保険の種類は意外と少ない!?これだけ知っておけば良い5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

保険に入りたいけど、種類が多くて、どれに入ったらいいかわからない。

決まりごとが多すぎてうんざりですよね。

それでも、大事な部分を理解しておけば、失敗せずにあなたにあった保険を選ぶことができるのです。

この記事では、失敗しない為の大事な部分を、いくつかポイントにしています。

この記事を読めばもう、保険の種類で悩むことや保険が分からないと悩むことは無くなります。

目次

1.種類が多くてわかりにくい生命保険がスルッとマルわかり

1.1 組み合わせが多いだけで本当はやさしい?

1.2 生命保険で将来に心配なし?

1.3社会保険でできないことが、生命保険でできるって?

1.4先を考えて、生活スタイルにあった生命保険は選ぶべき?

1.5 生命保険もクーリングオフできる?

2.人はいつか死ぬもの!死亡保険があなたの家族をいつまでも守ってくれる?

2.1 死亡保険ってどんなものがあるの?

2.2掛け捨て型と積立型どっちがお得?

2.3定額保険と変額保険、利用しやすいのは?

2.4無理をしないで保険料を払おう

2.5保険の見直しって大事

3.病気にならない人はいない!医療保険を知らないと損!

3.1民間の医療保険ははたして本当に必要なの?

3.2 医療保険は、どこまで保障してくれる?

3.3入院は、いくらぐらいかかるの?

3.4がん保険とどう違う?

3.5医療保険はどんなタイプがいいの?

4.2人に1人ががんになるらしい!がん保険でがんを克服!

4.1がんの現状を知らなければ!

4.2がん保険ができること

4.3がん保険に入る前に

4.4がんって一体どんな病気?

4.5がん保険に入ったらいいのは、どんな人?

5.進学したくたってお金がないとね!学資保険に感謝!

5.1学資保険って何?

5.2学資保険にもいろいろあるみたい

5.3学費って高いの?

5.4どんな学資保険がいい?

5.5学資保険って何でするの?

6.老後の生活って大変らしい!個人年金保険でバラ色の老後を!

6.1個人年金保険とはこういうことだ!

6.2受け取り方でだいぶ違う!

6.3老後にいくらあれば生きていける?

6.4どんな個人年金保険がおすすめ?

6.5年金に税金がかかるの?

7.損害保険はあなたの味方!外に出れば7人の敵がいる!

7.1損害保険は、やさしさだ!

7.2自動車社会で自動車保険の偉大さを知る!

7.3火災の悲劇を火災保険が癒す

7.4災害の多いこの国で活躍!

7.5いろんな損害があるようだ!

8.まとめ

1.種類が多くてわかりにくい生命保険がスルッとマルわかり

JUN151101075529_TP_V

生命保険は、今や誰もが入る欠かせない保険となりました。

しかし、「複雑でよくわからない、保険の種類が多くて選べない」そんな声をよく耳にします。

それでも本当は、生命保険で知るべきことは限られています。

生命保険は、みなさんの生活を支える大事なものです。

しっかりとポイントを押さえて、自分にあった生命保険を見つけましょう。

1-1組み合わせが多いだけで本当はやさしい?

生命保険は、死亡保険のことだと思っている方が多いと思いますが、大まかな括りで言うと、死亡保険のほかに医療保険やがん保険・個人年金保険なども生命保険と呼ぶのです。

そして、生命保険は難しいというイメージが強いですが、本当はそんな事はないのです。

生命保険には基本の形として、終身保険・定期保険・養老保険の3つしか存在しないのです。

その3つと、何を保障する保険かを解るだけで、保険マスターになれるのです。

例えば、死亡の保障や病気の保障をいつまで保障するのかと言うことなのです。

1-2生命保険で将来に心配なし?

生命保険は、万が一の事が起こり残された家族が、生活に困らない様にするために入ります。

親が死んでも、子供が生活していけるようや、病気やけがをしても医療費に困らないように保険は存在するのです。

ですから、生命保険に入っていれば、何も心配することなく、毎日の生活を送ることができます。

生命保険が日常を豊かにしてくれるのです。

1-3. 社会保険で出来ない事が、生命保険で出来るって?

医療保険は、生命保険に含まれているもの以外に公的医療保険があります。

日本は、国民皆保険制度をとっており、国民健康保険や健康保険などすべての国民が公的医療保険に加入することができます。

しかし、すべてが保障されるわけではなく、適用事例も限られているので、民間の医療保険に入ることで、それを補う必要があるのです。

つまり、社会保険のできない部分を、医療保険を含む生命保険が保障するのですが、これは、医療に限らず年金にも当てはまることなのです。

公的年金で足りなければ、生命保険の個人年金保険を加えなければならいことになります。

1-4. 先を考えて、生活スタイルにあった生命保険は選ぶべき?

生命保険に入るためには、保険料を払わなければいけません。

しかし、すべてを賄えるように保険料を払うとかなりの金額になってしまいます。

将来のことを見越しながら、保険のどの部分を厚くするか考えて、自分の生活スタイルにあった部分に保険を掛けることが賢い選択です。

もちろん、金銭的に余裕のある方は、広く保険をかけても問題はないでしょうが。

将来に不安を感じる部分をよく精査して、自分の生活スタイルにあった保険を選びましょう。

1-5. 生命保険もクーリングオフできる?

商品を購入した後で、やっぱりやめようとお店に返しに行った経験は、みなさんあると思います。生命保険は、そんなことできないと思われがちですが、実はできるのです。

クーリングオフは聞いたことありませんか?一定期間内であれば、申し込みを撤回できる制度です。生命保険のクーリングオフの期間は、通常8日です。

しかし、クーリングオフせずとも、口頭で取り消しができる場合があります。保険の契約は申し込んでもすぐには成立しないので、取り消しが可能なことがあるのです。

逆にクーリングオフできないケースもあるので、詳しいことは、保険会社に確認してみましょう。

2.人はいつか死ぬもの!死亡保険があなたの家族をいつまでも守ってくれる?

YUUKI150321590I9A4002_TP_V

死亡保険は、契約者が死亡すると保険金受取人に保険金が支払われる保険です。

家族を持っている人は、ほとんどの人が入っているのではないでしょうか。

保険金は、保険料やタイプによって様々ですが、基本的には、高い保険料を払えば、高い保険金がもらえるものです。

死亡保険は、タイプが多いので、ここを押さえられれば、生命保険選びに苦労しません。

2-1. 死亡保険ってどんなものがあるの?

死亡保険で最も押さえるべきポイントは、定期保険と終身保険の違いです。

定期保険とは、一定期間で更新しなければいけない保険で、保険料が安く、短期期間の保障しか必要でないという人向きのものです。

終身保険は、一生保障が及ぶ保険ですが、保険料が高く、金銭的に余裕がなければ払えません。

また、定期保険は、掛け捨てで、掛け金は戻ってきませんが、終身保険は、解約返戻金が払われるので、老後資金とすることができます。

2-2. 掛け捨て型と積立型どっちがお得?

掛け捨て型と積立型のどっちが経済的と言われれば、結論としてケースバイケースです。

掛け捨て型と言われる定期保険と、貯蓄性のある積み立て型の保険では、用途が異なりますが、同じ保障期間の間になくなった場合には、同じ保険金が支払われます。

しかし、保険料には大きな差がある事で、どちらが得かと言うことは言えません。

しかし、どちらにしても、支払った保険料よりも多くの保険金が支払われる事と、目的に合わせて選べば決してどちらが得か損かと言うことは言えなくなるのです。

2-3. 定額保険と変額保険、利用しやすいのは?

定額保険とは、定額の保険金を受け取ることができる保険のことです。

一方、変額保険とは、資金を運用し、その結果により、受け取る保険金の金額が変化する保険のことです。

当然、変額保険は、その運用の仕方や運用者の力量が大きく影響するものであり、安定的な保険だと言えません。

定額保険は、それに比べると安心して、契約できると思います。

やはり、変額保険は、金銭的に余裕のある人におすすめですが、そうでない人には、定額保険がおすすめです。

自分の経済力を考えて、選んでほしいところです。

2-4.  無理をしないで保険料を払おう

保険とは、不確定要素に対して備えるものです。

ですから、高額な保険料を無理して、支払う必要はありません。

掛けた保険料が将来戻ってくるのなら、問題ないかもしれませんが、戻ってこなければ、今の生活に負担をかけただけになってしまいます。

しかも、保険を適用する場面がなければ、掛けた保険料は無駄になってしまいます。

確かに高額の保険金を受け取りたかったら、高額の保険料が必要ですが、保険料が高すぎて、生活が苦しいなんてことになれば、本末転倒です。

自分の経済力と相談して、身の丈にあった保険にしましょう。

保険料は、払い続けられる金額に設定しておくの良いでしょう。

2-5. 保険の見直しって大事

保険は、一度契約しても、その後、条件を変更することが可能です。

人生には、独立、結婚、出産など様々な転機があり、人生設計を変えなければいけないことがあります。

その後の人生設計にあったものにするために保険を見直すことは非常に大事なことです。

そのままにしないで、自分の状況にあっているか現在の保険の条件を見てみましょう。

経済的にも効果的にも変更したほうがいいのかもしれません。

3.病気にならない人はいない!医療保険を知らないと損!

PP_syashinwotoriau_TP_V

医療は、日々進歩しており、以前は治らなかった病気も今では、完治するようになっています。

しかし、技術が進歩するとともに医療費も高額になっており、その医療を受けたいが、経済的に出来ないという人もいるのです。

ですから、医療保険をよく理解し、どのような医療保険に入るかは、とても重要なことなのです。

医療保険は、そんな人たちを金銭的に救済すると共に、多くの人の命を救う保険なのです。

3-1. 民間の医療保険ははたして本当に必要なの?

日本の医療保険制度は充実しており、公的医療保険が一定額を超える医療費を払い戻したり、県や市町村が子供の医療費の助成を行ったり、健康保険から出産に対する一時金が払われたりします。

医療保険の保険料も継続して払えば、かなりの額になってしましますので、公的な制度で間に合うなら医療保険は必要ないかもしれません。

本当に民間の医療保険が必要かよく考えてから、加入しましょう。

3-2. 医療保険は、どこまで保障してくれる?

医療保険は、基本的に入院、手術の費用を保障してくれます。

それ以外は特約として、付け加える形になります。

具体的には、先進医療・3大疾病・女性疾病入院などがあります。

人気記事ランキング

1 2

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る