どれを選べばいい?大同生命に加入するべき理由5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

生命保険に加入する際に、重視する点はどんなところでしょうか?保障内容や保険料の安さなど様々な意見が上がるとおもいますが、現在販売されている生命保険は、正直なところ生命保険会社ごとの違いが分かりにくく、決め手が分からないという方も多いと思います。

このサイトでは、よくCMを目にする大同生命について紹介しています。CMは見るけど、どんな生命保険会社か馴染みがあまりないかもしれません。そこで、生命保険会社をどこにすればいいか分からないという人向けに大同生命の生命保険に加入した方がいい理由について詳しく説明していきます。

みなさんの保険会社選定の手助けになればと思っています。

目次

1.大同生命とは

1.1概要

1.2歴史

2.大同生命の評判

2.1保険商品の評判

2.2会社の評判

3.大同生命で取り扱いのある保険商品

3.1終身保険

3.2定期保険

3.3 法人のための保険

4.一時払い保険と平準払い保険

4.1一時払い保険

4.2平準払い保険

5.生命保険に加入するメリット・デメリット

6.生命保険を選ぶポイントとは?

7.大同生命の保険を選択する理由5選

8.まとめ

1.大同生命とは

2

大同生命とはどのような保険会社なのでしょうか。あまり認知度の高くない保険会社ですが、どのような歴史のある会社なのでしょうか。大同生命のことを紹介します。

1.1概要

大同生命は、他の生命保険会社とは違い、中小企業を対象にした経営者保険を主力商品として販売しています。そのため、一般の人たちにはあまり名の知れていない保険会社かもしれません。

しかし、大同生命には他の生命保険会社に負けないような素晴らしい保険商品を多数販売しています。そんな大同生命は1902年に設立以降、加入者本位・堅実経営の精神のもと営業を行っている歴史ある生命保険会社です。

実は創業者の一人である広岡浅子はNHKの連続テレビ小説「あさが来た」のヒロインのモデルになっています。

1.2歴史

3

大同生命の歴史は、江戸時代にまでさかのぼります。江戸時代の経済の中心である大坂にあった加島屋という商人が始まりだと言われています。江戸時代の終わりに加島屋の当主である広岡家に嫁いできた人こそが、時を超えて平成の連続テレビ小説ヒロインのモデルとなった広岡浅子でした。

加島屋は創業から4代で大坂を代表する豪商となりました。主なビジネスは両替商。両替商は、当時必要不可欠な職であり、庶民にはなくすことの出来ないものでした。しかし、加島屋はこの「両替」で利益を取っていたのではありません。

実は、大名貸しという方法で利益を得ていたのです。大名貸しとはその名のとおりで、貸付による利子で収入を得ることです。当時のライバル会社ともいえる鴻池屋を大幅に上回る利益を得ていたと伝えられています。そんな中、1899年に広岡浅子に真宗生命から経営支援の相談をうけました。

これを受け広岡浅子は、真宗生命の株式を6割買い取り、経営権を取得しました。これが、大同生命が生命保険事業に乗り出した第一歩になります。当時の社名は「朝日生命」。現在も朝日生命は存在していますが、別の会社です。

順調に業績を伸ばしていきましたが、1900年に保険業法が施行されると内部の財務等に問題をきたしていることから、1902年に護国生命と北海生命の3社と合併することになりました。この合併こそが、大同生命の始まりとなっています。

出典:広岡浅子の生涯http://kajimaya-asako.daido-life.co.jp/asako/04-02.html

2.大同生命の評判

4

大同生命は、生命保険会社としてどのような評価を受けているのでしょうか。販売している保険商品の評判と会社の評判についてまとめました。

2.1保険商品の評判

大同生命の個人向けに販売している保険商品の多くは、無配当生命保険として販売しているため、合理的な保険料で生命保険に加入できるからおススメであるという評判が多く見受けられます。

大同生命の生命保険は無配当であると同時に、契約している保険金額が契約年数に応じて、減少していきます。これは、ライフプランに応じた保険金額にすることで、より顧客にあった生命保険にする目的があるからです。

そのような保険商品を多く販売しているため、評判は比較的良いものとなっています。

2.2会社の評判

大同生命は、法人向けの保険商品ではシェア7割を超えている保険会社となっています。そのため、特に中小企業向けに人気がある保険会社です。大同生命のソルベンシー・マージン比率は、1350%と同業他社に比べても非常に高い数字となっているため、安定した収益がある企業という評価になっています。

3.大同生命で取り扱いのある保険商品

大同生命はどのような保険商品を扱っているのでしょうか。大同生命では、他の生命保険会社にはないような法人のためのリスクマネジメント商品を販売しています。

あまり個人には関わりのない保険商品ですが、大同生命の主力商品でもあるので最後に紹介させて頂きます。

3.1終身保険

5

大同生命では、個人向け保険商品の終身保険には以下のような種類が販売されています。

  • 定期保険Lタイプ
  • 定期保険Lタイプ(低解約払戻型)
  • 新逓増50

どうやら大同生命では、終身保険も定期保険と呼んで商品を販売しているようです。終身保険の種類によっては、最長100歳まで死亡保障を確保できる保険商品もあるため、とてもおススメできる商品です。

解約返戻金については、保険期間の経過に伴って増加していきますが、保険期間の満了が近づくにつれ減少していくため注意が必要になります。この点が他の生命保険会社が販売している終身保険と異なる点になっています。

新逓増50という終身保険は、保険金額が増加していくタイプの保険商品です。この場合、基本保険金額の5倍を上限として、死亡・高度障害保険金額は、逓増開始時から一定期間の間、保険金額が前年の50%ずつ増加していきます。

3.2定期保険

6

大同生命では、個人向け保険商品の定期保険には以下のような種類が販売されています。

  • 定期保険Rタイプ
  • 定期保険Dタイプ
  • 定期保険Dタイプ(保険料逓減型)
  • 定期保険Zタイプ

どの種類の定期保険にも共通しているものがあります。それは、解約した際の解約返戻金がないということです。そのため、どの商品も保険料が割安になっています。

特約をつけることによって、死亡保険金や高度障害保険金を年金として受け取ることができたり、健康状態によって割引が行われたりする定期保険も販売されています。

3.3法人のための保険

7

大同生命の主力商品である法人向けの保険商品は、個人向けの保険商品と同じものを販売しています。そのほかに、法人のためのリスクマネジメントと題し、提携団体向けの福利厚生制度を用意しています。

運転資金対策や役員が退職した際に支払われる慰労金の対策など様々なリスクマネジメントによる保険商品の活用を提案しています。

出典:大同生命HPhttp://www.daido-life.co.jp/join/c_keiei/index.html

4.一時払い保険と平準払い保険

保険料の納付方法は、一時払いと平準払いの2つの方法があることをご存知でしょうか。実は知られていない一時払いですが、意外とメリットの方が多くあります。ここでは、一時払いと平準払いのメリットやデメリットについて紹介していきます。

4.1一時払い保険

8

一時払い保険とは、契約締結時に全保険期間に対する保険料を一時に全額払い込むことをいいます。

出典:コトバンクhttps://kotobank.jp/word/%E4%B8%80%E6%99%82%E6%89%95%E4%BF%9D%E9%99%BA%E6%96%99-795146

メリット

一時払い保険に加入することで得られるメリットは次のようになります。

  • 保険料が平準払いに比べて安くなる
  • 平準払いほけにょりもお金を増やすのが有利になる
  • 相続税対策になる

メリットの1つ目は、「保険料が平準払いに比べると安くなる」ということがあげられます。一時払い保険に加入すると、保険料が数パーセント割引されます。これは、保険期間に対して一括で保険料を支払うため、保険会社が支払ういわば利子に似た部分になります。

そのため、月払いで加入する生命保険よりも安くなるため、生命保険に加入するだけで得した気分になります。

メリットの2つ目は、「平準払いよりもお金を増やすのが有利になる」ということです。一時払い保険は全保険期間の保険料を一括して支払うため、最初から保険会社が運用するお金が多くあることになります。

人気記事ランキング

1 2

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る