生命保険で万が一の時は大丈夫?知らないと怖い生命保険の真実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

生命保険へ加入する目的は、万が一の時に残された家族が生活に困らないように、まとまったお金や年金給付のように残すためと言うものだと思います。

また、医療保険やがん保険や学資保険など加入する場合にも、病気やケガで入院した場合や、がんと診断され治療をする場合や、子供の病気・教育費への準備など様々な目的があると思います。

そして、生命保険に加入しているにもかかわらず、万が一の時に保険金・給付金を貰えなかったらどうしますか?

「保険料もしっかり払っているのだからそんな事はない」と言う方が大半でしょう。

保障期間内で保険料をしっかり払っていれば、全くもらえないという事はあり得ません。

もし、保障期間内で支払事由に該当し、保険料も払って貰っているのに、保険金・給付金を支払わなければ、保険会社は保険法及び保険業法と言う法律で罰せられます。

なので、保険金・給付金が支払われない恐怖と言うよりは、なぜそのような事が言われているのか、そのような不安を煽るような記事が多いのか、また保険の営業や外交員などの営業スタイルは不安を煽るのかなどから、生命保険とはいったい何なのか?など多岐にわたって書いていこうと思います。

生命保険業界がどういった業界なのか、営業マンや保険外交員の方が長続きしない理由や、「満期にならない保険」の正体など、表に出てこないことなども書いていく事で、自分の保険は自分で選び、自分の財産も自分で守ることを意識してもらえればと思います。

そのためには、生命保険・損害保険ともに「保険は難しいから・・・・」と逃げずに、内容などを理解できるような記事を書いていきます。

 生命保険とはpolicy

生命保険の基本的な事を少し書いておきます。

生命保険とは、人の生死や病気・ケガまたは子供の教育資金の蓄えや老後の為の備えなど、多岐にわたる目的で加入する保険です。

多くの場合は、自分に万が一の事が起こった場合に残された家族が生活に困らないように残すのが基本的な生命保険です。

または、自身が病気やケガで入院した場合などの治療費やその他の支出に備えるためです。

そして、学資保険や個人年金など子供の教育資金を蓄えや、自身の老後に対する蓄えを準備するのも生命保険であり、人に関する保険全般は基本的に生命保険と言います。

生命保険の基本的な考え方は、万が一の時の備えであり、人生を心配なく過ごすためのアイテムであり、良きパートナーにならなければいけません。

そのため、万が一の時に保険金・給付金が支払われないと困ることや、生命保険に入りすぎて保険料を支払うのが困難になったり、必要のない保険に入っていたりすると、本末転倒になります。

 保険金や給付金が支払われないff5b63884aeacf7149f0caa7fd678ab3_s

保険記事の中には「保険金・給付金が支払われないことがある」などの内容を書く記事がありますね。

しかし、基本的にそんなことはありえないのです。

それは、保険会社や保険販売をしている営業マン・外交員は保険法・保険業法と言う法律がある中で保険商品を販売しています。

この保険法・保険業法と言うのは、一般の方はあまり馴染みのない法律かもしれませんが、この法律は保険商品を買った保険契約者を守るためにある法律であり、保険会社や営業マンや外交員はこの法律を破ってしまうと、金融庁から業務停止や資格の剥奪などの処分を受けるため、この法律は厳守します。

この保険法・保険業法が有るため、保障期間内で保険金・給付金の支払事由に該当し、そして保険料を滞納などしていなければ、保険金・給付金は必ず支払われます。

では、なぜ世間では「生命保険はいざと言う時に払われない」や「保険会社から保険金・給付金を貰えなかった」などの意見が多いのか。

その理由の一つは、生命保険に加入する際に支払い条件などの説明を受けたにも拘らず、長年同じ契約を更新し続ける中で忘れてしまっている事や、保険商品自体が時代に合わず保険金の支払い事項に該当しないこと、または知らない間に保険の保障期間が終わっていたなど様々な理由があるのです。

しかし多くの場合は、「保険は難しいから外交員の女性に任せきり」や、一度加入したらそのままにしている場合が多数です。

そのように、自分の身を守る保険を他人の言いなりに加入し、内容も解っていなければ、貰えるものも貰えない、せっかく支払っていた保険料も払いっぱなしで保険会社が得をし続けることになるのです。

保険会社の不払い等も問題になりましたが、告知義務違反などが無い限り、保険金・給付金が支払われないという事態になるのは、保険契約者にも一定の問題があるという事なのです。

 旧来の保険商品夫婦 疑問

旧来の保険商品と言うと少し語弊が生じますが、現在の生命保険の契約でも多数残っているので書きます。

旧来の保険商品と言うのは、「日本生命」「住友生命」「第一生命」「太陽生命」などの日本社の保険会社が売っていた商品です。

現在では、少しずつ変わってきていますが、この日本社の生命保険会社が長年販売していた保険商品と言うのが「定期付き終身保険」と言う商品であり、更新型の保険商品です。

または、「アカウント型」の保険などもありました。

よく、生命保険の危険な商品などで取り上げられる商品です。

この「定期付き終身保険」とはどのような商品なのか。

それは、文字通り「終身保険」に「定期保険」が付いた商品であり、この定期部分が更新型いなり、保険料が上がっていくシステムの商品です。

多くの商品は、終身保険の部分が死亡保障であり、定期保険の部分は医療保障であったりします。また、両方ともに死亡保障といた商品もあります。

では、なぜこのような保険に加入していると危ないのかと言うと、簡単な話で更新のたびに保障額が減っていた事や、同じ保障であれば、本当に保険が必要な年齢になった時の保険料が加入時の倍近い保険料になりとても払い続けることが出来ないという事になったりするのです。

また、アカウント型の保険は、終身保険の死亡保障の部分で発生する解約返戻金を更新後の定期保険の保険料に充当することで、保険料を抑えたように見せて、解約返戻金を無くしていくような事が出来るため、湯水のように保険料を支払わないといけないという事態に陥りやすい商品であると言えるのです。

保険を販売していた立場から言うと、生命保険に加入している50代以降の方は6割以上の割合で、この様な保険に加入しています。

そしてよく聞くのは、「保険料が上がって困っている」という事です。

ではなぜ、この様な事が起こっているのか。

原因は、先ほども書いたように、契約者の無知による失敗なのです。

社会人になり働き始めると、職場に生命保険の女性が来て「社会人になったのだから保険には入らないといけないよ」や「給料天引きで保険料を支払うから・・・」など言われ、「しつこいから月々数千円なら良いか」と保険に入ったという方は居ないだろうか?

この様なケースの場合、自分が何の保険に入ったか正直解らず、とりあえず入っている事がよくある。そしてそのままにしておくと、定年間近になった時に「この保険料はなんだ?」という事になるのです。

そして、これまでそのように義理人情プレゼント(GNP)と言われる販売方法が常態化したことで、この様な問題が多く出てきた上に、保険商品自体がこの様な保険しかなかったことで現在でも、この様な保険が残っているのです。

気づく方と気づかない方で、多くの保険料の差が出てくるのです。

 終身保険と定期保険yjimageLIAE5RTA

先ほどものこと踏まえて、損をしない賢い生命保険の選び方を紹介しようと思いますが、その前に、終身保険と定期保険について、少し説明していきます。

終身保険

終身保険とは、一生涯保障が続く保険の事です。文字通り身が終わるまでの保険であり、死亡保障や医療保険・がん保険によく用いられる保険です。

死亡保障で使う場合は、ご自身の葬儀代・お墓代など亡くなった後に掛かるお金を準備するために使われるのが多いです。また相続税対策などにも使われますが、その場合は契約者・被保険者・受取人をしっかりと確認して加入してください。

そして医療保険で使われるのは、入院を伴う病気になる確率が高くなるのが、高齢者と呼ばれる世代でもある60代以降であることで、病気やケガで入院した時に経済的な負担を軽減させるために加入するのであれば、一生涯の保障があるほうが加入目的と合致する事で、この終身保険を使うことが、最近では多くなってきています。

また、がん保険に関しても、日本の死亡原因の2人に1人は、がんであり疾患率に関しては3人に1人の割合であること。そして、悪性新生物・上皮内心生物などの病気は治療が長期間になる確率が高く、また治療費も高額になりえる病気であること、そして高齢になれば疾患率も高くなることから、終身保険で準備するのに向いている商品であると言えます。

定期保険

定期保険は一定期間の保障を行う保険です。

なので、保障期間内に万が一のことがあれば保険金・給付金が貰えますが、健康でいれば保険料は支払いっぱなしのいわゆる、「掛け捨ての保険」と言われるものです。

この「掛け捨ての保険」と聞くと、あまり良いイメージがわかないと思いますが、先ほども書きましたが、生命保険とは人生を送る上での良きパートナーであると言えます。

この定期保険は、大きな保障を安く買うことが出来るというメリットがある商品です。

子育て期間中や、社会人になってから結婚するまでの間など、一定の期間だけの保障が必要であれば、この定期保険で安く準備することが一番であると言えるのです。

 タイプ別の賢い保険の選び方insurance

何度も言いますが生命保険には、死亡保険・医療保険・がん保険・学資保険・個人年金保険・就業不能保険・収入保障保険などいくつものタイプの保険があり、またそれぞれに終身保険・定期保険・養老保険のタイプ別に分けることが出来ます。

これでは、「どの保険がどのタイプで加入すればいいのかわからない」と言う方もいるかもしれません。

そこで、タイプ別に損をしない保険の選び方を紹介していきます。しかし今回書くのはあくまでも一般論であり、人によっては求める物が違うので当てはまらない事もあるかもしれません。その事を理解して見て行ってください。

死亡保険

死亡保険の加入目的は先ほども少し書きましたが、ご自身の葬儀代などの死んだ後に掛かる費用の準備と、万が一のことが起きた時に、残された家族の生活を守る目的と、老後のなどの蓄えの3つの加入目的があります。

それでは、1つずつ説明していきます。

葬儀代などの準備をする場合

保障期間 終身
保険料払込期間 60歳・65歳で払い込み終了
保険金額(保障金額) 200万~300万円

ご自身の亡くなった後のための準備をする場合は、この内容にすることが一般的になります。

保険期間は勿論ですが、終身保障にする事で亡くなってから受け取るようにしておきます。

保険料払込期間は出来るだけ、仕事をしていると思われる年齢の設定にしているので、自営業の方やフリーランスの方でも、元気に仕事のできる時期であり、また年金を受給する年齢より前に支払いを終わって、保障だけを残すようにすることで、保険料支払いの経済的負担を軽くします。

そして、保険金額(保障金額)ですが、どれほどの葬儀にするか、お墓を新しく建てるのか、先祖代々のお墓があるのでお墓を建てる必要が無いのかにもよりますが、近年増加している家族葬や先祖代々のお墓に入る場合など、比較的お金が掛からない様にしても200万円~300万円程は掛かってきます。また宗派や宗教によっても異なりますので、もし身近な方が亡くなった場合などでいくらぐらいの費用が掛かったのか解る場合は調べておきましょう。

上記の様な事が有るため、保険金額は最低限でもこれぐらいの金額設定にしておきましょう。

万が一の時の保障

保険期間 定期
保険払込期間 保険期間に同じ
保障金額 月々の給料分

この場合の保険は、定期保険の「収入保障保険」が適している保険です。

以前は同じ定期保険でも、加入時から保険期間終了まで一定の保障金額であった為に、必要額が少なくなる時期でも同じ保障金額であり、そのため保険料は安いがそこまで大きな保障が準備できないというデメリットもありました。

しかし、万が一の時に残された家族が今後生活していくのに必要な金額は、年々少なくなっていきます。

その理由は、子供が成長するにつれて、教育費・食費・水光熱など生活費なども少なくなってくるのです。

例えば、子供が2人いたとした場合に、下の子(末子)が小学生の時に万が一死亡した場合には、中学校・高校・大学と授業料や仕送りなど社会人になり自立するまでの期間は長くなりますが、子供が高校生の時に万が一亡くなってしまった場合には、残るのは大学の授業料や仕送りなどの費用だけになります。そうなると、子供が独立するまでの期間によって残りの必要金額は変わってくるのです。

人気記事ランキング

1 2

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る