生命保険の収入保障保険

保証

生命保険の収入保障保険について解説しています
 
生命保険の収入保障保険を紹介したいと思います。

生命保険の収入保障保険というのはどんな保険なのかというと、死亡したときにそれ以降、契約したときに決めていた生命保険の満期までは年金を受け取ることができるというタイプの生命保険です。

年金を受け取ることができる回数というのは、どの時期に死亡するのかによって変わってきます。

年金の受取回数は、最低の保障がありますし、生命保険の満期までの年金受取回数が最低保証にもしもみたいないという場合には、最低保証分は必ずうけとることができるようになっている生命保険です。
 
たとえば死亡から生命保険の満期の年金受取回数が最低保証よりも上回っているときには、死亡してから満期までその額を満額もらえることになります。

もしも死亡したときから生命保険の満期までの年金の受取回数が最低保証を満たしていないときに受け取る場合があります。

生命保険期間の死亡時期には特に関係はなくて、契約をしたときに決めた回数の年金を受け取るタイプの生命保険の収入保障もあります。

この収入保障の生命保険を取り扱っていない保険会社もあるかもしれませんし、収入保険という名前で販売していない場合もありますからそれぞれで確認してみましょう。
 

生命保険の介護保険

介護

生命保険の介護保険について解説しています
 
生命保険の介護保険について紹介したいと思います。

生命保険にはいろいろと種類がありますがその中の一つに介護保険があります。

生命保険の介護保険というのは、どのような保険なのかというと、寝たきりになってしまったり、痴呆になってしまったときなど、介護が必要な時に備えて一時金を受け取ることができたり、年金として受け取ることができる生命保険です。

公的介護保険や要介護認定といった公の保険もありますがそれと連動して受け取ることができる生命保険の介護保険もありますから自分でタイプを選ぶことができます。
もしも介護保険をかけていて、介護状態にはならないで死亡したときには、死亡給付金が受け取れますから掛け捨てではなくてどちらの場合にも備えることができる生命保険になっています。

介護年金を支払うことに該当せずに、決められた生命保険の介護保険の時期に生きていた場合には、健康祝い金を支給してくれる生命保険会社もありますから一度調べてみるといいかもしれません。

これからは高齢化社会です。介護を人にお願いするにしてもいろいろとお金がかかってしまいますから、その時の備えとして、生命保険の介護保険に加入しておくということは介護をする側である家族にとっても安心なことです。

続きを読む

生命保険のこども保険

子供

生命保険のこども保険ついて解説しています
 
生命保険のこども保険を紹介します。

生命保険のこども保険というのは二つのタイプがあります。

一つ目のタイプしては子供用の医療保険のタイプで、けがや入院、通院、手術などに備えた保険です。

そしてもう一つのタイプの生命保険のこども保険のタイプは、学資保険です。

学資保険は契約者が親で被契約者は子供にして契約することが一般的な生命保険です。
 
子供の将来の教育資金をあらかじめ計画を立てて用意することを目的としている生命保険です。

学資保険といっても種類が三つあります。

続きを読む

生命保険の終身保険

ファミリー

生命保険の終身保険ついて解説しています
 
生命保険の終身保険について紹介したいと思います。

生命保険の終身保険というのは、定期保険と同じように死亡したときだけ死亡保険金を受け取ることができるというタイプの生命保険になっています。

保険期間は、生命保険の定期保険とは少し違っていて、一定というわけではありません。一生涯死亡保障が付くというものです。ですから生命保険の満期保険金というのはありません。

この終身保険にはタイプがあって保険料の払い込みが決められた年齢や決められた期間で満了するという有期払込というタイプの生命保険と、一生支払いをするという終身払込のタイプの二種類があります。
 
契約したときの決められた期間の生命保険料を安くおさえて、その分、決められた期間が過ぎた後には、保険料を高くしていくというステップ払込むというシステムを導入しているところもあります。

生命保険の終身保険の中でも無選択型終身保険というのがあるのですが契約してかから2年など決められた時期に病気をしたり死亡したときには死亡保険金というのではなくてすでにいままでに支払った保険料のそれ相当の額が支払われる形になっている生命保険です。

生命保険の終身保険は一生涯の保障がついていることから加入している人が比較的多いのではないでしょうか。

生命保険会社ランキング

生命

生命保険会社ランキングついて解説しています
 
生命保険の人気のある保険会社のランキングを紹介したいと思います。

生命保険会社の人気のある保険会社の1位としては、オリックス生命の生命保険が1位になっています。

そして2位は、東京海上日動あんしん生命の生命保険です。

3位はアリコジャパンの生命保険、4位は損保ジャパンDIYの生命保険、そして5位がアフラックの生命保険、6位が三井住友海上きらめき生命の生命保険です。
 
このように、生命保険会社ごとに人気のあるところは違っていますから、生命保険を選ぶ時には、このランキングを参考にして選ぶという方法があります。

しかしこのランキングを当てにして鵜呑みにするというのはいけませんから、あくまでも参考程度に考えた方がいいかもしれません。

自分のライフスタイルや自分がかけたいと思っている保険がこのランキングに上がっている保険とは限りませんから、生命保険はそれぞれの家庭やその人にあったものをかけるのが大切なことなので、自分の家に合わせた生命保険を選ぶ参考程度にこの生命保険ランキングを利用するといいかもしれません。

生命保険ランキングの上位に挙がっているものは人気があったり加入率が高い生命保険ということになっているようです。
 

保険と税金について

税金

保険と税金について内容を詳しく解説してます
 
定期保険と税金
保険料が掛け捨ての定期保険は、契約期間内に死亡したときに保険金を受け取り満期保険金はありません。

死亡保険金にかかる税金
保険契約者と被保険者が同じで、受取人が相続人の場合には相続税がかかります。

解約返戻金にかかる税金
契約者・被保険者・受取人が同じ場合には一時所得となります。
 
養老保険と税金について
死亡したときには死亡保険金、満期の時には満期保険金を受け取ります。

死亡保険金にかかる税金
契約者・被保険者が同一で受取人が相続人の場合には相続税がかかります。

満期保険金にかかる税金
契約者・被保険者・受取人が同一の場合には一時所得となり所得税と住民税がかかります。

子供保険(こども保険)と税金

満期保険金にかかる税金
満期保険金から支払った保険料を控除した額に課税され、一時所得として所得税、住民税の対象となります。

保険会社が破綻したら

破綻

保険会社が破綻したらどうなるのか?
 
破綻の後、保険会社は会社更生法などで再生処理が進められます。

こういった時、保険契約者はどうなるのでしょうか?

保険会社が破綻してしまったら、契約者は保険会社すべてが加入している生命保険契約者保護機構によって保護される仕組みになっています。

生命保険の場合、すべての保険契約が対象となって責任準備金の90%までが補償されます。
 
補償されるとはいっても保険金が減額されることは間違いありません。

保険の契約者の立場からすれば経営状態が健全な会社と契約を結びたいものです。

保険会社の選び方

これからは、保険会社の経営状況などにも目をむけて保険会社を選ぶ必要があります。

保険会社を選ぶ時にはソルベンシーマージン比率などといったものが公開されていますので、参考にしながら自分に合った保険商品を見つけましょう。

ソルベンシーマージン比率とは、経営の健全化や責任準備金を超えた支払い能力のことです。

健全性を示す200%を超えていることが一つの目安と言われています。

生命保険の告知義務違反

お知らせ

生命保険の告知義務違反について解説してます
 

生命保険に加入する時には、今の健康状態と過去の病歴について保険会社に報告しなければなりません。

これを告知義務といいます。

告知義務に違反するということはどのような場合をいうのでしょうか?

1・告知しなければならないことを知っていてしなかった場合・・・悪意があるとみなされます

2・告知しなければいけないことを知っていてしなかった場合・・・重過失となります
 
どちらも告知義務違反となって保険契約が解除されたり、保険金が支払われないこともあります。

告知義務違反は重要事項として決められたものについて生じます。

告知しなければいけない重要事項として、過去5年以内の病歴、既往症あるいは身体の障害などです。

その他、年齢や職業、最近の健康状態を含みます。

なぜ保険の告知は必要なのか?

告知とは保険に加入しようとする被保険者の義務です。

告知が必要なわけは、個々の契約の公平性を保つためです。

保険料を払っている契約者の中に、予定死亡率などに影響を与えるような人が含まれていると保険金の支払総額が想定されたもの以上となってしまうことから、健全な保険制度の維持ができなくなるためです。

特約型の医療保険

医療

生命保険の特約型の医療保険について解説しています
 
入院特約の特徴

入院特約は、定期保険や終身保険、養老保険に付加されるのがほとんどです。

定期や終身の生命保険への加入は、世帯主の死亡保障を目的として残された家族にとって必要とされるものです。

死亡保障を第一に考えながらも病気やけがの際も保障されるようにと付加されるのが入院特約型の医療保険といえます。
 
入院特約と医療保険の違い

入院特約は特定の病気や症状、あるいは入院をしないでおこなう手術など特約の種類が増えているのも特徴となっています。

医療保険は、被保険者の入院や手術を保障するものです。

従来の医療保険の場合、病気入院では継続して8日以上、けがでの入院では通算して5日以上入院するものにたいして、1日目から
入院給付金が受け取ることが出来るのが一般的でした。

最近では、1泊2日、日帰り入院からの保障が主流となってきています。

特約型の医療保険

三大疾病保障特約
がん(悪性新生物)、急性心筋梗塞、脳卒中と診断されたときに保険金が受け取れます。

先進医療特約
厚生労働大臣に承認された先進医療による治療を受けた場合に給付金が受け取れます。

死亡保険の基本型

孤独死

死亡保険の基本型について解説しています
 
保険の基本となるものには3種類しかありません。

保険では、この3種類を理解しておけば、基本契約の他にどのような特約が必要なのかわかります。

1・定期保険
被保険者から定められた保健期間内に死亡または高度障害状態になった場合に、保険金の支払いがあります。

保険契約期間を定めていることから、定期保険といいます。
 
2・終身保険
被保険者が死亡または高度障害状態になった場合に保険金が支払われますが、定期保険とは違って被保険者が何歳になっても一生涯を保障するものです。

終身の意味は、一生が終わるまでという意味です。

3・養老保険
被保険者が定められた保健期間内に死亡したときには死亡保険金が支払われますが、保健期間満了時に生存していた場合には満期保険金が受け取れます。

死亡保険金と満期保険金は同額です。

三大疾病保障保険の特徴

心筋梗塞

三大疾病保障保険の内容と特徴
 
三大疾病とは、がん・脳血管疾患・急性心筋梗塞のことで、日本人の死因の6割を占める病気のことをいいます。

これらの3つの病気で所定の状態になった時に死亡保険金と同額の保険金が支払われるのが、三大疾病保障保険です。

三大疾病保障保険の特徴は、三大疾病にかかってしまったら、治療費として生前に保険金が支払われるというところにあります。

三大疾病保険には、保障期間によって終身型と定期型に分かれます。
 
終身型

一生涯を保障するもので、終身保険タイプのことです。

定期型

一定期間までの期日を決めたもので定期保険タイプのものです。

三大疾病病を保障する保険なので、生存中にこれらの疾病で所定の状態にならなかった場合には保険金の給付はありませんが、三大疾病以外の原因で死亡しても死亡保険金は支払われるようになっています。

限定された疾病に給付されるこの保険の特徴は、生前に保険金が支払われる点です。

しかし、入院給付金や手術給付金はありません。

成人病になりやすい年齢に医療保障を手厚くする意味で特約を付加する考え方がありますが、保険料は生前給付保障がある分定期保険よりも割高となっています。

がん以外の脳血管疾患と急性心筋梗塞については、所定の状態が60日以上続かなければ保険金が給付されないことを知っておく必要があります。
 

生命保険の主契約と特約

人とPC

生命保険の主契約と特約
 
生命保険は大きく分けて3種類しかありません。

それなのに生命保険商品が数が多いのは、基本となる主契約に特約が組み合わされているからです。

主契約とは、生命保険の基本となるものでそれだけで契約することが出来ます。

それに対して特約は契約することはできません。

主契約に付加するものが特約です。
 
特約は主契約に付加するもので、主契約の保障内容を充実したものにすることが出来ます。

生命保険=主契約+特約

・生命保険契約に障害特約をつけると
不慮の事故にあってからだに障害を受けた場合や死亡したときに保険金が上乗せされます。

・生命保険契約に災害入院特約をつけると
不慮の事故にあって所定の日数以上入院した場合には災害入院給付金が支払われます。

・生命保険契約に成人病入院特約をつけると
がんや糖尿病などの成人病で所定の日数以上入院した時には入院給付金が支払われます。

特約は、主契約が決まったらさらに不安な部分をカバーするために検討するものと考えましょう。

主契約の解約によって特約も解約となりますので注意が必要です。

生命保険の特約の主な種類
障害特約・がん入院特約・成人病入院特約・疾病入院特約・災害入院特約など

保障から生命保険を選ぶ

start

生命保険でリスクから保障を選ぶ
 
生命保険に加入しようとした時に、人が保険に期待するものは以下の4つだと思います。

1・自分が死亡しても大切な家族が困らないようにしたい。

2・病気やけがの時の保障がほしい。

3・死亡した後の事よりも、現在できる貯蓄が必要と考えている。

4・老後の資金を準備しておきたい。
 
こちらで共通していることは、死亡や事故にあってしまった時にそのことによって受けたリスクをお金で保障しようという考え方です。

生命保険(リスクから保障を考える)

・死亡保障
死亡した場合に、残された家族の生活を支えてくれる
(定期保険・終身保険・養老保険)

・医療保障
病気やけがをした時に不足する経済を補う
(医療保険)

・生活保障
老後の生活資金に備える
(介護保険・養老保険・個人年金保険)

解約返戻金でよくあるトラブル

Question

生命保険の解約返戻金のしくみ
 
解約返戻金はどれくらいあるのかな~と考えたことがあると思います

終身保険の解約返戻金を期待して、保険料が割安な定期付終身保険に加入したとします。

しかし、解約返戻金は意外と少なく「なぜこんなに解約返戻金がすくないのかな?」という声が意外と多くあります。

終身保険では、保険料払込満了間近や払込期間満了後に解約すると、解約返戻金が払込保険料を上回ることがあります。

終身保険は貯蓄性があるのです。
 
定期保険特約には解約返戻金がありません

例えば、保険金額3000万円の定期付終身保険で、終身保険の部分が500万円だとすると、解約返戻金があるのは500万円の部分にたいしてだけとなります。

定期保険特約の2500万円の部分については、解約返戻金はありません。

定期付終身保険3000万円の場合

定期保険特約(2500万円)
※解約返戻金はありません←ここに注目
主契約・終身保険(500万円)
※解約返戻金があります

終身保険は貯蓄性があるものではありますが、定期付終身保険は貯蓄には不向きであるということが言えます。

定期付終身保険はわかりにくい点も多く、その中でも特に解約返戻金については誤解が生じやすいため、保険の契約の際には必ず確認しておきましょう。
 

養老保険のポイント

滝 景色

養老保険のポイントについて整理しています
 
養老保険では、満期保険金の支払いがあるということが大きな特徴です。

この他にも、定期保険や終身保険と比べてどのような違いがあるのでしょうか?

死亡保険と同額の満期保険の存在は、養老保険を貯蓄性に優れているものとしています。

養老保険は、満期保険金に死亡保障がついているとみている方が多いようです。
 
養老保険の最も大きな特徴は、被保険者が満期時に生存していた場合に死亡保険金と同額の満期保険金が支払われるというところにあります。

定期保険や終身保険と異なる点が多くあります。

養老保険

●保険期間は、加入から満期までの期間となります。

●自動更新はあります。

●保険料は高額となります。

●配当は高額です。

●満期保険金があります。

●解約返戻金も高額です。

養老保険の仕組みによる分類

●普通養老保険

●定期付養老保険
  養老保険に定期保険を上乗せしたタイプ

保険料の払込期間による分類

●全期間払込養老保険
  保険料の払い込みを保健期間の満了までとするタイプ

●短期払込養老保険
  保険料の払い込みを保健期間の満了前に終えるタイプ

●一時払込養老保険
  保険料を加入時に一括して払い込むタイプ

民間の保険と公的な保険  

公的

民間の保険と公的な保険について解説しています。
 
保険には民間の保険と公的な保険があります。

それぞれの保険の内容を十分理解して、保証の重複やもれがないようにすることが大切です。

公的な保険は強制力があります。

公的な保険の種類には、健康保険・介護保険・雇用保険・労災保険・厚生年金・国民年金・小規模企業共済・中小企業退職金共済などがあります。
 
将来を予測して保険を考えるようにしましょう

厚生年金や国民年金は、自分が働いている時に納めた金額を将来利息をつけて
自分がもらえるというものではありません。

いま、自分が働いて納めている保険料は、どこかの誰かが受け取っており、将来
自分が受け取る年金は額は、自分が年金を受け取る時期に納めている人の保険料
になります。

今後の日本ではますます高齢化がすすみ平均寿命がのびて、年金をもらう人の数が
増えていきます、その反対に子供の数が減ってきて保険料を納める人が少なくなります。

将来的には、年金支給開始年齢の引き上げや、支給金額の減少が考えられます。

将来の自分の生活を考える時には、これらのことを考慮しておく必要があります。

生命保険の特約

女の子

生命保険の特約ついて解説しています
 
生命保険の特約について紹介したいと思います。

生命保険の特約というのは主契約につけることで、主契約の保障内容をさらに充実させることができますが、特約というのは1種類ではありません。

たとえば不慮の事故や死亡などの特約としては災害割増特約や傷害特約といったものがあります。

そして、入院や手術、通院などに備えるための治療を目的とした特約としては疾病入院特約、通院特約、長期入院特約などもあります。
 
他にも、特定の疾病に対してつけることができる特約もあり、一番加入率が多いといわれているのが成人病特約や3大疾病特約、そして女性疾病特約ではないでしょうか。

他にもがん特約などを用意している保険会社もあります。

このように、生命保険には、特約をつけることでさらに保障内容を充実させることが可能ですから今加入している生命保険の内容を確認したときに少し保障が不十分であると感じたときや、子供が一人増えたから、もう少し保障を十分にしておきたいといったことがあった場合には、特約を新たにつけたり、生命保険の見直しをすることで保障内容を充実させることができると思います。

生命保険の特約はつけておいて損なものは一つもありませんから付けておくと安心です。

生命保険の見方

生命保険

生命保険の見方ついて解説しています
 
生命保険の見方についてですが、生命保険を素人が商品の内容を見るととても複雑すぎてなんだか訳がわからないという人も多いのではないでしょうか。

ですが、生命保険がわけがわからないほど複雑になっている理由としては、保険にいろいろな種類や機能を組み合わせたことからだといわれています。

生命保険の商品をそれぞれ分離して考えるとそれほど難しいことではないと思うのではないでしょうか。
 
まず、生命保険というのは主契約と特約から成り立っています。

この主契約というのは主となる保障の契約のことで、特約というのは、主契約につけることでさらに保障の内容を充実することが可能になるというものです。

主契約にはひとつの特約以外にも、いろいろな特約をつけてもいいことになっています。

特約だけつけるというのはできません。

生命保険の商品というのは、販売されている保険の名前は保険会社によっていろいろなので、商品の内容の主契約や特約の内容は一緒でも商品名が違うことが多いようです。

商品の内容を確認してみると結局は同じ生命保険だったということもよくあるようですから生命保険を選ぶ時にはいろいろと中身まで調べてから選んだほうがいいかもしれません。
 

生命保険のオンライン契約

生命保険のオンラインについて解説しています
 
生命保険のオンライン契約について紹介したいと思います。

最近ではパソコンやインターネットが普及したことによって、生命保険のオンライン契約が主流になってきましたね。

オンライン契約というのは、インターネットだけで生命保険の契約の手続きができてしまうことをいいます。

この場合には生命保険料の支払はクレジットカード払いになりますからクレジットカードのポイントを貯めている人などにとってはクレジットカード払いになるのでお得かもしれません。
 
インターネットでのオンライン契約のメリットはやはり、忙しくてなかなか生命保険を入るために資料を取り寄せて必要事項を記入してという作業ができない人でも、24時間好きな時にインターネットに接続しているパソコンさえあれば、手軽に生命保険に加入することができることではないでしょうか。

インターネットを使った生命保険の見積もりや契約は手軽にできるために、今わざわざ保険のセールスマンを家によんで説明を受けて生命保険に加入するよりも、手軽にできるので利用している人が多いといわれています。

インターネットで色々としい名保険会社を比較検討して気に入ったところがあればすぐに加入できるというのもうれしいですね。

生命保険のがん保険

生命保険のがん保険ついて解説しています
 
生命保険のがん保険を紹介します。

今日本ではがんで亡くなっている人が一番多いといわれています。がんで亡くなる人が多いということは生命保険のがん保険に加入しておいてもしもの時に備えるのがいいのではないでしょうか。

がん保険は、がんで入院したり手術をしたときに入院給付金を受け取ることができたり、手術給付金ももらえる保険です。

がん保険は入院給付金の支払い日数などが無制限になっていますから他の生命保険の医療保険にはないがんをターゲットにしている保険です。
他にもがんと万が一診断されてしまったときには、診断給付金を受け取ることができますからがんと闘うためにこれから色々とかかる費用の面でも安心することができる生命保険になっています。

がんで亡くなったときには、生命保険の死亡保険金を受け取ることができますし、もちろん、がん以外でなくなることもありますからその時には、死亡保険金で一般的なものを受け取ることができます。

ですからがんだけでなく他の病気で亡くなった場合でも安心して生命保険の死亡保険金を受け取ることができます。

生命保険のがん保険には、契約してから90日間や3か月という待たなければいけない期間があるといわれています。

この期間中にもしもがんになってしまったときでも生命保険の保障の対象にはなりません。