよね。

しかし、銀行などの金融機関では、預金者が亡くなったと分かるとすぐに口座を凍結して預金を引き出せなくなってしまいます。

そうなってしまうと、相続の手続きをしなくてはならず、葬式に間に合わないということにもなりかねません。

そのような事態を防ぐために、知っておきたい葬式に掛かる費用と、その費用を子どもに残す1番ベストな方法を紹介していきますので、残された家族が困らないように準備をしておきましょう。

目次

1.葬式を行うといくらかかるの?

1.1葬式代の平均費用

1.2いろいろかかるその他の費用

2.相続税について

2.1概要

2.2平成27年の改正内容

2.3改正後に必要な備え

3.金融機関の相続手続き

3.1相続とは

3.2相続時に必要な書類

3.2.1遺言書のある場合

3.2.2遺言書がなく遺産分割協議書がある場合

3.3.3遺言書も遺産分割協議書もない場合

4.相続税を減らすには?

4.1相続税対策

4.2暦年贈与の考え方

5.生命保険の活用

5.1相続時の非課税枠

5.2生命保険を受け取る際の税金

6.葬儀保険とは?

7.葬式代にお金を残しておくのは預金?生命保険?

7.1預金の場合のメリット・デメリット

7.2生命保険を使う場合のメリット・デメリット

8.まとめ

 

1.葬式を行うといくらかかるの?

1

人が亡くなってしまうと、たいていの家庭がお葬式を行うと思いますが、そのお葬式を行うとすると一体いくらの費用がかかってしまうのでしょうか。

また、その他の費用としていくらぐらいの費用がかかってくるのでしょうか。

1.1葬式代の平均費用

「1,998,861円」この数字が何を表しているかご存知ですか?

実は、葬式にかかった費用を全て足した平均の額です。

葬式を行うには意外と費用がかかるのですね。

日本消費者協会が行っている調査によると、葬儀一式費用の全国平均額は「1,266,593円(2010年)」となっています。

2007年に調査した際には、「1,423,000円」ということでしたので平均額は下がっています。

しかし、最高額は2008年の調査時には「4,500,000円」だったのに対して、2010年は「5,000,000円」と増加しています。つまり、全国平均では金額が下がっているため、葬儀代はなるべくかけないように…と思っている方も多い反面、盛大に葬儀を執り行おうと思っている人もいるというのが事実です。

1.2いろいろかかるその他の費用

2

葬儀一式費用の他にも費用が掛かるということをお話させていただきました。具体的にはどのような費用がかかってしまうのでしょうか。

全国の平均額と一緒に紹介します。

寺院費用 平均514,456円

お寺さんに支払う費用です。

内訳としてはいかのようになります。

  • 読経料
  • 戒名料

読経料とは、

「法要の際などに僧侶にお経をあげてもらう際のお布施のこと。厳密にはお布施(寄付)のため、料金ではない。」

出典:仏事・法要のことば辞典 https://www.misatosekizai.co.jp/word_houyou/ta/dokukyouryou.shtml

とされています。

読経料はお布施(寄付)となっています。つまり、読経料に払えばよいという値段はありません。

全て寄付という形になっていますので、相場もありませんが、葬儀支援ネットによると、通夜から初七日までの読経料は200,000~250,000円を目安にするとよいとされています。

戒名料とは、

「仏教において亡くなった方が極楽浄土にいくことができるようにつけられる名前。」

出典:樹木葬辞典 http://樹木葬辞典.com/column/285

とされています。

宗派によっては法名(浄土真宗)や法号(日蓮宗)と呼ばれることもあります。相場は一般的に50,000~100,000円ということですが、そのお寺さんや信仰している宗派によっても異なるため、注意が必要です。

飲食などの接待費 平均454,716円

料理や会葬返礼品にかかる費用のことです。

内訳としては以下のようになります。

  • 通夜料理
  • 告別料理
  • 会葬返礼品

通夜料理にかかる費用は葬儀の参加人数によって異なってきますが、目安としては会葬者の2分の1以上の人数分の料理を用意するようにしましょう。1人当たりの料金は5,000円からとなっています。

告別料理とは、火葬中に火葬場の休憩室でいただく料理や、火葬後に斎場でいただく料理のことをいいます。

一般的に会席膳を利用するため、1人当たりの金額は5,000円ほどになります。

会葬返礼品にはよくカタログギフトが使われています。

カタログギフトの値段は1,000円から5,000円程度を見積もっておくといいでしょう。

2.相続税について

3

親族が亡くなってしまうと直面してくる問題が「相続問題」です。

相続税なんて関係ないよと思っている人もいるかもしれませんが、実は平成27年に法律が改正され、実質の相続税値上げとなっています。

確定申告をし忘れて追徴課税とならないようにしっかりと頭に入れておきましょう。

2.1概要

相続税とは、亡くなった人から相続人が相続や遺贈により財産を取得した合計額が基礎控除を超えた場合に、その超えた分に課せられる税金のことです。

相続税のかかる範囲には、現金や預金、株式はもちろんのこと、土地や建物にまで対象となるので注意が必要です。

宅地や建物などはその価値を把握することがとても難しくなっています。

そのため、宅地や建物の価値を評価するために、宅地は路線価、建物は固定資産税評価額によって評価を行います。

2.2平成27年の改正内容

4

平成27年1月1日以降の相続から改正が行われました。

この改正により、相続税基礎控除額が縮小され、相続時にかかる税率が引き上げられました。

まさに事実上の増税といったところでしょう。

改正前の控除額は、5000万円+1000万円×法定相続人の数で計算され、最低でも6000万円の控除額がありました。

しかし改正後の控除額は、3000万円+600万円×法定相続人の数と最低額が3600万円までに減額されてしまいました。

改正前の控除額で足りる家庭がほとんどで、相続税を支払うのはわずかの家庭でしたが、改正後は基礎控除が大幅に減額となったために、今まで相続税とは縁のなかった人が支払わなくてはいけないということになっています。

また、その基礎控除額の減額と共に基礎控除額からはみ出てしまった部分に課税する税率も改正されています。

それまでは、10%から50%の6段階の税率で計算されていたものが、改正後は改正前の6段階の税率にプラスして45%と55%と2つの枠が新たに設定されました。

相続税は累進課税を採用しているため、お金を残しておけば残しておくほど、国に税金として払わなければならないという状況になっています。

2.3改正後に必要な備え

5

このように相続税が増税されてしまいましたが、どのようなことをして相続税に対する備えをしておけばよいのでしょうか。

相続税とは、普段生活しているなかであまり馴染みのない税金のひとつです。しかし、相続税は累進課税といって相続をした金額が多ければ多いほど税率が高くなってしまいます。

そのため、しっかりと対策をとった人と対策をしなかった人では相続税を払う金額はもちろん、残されたご家族にも迷惑をかける度合いがとても違ってきます。

よく、相続税対策で毎年贈与しているという話を耳にしますが、暦年贈与といって年間に110万円までなら贈与税がかかりません。

この制度を利用して毎年毎年110万円ずつ手渡しているという人もいらっしゃいます。

毎年110万円ずつ相続する財産が減っていくわけですから、相続税対策にはとても有効です。

また、近年話題になっているものとしてタワーマンションの最上階を購入するというものがあります。

これは、タワーマンションの固定資産税が階数に関係なく一律であるという現行の税法の隙間を活用している相続税の対策です。

購入する資金はタワーマンションの回数が上がるにつれて当然値段が上がっていきます。

しかし、相続時に資産価値を反映させるものとして建物の場合、固定資産税評価額によって計算されると述べさせてもらいました。

この現行の税法でいくとタワーマンションの最上階の部屋と3階の部屋が同じ評価額になってしまい、相続を全て終わらせてから最上階の部屋を売却すると人気があるため、高く売ることができ、結果的に相続税の対策となるという仕組みです。

しかし、この相続税対策は近々できなくなるでしょう。あれだけマスコミに騒がれたため、今後タワーマンションの高層階には2018年以降増税されることになりました。

3.金融機関の相続手続き

6

実際に相続の手続きを行うにはどうしたらよいのでしょうか。

相続の手続きをするのは、多くても数回です。

A

人気記事ランキング

1 2

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る