知らなきゃ損する話!養老保険の基礎とおすすめ理由を大公開

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る

保険商品の1つ「養老保険」。

養老保険のことをちゃんとしっていますか?いまさら…基本的な事を聞けない。そんな事を思っていませんか?

でも、大丈夫です。今回、養老保険の基本中の基本の整理から、養老保険の特徴や混同されやすい学資保険、個人年金の違いまでをご紹介します。これを読めば養老保険の基礎は完璧。せっかく知るなら、今人気の商品への加入も検討したいもの。

そこで、不動の人気を誇るかんぽ生命までもご紹介していきます。【知る→活用する】この流れを今回は、作っていきましょう。しっかりと養老保険の事について、整理していきましょう。

きっと今までの疑問が整理できる様になります。商品を知って、うまく活用していきましょう。

目次

1:今さら…養老保険の基本の基本

1-1:養老保険とは?

1-2:養老保険の特徴は?

1-3:養老保険になる生命保険とは?

2:生命保険の基礎を整理しよう

2-1:生命保険の種類を整理

2-2:保険の違いを再整理

3:学資保険と養老保険の関係

3-1:学資保険のおさらい

3-2:2つの関係をみてみよう

4:養老保険を勧める理由

5:養老保険の選び方

6:養老保険のメリット・デメリット

7:人気商品 かんぽ養老保険をご紹介

8:まとめ

1:今さら…養老保険の基本の基本

いまさら、「養老保険」って何?と聞くわけにいかないし・・

なんて心配は、無用です。ご存知の方も含めて「養老保険」について、改めて整理していきましょう。

ここで、養老保険の基本を整理できれば問題ありません!

1-1:養老保険とは?

まず、「養老保険」とは、生命保険の1つの種類と理解してください。その生命保険ですが、「人の死亡、ケガなどの条件などにより、一定の金額(給付金)を支払う」という形の無い商品です。証券という名称で、保険の加入を証明する書類はありますが、受け取るまでは形(手で触れるもの)がないのが、生命保険だと理解してください。この生命保険には、

(1)死亡保険…被保険者(主に契約者)が死亡した場合に保険金が支払われるもの

(2)生存保険…契約期間が満期の時点で被保険者(主に契約者)が生存しているときに保険金が支払われるもの

(3)混合保険…複数の保険を組み合わせて、一つの保険商品として扱い補償するもの

に分類されます。それぞれの保険会社は、これらの区分に合わせて保険商品を展開しています。そして、生命保険には、

(1)定期保険

(2)終身保険

(3)養老保険

(4)定期保険特約付終身保険

(5)子ども保険

(6)個人年金保険

(7)変額保険

などの種類があります。

この中の1つが、今回ご紹介する「養老保険」になります。

でも、まだ養老保険とは何かピンとこないと思います。簡単に言えば、養老保険とは、一定期間の保障があって、契約終了時(満期)を迎えた際に生存をしていれば、満期の保険金が受け取れるという仕組みと死亡した際の保障、つまり、生存と死亡保険の両方の側面を持ち合わせた保険という事になります。

例えば、10年間で100万円の保険に加入している場合では、満期が来る前に死亡した場合には、満額の100万円をうけとる事ができます。もしも、満期の時に生きていれば同様に100万円をうけとれる仕組みということです。

養老保険のもう1つの特徴は、貯蓄性が高いという点です。これは同時に保険料が高いという事にもなりますが、貯蓄性を求める場合には非常に人気の商品となります。貯蓄性が高いという事で、解約返戻金が高いという点も魅力的な部分となります。

養老保険の魅力は、これ以降に詳しくみていきますが、今は、生命保険には複数の商品分類(種類)があること、そして、養老保険は混合保険のタイプである生命保険商品の1つだということを理解しておいてください。

1-2:養老保険の特徴は?

ではもう1度、養老保険の特徴を整理しましょう。(前述している部分も含めて整理します)

特徴1|満期を迎えれば満期金を受け取ることができる

特徴2|貯蓄機能を併せ持っている

特徴3|満期金があるため保険料が高め(終身保険以上)

こうした特徴がある養老保険ですが、以前に比べると人気は少し下火になってきたと言われています。

以前は、死亡保障の部分よりも、満期保険金の貯蓄機能に着目されて人気がった商品となります。特に、金利が良かった際には通常の預金をするよりも格段に貯蓄性が高いとして称され、人気をはくしていました。

しかし、金利が下がることで金利のメリットも少し下降気味となっています。(金利の低下は、今の日本経済の影響となります。)その為、貯蓄性が格段に良いという事ではありませんが、それでも金利はよいから少しでも金利のよい商品を検討していきたいという方に選ばれています。

場合によっては、今の保険商品は元本割れをする時代となりました。その為、以前の様な貯蓄性だけでは商品を選べなくなっている点に注意してください。養老保険は、以前に比べて商品数や取扱い先(保険会社)が少なくなってきていますが、やはり金利という面や貯蓄性という面では人気のある商品として選ばれています。

1-3:養老保険になる生命保険とは?

養老保険は、その他の商品とは異なり該当する保険商品の種類が決まっています。

もともと持っている貯蓄性のある商品「個人年金保険」と「学資保険(こども保険)」の2つです。どちらも貯蓄性という特徴を生かした商品になります。

個人年金

若い内から毎月の保険料を積み立てておいて、所定の年齢から年金として積立金を受け取ることが出来る貯蓄性のある保険商品の事です。

個人年金保険は、老後資金だけではなく、教育資金や住宅資金として積み立てておいて活用するなどの方法もあります。

この個人年金は、5年後、10年後などの一定期間確実にお金を受け取れる「確定年金」と一生涯受け取れる場合、5年、10年などの分を確実に受け取れる様にする保証期間が付いた「保証期間付き終身年金」が主流商品となってきています。

学資保険

生まれてきた子供の未来(進学)に向けて、契約した金額を保険料として積み立てていく商品です。

予め決めた年齢のタイミングで積立てた金額を受け取る事ができます。未来に向けて積み立てていく、貯蓄するという側面で養老保険の対象となります。

この様に、養老保険=貯蓄性という側面が大きな特徴です。

2:生命保険の基礎を整理しよう

養老保険のご紹介をしましたが、どうしても一般の生命保険商品と混乱する事があります。そこで、今一度、生命保険商品の種類を整理していきましょう。

2-1:生命保険の種類を整理

既にご紹介しましたが、生命保険には

(1)定期保険

(2)終身保険

(3)養老保険

(4)定期保険特約付終身保険

(5)子ども保険

(6)個人年金保険

(7)変額保険

の種類があります。

それぞれには、特徴がありますのでそれぞれの保険独自の制度や仕組みについて整理しておく必要があるでしょう。それぞれのご家庭で求める希望、かなえたいものが異なります。その目的と達成する為には、それぞれの保険商品の違いを整理し必要な保障内容を得る必要があるでしょう。

2-2:保険の違いを再整理

では、前項でご紹介した生命保険商品の違いを整理していきましょう。

定期付終身保険 終身保険(主契約)+定期保険。かつて、大手生保会社の主力商品であった期間が長いので、この商品に加入している人は多くいます。
無選択型終身保険 健康状態の告知のない保険です。
アカウント型保険 数年前から、大手生保会社の一部で主力商品とされています。積立部分を主契約とし、各種保障を自由に組み合わせることができます。
三大疾病保障保険 死亡保障のほかに、がん、急性心筋梗塞、脳卒中のときも保障されます。
一般的な医療保険 一般的な医療保険は「入院給付金+手術給付金」が基本です。
引受基準緩和型医療保険 健康状態の告知内容が緩和されている医療保険。給付内容にも制限があります。
一般的ながん保険 「診断一時金+がん入院給付金+がん手術給付金」が基本です。
がん保険の違い がん保険にも保険会社ごとに特徴があります。また、一般的ながん保険と、しくみそのものが異なるがん保険もあります。
一般的な学資保険 教育費の積立を目的とした保険です。
学資保険の特約 学資保険の特約部分について、注意点をまとめました。
個人年金保険 老後の生活資金の積立を目的とした保険です。
変額保険 運用状況によって解約返戻金や保障額が変動する保険です。
傷害保険 ケガによる入院・通院・死亡などを保障する保険です。病気の保障はありません。

一覧にするとこの様に生命保険という商品の中には、複数の商品があります。

この中で自分にとって最も良い商品がなんであるかを選ぶのは難しいというのが事実です。同じカテゴリの中でも、生命保険会社により独自のサービスや特徴がある為、より選ぶのは難しいといえます。

そこで、活用したのは其々の生命保険の外交員です。自分自身や家族の要望をヒヤリングし、最も最適な商品を提案してもらいましょう。そうすることで、自分では知らなかった商品の特徴やメリットを理解することができます。また、1つ提案をして貰えたら、それを元にぜひ、他社での比較を行って下さい。そうする事で、本当に自分が必要としている保険商品を選ぶことができるでしょう。

3:学資保険と養老保険の関係

養老保険は貯蓄性のある商品であるため、全ての保険が養老保険の様ににならないという事はご紹介しました。

それでは、先ほどご紹介した学資保険と養老保険の関係について、もう少し詳しく見ていきましょう。学資保険も貯蓄性に着目商品です。2つには、どんな関係性があるのでしょうか?

3-1:学資保険のおさらい

では、まず学資保険についてのおさらいから始めましょう。

貯蓄性があるという事は既にご紹介しました。繰り返しになりますが、学資保険とは予め決めた期間保険料を払いこむことで必要なタイミング(進学タイミングや年齢)で、お祝い金、満期金として給付金を受け取る事ができるという保険です。特徴として払込みの途中で親に万が一があった場合には、保険料が免除されるという保障があるのも特徴です。子供の成長に合わせて受け取るタイミングが異なりますので、一番長くなると0歳から大学入学までの間の期間と長期間 貯蓄をするという事になります。

3-2:2つの関係をみてみよう

学資保険と養老保険は、実は非常に関係の深い商品です。

学資保険は、子供の教育資金、養老保険は老後の生活資金の準備をするという点で使い分けられますが、実際は養老保険をアレンジした保険が、ずばり学資保険なのです。

養老保険の中に学資保険があったというイメージです。学資保険と養老保険の根本的な違いは「祝い金」があるかどうかです。

養老保険には、「祝い金」という仕組みがありません。死亡した際か、生存している際に満期額を受け取れるかどうか。これと比較して、学資保険は予め定めた幼稚園、小学校、中学校、高校、大学など、入園・入学のタイミングで祝い金を受け取り、進学時の負担を軽減する仕組みとなります。

貯蓄性が高いという点や、もともとの仕組みが養老保険からきている事は別として、詳細な部分での違いがあります。2つの違いを比較して、それぞれが良い点を理解し必要な補償を得る事が出来る様にする必要性があるでしょう。

4:養老保険を勧める理由

養老保険を勧める理由は、1つ!「貯蓄性」です。

そして、保険の対象となる人が「死亡した場合」でも、「生きていた場合」でも保障が受け取れることです。貯蓄性と保障性の両側面がある養老保険は、以前ほどではないにしろ人気の商品であることは間違いありません。

同様に元本割れをしないという点も貯蓄性と同様に人気の秘密です。養老保険を勧める理由は、こうした貯蓄性など複数の側面です。こうした側面を活かしていく事が大切です。

5:養老保険の選び方

それでは、今度は養老保険の間違えない選び方を整理していきましょう。

生命保険商品の選び方には注意が必要です。そもそも、生命保険という商品は全般的に、一度契約をすると長期間にわたり掛け金を支払い続ける商品です。

その為、無駄な保険料をかけないことや目的を整理する事は基本的な事柄として大切です。こうした事を踏まえて、養老保険の選び方について整理していきましょう。

まず、注意してほしいのが「養老保険」という商品はほかの保険商品と比べて、商品数が少ないという事です。これは、高い貯蓄性がある為、実は保険会社のうま味が少ないというのが実情だからです。しかし、その反面、商品の比較はしやすいという点があります。数が少なければ、比較的容易にできるという事です。

では、養老保険の選び方を段階を追って整理していきましょう。

◇養老保険の保険金額

養老保険の軸となる死亡保険金をどうするかが大切です。

ここで必要になるのは、残された家族にいくら必要になるかという事です。これを死亡保険金と呼びます。

具体的には、今、契約者が死亡した時にご家族が生活をしていく上で必要な金額がいくらになるかということです。実際には、何年間生活をするか等、詳しい条件は決めることはできません。

その為、ある程度の想定となりますが、必要となる金額の目安を決めることから始めましょう。どうしても、金額が高くなってしまうので1回あたりの保険料を参考に継続して支払える金額を元に算出する方法をとると良いでしょう。死亡保障、満期保険金と支払い金額のバランスが大事ということです。

◇受取時期を設定する

受取時期を決めたうえで保障を受ける期間を決めることが大事です。

養老保険の場合は、保障期間=満期保険金の受取時期と同じであると考えると良いでしょう。

ここでも、残された家族に何年の保障が必要であるかを1つの目安として決めていく事が必要になります。しっかりと、計画をしていく事が大事ですが、無理をしないこと。これが、基本になります。

◇特約について

一般の生命保険と同様に、特約の付け方についても注意が必要です。特約を付ければつけただけ保障が広がりますが、その分 保障金額が高くなります。前述の項目と同様に、必要な保障と支払いのバランスが大事です。そのバランスと本当に必要な保障を選んで付ける様にしましょう。

6:養老保険のメリット・デメリット

養老保険にも当然ですが、メリットとデメリットがあります。その内容もしっかりと整理しておきましょう。メリット、デメリットは養老保険をきちんと理解する為にも必要です。では、しっかりと見ていきましょう。

<<養老保険メリット>>

養老保険のメリット1|死亡しても生存しても保険金が貰える

養老保険の最大の特徴である死亡時と生存時も、満額の保険金を受け取る事ができます。最大の特徴であり、最大のメリットと言えるのがこの点です。死亡時だけ、生存時だけというのは生命保険の特徴ですが、養老保険は両方で保険金を受け取る事ができる。このメリットは本当にポイントが高い点です。

養老保険のメリット2|貯蓄性が高い

当然ですが、保険料をきちんと支払い続けることで貯蓄が可能となります。特に養老保険は貯蓄性が高い事が特徴の1つでもある商品です。生存保険金を受け取る事ができる、死亡時も保障を受け取ることができる点の両側面から受け取れる点からも貯蓄性が高いといえます。同時に、もともと金利の割合が他の商品と比べて高い点もこの商品の特徴でもあります。当然ながら、途中解約を早期でしてしまうとこの貯蓄性は失われてしまいますのでえ、継続して支払い続ける事が前提となります。

<<養老保険デメリット>>

養老保険のデメリット1|保険料が高い

養老保険は、メリットと反対に死亡保障、生存保障がある分、保険料が高くなってしまいます。2つの保険に加入するよりは安価ですが、1つだけよりも高くなってしまいます。しっかりとした保障がある分、当然と言えば当然ですが、安価な保険を求める場合には、適しない保険となってしまいます。

養老保険のデメリット2|高額保障には向かない

もともとは少し高めの商品である為、高額の保障を求めると必然的に保険料が高くなります。その為、家計の負担が大きくなる事になります。その為、養老保険だけですべての保障をまかなうと考えるのは難しくなります。

養老保険のデメリット3|満期後の保障

養老保険が満期になると生存保険の保障がなくなります。その為、その後の保障は貯蓄等で賄う必要性があります。一生涯の保障を求めるのであれば、養老保険は難しい点がありますので、検討が必要になるでしょう。

生命保険には、どうしても商品ごとのメリットとデメリットがあります。それぞれの良さを活かして活用する事が必要です。繰り返しになりますが、デメリットばかりを意識してはいけません。メリット、デメリットの両方をしっかりと理解し特徴を整理して加入し、活用することが大事という事です。

7:人気商品 かんぽ養老保険をご紹介

養老保険の人気商品は、「かんぽ養老保険」です。ご存知の通り、かんぽ生命の前進は国営の郵便局です。その経営基盤の安定性により人気のかんぽ生命ですが、その中でも養老保険には魅力が満載です。

【選べるプラン】

(1)新フリープラン

(2)新フリープラン(短期払込型)

(3)新フリープラン(2倍保障型)

(4)新フリープラン(5倍保障型)

(5)新フリープラン(10倍保障型)

複数のプランから、自分にあった保障タイプを選択することができます。

その他にもケガや病気、災害に備える特約を付加して、保障を充実させることも可能です。どのプランを選択しても満期保険金額(基準保険金額)を自由に設定することができます。

また、養老保険ですので満期に到達した場合は、設定した満期保険金を受け取ることが可能になります。しかし、71歳以上で加入する場合には、保険金額の合計額は500万円までが限度となるなど、被保険者の年齢によって加入できる保険金額の制限がある点に注意しましょう。

満期の保険金の受取り年齢は1歳きざみで自由に設定できるという利便性があります。加入年齢(0~80歳)に応じて10年から最長50年の間で設定をすることが可能です。

この様に、かんぽ生命の養老保険は自由度が高く自分のライフスタイルに応じた設定が出来る為、満足度が高くなります。それ以外の特長として、契約日から1年6か月を経過後に、不慮の事故や感染症で死亡した場合は、保障が2倍に増加する「倍額保障」という制度がついています。具体的には、基準保険金額が100万円なら200万円が支払われるということです。

気になる「入院特約」をつけることもできます。現在の治療方法の中心となる日帰り入院にも対応。当然ながら、長期入院時の給付もありますので安心です。手術の種類により、1日あたり入院保険金額の5倍、10倍、20倍、40倍が支払われるなどの保障もきちんと備えています。

かんぽ生命の養老保険が選ばれる理由もご紹介しておきましょう。

①全国各地に郵便局の窓口がある。

郵便局の窓口は全国で24,000以上あります。この数は圧倒的な数です。その他の保険会社でこれだけの店舗を構えている会社はありません。どこに行っても相談できる窓口があるのは、安心と心強さを持ち合わせた大きな選択理由です。

②死亡保険金の金額の選択ができる

満期保険金の2・5・10倍の中から死亡保険金を選ぶことが可能。自分の望むスタイルをデザインできます。

③保険期間の設定が1歳刻みで設定可能

既にご紹介していますが、保険期間が1歳単位で設定できるのはかんぽならでは。より望むライフスタイルに合わせることが可能です。

④ 職業制限や医師の診査が不要

一般の保険会社では、職業によって保険に加入を制限しています。消防士やレーサーなど危険な目に合うことが多い職業など予め設定され危険に関するリスクヘッジがされています。しかし、かんぽ生命では職業の制限がなく、誰でも保険に加入することができます。同時に保険に加入する際に医師の診断が必要な保険会社が多い中、かんぽ生命はわずらわしい医師の診査は不要で保険に加入することができる手軽さがあります。ただし、健康状態の告知や面接などをして健康状態の確認は実施されます。

かんぽ生命の養老保険の人気の秘訣は、手軽さとライフスタイルに添えること。その他の保険会社と比べての優位性は圧倒的です。もともとの経営基盤の安定性は、今の経済状態では外せないポイントに加えて、こうした優位性があることで不動の人気を誇っています。

また現在のプランはリニューアルされて、あまり日がたっていません。そのため、いまどきのニーズに沿っているともいえます。この様に保険会社も保険商品を随時、改訂し再販することがあります。どんどん内容がよくなる…ばかりではありませんが、自分が加入している保険商品に改訂があれば、その都度 見直しをするのも1つの活用方法かもしれません。

8:まとめ

養老保険は、その他の生命保険とはことなり、2つの顔を持つ保険商品です。

2つの美味しいところとりをしているとは言い切れませんが(保険料が高くなるので)、2重の安心を得ることができるといえます。実際には、他の商品と同様に自分のライフプランに合わせて設計してもらうことで、より具体的なイメージが出来るようになります。

特に養老保険の場合は、商品数が他の商品群に比べて少ない為、まずは1社に要望を伝え提案してもらう。その後に他の商品、他の保険会社と同条件での提案をもらう。この方法で他の商品との比較がしやすくなります。

どうしても、保険商品の場合には長期的なお付き合いをすることになるため、自分にとってのメリット、デメリットを押さえておくことが大事ですので、ひと手間は掛かりますが、複数商品の比較を行いましょう。

養老保険の場合には、ご説明している通り保険料が割高になります。2つの商品の側面を持つので当然といえば、当然です。しかし、希望する保障を全てついてしまうと高額となり支払続けることが出来ないというスパイラルに陥ってしまうことがあることにも注意が必要です。養老保険と生命保険には、それぞれのよさがあります。

しかし、将来の自分、家族に対しての備えという部分は同様です。結局のところ、備えを行う為の方法(商品)がなんであるかの違いでしかありません。

現在、養老保険という商品は、以前に比べて格段に商品数が少なくなっていることはお伝えしている通りです。これはある意味、養老保険のニーズが下がっていると、とらわれがちですが、実際にはそれだけではありません。

何度もご紹介しましたが、養老保険の利率がよすぎたというのも大きな理由です。単純に、他の商品よりも種類が少ないからダメということではないということです。備えを行う方法が、銀行への預貯金という方もいらっしゃいます。生命保険はムダといわれるかたも。

しかし、これらは全てどういった方法で備えをするのがよいかということを、考えた上で選択した方法にしか過ぎません。最終的には、自分自身、家族を守るにはどうしたら良いか?を考えていく中で出る方法論であるということです。こうした、目的を見失わないでください。往々にして、生命保険に加入しているから大丈夫。と言われる方がいらっしゃいます。しかし、それが今、求めているものとあっているのか?加入当時と今では、求める保証に変化は起きていないのか?ライフスタイルは変更していなか?色々な角度で再検討していく必要があります。

もちろん、毎年、毎年、見直しし加入し直さないといけないということではありません。生活の基盤が変わった時、一定期間が過ぎたときに見直しを行うことが必要といことです。

医療技術の進歩により、今は通院治療が主流となってきています。しかし、古い形の保険は入院時の給付金額などが手厚く、通院治療には重きを置いていませんでした。この様に、今、自分が加入している保険が時代やライフスタイルに沿っているかの見直しをしながらより求めるものに近づける工夫が必要です。

こうした見直しについても、自分自身が意識する時代となりました。以前であれば、生命保険の外交員が自宅に伺い家族ぐるみの付き合いをしていましたが今は違います。

ある程度は、自分自身がコントロールしなければいけません。

この様に、生命保険の商品内容だけではなく生命保険の維持管理についても昔とは少しづつスタイルが変わってきていることを押さえておいてください。今後、どの酔うな商品に人気が集まるかよりも、自分自身のライフスタイルや求める保証の整理。これが本当に大事ということです。備えあれば憂い無し。昔からあることわざのように、より満足のいく商品選びを行ってください。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!