マイナス金利の今だからこそ、「固定金利と変動金利」を正しく理解した上、「保障+α」な生命保険で、確実な資産増を目指しませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

明ける見込みが感じられない景気低迷の今、マイナス金利が導入されたことにより銀行預金の金利も軒並み低迷しており、いかにして資産増を図るべきなのか、私たちはその選択を迫られている時だとも、言えるでしょう。

そこで見直していただきたいのが、生命保険による資産増の方法です。

今回は、一生涯の保障を受けつつも貯蓄性の高い終身保険に焦点を当て、いかに資産増を図れるかを見てまいりましょう。

目次

1.固定金利と変動金利とは
1.1固定金利
1.2変動金利

2.生命保険における金利とは
2.1責任準備金とは
2.3積立利率とは

3.生命保険における貯蓄とは
3.1養老保険
3.2終身保険

4.終身保険における貯蓄とは
4.1終身保険の種類

5.無配当終身保険
5.1仕組み
5.2特徴

6.積立利率変動型終身保険
6.1仕組み
6.2特徴

7.変額終身保険
7.1仕組み
7.2特徴

8.外貨建て終身保険
8.1仕組み
8.2特徴

9.低解約返戻金型終身保険
9.1仕組み
9.2特徴

10.資料請求人気ランキング

11.まとめ

1.固定金利と変動金利とは

固定金利と変動金利を思い浮かべても、なかなかリアルには感じられず、「金利が変動しないもの」と「金利が変動するもの」と言う漠然としたイメージになってしまう方がほとんどではないでしょうか。

 

そもそも金利に関して世間が着目する要因は、一体何なのでしょうか。

それは経済ニュースで頻繁に見かける、「マイナス金利」にあると言えるでしょう。

マイナス金利導入により、将来的に不安を感じられた方は少なからずいらっしゃることだと思います。

そもそもマイナス金利とは、どのようなものなのでしょうか。

私たちが利用している銀行への預金は、わずかではありますが利子がつきます。

ところがマイナス金利になると預金に対する利子を、預金先の銀行へ支払わねばばりません。

しかしここで落ち着いて頂きたいのが、導入されたマイナス金利は、あくまでも日本銀行⇔各金融機関において行われたもので、私たちの預金に対して行われたものではないということです。

 

実は、各金融機関は日本銀行に資金を預けています。

以前に預けた預金に関してはこれまで通りに金利が付きますが、新規で預けた分に関しては、マイナス金利(-0.1%)が適応されます。

そこで各種金融機関は、日本銀行に預けるよりは、企業などへの貸付によって得られる金利にて収益増を図ったり、その他の投資に回す方向へと、その資産運用方法をシフトをしていきます。

しかしながら、住宅や自動車などの各種ローンの金利も同時に下がっていく傾向にあるので、私たちにとってはある意味恩恵を被る形になりますが、預金に対しての利子も低くなってしまうという側面も、持ち合わせてしまいます。

つまり私たちは、自身の財産をより有効かつ効率よく増加を図る手段を、模索すべき時代となったわけです。

 

そこで次章にて、まずは「固定金利」と「変動金利」を理解することから、始めましょう。

1.1固定金利

固定金利はその名の示す通り、金利が固定され一定を保っている状態を指し、その時々の金融市場の動向を反映して決定がなされ、一度決定された金利は変更されることがありません。

固定金利の具体的な金融商品の代表的なものは、下記になります。

定期預金 銀行などが、一定の期間を定めて期限が来るまでは引出し不可の契約で預かる金
固定利付債 国債 国庫債券の略取で、日本政府が発行する債券
国が発行する借金証書
地方債 地方公共団体が発行する債券
公営企業(交通機関/ガス/水道)などの経費や建築事業費を調達する為に行う
普通社債 企業が設備投資資金や運転資金調達のため発行する債券
利率は企業実績などにより変動するが元本は保証

 

1.2変動金利

変動金利は固定金利の真逆を行く、変動する金利を指します。

金利情勢により定期的に適用利率が変動し、代表的な金融商品は下記になります。

普通預金 自由に預入/払戻が可能な預金口座
給料/年金の受け取りや各種料金の口座振替として一般的
貯蓄預金 貯蓄を目的とし、普通預金よりも利率は高め
満期までは基本払戻不可
変動金利定期預金 一定期間ごとに金利が変更
預入金額に応じて指標金利にプレミアムが上乗せされる
変動利付債 別名フローティングレート債
景気や物価により市場実勢金利に基づき見直しされる

 

2.生命保険における金利とは

さて、前章で懸念事項であるマイナス金利と、それに関わる固定金利/変動金利の基本的概念は、明確になりました。

また一般的に私たちが利用している銀行預金などの金融商品は、利率低迷により金利による恩恵が激減せざるを得ない経済状況であることも、ご理解いただけたかと思います。

そこで活躍してくれるのが、実は生命保険だということをご存知でしょうか。

 

この章では、銀行などの一般的金融商品よりも格段に優遇されている、生命保険における金利などを、見てまいりましょう。

2.1責任準備金とは

まずは責任準備金について、見てまいりましょう。

保険会社は国の保険業法に基づき、私たちが払い込んだ保険料を、将来支払うことになる保険金/年金/給付金などに備え、積み立てをしており、これらを「責任準備金」と呼びます。

 

左記は定期保険の責任準備金のイメージ図です。

掛捨て型である定期保険は、死亡/高度障害の際に支払われる保険金額が、そう多くはないので、このような形で責任準備金が確保されています。

次は貯蓄型保険の責任準備期のイメージ図です。

掛捨て型とは異なり、保険契約年数が長期にわたるほど、支払われる解約返戻金や保険金、給付金が高額になるため、右肩上がりで責任準備金が確保されます。

        

 

 

2.3積立利率とは

積立利率とは、先述の責任準備金に対して適用される金利を指し、銀行預金における金利と似通ったイメージになります。

払い込まれた保険料から手数料などを差し引いた部分に対し適用され、生命保険の場合、積立利率が固定のものと、変動のものが存在します。

現在、日本はご存知のように金利低迷が続いているので、米国や欧州など運用実績がより効率的な外貨での運用などを含め、様々な資産運用をとり行っています。

世の中の景気動向に左右されますが、景気が上向きになれば当然積立利率も上昇し、下落傾向にある時は当然積立利率は下降します。

 

 

3.生命保険における貯蓄とは

そんな景気低迷の今だからこそ、もう一度きちんと見直しておきたいのが、各種生命保険です。

 

 

生命保険は「万が一の備え」「セカンドライフの生活資金」「子供の教育資金確保」などと言った具合に、あくまでも「備え」としての一面ばかりがフューチャーされています。

しかしながら生命保険の魅力は、それだけには留まらないことは、上記イメージ図のメリットから、見て取れます。

例えば個人年金保険に加入したとしましょう。

円建ての場合はその積立利率は1%未満と低く、払い込んだ保険料総額に微々たる上乗せがあるというイメージになりがちです。

しかしながら、下記にあるような一般的に人気のある金融商品一覧と比較すると、全く遜色がないばかりでなく、死亡/高度障害などの各種保障も同時に得られるというメリットも含め、はるかに有利であることが見て取れます。

 

預金額/順位 1位 2位 3位 4位 5位
10~100万未満 イオン銀行(0.100%) じぶん銀行(0.050%) 東京スター銀行(0.025%) ジャパンネット銀行(0.020%) 新生銀行(0.010%)
100~300万未満 オリックス銀行(0.150%) イオン銀行(0.100%) じぶん銀行(0.050%) 東京スター銀行(0.025%) ジャパンネット銀行(0.020%)
300~500万未満 オリックス銀行(0.150%) イオン銀行(0.100%) じぶん銀行(0.050%) 東京スター銀行(0.025%) ジャパンネット銀行(0.020%)
500~1000万未満 オリックス銀行(0.150%) イオン銀行(0.100%) じぶん銀行(0.050%) 東京スター銀行(0.025%) ジャパンネット銀行(0.020%)
1000万以上 オリックス銀行(0.150%) イオン銀行(0.100%) じぶん銀行(0.050%) 東京スター銀行(0.025%) ジャパンネット銀行(0.020%)

 

さらに個人年金保険を外貨建てとした場合の積立利率は、3%を超えることも決して珍しいことではなく、積立利率固定型保険であれば、将来受取時の市場金利が低迷していたとしても、契約時の積立利率のままで、各種保険金が受け取れ、積立利率変動型では、将来的に利率が変動してしまう可能性が否めなくとも、最低保証利率が設定されているので、金融商品よりもはるかに資産増につながる運用方法が、生命保険であることが明白というわけです。

 

 

それでは次章にて、実際の貯蓄型生命保険を具体的に見てまいりましょう。

3.1養老保険

貯蓄型の生命保険として名高い商品が養老保険で、生死混合保険の分野に位置づけられ、死亡保険と生存保険の両方の性質を持知合わせています。

 

 

契約は任意に有期設定が可能で、保険期間内に被保険者が死亡した場合は死亡保険金が、何事もなく保険期間満了を迎えた場合は、満期保険金が受け取れます。

 

 

その貯蓄性の高さから、数ある保険商品の中で、最も割高な保険料となりますが、下記仕組み図をご覧いただくとお分かりのように、保険料払込を一定期間超過すれば、その後に受け取れる解約返礼金は元本割れすることなく、むしろ徐々に上昇していきます。

 

 

 

学資保険と似通った性質をもった養老保険は、下記のような事由で契約をされる方が多くみられますが、その利用範囲はとても広く、自身の思い描くライフプランに沿わせることが可能な、秀逸な保険商品だと言えるでしょう。

 

 

3.2終身保険

それでは次に、貯蓄型生命保険の双肩を担う終身保険を見てまいりましょう。

終身保険は文字通り、一生涯保障が続く死亡保険に属する生命保険です。

確かに掛け捨て型の代名詞ともいえる定期保険と比較すると、終身保険は養老保険に次ぐ割高な保険料となりますが、そのデメリットを払拭するに余りあるメリットが存在します。

一生涯の保障がなされつつも、死亡や約款に定められた高度障害に陥った際は保険金が受け取れ、一定の保険料払込期間を超過すると、それまでの保険料払込総額を超える解約返戻金を受け取ることが出来ます。

つまり一生涯の保障を得つつも、銀行金融商品の利率よりもはるかに優遇された率で、自身の資産増を図れるということになります。

家計から捻出可能な預貯金額には、必然的に制約があります。

その限られた資産増のための大切なお金を、銀行の低金利商品に投じるのか、生命保険の見直しを図り、効率的に目的の貯蓄額を目指すのか。

人気記事ランキング

1 2

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る