20代のおすすめの医療保険とは?おすすめの医療保険とその注意点

「20代のおすすめの医療保険って一体何だろう?」

あなたはそう疑問に思ったことはありませんか?

20代が医療保険を選ぶときのポイントも知りたい。。。

そんなあなたに!この記事を読めば、20代のおすすめの医療保険が丸わかりです!

それぞれの商品の特長、保険料、そして注意点について述べていますので、お見逃しなく!

1.医療保険とは一体どんなもの?

今回は、20代におすすめの医療保険についてご紹介していきます。

まず医療保険とはいったいどのようなものか、公的医療保険も含めて見ていきましょう。

1.1  公的医療保険とは

日本の公的医療保険はどうなっているのでしょうか。

基本的なところから見ていきます。

①健康保険

健康保険は、被保険者の業務外の事由による疾病、負傷、死亡、出産について必要な保険給付を行います。

また、被保険者だけでなく、被保険者の養われている者(被扶養者という)の疾病、負傷、死亡、出産についても必要な保険給付を行います。

健康保険から給付を受けられるのは業務外の事由によるもののみです。

業務外のけがや病気については、労災保険から給付を受けることとなります。

なお、健康保険法の改正により、平成25年10月1日以降に発生した保険事故については、労災の給付対象とならない場合、原則として健康保険の給付対象となりました。

健康保険には、以下の2つがあります。

保険者 名称
全国健康保険協会 全国健康保険協会管掌健康保険
会社や業種ごとに設立された健康保険組合 組合管掌健康保険

加入対象についてです。

・事業所

健康保険についても事業所を単位として加入することになっており、一部の事業を除き、常時従業員を使用する事業主は、健康保険に加入しなければなりません。

・被保険者

適用事業所に使用されている者(被用者)は、一部のパートなどを除き、全員が被保険者となります。

健康保険では、法人の社長や役員も法人に使用される者として被保険者なります。

なお、個人事業主は、「従業員を使用する者」ですので、被保険者にはなりません。

・被扶養者

被保険者に扶養されている(被保険者の収入によって生計を維持されている)家族で75歳以上未満の者については、被扶養者として健康保険に加入することになります。

被扶養者となるには、被保険者の収入によって生計を維持されていることと、原則として被保険者と同居していることが必要となります。

生計を維持されていることの目安としては、以下の点を確認しますが、実際には個別具体的に判断されます。

・60歳未満の場合には年収130万円未満(60歳以上の場合には年収180万円未満)

・原則として被保険者の年収の2分の1未満

なお、配偶者は事実上、婚姻関係にあるもの(事実婚)であればよく、法律上の届出を行った配偶者(法律婚)でなくとも配偶者と認められます。

また、配偶者、直系尊属、子、孫、弟妹については、同居していなくとも、生計維持関係のみで被扶養者と判定されます。

次に、保険料についてです。

健康保険の保険料は、「標準報酬月額」および「標準賞与額」に保険料率を乗じて計算し、被保険者と事業主が半分ずつ負担します。

つまり、労使折半です。

ただし、組合管掌健康保険では、事業主の負担割合を半分以上とすることができます。

なお、保険料率は、全国健康保険協会管掌健康保険では都道府県ごとに、組合管掌健康保険では一定の範囲で組合ごとに設定されます。

②国民健康保険

国民健康保険は、健康保険などの被用者保険の対象とならない地域住民などの疾病、負傷、死亡、出産について必要な保険給付を行います。

業務上、業務外を問わず、国民健康保険から給付を受けることができます。

国民健康保険の保険者となるのは、市区町村、または業種ごとに設立された国民健康保険組合です。

いずれも厚生労働省の管轄で、手続きは、市区町村または各国民健康保険組合で行います。

また、国民健康保険は、原則として世帯を単位として加入します。

健康保険などの被用者保険の加入対象とならない者は、国民健康保険に加入しなければなりません。

国民健康保険では、世帯主である被保険者に扶養されている者であっても、原則として被保険者として加入します。

なお、75歳以上の者は、後期高齢者医療制度に被保険者として加入することになります。

保険料についてです。

国民健康保険の保険料は、原則として世帯主(または組合員)が全額納付します。

一部の地域では国民健康保険税として徴収されています。

保険料は市区町村によって決め方が異なり、前年の所得を基準とした「所得割」、被保険者数に応じた「均等割」に加えて、世帯にかかる「世帯別平等割」、固定資産税を基準とした「資産割」などがあります。

なお、世帯ごとの保険料の上限額が市区町村ごとに定められています。

また、低所得者等には、保険料の軽減措置が設けられています。

③自己負担割合

病気やけがをして病院へ行った場合、その自己負担割合はどうなっているのでしょうか?

自己負担割合は、健康保険・国民健康保険とも共通で、かつ被保険者・被扶養者とも共通ですが、年齢よって異なります。

<自己負担割合>

小学校就学前 2割
小学校就学後70歳未満 3割
70歳以上75歳未満 2割(一定の高所得者は3割)

なお、75歳以上の人は1割(一定の高所得者は3割)となっています。

また、医療費が高額になった場合、高額療養費制度というものを利用することができます。

高額療養費制度とは、同一月(1日から月末まで)にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の金額(自己負担限度額)を超えた分が、あとで払い戻される制度です。

自己負担限度額は、年齢や収入によって変わってきます。

・70歳未満の自己負担限度額

所得区分
(年収の目安)
自己負担限度額
通常 多数該当
約1,160万円~ 252,600円+
(総医療費-842,000円)×1%
140,100円
約770万~1,160万円 167,400円+
(総医療費-558,000円)×1%
93,000円
約370万~770万円 80,100円+
(総医療費-267,000円)×1%
44,400円
~約370万円 57,600円 44,400円
住民税の非課税者等 35,400円 24,600円

・70歳以上の自己負担限度額 平成30年7月まで

所得区分
(年収の目安)
自己負担限度額
外来(個人ごと) 外来・入院(世帯) 多数該当
約370万円~ 57,600円  80,100円+
(総医療費-267,000円)×1%
44,400円
約156万~370万円 14,000円
※年間上限 14万4,000円
57,600円 44,400円
住民税非課税者 下記以外  8,000円 24,600円
所得0円世帯  8,000円 15,000円

・70歳以上の自己負担限度額 平成30年8月から

所得区分
(年収の目安)
自己負担限度額
外来(個人ごと) 外来・入院(世帯) 多数該当
約1,160万円~ 252,600円+
(総医療費-842,000円)×1%
140,100円
約770万~1,160万円 167,400円+
(総医療費-558,000円)×1%
93,000円
約370万~770万円 80,100円+
(総医療費-267,000円)×1%
44,400円
約156万~370万円 18,000円
※年間上限 14万4,000円
57,600円 44,400円
住民税非課税者 下記以外  8,000円 24,600円
所得0円世帯  8,000円 15,000円

*多数該当・・・診療を受けた月以前の1年間に、3ヵ月以上の高額療養費の支給を受けた(限度額適用認定証を使用し、自己負担限度額を負担した場合も含む)場合には、4ヵ月目から「多数該当」となり、自己負担限度額がさらに軽減されます。

ここで、計算方法をご紹介します。

例えば、70歳未満で年収500万円の人について考えてみます。

月に100万円の医療費がかかったとき、病院の窓口では3割負担分の30万円を払います。

100万円がすべて高額療養費の対象になる費用である場合、自己負担限度額は次の通りです。

表に当てはめて考えてみます。

80,100円+(1,000,000円-267,000円)×1%=87,430円

となり、すでに3割負担で300,000円支払っているので、返ってくるお金はこうなります。

300,000円-87,430円=212,570円

大きい金額ですよね。

さて、高額療養費制度ですが、病院に支払ったものすべてが対象となるわけではありません。

対象となるのは、健康保険が適用された(3割負担で済んだ)医療費です。

その他の諸費用や自由診療の医療費は、対象になりません。

対象とならないものは以下のとおりです。

・差額ベッド代

・入院中の病院の食事代

・入院中の日用品代等

・先進医療の費用

・健康保険が適用されない診療費用(歯科治療の自由診療費用、美容整形費用など)

・正常分娩の出産費用(帝王切開の手術費などは健康保険が適用され対象となります)

ソニー生命の医療保険をチェック

1.2  医療保険とは

次に、民間の医療保険について見ていきます。

医療保険とは、病気やケガを対象として、入院したり所定の手術を受けたりした場合などに給付金が支払われる保険です。

医療保障に重点が置かれ、死亡保障機能は小さいか全くないものもあります。

医療保険のポイントは以下のとおりです。

・医療保険の保険料は、公的医療保険と異なり、被保険者の報酬や所得によって差異は生じないが、被保険者の年齢や性別などによって差異が生じる。

・退院日の翌日からその日を含めて180日以内に同じ病気やケガで再度入院した場合は、1回の入院とみなされる。

・更新タイプの医療保険は、更新時に告知・審査は不要で。健康状態などにかかわらず更新できるが、保険料は更新時の年齢および料率で再計算される。

・終身タイプの医療保険には、60歳、65歳などの所定の年齢で保険料の払込が満了する有期払込、払込が一生涯続く終身払込があり、他の条件が同じである場合、1回あたりの保険料は有期払込よりも終身払込のほうが安い。

となっています。

また、ニーズに特化した医療保険もあります。

それは、がん保険、女性向け医療保険です。

がん保険とは、保障の対象をがん(白血病を含む)に絞った保険です。

がんと診断された場合には、診断給付金が支払われ、がんを原因とする入院や手術、通院などに対して給付金が支払われます。

がん保険のポイントは以下のとおりです。

・入院給付金は1日目から支払われ、一般的に支払日数に限度はない。

・3か月または90日の待機期間(免責期間)がある(つまり、この待機期間(免責期間)中にがんと診断された場合は、保険契約が無効となる。

また、女性向け医療保険とは、女性保険ともいいますが、乳がんや子宮頸がんなど、女性特有の病気に手厚い保障をする商品の総称です。

1.3  医療保険を補完する就業不能保険とは

医療保険を補完する就業不能保険も最近出てきています。

就業不能保険とは、病気やケガにより、長期間働けなくなった時に備えて加入する保険です。

就業不能状態になった時に、毎月のお給料をカバーするように給付金を受け取ることができます。

医療保険や生命保険ではまかないきれない月々の生活費・ローン・教育費などの支出に備えることで、お給料がもらえない期間でも家族の生活をサポートできるようになっています。

ソニー生命の医療保険をチェック⇒

2.  20代の医療保険の選び方とは?

子宮頸がんになっても加入できる保険ってあるの?子宮頸がんと保険について詳しく解説!

次に、20代の人の医療保険の選び方について見ていきます。

・20代独身

・20代既婚

に大きく分けて説明していきます。

2.1  20代独身の選び方

20代独身の方の医療保険の選び方です。

若くて独身という方はもちろん多いと思います。

若くてという理由なしで考えても、独身のため、自分の病気やケガでの治療費などは自分自身でまかなわなければならない、自分のことは自分でしなければなりません。

ですので、まずは基本的な医療保険に加入するとよいでしょう。

その上で、もし余裕があれば、就業不能保険に加入するとよいでしょう。

独身の場合は配偶者も子どももいないため、病気やケガで収入が少なくなっても配偶者や子どもがいる場合ほどダメージは受けにくいと考えるからです。

もし会社員の方で心配ならば、公的な制度である傷病手当金を利用するとよいでしょう。

ここで傷病手当金について説明します。

傷病手当金は、病気休業中に被保険者とその家族の生活を保障するために設けられた制度で、被保険者が病気やケガのために会社を休み、事業主から十分な報酬が受けられない場合に支給されます。

傷病手当金は、次の(1)から(4)の条件をすべて満たしたときに支給されます。

(1)業務外の事由による病気やケガの療養のための休業であること

健康保険給付として受ける療養に限らず、自費で診療を受けた場合でも、仕事に就くことができないことについての証明があるときは支給対象となります。

また、自宅療養の期間についても支給対象となります。

ただし、業務上・通勤災害によるもの(労災保険の給付対象)や病気と見なされないもの(美容整形など)は支給対象外です。

(2)仕事に就くことができないこと

仕事に就くことができない状態の判定は、療養担当者の意見等を基に、被保険者の仕事の内容を考慮して判断されます。

(3)連続する3日間を含み4日以上仕事に就けなかったこと

業務外の事由による病気やケガの療養のため仕事を休んだ日から連続して3日間(待期)の後、4日目以降の仕事に就けなかった日に対して支給されます。

待期には、有給休暇、土日・祝日等の公休日も含まれるため、給与の支払いがあったかどうかは関係ありません。

また、就労時間中に業務外の事由で発生した病気やケガについて仕事に就くことができない状態となった場合には、その日を待期の初日として起算されます。

(4)休業した期間について給与の支払いがないこと

業務外の事由による病気やケガで休業している期間について生活保障を行う制度のため、給与が支払われている間は、傷病手当金は支給されません。ただし、給与の支払いがあっても、傷病手当金の額よりも少ない場合は、その差額が支給されます。
任意継続被保険者である期間中に発生した病気・ケガについては、傷病手当金は支給されません。

2.2  20代既婚の選び方

20代既婚の方の医療保険の選び方です。

この場合は結婚していて、子どもがいるかいないかということで大きく選び方も変わってくるかと思います。

子どもがいる、いないに関わらず、既婚は家族がいるということなので、独身とは違い、自分自身だけを守ればいいというのではなく、家族も守らなければなりません。

そういった意味で、病気やケガをした場合の基本的な医療保険は必要になってくるでしょう。

また、就業不能保険も必要になってくるでしょう。

これは、子どもがいればなおさら必要になってくるでしょう。

さらに、子どもがいれば、子ども向けの医療保険も考えなければなりません。

子どもの医療費は自治体が助成してくれたりする場合もありますので、そういった制度も調べつつ検討するとよいでしょう。

ソニー生命の医療保険をチェック⇒

3.  20代におすすめの医療保険・メットライフ生命<Flexi S シンプルタイプ>

さて、それでは、20代におすすめの医療保険を見ていきます。

1つ目は、メットライフ生命のFlexi S シンプルタイプです。

3.1  特長

特長は以下のとおりです。

①日帰り入院でも初日から保障

入院の場合、初日から保障されない保険もありますが、これは保障してくれます。

②約1,000種類以上の幅広い手術をカバー

公的医療保険制度に連動して、ものもらいなどの軽度な日帰り手術でも給付金が受け取れます。

③健康に過ごせば5年ごとに健康祝金が受け取れる

対象期間に継続10日以上の入院がなければ、5年ごとに10万円の健康祝金が最長90歳まで何度でも受け取れます。

なお、この健康祝金特則は契約締結時のみ付加でき、この特則のみの解約は取り扱っていません。

④認知症に備えられる

認知症一時金として、まとまった金額を、認知症になられた場合の治療や生活支援などの備えとして、一括で受け取れます。

3.2  保険料

保険料について見ていきます。

20歳 1,922円 2,072円
21歳 1,947円 2,097円
22歳 1,987円 2,127円
23歳 2,012円 2,157円
24歳 2,042円 2,197円
25歳 2,077円 2,222円
26歳 2,092円 2,242円
27歳 2,132円 2,262円
28歳 2,172円 2,277円
29歳 2,212円 2,287円

3.3  注意点

次に、注意点です。

①基本保障に入院の延長がついていない。

新CUREやメディフィットAなどには基本保障で付いている「入院保障の延長」がFlexi Sではついていません。

入院保障の延長は特約で付けることが出来ますが、保険料が少し高めになってしまいます。

②三大疾病の一時金は2回目からの給付はかなりハードルが高い。

Flexi Sでは、三大疾病(がん、心疾患、脳血管疾患)の全てで一時金が貰える「特定疾病一時金特約」を付けることができます。

しかしながら、がん(悪性新生物)の場合、2回目以降は、前回の支払事由に該当された日からその日を含めて1年を経過した日の翌日以後に、公的医療保険制度の給付対象となる所定の手術、放射線治療、または抗がん剤治療を受けられたとき、悪性新生物一時金を受け取れます。

受け取りのハードルが高くなっているので注意が必要です。

4.  20代におすすめの就業不能保険・アクサダイレクト<働けないときの安心>

次に、20代におすすめの就業不能保険であるアクサダイレクトの働けないときの安心です。

4.1  特長

特長は以下のとおりです。

うつ病などの精神疾患で働けなくなったときも、給付金を受け取れる。

対象となる精神疾患とは、厚生労働省「疾病、傷害及び死因の統計分類」に定める精神および行動の障害のことをいいます。

精神疾患で働けなくなった際は、精神疾患を直接の原因とする治療を目的とした入院・障がい等級2級以上のいずれかの状態に該当した場合に就業不能給付金をお支払いします。

②自営業や会社員などといった職業や収入の形態に合わせて、プランを選択することができる。

・満額タイプ

病気やケガ、または精神疾患で働けなくなったとき、設定した就業不能給付金月額を、受給開始日から満額受け取れます。

・ハーフタイプ

病気やケガ、または精神疾患で働けなくなったとき、一定期間は設定した就業不能給付金月額の半額、その後は満額を受け取れます。

4.2  保険料

保険料は以下のとおりです。

会社員で、年収が200万円超~300万円以下、月々10万円の給付金で満額タイプの場合です。

20歳 2,020円 1,650円
21歳 2,050円 1,670円
22歳 2,080円 1,690円
23歳 2,110円 1,710円
24歳 2,150円 1,740円
25歳 2,180円 1,770円
26歳 2,220円 1,810円
27歳 2,260円 1,850円
28歳 2,290円 1,890円
29歳 2,330円 1,940円

4.3  注意点

注意点です。

①精神疾患での入院は18か月までです。

就業不能保険で精神疾患も保障してくれるのは良いポイントですが、入院は18か月までの保障となります。

(例えば、アフラックの給与サポート保険は精神疾患は保証対象外です。)

 

5. 20代におすすめのがん保険・アフラック<生きるためのがん保険Days1>

次に、20代におすすめのがん保険であるアフラックの生きるためのがん保険Days1です。

5.1  特長

特長は以下のとおりです。

①外見ケア特約を付加することができる。

治療で生じた頭髪の脱毛をカバーするウィッグの購入費等に賄うことが出来ます。

②緩和療養特約を付加することができる。

がんの痛みなどを和らげる緩和ケアのために付加することができます。

他にも特定診断給付金など、さまざまな保障があります。

5.2  保険料

保険料は以下のとおりです。

20歳 4,770円 7,745円
21歳 4,840円 7,950円
22歳 4,910円 8,165円
23歳 4,970円 8,380円
24歳 5,050円 8,575円
25歳 5,125円 8,775円
26歳 5,205円 8,920円
27歳 5,330円 9,080円
28歳 5,440円 9,215円
29歳 5,575円 9,375円

5.3  注意点

注意点です。

①診断給付金で上皮内新生物のときは10%しか出ません。

特定給付金というものがありますが、がんのときと比べて、上皮内新生物のときは10%しか出ません。

ちなみに、支払限度は、がん、上皮内新生物それぞれ保険期間を通じ1回限りです。

②特定保険料払込免除特約の条件が厳しいです。

条件は以下のとおりです。

次の(1)(2)いずれかに該当したとき

(1)初めて「がん」と診断確定された月の初日から2年以内につぎの(a)および(b)の合計日数が30日に達したとき

(a)「がん」の治療を目的とする入院の入院日数

(b)「がん」の治療を目的とする所定の通院*の通院日数

(2)初めて「がん」と診断確定された月の初日から2年以上経過後に、つぎの(a)および(b)に該当したとき

(a)「がん」と診断確定されていること

(b)「がん」の治療を目的とする入院または所定の通院*をしていること

6.  20代におすすめの女性向け医療保険・オリックス生命<新CURE Lady>

次に、20代におすすめの女性向け医療保険であるオリックス生命の新CURE Ladyです。

6.1  特長

特長は以下のとおりです。

①女性特有の病気・すべてのがんに特に手厚い。

乳がんや子宮筋腫といった女性特有の病気はもちろん、胃がんや結腸がんなどすべてのがん(悪性新生物・上皮内新生物)で入院した場合には、女性入院給付金を上乗せ保障します。

6.2  保険料

保険料は以下のとおりです。

20歳 3,028円
21歳 3,114円
22歳 3,193円
23歳 3,268円
24歳 3,344円
25歳 3,419円
26歳 3,475円
27歳 3,532円
28歳 3,587円
29歳 3,635円

6.3  注意点

注意点です。

①特約を中途付加する場合の制約が多い。

特約を中途付加する場合の制約が多いです。

特約を検討するならば、始めに付けておくほうがよいでしょう。

逆に一度付けた特約を途中から外すことは可能です。

7.  20代におすすめの子ども向け医療保険・共済<生命共済こども型>

最後に、20代におすすめの子ども向け医療保険である共済の生命共済こども型です。

7.1  特長

特長です。

入院もケガによる通院も、1日目から保障。

万一の事故や病気の場合、入院1日目から最長360日分まで保障。
ケガによる通院も1日目からしっかりとカバーしています。

過失による第三者への損害賠償にも対応。

ご加入のお子さまが過って第三者に損害を与えてしまった場合にも、共済金をお支払いします。

ご契約者が亡くなった場合も共済金をお支払いします。

万一、ご契約者が亡くなられた場合、共済金をお支払いします。

ただし、病気により亡くなられた場合、ご加入後1年未満やコース変更1年未満の増額分については保障の対象となりません。

剰余金は「割戻金」としてお戻しします。

都道府県民共済は営利を目的としていません。

効率経営に努め、決算後、剰余金が生じたときは、「割戻金」としてお戻ししています。

7.2  保険料

保険料は、月掛金1,000円と2,000円のコースがあります。

7.3  注意点

注意点は以下のとおりです。

①死亡保障と医療保障が別々にできない。

共済は、死亡保障と医療保障がセットになっていますので、どちらか一方だけの加入ができません。

②セーフティネットがない。

共済には、民間の生命保険会社が倒産したときに保障が受けられる生命保険契約者保護機構のセーフティーネットがありません。

ソニー生命の新医療保険「メディカル・ベネフィット」のご紹介

ソニー生命の新医療保険【メディカル・ベネフィット】は、従来の医療保険に比べ、主契約でのカバー内容が手厚い医療保険です。

【メディカル・ベネフィットの特徴】
  • 払込んだ保険料が全額戻ってくる保険
    (「メディカル・ベネフィット・リターン」の場合)
  • 主契約でのカバー内容が手厚い
  • 終身払込の保険

入院一時給付金や三疾病、女性特定医療の特約も付加可能

保障内容は、入院日帰りから保障、手術は公的医療保険制度に連動、放射線は20倍保障。

最新の終身医療保険は、加入者の声や近年の医療状況など鑑みて改良に改良が重ねられているもの

気になる方は是非下記リンクよりアクセス!

スポンサーリンク

ソニー生命の医療保険にはどんな特徴があるの?ズバリ解説します!

8.  まとめ

 

皆さん、いかがでしたでしょうか?

20代の中でも、独身、既婚また子どもがいるか、いないかによって医療保険の選び方は違ってきますので、注意しましょう。

また、今回紹介した医療保険はほんの一部です。

他にもさまざまな保障がある保険がありますので、それぞれ吟味して加入するようにしましょう。

ソニー生命の医療保険をチェック

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る