生命保険おすすめランキング!知っていれば損をしない生命保険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

生命保険と一口に言っても、定期保険や終身保険など数多くの種類があったり、専門用語などがたくさん出てきて混乱してしまいがちですよね。

いざ、この保険にしようと思っても、たくさんの生命保険があることから、中々一つに決めることが出来ないものですよね。

そんな人のために、今回は私が独自に調査したおすすめの生命保険を、ランキング形式で紹介します。

種類が多すぎてどれを選んでいいのか分からないという人は参考にしてみてください。

また、生命保険に加入するならば知っておきたい基本的な知識から、よくある生命保険の疑問点についても解説します。

生命保険に関してしっかりとした正しい知識を身に着けて、自分に最適な生命保険を見つけてください。

 

目次

1 まずこれだけは知っておきたい生命保険の基本

1.1 定期保険の基本を知ろう

1.2 終身保険の基本を知ろう

1.3 養老保険の基本を知ろう

2 知っていれば得をするおすすめの生命保険をランキング形式で紹介します

2-1 定期保険の3つのおすすめ

2-2 終身保険の3つのおすすめ

2-3 養老保険の3つのおすすめ

3 生命保険には貯蓄型と掛け捨て型があるけど、おすすめなのはどっち?

3-1 貯蓄型のメリットとデメリット

3-2 掛け捨て型のメリットデメリット

3-3 貯蓄型保険と掛け捨て型保険は結局どちらが得なのか

4 見直すことで安くなる?現在生命保険に加入している人が見直すべきポイントとは?

4-1自分の生活状況の変化に合わせて見直そう

4-2 重複している保障はないか

4-3 保険料の支払い方を見直してみよう

5 生命保険に加入するか迷っている人必見。生命保険に加入するメリットとデメリット

5-1 生命保険に加入するメリット

5-2 生命保険に加入するデメリット

6 生命保険に加入するおすすめの時期とは?

6-3 若い時に保険に入った方が得なのか?

6-2 人生の転換期に加入を検討してみよう

6-1 生命保険は誕生日の前に加入するのがおすすめ

7 おすすめの生命保険とは結局どのようなものなのか?良い生命保険と悪い生命保険の見分け方

7-1 良い生命保険は自分で保障内容を理解できること

7-2 必要保障額が適切かどうかを判断材料にしよう

7-3 同じ保障内容なのに保険料が異なる場会

7-4 良い生命保険と悪い生命保険は、結局人によって様々

8 まとめ

1 まずこれだけは知っておきたい生命保険の基本

dictionary-698538_960_720

生命保険に入るのであれば、とりあえず知っておいてほしい、代表的な生命保険について解説します。

 

1-1 定期保険の基本を知ろう

定期保険とは、保険期間が決まっていて、満期になってもお金をもらうことが出来ない、掛け捨て型の保険です。満期になっても何ももらうことが出来ないため、その分損をしたように感じてしまうかもしれません。

しかし、その代わり保険料が安くなっており、また、保険料のわりに手厚い保障を受け取ることが出来るのが特徴となっております。

それゆえ、一定の期間だけ、例えば子供が小さい間だけなど決まった期間だけ保障を受けたいという人にはうってつけの商品となっています。

 

定期保険に入るうえで注意しておきたいのは、定期保険を更新するときです。

定期保険は、保障期間が終了するとその時点で保障が終わりとなります。それを避けるために保障期間を更新することが出来ます。

それを更新型と呼び、更新するたびに保険料が上がっていくのが特徴です。

全期型というものがあり、これは初期の保険料が高い代わりに、保険料がずっと変わらないタイプです。

定期保険に加入する場合は、どれだけの期間加入するつもりなのかもあらかじめ考えておけば、保険料の節約につながります。

 

1-2 終身保険の基本を知ろう

SANYO DIGITAL CAMERA

終身保険とは、文字通り解約しない限り一生涯保障が続く保険のことです。そのため、いつか必ず誰かが死亡保険金を受け取ることが出来ます。

また、貯蓄性が高い保険であることも特徴です。

そのため、葬儀費用など、自分の将来に備えての資金としても活用することが可能です。

終身保険は解約しない限り、そのお金に手を付けることが出来ないので、貯蓄が苦手な人に向いていると言えるます。

ただ、終身保険にもいくつかデメリットがあります。一つは、保険料がほかの保険と比較して割高になっている点です。

保障と貯蓄、どちらか一方でいいという人は終身保険以外の生命保険を検討する方が良いでしょう。

また、終身保険は途中で解約してしまうと、戻ってくるお金が少なくなってしまいます。

そのため、途中解約をしないことが前提の保険となっていますので、終身保険を検討している場合にはこの部分に注意するようにしましょう。

 

1-3 養老保険の基本を知ろう

養老保険とは、貯蓄性が非常に高い生命保険となっています。満期を迎える前になくなってしまった場合には、死亡保障を受けることが出来ます。

また、無事に満期を迎えることが出来た場合には、死亡保障と同額の満期返戻金を受け取ることが出来ます。

そのため、老後のことを考えた資金を蓄えることが出来る生命保険となっています。

ただ、保険料はほかの生命保険と比較すると非常に高くなっています。また、戻ってくるお金も多いとは決して言えません。

それゆえ近年では、ほかの保険商品と比べて利便性に劣る部分が見受けられるようになってきたため、ほかの保険とよく比較する必要があります。

 

2 知っていれば得をするおすすめの生命保険をランキング形式で紹介します

 

161103194910vdzbfxgchvj_tp_v

 

ここでは、私が個人的に良いと思った生命保険を、定期保険、終身保険、養老保険のそれぞれをランキング形式で、おすすめの商品を紹介します。

 

2-1  定期保険のおすすめランキング

第1位 アクサダイレクト生命の「アクサダイレクトの定期保険2」

この生命保険をおすすめする理由は、その保険料の安さにあります。最安プランであれば、1240円(男性30歳、保険期間10年、基本保障1000万円の場合)とかなり良いお値段となります。

基本保障は500万円から1億円と必要十分な金額となっています。加えて、電話によって健康相談をすることが出来るサポートもついています。

価格を抑えながらも、安心を保障してほしいと思う人にはおすすめ出来る商品です。定期保険は掛け捨て型なので、保険料が重要だと考えます。多くの人が入れて、なおかつ保険料も安いということで第1位としました。

 

第2位 チューリッヒ生命の定期保険プレミアム

この生命保険をおすすめする理由は、とある条件を満たすと割引が適用され、1,050円(30歳男性、保険金額1000万円、保険期間10年)となることです。この条件とは、「過去1年以内に喫煙していない」「最高血圧120mmHg未満、最低血圧80mmHg未満」の2点を満たすこととなっています。

この条件を満たさない人にはうまみが少ないですが、もしもこの条件を満たしているのであれば、保険料が格段に安くなるので本当におすすめの生命保険です。

保障内容も充実しており、保険金額は最大一億円と、とても大きな金額です。

またほかにも定期保険プレミアムに加入すれば、臨床心理士や産業カウンセラーに電話やメールなどでメンタルヘルスサービスも受けることが出来ます。

非喫煙者で、健康に自信のある方はこの商品を検討してみてください。非常に安くなる要素を踏まえていますが、その条件が少し厳しいと思いましたので2位としました。

 

第3位 オリックス生命のBridge

オリックス生命のBridgeの特徴は、非常に安価なことです。1310円(30歳男性、保険金額1000万円、保険期間10年の場合)となっています。

しかし、安いからと言って悪いわけではありません。ここまで安価な理由は、ネット限定でしか申し込みを受け付けていないため、その分の費用が掛からないため、ここまで安くなっているのです。

ネットの特性を利用して、自分の求めている保障になるように、保険金額や保険期間を設定でき、なおかつ保障内容も十分となっています。医師の診察なしで簡単に加入出来ること。

インターネットから気軽に申し込みが出来ることなどを踏まえて第3位としました。

 

2-2  終身保険おすすめランキングsettlement-option1

第1位 オリックス生命「終身保険RISE(ライズ)」

この保険をお勧めする理由は、ほかの終身保険と比較するとお手頃な価格で、なおかつ解約時の返戻率が高いからです。保険料は9240円(30歳男性、保険金額500万円、60歳払済の場合)。

保険料や保険料払込期間を自由に設定することが出来るため、自分のライフスタイルに合わせて適切なものへと変更することも出来ます。

比較的安価で、なおかつ他よりもはるかに高い変換率となっていましたので第一位としました。

 

第2位 AGI富士生命の「E―終身」

この保険をおすすめする理由は、払込の完了後、死亡保障を年金、または介護保障に変更することが出来る特徴を持っているためです。

人生は長く、その間に何が起きるかわかりません。

しかし、この保険を選んでおけば、様々な用途に変更できるため、将来のリスクにも柔軟に対応することが出来る保険となっています。

保険料は少し割高となっていますが、その分ほかの保険よりも返戻率が高くなっています。

ただ、やはり少しこの保険料が高いような気がしました。そう思いましたので、良い商品ではありますが第2位としました。

 

第3位 アクサダイレクト生命の「終身保険」

この終身保険を進める理由としては、非常にシンプルで分かりやすい商品だからです。保険を複雑にしている特約も少なく、必要最低限度のものしかありません。

しかし、それゆえに難しいことが何一つないわかりやすい商品です。

保障金額は200万円から4000万円まで、100万円単位で変更できることから、自分の人生設計に照らして残したいお金を決めることが出来ますし、無料で健康相談が出来るサービスも付帯されています。

分かりやすく、なおかつ必要なものがコンパクトにまとまっていると思ったので第3位のおすすめの生命保険となります。

 

2-3 養老保険のおすすめランキング

18560

第1位 ソニー生命の養老保険

ソニー生命の養老保険がおすすめの理由は、他社と比較して保険料の返戻率が高いことにあります。返戻率とは、支払った額に対してどれだけのお金が戻ってくるのかという率を表したものです。

保障内容も必要十分なものがそろっておりあり、保険料も42740円(30歳男性、保障金額1000万円、保険期間20年の場合)となっており、他社と比較するとそれほど大きな違いはありません。

保険料に大差がないのであれば、養老保険の場合は戻ってくるお金が多い方が得だと判断できます。それゆえ、返戻率が高いソニー生命の養老保険をおすすめの第一位としました。

 

第2位 かんぽ生命の新フリープラン

かんぽ生命のフリープランも、養老保険を検討する場合には一度は目を通しておきましょう。この商品には、必要とする基本的なものがそろっています。

特徴的なのは、死亡保険金を大きくしたいと考えている場合には、それ専用のプランが細かく設定されていることです。

また、持病を持っている人でも加入できる「新一病壮健プラン」というのもあります。

一つの保険会社から、いろいろな商品を見比べ、細かく選択できます。

ただ、あまり返戻率は高くなないことが弱点でしょうか。ただ、かんぽ生命は日本の保険会社の中でも最大級の収益性を誇っていることから、会社の倒産リスクが少ないです。

養老保険の特性上、途中解約は損になってしまうため、安定性のある会社の保険を選ぶことは大切だと思います。その点を踏まえて、第2位としました。

 

第3位 オリックス生命の養老保険

オリックス生命の養老保険をおすすめする理由は、養老保険としては保険料が割安であるからです。保険料は27080円(30歳男性、保障金額1000万円、保険期間30年)となっていて、養老保険の中ではこれはかなり安いです。

ただ、返戻率がそれほど多くないことや、上述した二つの保険に全体的に劣っているように思えましたので第3位としました。

 

 

 

3 生命保険には貯蓄型と掛け捨て型があるけど、おすすめなのはどっち?

di_img_5780_tp_v

 

生命保険と言えば必ず出てくるのが、掛け捨て型と貯蓄型、どちらを選択すれば特になるのか、という問題です。以下では、双方のメリットとデメリットを解説します。

 

3-1 貯蓄型のメリットデメリット

貯蓄型の保険として代表的なのは、上述した終身保険と養老保険です。この貯蓄型の生命保険が優れている点の一つは、戻ってくるお金が多いことにあります。

現在の金利はとても低く、銀行に預けているだけではほとんど増えることはありません。

A

人気記事ランキング

1 2

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る