生命保険の種類を分析!掛け捨て仕様の生命保険は無駄じゃない理由はこれ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「生命保険」には、色々な種類がありますが、その中でも「掛け捨て仕様」と「積立て仕様」と分かれていることをご存知ですか?

長い人生のなかで、守るべき家族が増えてくると、誰もが安心を備えておきたくなります。

しかし、預貯金や社会保障があると言っても、実際にどのくらい残せてあげれるのか、不安で心もとない方も居ると思います。

そんな中、大事な家族となる、かわいいお子さんや奥様(夫)達には、自分に何か(ケガ・病気・死亡)あった時に、お金などの不自由はさせたくありませんよね。

そこで、備えとして一番に思い起こされるのが「生命保険」だと思います。

一言で「生命保険」の保険金と言っても、「生命保険」の種類や決まり事によって、その内容や金額はさまざまあり、迷われている方もいらっしゃることでしょう。

なので今回は、「生命保険」の「種類」の中でも日々のお金に直結して来る「掛け捨て仕様」と「積立て仕様」について述べて行きたいと思います。

目次

1.生命保険の種類ってどんなの?
1-1最初の種類分け
1-1-1定期保険
1-1-2終身保険
1-2第2の種類分け
1-2-1医療保険
1-2-2学資保険
1-2-3収入保障保険
1-2-4養老保険
1-3第3の種類分け
1-3-1掛け捨て仕様
1-3-2積立て仕様

2.掛け捨てにする?それとも積立て?ポイントはこれ
2-1積立仕様の生命保険なら
2-2掛け捨て仕様の生命保険なら

3.生命保険の種類別加入率でみると
3-1平均寿命を知って計画を
3-2医療保険には注意を
3-3種類でみる一般的な加入率

4.ローリターンな終身保険なら要らない?
4-1今やお金を増やす機能は無い
4-2積立仕様と掛け捨て仕様を合わせてみる

5.掛け捨て生命保険ランキング
5-1オリックス生命
5-2都道府県県民共済
5-3ライフネット生命
5-4三井住友海上あいおい生命
5-5SBI生命

6.保険販売の種類分け
6-1対面販売
6-2ネット販売

7. まとめ

1.生命保険の種類ってどんなの?

thinker-1027594_640

生命保険で何を備えるかと言うと、露骨な言い方をしてしまえば「お金」の備えです。

独身の方が働けなくなった時や家族を養っているご主人(妻)に万一のことがあった際の生活費、学費、住宅ローン、お葬式代(お墓の用意)などなどと、どれもお金が大変重要です。

万一に備えるイコール「お金」の備えと言えるでしょう。

心配事のすべてに備えようとすると、大切な「保険料」が無駄になって死んでしまう危険性もあるので、ここでは基本をしっかり見て行きましょう。

1-1最初の種類分け

生命保険であらゆるアクシデントに備える用意をする前に「生命保険の種類」を勉強していくことが、第一歩となります。

最初に理解しておく大きな括りは、次に紹介する2つとなっていて、大変シンプルで明快なんです。

保険の種類_2

1-1-1定期保険

まず、「定期」というの意味は

定期=決められた(ある一定の)期間(日数や年月)

ですよね。

なので、簡単に言ってしまえば「定期保険」というものは、心配に思うポイントだけの、年月に備える保険という事になります。

これでは、あまりにもボヤっとした説明なので、Aさんの例で詳しく記述すると

【Aさん35歳で、奥様と未就学のお子さんが2人(3歳・5歳)います。念願のマイホームも5年前に、定年前には払い終わるように、30年ローンで手に入れました】

このような働き盛り世代には、家庭の中で、お金にまつわる様々な責任を持つこととなります。

お子さんが独り立ちできる年齢まで、この先十数年間はしっかりと、養っていかなければいけませんが、突然の病や死亡などで、それがままならなくなったとしたら、貯蓄だけでは、十分な教育費や生活費は賄えないでしょう。

人生でもわずかなその大事な期間を「集中して保障しますよ」と言うのが、「定期保険」と言うわけです。

定期ー保険

1-1-2終身保険

終身とは、契約者が「亡くなるまで」という意味です。

保障期間が終わってしまったら、すべての保障はおしまいになってしまう「定期保険」と違い、保障期間が死ぬまで(一生)となっているので、家族には絶対「保険金」という保障がもらえるようになっています。

Aさん家族が、もしもまだまだお子様を授かったとしたら?定期保険の更新を忘れてしまったら?

そんな時には、何歳でも保険金が受け取れる「終身保険」でずっと備えている方が安心とも言えますね。

終身ー保険

図を見て気づいたと思いますが、月々支払った保険料が、ある一定の時期を過ぎて解約すると、元本よりも増えてお金が戻って来ますので、老後の「お金」として余裕が持てます。

この戻って来る利率は、各保険会社の商品によってさまざまに設定されています。

なので、死亡やケガなどの備えと共に「貯蓄」として少しお得感が得られるという種類になっています。

ただ、注意してほしいのが、保険料の高さです。手厚く長期で備え、なお且つお金も貯まるタイプのため、掛け金が高く設定されています。

1-2第2の種類分け

「定期保険」「終身保険」がある事を理解したら次は、皆さんが心配している事柄で分類します。

各々の保険には、「定期仕様」と「終身仕様」や「定期型終身仕様」などもあるので、備えたい期間は、前もって考えておくといいでしょう。

1-2-1医療保険

最近では「がん保険」「三大疾病保険」という、特別な疾病に備えた商品もありますね。

病気やケガで通院や入院(手術)などの医療費に備えるための物が「医療保険」です。

病状の中でも、『がん』や『脳卒中』『急性心筋梗塞』は、治療費も高額となり、そうなると、公的医療保険でも追いつかない事もあるようです。また、時には入院日数も長くなってしまうこともあります。

ただ、入院日数や病状によって、保障が内容がまちまちなので、人生の中での必要性を、もっとも考慮しなくてはいけない保険とも言えます。

1-2-2学資保険

子供の教育費に備える保険が「学資保険」になります。

先程のAさん家族のように、年齢が近いお子さんが続けていらっしゃると、教育費は学費以外に大きくのしかかってきます。

中学校までは、義務教育で済ませても、幼稚園から大学までかかる費用は、概ね1千万を超えると言われています。

このタイプの保険は、契約主となる父親が亡くなった時には、支払いが免除される特約もあったりして、子供のために「お金」を貯める手段として、多くの親御さんが備えている保険になっています。

1-2-3養老保険

「養老保険」は、死亡・老後のお金として備える保険です。

加入してからの保障となる期間は、「定期保険」と同じですが、満期金が貯蓄としてもらえるようになっています。

簡単に言うと、「定期保険」のように一定の年月に備え「終身保険」のようにお金が貯まり戻って来る保険と思って下さい。

自身が亡くなった後の、備えとしての「お金」ではなく、存命の内に保険期間を終え、老後の「お金」を用意する商品となっているので、保険料はさらにお高い物が多くなっています。

1-2-4収入保障保険

生命保険の保険金とは、3,000万円ならその金額が、普通亡くなった時点で一括で貰えますよね。

しかし「収入保障保険」は、サラリーのように月々、設定した金額を貰う様式となっています。

Aさんが例えば「収入保障保険」に加入していたとします。しかし加入して5年後に亡くなってしまったら?

子供はまだ小学生で、お金も手もかかりますよね。

家族の生活費が絶たれ、残された奥様一人では、食費だけなら何とか出来ても学費や光熱費などが追いつきません。

そこで、定期的に毎月「お金」を貰う方法にしたのが「収入保障保険」というわけなんです。

なぜ、いっぺんに貰うようにしないのかと言いますと。

亡くなった時に「お金」を一括で受け取って、金銭感覚が鈍ってしまい、破綻してしまう例も多く有ると言います。なので、保険期間とした年月まで、細かく分けてお金を受け取るようにしている保険なんです。

その分、保険料も安くなっていて、保障も年月が経過するにしたがって減って行くので、余分な保障を高齢になっても掛けて行かなくて済む、理に叶った保険とも言えるでしょう。

1-3第3の種類分け

「生命保険」の種類を『保険期間・掛金・解約返戻金(満期金)』という違いから見てきましたが、先にも少し触れていた「お金が貯まる」保険の仕様がありましたね。

掛けている途中で解約したら、こころもち元本より増えて「お金」が戻って来るタイプや、保険の満了と共にまとまった「お金」がもらえたりする保険があります。

「生命保険」で貯蓄が出来ると思っている方、気を付けて下さい、すべてがそうと言うわけではありません。

1-3-1掛け捨て仕様

捨てるという言葉は、少し乱暴なような気もしますが「掛け捨て仕様」の生命保険は、その名の通り、保障内容を買うため「お金」は戻って来ません。

毎月支払う「お金」が、物を買うように二度とお財布に、戻ってこない「掛け捨て」とは、生命保険のなかでは保障が大きい物となります。

皆さんが「生命保険」以外でよく聞くものに「火災保険」「地震保険」「自動車保険」と言う、生命を保障する以外の、損害保険と言う種類を聞いたことがあると思います。

これらは、すべて「掛け捨て仕様」の種類となっていて、掛金も高くなっていますが、その分保障内容がとても大きい商品になっています。

それと同じ意味で、「掛け捨て仕様」生命保険イコール大きな備えと言えるます。

なので「定期保険」は保障期間が終われば、戻って来るお金がない掛け捨てですが、その見返りとしての備える保障内容が大きい「生命保険」となっています。

1-3-2積立て仕様

「積立て仕様」の「生命保険」は、「定期保険」より少額を長い保障期間を設け、生命保険会社がそのお金を運用し、戻してくれる仕様になっている為、最終的に貯金のように払い済の「お金」が、返戻率が少し付いて戻って来たり、満期金が受け取れます。

せっかく長い期間「生命保険」に「お金」を払うのですから、それを貯められる方法があるのなら、そんな絶対商品がいいですよね。

亡くなってから、大きな保険金を受け取ることにあまり意味をなさない、高齢でお元気な方であれば、何十年も支払ってきた「お金」を先に受け取る方が、絶対賢い選択だと言えます。

しかし、ここで気を付けないのが、解約までの期間の長さなんです。

保険会社や商品の種類にもよりますが、加入してから数年では確実に元本割れしてしまい、微々たる返戻金しか戻って来ませんし、入り直しも出来ず、保障も無くしてしまいますので、解約する時期はちゃんと考えておきましょう。

2.掛け捨てにする?それとも積立て?ポイントはこれ

branch-1290017_640

同じ「生命保険」であるなら、「お金」が戻ってこない「掛け捨て」より、少しでも払ったお金より多く返ってくる「積立て」がいいですよね?

しかし保険を「お金」で考える前に、備える期間(契約期間)を選定することが、無駄と、ならない「生命保険」の肝心なポイントとなってきます。そして、保障の種類や毎月払う保険料も変動していきます。

どちらも、いい面もあれば、マイナスな面もあるので、どんな種類があるのか見て行きましょう。

2-1積立て仕様の生命保険なら

「積立て仕様」の生命保険には、先ほどご紹介した中で4種類あります。

・終身保険

終身と言う死ぬまでの長い期間の保障期間と払込年数となっているので、当然満期での「満期金」はありません。

その代わり、それまで払込んだ「お金」が解約時には戻って来ます。

家族へ残す葬式代や貯蓄という考え以外に、相続での対策でも加入される方がいます。

・養老保険

定期タイプと同じでありながら、「積立て(貯蓄)仕様」の生命保険として、もっとも特化している保険となっています。

終身保険と同じで、解約時には、それまでの保険料が戻って来ますし、満期時に受け取ることが出来る「満期金」は、死亡に備える保険金と同じ金額となっています。

そのため、一番高い保険料が発生する保険とも言えます。

「生命保険」としての保障を持ちながら、「個人年金保険」のような貯蓄が出来る商品と言えますね。

・学資保険

「学資保険」は、「生命保険」と言うより、子供の進学のための備える貯蓄と言った感じになります。

教育費の備えなら、普通に預金しておけばいいと思いがちですが、「学資保険」で備えておく理由には大きく2つあります。

一つ目は、契約者(父親)が亡くなった時には、その支払いを免除されます。

二つ目は、満期で支払われる「お金」に高利率の返戻金が付加され、戻って来ます。

銀行での預金金利は、あってないようなものなので、大変有利な「積立て仕様」と言えます。

ただ、加入年齢が限られているので、お子様がいらっしゃってもその定義に合致しなければ、加入は出来ないのがデメリットでもありますね。

夫(男性)より妻(女性)の方が保険料金がお安いという事を、上手に利用し妻で契約すると、多少ですが、保険料が安くな事があります。この場合、妻の年齢が、夫より同じか下と言う事が条件となります。

・医療保険

医療(がん・急性心筋梗塞・その他の疾病)を、貯蓄しながら備えるとなると、保険料はかなり高額な物になる事があります。しかし、「養老保険」のように満期金が、積立金の他にある商品もあり、家計的にはハイリスクですが、好リターンとなっています。

「医療保険」は、高額な保険料を支払う余裕がある方が、保障を備えながら貯蓄する物と言えますね。

2-2掛け捨て仕様の生命保険なら8

「掛け捨て仕様」の生命保険には、まったく戻りが「ゼロ」円と言う訳ではなく、配当型に入ると、微々たる金額が戻って来るという商品もあります。

また、毎年の割戻し金制度が発生する商品もありますが、基本は無いと思った方がいいでしょう。

・定期保険

「定期保険」は、備えておきたい大事な時期だけを、集中して掛けて行きます。掛け方は、10年間や15年間と言った感じで、子育て期間を大きくしっかりカバーする形になります。

「掛け捨て仕様」になると、払い込む「お金」が大変お安く済むのが特徴です。

加入する年齢にも関係しますが、概ね数千円程となっています。

人気記事ランキング

1 2

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る