生命保険の考え方

生命保険に入るときの考え方は、多くの生命保険を掛ければいいというものではありません
 
生命保険のについて考えてみましょう

生命保険に加入を考える時に大事なことは、年金や健康保険などの公的保障や預貯金などによる保証では十分でない部分を補うということです。

生命保険は、必要以上に金額を大きくすると当然毎月の掛け金も高くなります。

はたして、そんなに保険をかける必要があるのか今一度検討しましょう。
 

意外と、保険会社の人の勧めるままに生命保険に加入している方は
多いのです。

しかし、保険は足りない部分を補うために加入するということを今一度考えて下さい。

よく、以前から加入していた生命保険を見直して新しく加入しなおしたという話を
聞きますが、それは、もしかしたら必要以上に高い保険料を払わなければ
ならない生命保険に加入していたのかもしれません。

いまは、どこの生命保険会社もその個人に合った保険をすすめてくれるように
なってきました。

昔は、生命保険もセット販売で必要でない保障のついた生命保険に結構加入させ
られたりしていました。

今後、生命保険の加入を検討する方は現在の自分にとって必要な生命保険に
加入し余分な出費を抑えましょう。

自分の加入条件を明確にし生命保険の方に伝えることが賢い保険の
加入の仕方と言えます。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る