学資保険とは?あなたには必要?3つの養育費の金額と加入の目的で核心に迫ろう

いざ結婚をして自分に子供ができた時、子供のために必要なお金は両親であるあなたが用意してあげないと誰も用意してくれませんよね。

保険も同じ。よく耳にする「学資保険」とは一体何なのか、そもそもどんな仕組みなのでしょうか。

あなたには学資保険が必要?核心に迫ります。

学資保険とは

結婚をして子供が出来た―。

子供のために必要なものは物質的なものも沢山あります。

身近なものから揃えて行けば、お金さえやり繰りしたり友人や両親に手伝ってもらえば揃えられるものの方が多いでしょう。

しかし、いざ子供が生まれるとなると、自分たちの子供のためにどのようにお金を工面してやれるのか。

また、どのように教育資金を貯めていくことができるのか、考え出すと頭を抱える人も多いのではないでしょうか。

本と植物

子供が生まれるとかかる費用は小さなものから大きなものまで合わせていくと本当に莫大なもの。

子供を実際に育てるまでは、ここまでお金がかかるものなのかと打ちひしがれる人も中にはいるかもしれません。

現代では子供の教育といえば0歳児の時点から様々な教育機関が存在します。

子供が望む全ての教育をさせてあげたいし、不自由のない生活を送らせてあげたいと思うのが親心ですよね。

bildung

これらの不安のために、事前に準備をしておくための保険が「学資保険」です。

では、子供のために親がかける学資保険について、更に深く理解していくことにしましょう。

子供の成長に必要な3つのお金

さて、自分たちの子供のためにできるお金の工面の手段として「学資保険」があることを説明致しましたが、ではその学資保険にはどのような目的があるのでしょうか。

子供のためにできるお金の準備とはいえ、子供が生まれることによって必要なお金というのは、大きく分けて具体的に3つ存在します。

まず1つ目が教育費、次に学習費、さらに養育費です。

英語教育イメージ

学資保険の目的に移る前に、この3つのお金について知っておくべきことを簡潔に説明します。

子供の成長に必要なお金1.教育費

子供にかかるお金、と聞いて一番に思い浮かべるものの一つとして、幼稚園や小学校、中学校、高校、そして大学までの教育にかかる費用を思い浮かべると思います。

子供一人を幼稚園入学から大学卒業まで入れた際、実際にかかるお金はどの程度になるのでしょうか。以下のフローをご覧ください。

公立から私立の、どの幼稚園~大学までのコースを辿るかによってかなりの差が出ることはご覧の通りです。

これにより、概ね3000万円~6000万円の教育費が子供一人につき必要ということが見て取れるかと思います。

子供の成長に必要なお金2.学習費

そして学校以外でかかる教育のための費用が「学習費」とされます。

いわゆる習い事といった、学校以外でかかるがく数のための費用です。以下の図をご覧ください。

各家庭によって差が開くことは予想されますが、それにしても学習費に年間40万円以上かかっている家庭が私立小学校、公立中学校、私立高校生で14~18%存在しています。

単純に40万円と計算しても月に3万3千円以上かかっている計算になります。

現代において、習い事というのは0歳児から存在するもの。内容はリトミックといったものから、水泳や本格的な塾など様々です。

教育にお金をかける、またはかけたいと思う人も多くなっていることも背景にありますが、子供が興味をもったことは出来る限りやらせてあげたいとは誰しもが思うものでしょう。

Teacher at lesson

子供の成長に必要なお金3.養育費

そしてあえて最後にもってきましたが、何故だか失念しがちな費用としての「養育費」が挙げられます。

子供も、私たち大人と同様に衣食住が必要になります。それは生まれる前から準備が始まります。

やれベビーベッドやベビー用布団から始まり、赤ちゃん用肌着、オムツ、哺乳瓶やそれを消毒するグッズ、ミルク。

Start School Concept - Supplies On Desk And Rocket Drawn On Blackboard

これらも全て、子供の成長と共に進化していくと同時に買い替えや買い足しが必要なものばかりです。

細々とした出費が延々と続くといっても過言ではないでしょう。下記表をご覧ください。

こちらの表にあるとおり、衣食住の費用のほかにも保育費、医療費、活動費やお祝いごとの費用、旅行などといった細かな項目があるかと思います。

0歳児から6歳に限っていますが、それら費用の合計は一年間でおよそ100万円前後。

6歳以降ももちろん子供との生活は続いて行き、衣食の単価や旅行、医療費などの単価も上がっていくものも多いですから、その総額16,400,000円とも言われています。

勉強

学資保険の目的

さて、1人の子供を育てていくために必要な3つのお金について見て理解いただいたところで、ではこれらの費用を賄い、準備するために行う「学資保険」の目的とは一体何なのでしょうか。

実は、「学資保険」という名前から「学資」のためだけの保険と思われがちですが、学資保険には学資以外にももう一つ目的があります。

学資保険の目的1…学資の準備

まずはこれまで説明してきた子供の養育、教育全てのために準備をすることが目的なことは明確です。

Classroom of japanase high school

一般的に、子供は幼稚園、小学校、中学校、高校、大学と進学します。

学資保険に加入することによって、毎月決まった保険料を保険会社に支払う代わりに、加入時に自分たちが決めたタイミングでまとまった保険金を受け取ることが可能です。

ここで注目される点として、一般的に、受け取る保険金の総額は、支払った保険料の総額よりも多くなるということです。

このことから、保険金の受け取り時期を教育資金の負担のある時期に設定することによって、教育資金を効率的に準備することも出来るのです。

学資保険の目的2…医療保証の確保

そして見落としてはならないのが、子供の医療費の確保のための学資保険です。

Young woman with training partners lifting barbell in gym

子供も病気や手術、入院をする可能性は大いにありますよね。そしてその病気や入院はいつだって急に起こること。

そんな不慮の事態に備えて保障を受けられる特約を付加できる学資保険も存在します。

もしもの時、手厚い待遇や十分な治療を子供にしてあげることができるか否か、心づもりのまとまったお金があると無いでは心情もかなり違ってくるでしょう。

Start up

ただしこの際に注意すべき点としては、医療保障の特約を付加した際は、解約および満期を迎えた際に受け取ることのできる保険金の金額が少なくなることがほとんどだということです。

この点には注意しなければなりません。

学資保険に加入すべき人、しない方が良い人

では、学資保険に加入すべき人とはどのようなタイプなのでしょうか?

自分は子供のために本当に学資保険に加入すべきなのでしょうか。

ビジネスイメージ―スタートライン

難しい判断にはなりますが、迷っている方は是非下記をご覧になってみて下さい。

学資保険に加入すべき人

1…貯蓄もして保障も欲しい人

やはり、学資保険に限らずですが、お金を貯めると同時に万が一の時のために保障も欲しい、備えたいといった考え方を持つ人には学資保険は勧められるかもしれません。

やはり、自身による銀行への預金や金融商品を運用してとなると、自分自身に万が一のことがあった際に対応ができません。

その点、学資保険に加入していればそういった不慮の事態に最低限の資金を確保することはできます。

Investment for future

2…浪費癖、自分での貯金に不安がある

こちらも学資保険に限りませんが、保険に加入すると保険料の振込は半強制になるため、自分自身のお金の管理に自信がなかったり、甘いと自覚している人にとっては、保険制度に加入することは一定額のお金の確保に向いていると言えるでしょう。

子供の教育資金の準備に伴う年月は10年以上先を見据える必要性があります。

3…教育資金の負担が大きい

通常よりも教育資金が重くなる見通しの方は学資保険を検討してみても良いかも知れません。

たとえば子供が複数人いたり、何度も受験を予定していたり、早い段階から子供を私立へ入学させたい場合など。

Studenten im Uni Hörsaal schreiben Klausur

そうした特別な事情や希望がある場合、教育資金の負担が重くなることが予想されます。

このような場合、学資保険は十分に検討に値するのではないでしょうか。

学資保険に加入すべきでない人

1…保険金の満期受け取り時期が定まらない人

学資保険の満期金を受け取る時期は、学資保険の契約時に決めておく必要性があります。

つまり、受け取り時期が定まらない、明確でない人は難しいかもしれません。

例を挙げると、大学から私立に行かせるつもりが高校から私立に行くことになった場合や、大学を浪人をしてしまった場合など。

デジタルイメージ

そういった、満期金を予定より早く受け取りたい、或いはすぐに必要でなくなった際に学資保険の制度ではは十分に応えることができない可能性が高くなります。

2…そもそも学資保険に魅力を感じない

そもそも学資保険に魅力を感じない方にはもちろん加入は勧められません。

学資保険は貯蓄機能が最たる保障となりますが、実のところ、貯蓄はあまり増えないといった側面もあります。

そのため、学資保険の加入時期にしっかりと様々なことを決めておくことが面倒ないし困難である場合は、無理をしてまで加入するメリットはないかもしれません。

Papierkugeln als Symbol für Ideen

やはり他の生命保険等と同様に、解約時に様々なデメリットが発生したり面倒が生じることは学資保険に関しても同様です。

ソニー生命の学資保険をチェック⇒

まとめ

いかがでしたでしょうか。

学資保険には様々な種類がある一方、各家庭によって生じるメリットやデメリットも大きく違ってきます。

これらのことを加味し、出来る限り自分たち家族に寄り添ったかたちを取れるのが理想ですね。

もしくは学資保険というかたちにとらわれずに自分たちで学資の資金を確保し、調達するといった選択肢もあると思います。

いずれの選択をした場合においても、子供を守れるのは親だけですから、長い目で冷静な判断ができると良いですね。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る