保険の見直しは必要か?見直しをしなくても良い保険の加入のしかた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

「保険の見直し」という言葉はよく耳にしたことがあると思います。

しかし、保険の見直しは本当に必要なのでしょうか?

あなたは今加入している保険についてよく理解はしていますか?少しでも不安になったのなら一度保険の見直しをしてみるのはどうでしょうか。

ここでは保険の見直しについてご紹介します。

保険の見直しって何? どんなことをするの?

5240876352433b859f95edee0a2ff73f

保険加入を考えていたり、保険について調べているとよく目にする「保険の見直し」について。よく聞いたり見たりする言葉ですが、その意味するところとは一体なになのでしょうか?

保険の見直しについては「必要である」という意見と「必要ではない」という意見の二つに分かれます。ここでは、まずはじめに保険の見直しとはどういったことをいうのか、見直しによって得られるメリットはあるのかなどをご紹介します。保険に加入する前の人も、これから年月が経つと保険の見直しをする日が来るかもしれません。

自分にとって最良の保険をいつも持てるように、選べるようにできるといいですね。

保険の見直しって誰がするの?

まず保険の見直しをする人は誰でなくてはいけない、と決まってはいません。資料や知識さえあれば自分自身でだって見直しを行うことは可能です。しかし、保険についての素人が見直す場合は、何を見直していいのか、何を見直すべきなのかがよく理解していないことがあります。もしご自分が保険について詳しくないと思うのであれば専門家に依頼することです。

専門家であれば何を見直すべきなのか今の状況から読み取ってくれますし、こちらの要望を伝えればより良い保険を見つけてくれる可能性もあります。すべてが要望道理になるわけではありませんが、素人が見直しをするよりも的確に、そして迅速に対応してくれるでしょう。専門家に依頼するお金が…という場合は保険の無料相談窓口で相談するのもいいでしょう。

見直しの際にいま加入している保険があるのであれば、書類も一緒に持っていきましょう。見直しの際の資料になります。

保険の見直しってどんなタイミングで行うの?

cd0110f3

定期型の保険であれば更新が何年かに一度やってくるはずです。その更新の際に昔に契約して加入した保険であれば、今の状況に合わせて保険を見直すことができます。例えば結婚をした場合に家族のためにもっといい条件で保険に入りたい場合や、歳を重ね病気に罹るリスクが増えたことから新しく特約を付けたい場合などが保険を見直すタイミングといえるでしょう。

また、今加入している保険の保険料が少し家計にとってネックだという場合も見直しを考えるタイミングでしょう。自分の現状から付加している特約が不要なものがあれば外したり、他の保険に入りなおすことで保険料を抑えられることがあります。

家族が増えた、マイホームを購入したなどライフステージが変わった時には一度今の暮らしと加入している保険が釣り合っているのかを見直す一つの基準と考えるのが良いのではないでしょうか。

見直しのデメリットも当然あります。

保険について少しでも知識がないと、あれもこれもと勧められてしまう可能性があります。またプロの人も「自分に合った保険に入りたい」といきなり言われてもお客さんの現状やどんな要望があるのかが解らなければ、何を話して良いのかわからないとなります。

自分自身でこんなところを見直したい、もっと保険料を抑えたいなどいくつか要望を明確にしておきましょう。また、無料保険相談窓口で相談見直しをする場合は、自分は話を聞くだけのつもりが相談窓口がもっとよりよい保険に入りませんかと勧めてくる可能性もある、ということを覚えておきましょう。相談窓口も基本は保険の販売です。「売上を出さなければいけない」という営業目的でこちらの保険が良いと勧めてくることもあります。今は加入する気がないのであれば事前にその旨を伝えておきましょう。

またきちんと考えて保険の見直しや乗り換えを行わないと結果的に自分が損をする形にもなりかねませんので、乗り換えを考えているときは保障内容の違いや保険料に無理はないかなど見極めをしっかりと行いましょう。

どうして保険の見直しって必要になるの?

20140930220910

保険の見直しを謳う保険会社やCMは見をたことがある人が多いのではないでしょうか。なぜ保険の見直しが必要になるかというと、保険に加入したときと今現在ではライフステージが異なるから、ですね。

ライフステージといえば、なにか人生において変わり目が訪れたとき、といえばわかりやすいでしょうか?小学生だったこどもが高校生になったや職業が変わりました、仕事を定年で辞めたなどです。こうしたライフステージは掛かるお金が変わる節目でもあるので、保険の見直しをする機会といえます。

しかし、入りたい保険に加入した人たちにとっては保険の見直しなんて必要ないと思うひとだっているはずです。では実際は本当に保険の見直しは必要なのでしょうか?

入りたい保険に加入したんだから見直しなんて必要ないんじゃない?

終身保険に加入している場合は保険の見直しは定期型に比べしにくいですが、定期型なら保険の見直しがしやすくなっています。それは更新が5年や10年ごとにあるからです。

ですが、そもそも保険に加入したということはその保険会社の保険商品、保障内容が気に入ったなどの理由で加入をしている人が多いと思います。そんな人たちにとっては、「入りたい保険に入っているんだから変える必要がない」と思うかもしれません。ですが人生とは何があるかわからないモノです。

もしかしたら突然事故にあってしまうかもしれません。それこそ身体の自由が利かなくなることも十分考えられますし、最悪の場合家族や大切な人たちを残して亡くなってしまうことだって考えられます。そういった際に加入している保険の保障がどこまで効くのかが重要なポイントになってきます。

意味もなく保険に加入している人はいないと思いますが、このように保険の移り替えをしない場合でも、数年単位で保険内容・保障内容の見直しをすることは悪いことではないと思います。

保険会社を変える・変えないという論点ではなく、保障内容の見直しをして、いま加入している保険よりも良い保険があるならば移りかえるといったことでもよいのです。保険の見直しとはなにも保険会社、商品そのものを移りかえる必要はなく今の自分の状態・状況に見合っているかを見直せばよいと思います。

そこで今後もっと家族のためにお金を残したいとか、年齢も年齢だから病気のために備えておきたいといった思いが浮かんで来たのなら、そこで保険会社や保険商品の見直し・加入手続きを行えば良いのです。

見直しが必要ない保険の入り方があるって本当?

1173

ライフステージが変わるごとに保険の見直しをするなんてちょっとバカバカしいですよね。

何回も保険の見直しをしない為にもどういったことに気を付けて保険に加入すれば良いのかをご紹介したいと思います。しかし実際に保険に加入するかを判断するのはあなた本人になりますので、ひとつの参考として捉えていただければと思います。

あくまで見直しをするかしないかを決めるのはあなた自身なので、ご自分が必要だと感じれば見直しを行えば良いですし必要がないと考えるのであれば見直しはいらないのです。

では何回も保険の見直しをしなくても良い保険の加入の仕方があるのか段階的にみていきましょう。

見直しが必要ないってどういうこと?

例えば終身保険に入っているから保険を替える必要がないだとか、定期的なライフステージの変化がない場合は保険の見直しが必要ない場合があります。

終身保険であればその保障は一生涯なので保険料が支払えないなどのトラブルがない限りはあまり必要ないでしょうし、ライフステージがあまり変わらないというひとも必要ないかもしれません。

終身保険に入っている人は安易に保険を変える事は控えた方が良いでしょう。今では保険料が安い医療保険・生命保険がどんどん登場してきている時代となりましたが、ただ保険料が安くなるからといって保障内容の確認も疎かに加入手続きを行ってしまうと損をする恐れがあります。もし保険料を抑えたいのであれば、いま加入している保険をなるべく生かして保険料を抑えられないか相談することからはじめてみましょう。

加入する前から考えなきゃいけないの?

保険に加入する際はあれこれ色々考えて加入していると思いますが、どこまで先のことまで考えなけれはいけないの?となりますよね。普通加入時には保険の見直しや乗り換えなんて視野に入れずにその時に必要だと思った保険に加入するはずです。

ですが保険に加入する際はある程度の将来を見据えて加入することをおすすめします。それは上記でも述べたようによく考えて保険の加入を行わないと保障内容に無駄が出てしまいますし、本来必要である保障がついていないなどの見落としが発生する可能性があるためです。

なので、保険に加入するときはなるべく無駄が発生しないように保障内容をしっかりと確認し、自分のライフプランに見合った保険に加入するようにしましょう。

自分の保険の保障内容やプラン、覚えていますか?

いくら保障内容には気を付けて!と喚起しても、人というのは自分が立てた保険保障プランやその内容というのは時が経てば忘れてしまうものです。なので数年に一度は自分が立てたプランや保障内容の確認をするようにしましょう。見直しにも似ていますが確認作業を定期化することによって今、見えていない事柄が何年か後には見えるようになることもあります。

契約したらしっぱなしという事態を避けましょう。ちょっと手間がかかることかもしれませんがいつ病気や事故にあうかもわかりませんし、そんなときに自分の保険の保障ってどこまで効くんだっけ…。とわからないと手続きにも時間がかかってしまい受け取りたいお金がいつまで経っても支払われないという事態になってしまうとことにも。

そういった事態を防ぐためにも何年かに1度確認作業をすることは重要なことといえるでしょう。

終身型と定期型で保険の見直しも変わってくる

夫婦 疑問

保険の種類には終身型と定期型があるのは知っていると思いますがこの違いはお分かりでしょうか?

定期型とは

  • 満期金や配当金などが受け取れない所謂掛け捨てタイプの保険のこと
  • 5年や10年毎に更新が必要
  • 保険の見直しがしやすい
  • 60歳や70歳といった年齢の人は加入しづらい

などといった特徴があります。また、保険料は更新時の年齢によって上昇してしまいます。しかし短い期間で手厚い保障が受けられるため、こどもが独立するまでの間や生活に困った時などの医療費を抑えたいという人にはおすすめとなっています。

また、ライフステージ毎に必要なお金は変わってきますが、更新がある定期型ではそのたびに保障内容の見直しができるのでその時々にあった保障が受けられるというわけです。

次に終身型ですが、

  • 加入したら保障が一生涯続く
  • 途中で解約しても解約返戻金が受け取れる
  • 保険料は加入した時から払込満了時まで変わることがない
  • 保険の見直しが必要ない

といった特徴を持っています。こちらは一生涯の保障が欲しいというひとにおすすめで、「万が一の時に備えての一生涯の保障が欲しい」人向けに作られている保険・保障でもあるのでそもそも一度加入してしまえば保険の見直しは基本必要ないでしょう。しかし加入時に保障内容や保険料、また終身型の仕組みを理解して契約しなかった場合は保険の見直しが必要になる場合もあります。

保険の見直しが定期型に比べてしにくい、という点がデメリットになってしまいますが、払込満了後も継続して保障は受けられますし、途中で解約をしたとしても解約返戻金が受け取れます。ただし契約後短期間で解約した場合はこの解約返戻金が全くない場合や、ごくわずかということもありますので解約をする際はよく考えてから解約を行いましょう。

自分で見直しが必要かわからないときは

考えている若い夫婦

いつのタイミングで保険を見直せばいいんだろう…。そもそも保険を見直す必要があるんだろうか…。と一人で抱え込んではいませんか?

どうすればいいか自分で迷ったときは周りの人に意見を求めましょう。自分ひとりで悩んでいても答えが出ないのであれば自分以外の意見も聞いてみると道が開けてきますよ。

また家族には相談したくないという場合は専門家にみてもらったり、資料を請求して自分で判断をすると良いでしょう。では、ここでは家族に相談する場合と専門家にみてもらう場合、資料を集める場合とでどう内容が変わるのか簡単にみていきましょう。

まずは家族で話し合いを

もしあなたに家族がいる場合は家族に相談してみましょう。生命保険や医療保険などは自分だけの保険ではありません。自分がもし亡くなってしまった場合や重い病気に罹ってしまった場合、自分の代わりに家族を守ってくれるのはまず加入している保険です。家族が増えたなどした場合にはそれだけ将来かかるお金も増えますし、残したいお金だって多い方が良いと考える人が多いでしょう。

しかし自分の一存で保険の見直しを行った場合、保険料が今より増額してしまうこともあります。そうなれば家計に負担を与える事にもなりますので、もし家計の紐を握っているのがご自分でないのであれば相談してからの方が良いでしょう。

家族としても、この特約は要らないだとかこれは必要ないんじゃ?と話し合うことで自分たちにとっての不要なモノを省くこともできます。しかし他人の意見に左右されたくないという人は自分で見直しを行うか、行った際にきちんと家族には話しましょう。

そもそも家族に保険加入を隠しているという場合は別ですが…。

専門家に見てもらおう

専門家といえばFPです。相談にお金はかかりますが自分たちで行うよりも専門的な知識を持っていますので的確なアドバイスやプランを提示してくれます。自分たちの現状、ライフステージ状況から保険の見直しが必要であるのかないのかも教えてもらえます。

しかし、専門家に相談するお金もないという人は無料相談窓口へ。こちらは保険の販売が主な目的ですので相談には乗ってくれますが自分にとって不要な勧誘がある可能性もありますのでそこだけ注意が必要です。またシミュレーションをいくつか作ってくれますので、様々なプランを見比べることができるという点では専門家に見てもらった方が比較がしやすいでしょう。

資料を集めて比較してみる

保険会社の資料を請求し、比較してみるのも良い手ではないでしょうか。大抵の場合、資料請求自体は無料なのでお金がかかる心配はありません。資料を読めば保険の特徴などもわかりやすく書いてありますし、金額も明記されています。いま加入している保険と見直しを考えている保険とで保険料や給付金を比較したり、特約を付加した場合などさまざまなパターンを比較できます。

しかしこれらを比較するとなると資料請求に時間がかかったり、さまざまなプランを立てて比較するだけでも時間がかかってしまいますので、今すぐに知りたい!という人には不向きでしょう。また、資料請求をすると保険会社からそのあと不要な資料が送られてきたりといったこともあり得ます。

資料を集める際は無料相談窓口でもらったり、デパートなどに置かれている資料を参考にした方が良いでしょう。

保険の種類って?

【画像】http://www.fukuoka-ricon-law.jp/column/column22/

保険といえば代表的なのが生命保険と医療保険ですね。他にも学資保険や収入保険といったものもありますが、保険の区分けがきちんとできているでしょうか?

実は私もよく分かってない人間のひとりでした。そもそも結婚するまで保険に加入する意味さえ見いだせてはいませんでした。

しかし家族ができたというライフステージを迎えたところ、保険がいかに大事かを実感しました。大事な家族のために少しでも残せるお金があれば安心できますし、急な病気やケガでお金が必要になったときも家計に大打撃を与えずに済みます。

では生命保険と医療保険ではどんな違いがあるのかはご存知でしょうか?知っている方も多いとは思いますが、ここでは簡単にその違いについてみていきましょう。またその他の保険の種類についても少し触れていきます。

生命保険について

point

生命保険といえばまず思い浮かべるのが死亡保障だと思います。死亡保障とは被保険者が事故や病気で亡くなった際に保険料を支払ってきた期間と金額によって保険金が受取人に対し支払われる制度です。例えば支払い期間が35年できちんと保険料を支払ってきた場合、被保険者が死亡したときに受取人(おおかたは家族)に1000万円支払われる…というもの。

しかし今の時代では事故や病気により一定の収入が得ることが難しくなった場合にまとまったお金を受け取れるようになっています。云わば「生活保障」の制度が主になってきたのです。

生命保険は本来「万が一の時の保障」で貯蓄を目的とするものではありません。預金と違い、支払った額が保険金額(保障額)より少なくても多額の保険金が受け取れます。預金の場合は自分が預けた分しか返ってきませんが、生命保険の場合は多くのお金が保障されています。しかし生命保険は支払った金額は被保険者が死亡した、もしくは重度の障害を負ってしまった時しか適用されません。将来のことを考えるのであれば生命保険に加入するのも良いですが、一度支払った保険料は保険適用時にしか返ってきませんので貯蓄用にと考えるのは止めましょう。

医療保険について

20535

医療保険といえば事故や病気で入院したり通院するときのお金を保障してくれる制度。なかでもがんに特化した保険のことを「がん保険」といいます。生命保険と違い入院や通院が発生した日から給付金を申請することが出来ますが、その金額は保険会社や商品によってさまざまです。

また特約として先進医療特約をつけたり、がん特約、生活習慣病特約、女性疾患特約など医療に関する特約がたくさんあるのが特徴です。生命保険は医療特約を付けられますが、医療保険には死亡保障といった特約はありません。

いつ事故や病気に遭うか分からないこの世の中では、入っていて損はないと思います。

その他の保険について

その他の保険といえば損害保険だったり学資保険などがこれに当たります。学資保険の場合、最近では生命保険の終身型を学資保険変わりに利用するひとも増えているほどです。その理由は払込満了時以降に解約した場合はいくらかの割合を上乗せして解約返戻金が受け取れたり、払込満了時を迎えてから被保険者が死亡した場合には多額の保険金が家族に支払われるため、そのお金を教育費やお葬式代として使用するといった使い道があるからです。

また、年金保険やこども保険といったモノまであります。年金保険は老後の生活に備えて、こども保険は満0歳からだいたい満18歳までのこども対象の保険です。このように、たくさんの種類の保険が登場している今となっては生命保険や医療保険の他にも必要な保険には加入しておくに越したことはないと思います。

保険加入の際の注意点とは

006

保険を見直す際に、また加入する際の注意点とはなんなのでしょうか?

保険料?保障内容?それだけではありません。見直して加入する場合も新しく新規に加入する場合も必要なことはだいたい同じです。自分の目的にあっているかも注意して加入しなければいけませんし、勧められるがままに加入したら思わぬ落とし穴が待っていた…なんてことも起こりうることです。

ここではどんなことに注意して保険に加入すれば良いのか簡単にご紹介しますので、もし保険の見直しや加入を考えているという場合には少し参考にしていただければと思います。

①目的を明確にしよう

保険に加入する際はまず目的があるはずです。将来が不安だから…といった理由も良いとは思いますが、さらにどんなことに対して保険を掛けたいのかを明確にすることで保険のムダを省くことができますし、保険料を抑えることだってできます。

また、目的毎に保障内容も変わってきますから自分にあった保険を見つけたいモノです。そのためにも、自分が亡くなってしまった場合に家族の為にお金を残したいのか、病気にかかってしまった場合の入院費や通院、治療費が心配だから保険に加入したいのか、といった目的を明確にすることがまず重要だといえるでしょう。

保険の種類も多くなってきています。その中から自分たちにあった保険を見つけられるように目的意識をもって保険を探しましょう。

②加入する人の年齢や健康状態は?

保険はどんな人でも入れる、というわけではありません。保険は加入している人たちの助け合いで成り立っているので、そこに病気や危険を伴う仕事に就いている人が誰でも加入してしますと保険の公平さが失われバランスが保てなくなってしまいます。なので保険会社は各保険商品に加入基準を設け、加入者のバランスが崩れないようにしています。

例えば、保険に加入できる年齢はたいていが満20歳から満80歳までと決まっていたり、持病がある人は入りにくいといった特徴があります。また直近5年以内に医者に罹った場合も加入が難しいなども挙げられます。こういった健康状態だけでなく職業や年齢まで詳しく告知することが保険加入の際に必要となり、その告知内容で保険会社は加入者のバランスを保っているのです。

しかし持病がある人は保険に全く入れないというわけではありません。限定告知型などの保険商品であれば持病を持っている人でも保険に入りやすくなっています。ですが、これらの商品は保険料がその分割高になっているため注意が必要です。

保険の見直しで他の保険に加入しなおす場合もこのように健康状態などを告知する必要が改めてありますので、もし保険を見直すのであれば直近5年の健康状態には気を付けましょう。

③保険加入の際の落とし穴

【画像】http://healthil.jp/25481

保険に加入する際、保険営業マンの言いなりにはなってはいませんか?実は持病があるのに告知の際に営業マンから「事実とは反しますが大丈夫ですよ」などと言われそのまま嘘の告知をするのは告知義務違反になります。当然その違反が見つかればこの営業マンは罪に問われますし、営業マンに言われたからといってこちらに非が全くない、というわけではありません。

他にも告知内容に嘘の情報を記入したり、故意に偽ることも告知義務違反になります。この告知義務違反とは、事実を告知しなかった場合などに被保険者などに保障金が支払われなくなる、また保険の契約を強制的に解除されてしまう可能性があります。このように、たとえうっかりミスであったとしても保険会社に告知してない情報、健康状態や病気があると給付金を申請した際に調査が入り、給付金が支払われない他契約まで解除させられてしまう恐れがあるのです。

こうならない為にも健康状態や保険会社が告知してくださいとしている項目にはきちんとありのままの事実を記載し、告知をすることが重要です。もし契約後にこの抜けに気づいたときは早急に保険会社に連絡を入れるようにしましょう。

④将来のことを考えて加入すること

今の健康状態ではいつ病気に罹ってもおかしくないから、とりあえず保険に入っておこう。となんでもいいからと保障内容を深く考えずに契約・加入しようとしていませんか?それでは保険料が適切でない場合がありますし、そもそも自分にとって不要な保険にまで加入してしまう恐れがあります。

保険に入る際は将来のこともきちんと視野に入れて加入するようにしましょう。なんとなく入った保険が重要な場面で全く役に立たない!なんて誰だって嫌ですよね?こういった事態を避けるためにもいつ保険が必要になってくるのかなど今現在だけでなく将来に渡って考え加入するようにしましょう。

⑤保障内容を忘れた場合でもすぐに思い出せるように

%e7%84%a1%e9%a1%8c

大抵の人がどんなに話し合って決定した保険のプランであってもいつの間にか忘れてしまうという事が多いと思いますが、そんな時にすぐに思い出せる・確認出来るように保険会社から貰った書類や保険証券はわかるところにおいてありますか?

いざ必要となったときに、「あれ…?どこにやったけ?」と慌てて探さない為にも大事な書類はいつも分かるところに保管するようにしましょう。こういった書類は保険の見直し時に必要になったりします。自分の加入している保険の保障範囲をいつでも確認出来るようにきちんと管理をしましょう。

最後に

保険の見直しは誰にでも必要というわけではありません。終身型に加入している人は内容によっては必要ない場合もありますし、生活が安定していてライフステージに大きな変化があまりないひとも見直しをする機会は少ないでしょう。しかし定期的な保障内容の確認はするようにした方が、自分たちにとっても保障のムダを探す機会になります。

なにが必要で何が不要なのかはあなた自身が決めることです。自分や家族にとって最良の保障をいつも手にできるといいですね。

B

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る