20代におすすめの生命保険を公開!選び方から必要性や活用の方法とは?

20代の方が生命保険に加入する必要があるのでしょうか?

世間的にはもしかしたら20代で生命保険は必要ないと認知されているかもしれません。

ですが保険に加入すること自体悪い事ではないですし、お金を貯めるためにも生命保険は活用できる事を知っていますか?

なので今回は20代おすすめの生命保険や必要性や不要な人でも活用する方法について紹介していきます。

1.20代からの生命保険の加入率や月額の相場は?

20代が生命保険に入る理由は「死亡したりケガや病気などで働くことが出来なくなったりした場合のリスクに備えて、お金を準備するため」です。

家族がいる場合はその生活費用も考えなければいけません。

なので貯蓄だけでは対応できない時の為にお金を確保しておくのが保険の役割なのです。

1.1 20代の生命保険の加入率・月額の相場は?

では20代の生命保険の加入率や月額の相場はどの位なのでしょうか?

生命保険文化センターの「生命保険に関する全国実態調査」によると世帯主年齢が20代での生命保険の加入率は「79.2%」となっています。

世帯別で考えると10人に8人近くが保険に入っている計算となり、20代でも多くの人が保険に加入していることが分かります。

また20代の世帯における生命保険の年間払込保険料の平均金額は23.3万円となっています。

1世帯において1ヶ月あたり約2万円を保険料として支払っている計算になるのです。

また20代の平均死亡保険金額の平均は2,475万円となります。

これは世帯主1人だけの場合だと全年代で1,509万円となっており、配偶者がいる場合は平均金額も高くなっていることが分かります。

1.2 20代で大きな保障内容の保険に加入する必要性は薄い

20代というと、社会に出て活発に行動されている時期だと言えます。

そして健康状態も良好な場合には、どのような生命保険に加入すれば良いのかと悩んでしまうかもしれません。

また20代で特に独身の方は大きな保障内容に高額な保険料を支払う必要はないと思います。

死亡保障も葬式の資金に充てられる分の額で十分ですし、病気やケガで入院した場合も「高額療養費」の制度を利用すれひと月あたり約9万円で医療費は賄う事が出来ます。

また必要を感じる方は、がん保険や三大疾病をカバーする保険に加入するのも良いでしょう。

20代の若いうちに大きな保障内容の保険に加入する必要はないと書きましたが、保障がない状態では万が一の時に困るので、安心を買うと思って生命保険への加入を検討してみはいかがでしょうか?

1.3 男性・女性別の20代の生命保険事情

20代の男性でまだまだ結婚の予定もなくて病気をせずに健康であると、生命保険への加入は必要ないと思うかもしれません。

ですが、将来を見据えて貯蓄性の高い生命保険へ加入して老後の蓄えにと考えている方もいるかもしれません。

金銭的負担や、若いから大丈夫という思い込みによって、20代のうちには生命保険加入を渋ってしまうかもしれません。

ですが若くても女性には女性特有の病気があり、男性もまた病気や死亡の際の保障のみではなくて将来の蓄えとして20代での生命保険加入を考えてみるのでしょう。

2.20代から生命保険に入る必要性

では20代からの生命保険に加入する必要性とは何なのでしょうか?

ただ言えるのは「保険は必要ない」といった態度から入った方が、保険を批判的に見ることが出来ます。

なのでどうして20代から生命保険の加入が必要なのかという所から考えていきましょう。

2.1 保険が必要な人

まず20代から保険が必要な人は

・保険に入る何かしらの目的がある

・収入はそこそこあるが貯蓄がない(これから貯蓄する)

・保険に入っていないと落ち着かない

という理由があります。

保険に入る目的がはっきりしているならば、保険に加入しても問題ないでしょう。

保険はあくまでも何かしらの目的を達成する手段です。

保険に入ることそれ自体が目的ではなくて、別に目的がある人は保険が必要な人と言えるのです。

例えば自動車保険を例に挙げると「免許を取りたての子供が事故を起こしても家計に響かないように」といった考えはしっかりとした目的ですよね。

また収入はそこそこあるが貯蓄がない人もお勧めです。

貯蓄がある方はわざわざ保険に入らずとも、保険で賄いたい部分を貯蓄で賄える可能性があります。

ですがこれから貯蓄をするという方は、貯まるまでの間に万が一のことがあった場合に困りますよね。

なので「お金が貯まるまでの間の事態に備えたい」といった目的で保険が必要になる場合が考えられるのです。

このような場合は「高さと幅」に当てはめると、必要最低限の保障を短期間だけ加入するといった保障が妥当になります。

そして保険に入っていないと落ち着かないと言う人も、とりあえず生命保険に入った方が良いでしょう。

保険に入っていないと落ち着かない人は保険の基本が理解でいていない事と、不安の正体がわからないのが原因の可能性が高いです。

ですが月に1,000円~2,000円程度の安い保険に入っているのが落ち着くのであればとりあえず保険に入って不安を和らげてから基本を学んだり検討するのもお勧めです。

2.2 保険は何歳から必要?

では生命保険は何歳から必要なのでしょうか?

生命保険は結婚して子供が生まれてからでも遅くありません。

タイミングの1つとして結婚をして子供が生まれた時が一番タイミングが良い時期と言われています。

子供の誕生を機に、生活に必要となる保障の確認を行って、生命保険を検討するという家庭も少なくないのです。

20代で生命保険に加入すると、保険料を安く抑えられるというメリットもあります。

では独身で生命保険に加入する必要性はあるのでしょうか?

2.3 20歳独身で生命保険に入る必要性は?

社会人になると「生命保険に入って一人前」といったような風潮がありますが決して無理に生命保険に入る必要性はありません。

なぜならあなたが病気にかかったり、ケガをしたりして亡くなる確率は男性が8.1%、女性は4.3%とかなり少なく、多くの人が60歳まで生きる事が出来るからです。

なので20代のうちはまだ全然生命保険に加入する必要性はないのです。

では逆に20代から生命保険に加入するメリットとは何なのでしょうか?

3.20代から生命保険に加入するメリット

生命保険にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

それぞれ生命保険のメリットを見ていきましょう。

3.1 万が一に備えながら資産形成が出来る

まず1番のメリットが万が一に備えながら資産形成をすることが出来る事です。

また商品によっては解約返戻金があるので、それによって貯蓄が出来るという点もメリットと言えます。

また老後の生活費の貯蓄もすることが出来ます。

終身型で契約していたが万が一の場合に備える必要が亡くなったという場合、保険を解約して老後の生活費に回すことも出来るのです。

孫の養育費も貯蓄することが出来ます。

老後は自立している場合がほとんどで、子育てをしている家庭もあるでしょう。

そのために孫の養育費に充てられるという使い道も出来ます。

3.2 税金対策になる

亡くなった人が資産を遺していた場合に相続税が発生しますが、生命保険を利用することによって相続税対策が可能になります。

生命保険料を相続の対象となる貯蓄から支払っておけば、その分、相続すべき財産が減っていきます。

さらに、生命保険の保険金には一定の控除が設けられていますので、非課税内であるならば相続税が発生せずに保険金の受け取りも可能です。

生命保険を相続の対象となる貯蓄から支払っておけば、その分相続すべき財産が減っていきます。

また生命保険を利用することによって相続税対策で出来ることはお伝えしましたが実は保険金の受取人によっては所得税が発生するケースもあるのです。

3.3 ライフプランに合わせた保障が受けられる

また生命保険には大きく分けて4つの種類があります。

さらに契約時に満期金や死亡保険金の金額を自由に決められる商品が多くみられるのです。

生命保険を利用することによって収入や老後の生活に応じて最適な保障を受けることが出来ます。

4.20代から生命保険に加入するのは不要といわれる理由

では20代から生命保険に加入するのは不要といわれる理由は何なのでしょうか?

その理由としては主に

・十分な貯蓄がある

・独身で扶養する人がいない

という理由があります。

それでは1つずつ見ていきましょう。

4.1 十分な貯蓄がある

まず、すでに貯蓄が十分にあるという人は無理に保険に加入する必要がありません。

そもそも保険には自分で賄いきれない部分を補うためのものという一面があります。

十分な資金があるのであれば、保険料ではなくて別の投資へ回した方が効率よく資産を運用出来る可能性があります。

4.2 独身で扶養する人がいない

20代の独身で扶養する人がいない場合は、保険の必要性はそれほど高くないと考えられる方もいるかもしれません。

死亡した場合の保険金についても親や兄弟が受取人となるケースが多くて、残された家族に対する必要最低限の備えに該当しないこともあります。

4.3 不要な人でも生命保険を活用できる

ただし保険が不要な人でも生命保険が活用できるケースも存在します。

生命保険の中でも終身保険には貯蓄性があって中・長期的にお金をためていくことが出来ます。

老齢年金だけで生活が厳しいと言われている時代です。

老後の生活資金を蓄えていく手段として生命保険を活用する価値は十分にあります。

具体例の一つとして生命保険である低解約返戻金型終身保険を使って老後資金を貯めるという方法があります。

また解約返戻金型終身保険は、保険料払込終了後に解約すると支払った保険料の総額よりも大きな解約返戻金を受取ることが出来ます。

また相続税対策としても使うことが出来ます。

生命保険の保険金を相続人が受け取る場合は一定の金額までは相続税がかからずに済みます。

その非課税枠は「500万円×法定相続人の数」となっています。

相続税には元々基礎控除などの非課税枠がありますが、それらを超えて税金がかかる場合には生命保険の非課税枠が生きてきます。

なので遺族に十分な資産を残せる人こそ、相続税の節税に生命保険を活用することが出来るのです。

また遺産を確実に渡すために生命保険を使います。

遺産相続を「遺産争族」などと言う事があるように、誰が何を相続するのかで、遺族が揉める場合があります。

それに備えて遺言を用意するというのが基本になりますが、生命保険を使えば受取人を限定出来ますので、特定の人に受け取ってほしい金額を確実に残すことが出来るのです。

また資産が現金であれば、遺言で遺産を分け合うことが容易なのですが、資産の大部分が居住している家や土地であったり、所有している会社であったりした場合は遺族が分け合うことが難しくなってきます。

このように生命保険は相続税対策にうまく活用することが出来て、そのような視点では遺族のための生活保障が不要な資産家こそ必要になってくるのです。

5.20代で生命保険に入る目的とは?

では20代で生命保険にはいる目的とはいったい何なのでしょうか?

20代で生命保険に入る目的は

・葬式代の準備

・病気やケガに備える

・老後の準備

・資産運用

となっています。

1つずつ紹介していきます。

5.1 葬式代の準備

保険の相談を保険屋さんにすると葬式代を準備するために終身保険に入りましょうと言われることがよくあります。

終身保険は保険期間が一生涯にわたる貯蓄型の死亡保険で、例えば200万円で契約すればいつ死亡しても必ず200万円を受け取ることが出来ます。

ですが葬式代が200万円も掛かるとは限りません。

最低限の整理だけで済ませるなら20万円程度で何とかなるでしょう。

それなら貯蓄でも賄うことが出来るでしょうから保険に備えなければいけないわけではありません。

5.2 病気やケガに備える

病気やケガに備える保険については治療費の支出に備えるという点と仕事を長い間、休まざるを得ない場合の収入減少に備える点となります。

医療保険は入院した時に保険金を受け取ることが出来る保険になります。

健康保険には高額療養費制度があり、たとえ入院をしていても短期間ならそれほど高額な費用はかかりません。

そのために医療保険は不要だという専門家も多くいるのですが、病気の種類によっては医療保険が効果を発揮する場合もあり、貯蓄できちんと蓄えていれば無理に加入する保険ではないと言えます。

また自営業であれえば自分がいないとまわらないという商売をしているなら検討するのもお勧めでしょう。

ただし働くことが出来ない状態になったらすぐに保険金を受取ることが出来るわけではありません。

5.3 老後の準備

保険でも老後の準備をするのであれば通常は個人年金保険を考えるかもしれません。

個人年金保険は保険ですがほぼ貯蓄に近い商品にになります。

保険料の払込が終わった後に死亡するまでずっと年金と言う名の保険金が受け取れるなら良いのですが、実際は年金を受け取れる期間に限りがある商品が大半になります。

また個人年金保険は契約時の利率が固定されてしまう商品が多くて、その後の金利上昇やインフレに対応できない弱点があります。

所得税や住民税の優遇措置を受けることが出来るので、メリットがない商品ではないのですが、インフレに対応できない弱点もあります。

所得税や住民税の優遇措置を受けることが出来るので、メリットがない商品ではないのですが、積極的にお勧めは出来ません。

もしそうであれば安全性の高い商品に投資をするのが良いでしょう。

5.4 資産運用

保険で資産運用をするメリットは2つあり、

・保険会社による運用益が得られる

・所得税や住民税の優遇措置が受けられる

というメリットがあります。

資産運用目的で使える保険は貯蓄型の保険であり、例えば終身保険や養老保険、学資保険、変額保険などがあります。

貯蓄型保険を活用すると保険会社が「予定利率」という形で利回りを約束します。

その結果として保険料として払ったお金が増えて戻ってくるのです。

ですが加入してから一定の期間内に解約すると払い込んだ保険料よりも少ないお金しか戻らずに損をしてしまうというリスクがあります。

中途解約をしても損をしないタイミングは代理店に行って試算してもらわないとわかりません。

またそのような商品は多くありますので、損をしないタイミングはやはり代理店に行って試算してもらわないといけません。

では生命保険に入らずに貯蓄する方法があるのでしょうか?

6.生命保険に入らない他の方法は?

母子家庭の医療費は免除になるの?医療費助成制度について詳しく解説

保険が必要だと思っていても、もう一度代替案はないかと検討するようにしましょう。

保険以外の方法で同じ効果が得られるのであれば、わざわざ加入する必要もありません。

6.1 貯蓄をする

保険の代替案としてまず挙げられるのが貯蓄をすることです。

毎月支払う保険料分のお金を貯蓄することで賄える可能性があります。

また貯蓄の場合は保険金が支払われるような事態の他にも現金を引き出すことがあります。

保険と同じような効果を期待出来て、かつお金の使い道は自由度が高い貯蓄を検討するのがおすすめです。

定期預金であれば簡単に引き出すことが出来ますし、預金は基本的に元本が保証されています。

6.2 ものを買わない

2つ目の方法はものを買わないことです。

例えば車を買えば自動車保険に家を買えば火災保険に加入しなければいけません。

さらにローンを組んでそれの返済もしなければいけません。

もし車が無くても十分に生活をすることが出来るのであれば、わざわざそれを購入する必要はありません。

保険もローンも組む必要がないのです。

「社会人になったら車を買う」といった憧れで購入するのはうれしいかもしれませんがそんな時代ではもうありません。

返済地獄があなたを待っているだけなのです。

保険に加入しなければならな事態を引き寄せる前に自分の生活を見直してみるようにしましょう。

6.3 違うことにお金を使う

保険の根本的な効果は安心を得られることです。

例えば病気やケガになっても少しでも不安を弱らげるのが保険なのです。

また現在の医療保険は入院保険が主流なのですが、政府は高齢者の医療費を削減するために入院期間の短縮化を進めています。

医療保険を例にとれば現代の医療とマッチングしていないので、代替案と考えるのが得策になるでしょう。

7.20代で生命保険が不要な人

では反対に生命保険が不要な人はどんな人なのでしょうか?

7.1 貯蓄が十分にある

まずは貯蓄が十分にある人です。

貯蓄が十分にある方はわざわざ生命保険に加入する必要はありません。

例えば生命保険文化センターでは生命保険への加入金額は男性で1,882万円で女性は876万円となっています。

性別や年齢別に注目すると年齢では40代が最も高くなっており、性別では男性で2,460万円、女性では1,032万円が保険金額の平均となっています。

7.2 まだ若く、単身世帯である

例えば20代で独身の世帯であれば生命保険に加入する必要はないのです。

収入があまり高くない状態で生命保険に加入をしても固定費がかさむだけになります。

よほど不安を抱えていない限りは保険料の分を貯蓄に回すほうが懸命です。

7.3 必要性を感じない

これは当たり前かもしれませんが、必要性を感じていない場合にはわざわざ加入する必要はありません。

「親が言うから」といったような理由で加入するのはお勧めできません。

8.20代で生命保険に加入するには定期型と終身型のどちらがおすすめ?

では20代で生命保険に加入するには定期型と終身型のどちらがお勧めでしょうか?

定期保険と終身保険の定義は保険会社によって変わってきます。

基本的には定期保険は掛け捨てで終身保険は積立タイプとなっています。

・定期保険:保険期間の自動更新や他の保険への変更が比較的自由にできる保険

・終身保険:一生涯保障が続く保険

となっています。

主に死亡保険で終身になっている場合は積立型が多く、単に「終身保険」と呼ばれるものは概ねこれに該当します。

死亡保障の無い医療保険では終身タイプでも掛け捨てになっている場合がほとんどなのです。

では定期保険と終身保険はそれぞれの保険になるのでしょうか?

定期とついているものは5年、10年、60歳までといったはっきりとした契約期間を選ぶことが出来ます。

定年までの期間だと10年間の契約期間ではなくて60歳、65歳、70歳までといった年齢で決められている保険です。

終身保険は定期保険と同様に死亡、医療、がんなどの保険でも終身とついているものは全て保障が一生涯死ぬまで続くものとなります。

この場合、保険料は高くなりますが決められた払込期間まで支払えば、あとは保険料を支払わなくても一生涯保障が続くのです。

また有期払いタイプは保険料を支払い終わっても解約しなければ契約が続きますので、死亡保障などの貯蓄性がある終身保険の場合は、解約返戻金が多くなっていきますので、確認しておく必要があります。

8.1 定期保険のメリットとデメリット

定期保険のメリットは月々の負担が少ないという点が定期保険の大きなメリットとなります。

定期保険は比較的金額が安価で1,000円前後だったり、1,000円を切るものが多くなってきます。

ですがデメリットとして年齢が上がると掛金も上がっていくところです。

20代で定期保険に加入しても保険料は比較的少なくて済みます。

ですが定期保険は契約期間が決まっているので契約更新時、年齢が上がるとその分掛金も上がってきます。

例えば25歳で定期の保険に加入した場合、35歳になると契約満了になってしまいますが、そのまま同じ保険を更新する場合は月々の保険料が上がるので注意が必要です。

8.2 終身保険のメリットとデメリット

終身保険のメリットは払込期間中に死亡しなかった場合返戻金がある積立型の保険である印象がとても強いのがメリットです。

また特約と呼ばれるオプションのような保障を付けた場合にその分だけ保険料が上がるといった場合もありますが、保障内容が厚くなります。

では終身保険のデメリットは何なのでしょうか?

終身保険は保険料が一生涯変わらないというメリットもありますが加入時の年齢が上がれば上がるほど月々の保険料が高くなるというデメリットがあります。

20代で終身保険に入っておくと月々の保険料は安いままで契約し続けられます。

積立型だと支払い続けると返戻金もあるのでお得だと感じる方も多いです。

ですが途中解約してしまったら返戻金は支払った金額よりもかなり低くなってしまうのがデメリットになります。

さらに解約して新たに終身保険に加入しようとすると保険料は跳ね上がってしまうのもデメリットです。

8.3 若いうちは定期保険で月々の負担を減らすのがおすすめ

なので若いうちは定期保険で月々の負担を減らすのがおすすめです。

返戻金がある分、無駄になるお金が少なくコスパが高いと考えることが出来る終身保険ですが、返戻金がない場合だと定期保険の方がコスパが高くて自由度もあり、ライフスタイルに合わせてより保険に加入することが出来ます。

終身保険の返戻金の部分は投資と同じような仕組みになっていますが、利率が低くて他投資と比べてもほとんど増えるお金がありません。

さらに途中で解約してしまう方がとても多く、支払った金額よりも少ない返戻金しか受け取れないということが殆どです。

場合によっては終身保険が良いという方もいるのですが、中途解約する可能性や途中で必要な場合を考えると、ほとんどの20代には定期保険がお勧めでしょう。

「自分のライフスタイルにはどちらの保険があっているのか分からない」「定期にしようとお子持っているけれども、どの保険会社によって加入するのか悩んでいる」という方は、保険の専門家に相談するようにしましょう。

9.まとめ

以下がしたでしょうか?

これまで20代に生命保険に必要性やメリット、デメリット、不要な人での活用方法やお勧めの生命保険について説明してきました。

結婚したり、子供が出来たりすると生命保険の必要性は高くなります。

加入時期ではなくても勉強をして知識を身に着けておくと、必要に迫られたときに落ち着いた判断が出来るでしょう。

何事もにおいても早めの準備が望ましいので生命保険に加入するのも検討しておきましょう。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る