医療保険の種類は?あなたの入るべき医療保険を解説

医療保険の種類は数限りなくあります。「医療保険」という言葉は日常にあふれているくらいです。その為、どんな種類があるのか?を整理していきましょう。任意の保険であるため、加入する、しないは個人の選択になりますが、どんな保険があるのかを知らないと加入する事を検討する事も難しくなります。そこで、今回は、医療保険の種類についてカテゴリに分けて整理していきたいと思います。こうした情報を基に今後の自分や家族の保険加入について検討していきましょう。今回は、医療保険の種類の中でも主なものについて、取り上げてご紹介していきます。今後の加入する医療保険についての参考にしてください。

医療保険の主な種類について天秤と青空

医療保険は多くあり保険会社から出ています。保険会社により保険で重視している部分や言わゆる売りの部分は異なります。それだけではなく、類似している部分が多いため、商品名だけでは混乱してしまう事もあります。そこで、まずは、主たる保険の種類を列挙していきましょう。

1)定期保険

2)終身保険

3)養老保険

4)医療保険

5)個人年金保険

皆さんが良く知っている(聞いたことのある)保険は、この5つではないでしょうか?そして、加入を検討するものもこちらになります(4)は除く)。こうした保険の特徴を知っておくことは、今後の保険選び(加入)の手助けになると思います。そこで、この5つについて、その特徴などを整理していきましょう。この記事を参考に、主たる保険の概要を理解して頂きたいと思います。その上で、自分にあった保険や追加する保険を選ぶことが最善になります。

1:定期保険について

【画像】http://ando-tire.com

【画像】http://ando-tire.com

定期保険とは、生命保険の中でも最もスタンダードな保険です。この様に保険商品では主軸になる定期保険ですので、この定期保険の内容について理解を深めれば、その分、生命保険全体の大きなポイントについて理解していく基本となります。この保険制度が、他の保険制度の基本的な考え方となります。その為、この保険をまずは理解し、その他の医療制度と比較しながら理解する事が分かりやすいでしょう。そこで、まずは、定期保険のしくみから特徴を、それぞれをわかりやすく整理していきましょう。

1-1:定期保険の特徴

定期保険とは、保険料を支払っている期間だけ保険の保証が適用されるという保険商品です。いわゆる、「掛け捨て型」と呼ばれる保険の事です。そのときどきの病気やリスクに対する保証を受けるという意味で、医療保険の種類の中で最も基本的な部分のみを持つ保険の事です。この掛け捨て型とという形が損になるという認識を持つ方も多いようですが、定期保険は生命保険における「死亡保険」の部分を利用しているためです。終身保険や養老保険などは、これに追加して貯蓄部分を上乗せしている事になります。定期保険とは、その他の終身保険や養老保険においても基本となる部分が多い保険です。だからこそ、定期保険には、あまり興味が無いという方も、ぜひ商品については理解しておきたいものです。

その他、定期保険の特徴として掛け捨て保険だからこそ、他の医療保険の種類と比べて安価で済むという利点もあります。月次での負担額は少なくて済みますが、一度、保険を利用してしまうと更新が出来ない場合や、その他の保険に加入できないというデメリットもあります。その為、この保険は比較的に若い時期や健康に問題がない時期に加入する事をお勧めします。その他には、軸となる保険の補助的な利用として加入する等の使い道が良いでしょう。

1-2:定期保険の仕組み

定期保険とはいわゆる掛け捨て型と呼ばれる医療保険の種類であることはご説明した通りです。定期保険は、被保険者(契約者)が保険期間内に死亡した場合には、死亡保険金が支払われます。満期時には、本人が生存していた場合でも、満期保険金などの支払われないという典型的な死亡保険となります。その為、病気や怪我の際に受ける補償内容がほかの物と比べて、少ない点も特徴となります。

1-3:更新時の注意点

定期保険とは、期間を定めてその期間内だけ死亡保障が行われる保険のことです。ですから、終身保険と異なり、必ず定められた満期日が到来します。この満期がくると、通常は「更新」という形で、再度定期保険に加入していきます。この更新ですが、毎年の更新により徐々に保険料が高くなる点も注意が必要です。その為、気が付けば、以下にご紹介する終身保険よりも高い保険料を支払う可能性があります。

1-4:解約返戻金

何度もになりますが、定期保険という生命保険はいわゆる「掛け捨て型」の保険となります。契約期間の途中で解約した場合の解約返戻金は原則として無(ゼロ)になります。これは、定期保険の場合、貯蓄保険料がそもそも含まれていないためです。その為、掛け捨て呼ばれるのです。終身保険よりも安価でできるのは、こうした理由からになります。

2:終身保険についてinsurance

終身保険とは、定期保険とは異なり、終身という名前の通り一生涯に渡る期間が死亡保障期間とした生命保険の種類です。遺族に対しても、保障が最も優れているタイプの生命保険と言えます。その分、定期保険よりも割高になる保険でもあります。この保険については、1つの柱(軸)として加入する保険となります。その為、じっくりと選んで加入しましょう。終身保険は、文字通り終身となる保険です。その為、くれぐれも早期に判断をしない様にしましょう。

2-1:終身保険の特徴

人なら必ず訪れるという時期に備えた保険内容です。この死亡を終身保険では、保険期間の終了と決めています。一旦、終身保険の被保険者となれば、途中で解約をしない場合には、その人がいつ死亡しても保険期間中の死亡とされます。その結果、死亡保険金の支払を受けることができる医療保険の種類です。これは、定期保険のように、期間が定められた保険ではありません。保証期間が、死亡するまで(終身)ですので、終身保険と呼ばれます。

2-2:終身保険の種類

終身保険の保険には、大きく「普通終身保険」「定期付終身保険」「連生終身保険」の3つのタイプに分類することができます。また、保険料の支払方法に伴って「終身払込終身保険」「有期払込終身保険」「一時払込終身保険」の3タイプに分類することができます。

2-3:解約返戻金

終身保険を解約した場合には、定期保険とは異なり支払った保険料が払い戻しされます。この金額は保険会社、加入している医療保険の種類、契約時の年齢や性別などによって異なってきます。しかし、多くの場合には、短期払いや一時払いで保険料の支払いが終われば、支払った保険料の総額に近い、もしくはそれよりも多い金額の解約返戻金を受け取ることができます。この解約返戻金は、解約しない限り、増えていきます。

保険料払い込み期間中に解約した場合には、解約返戻金は支払った保険料を下回る可能性が大きいことに注意しておきましょう。

2-4:終身医療保険の活用

終身医療保険に加入するのは、決して保険の適用のみではありません。他の目的で活用する人もいるのです。

2-4-1:教育資金としてyjimage

終身保険は、学資保険と同様に教育資金の準備方法としても利用している人もいます。これは、学資保険の機能には、教育資金を貯めることに加えて、親に万一のことがあった場合には、保険料が免除となります。満期保険金が保険期間満了時に支払われるという仕組みとなります。現在では、多くの人が学資保険でお子さんの教育資金を作られています。
学資保険の代わりに、終身保険の貯蓄性を活用できると、効果が得られます。主として父親を保険の目的である被保険者で契約します。終身保険の払込期間が10年、15年と短い期間で設定できるのできます(保険会社や医療保険の種類によって払込期間は異なります)。子供の卒業・入学を想定して、払込期間が終了する年数で設定することで、支払った保険料以上の解約返戻金が受け取れる仕組みとなります。
もしも、医療保険に加入している親に万一のことがあった場合には、一般的な学資保険に比べても、大きな保障が得られるため、活用している人が多いのもうなずけます。

2-4-2:老後の生活資金として64b017115ac745bda624488b63510b09

現在の社会問題である少子高齢化により、日本の公的年金制度は数十年後に限界がくると考えられるニュースが飛び交っています。公的年金に頼れない時代となると、自分の努力や蓄えで老後の生活資金を準備する必要が出てきます。まだまだ若い、20代、30代の人には老後の生活資金の準備などにピン!と来ないかもしれませんが、40代、50代にくらべ、公的年金がより厳しくなるのは間違いないといえます。
しかし、20代、30代には老後までに時間があります。時間を味方にすることは、多くの老後の生活資金を作る(準備する)ことができます。こうした事で、終身保険は老後の生活資金の準備としても利用することが可能です。
現在はやりの投資信託などの運用手段にくらべて、お金をふやすという点では比べても劣りますが、リスクをとった運用には抵抗があるという方にには、1つの方法として考えてみるのもいいでしょう。
良い点として、預金と異なり、死亡保障がついている。それだけではなく、預金と異なり、引き出す場合は、契約者貸し付けや、解約といった手続きが必要となるため、使いにくいという心理的な効果があります。解約してお金を受け取ってしまえば死亡保障も同時になくなるなど、心理的なブレーキに繋がります。

3:養老保険について

養老保険(ようろうほけん)とは、「定期保険」「終身保険」「養老保険」の三大生命保険の中では、最も貯蓄性の高い生命保険です。その分、保険料は定期保険や終身保険と比べて割高となります。契約の満期時には死亡保障額と同額の「満期解約金」をもらうことができます。終身保険と似ているため、混同する場合がありますので、その違いを整理しておきましょう。似ているからといって、一緒だと近藤しない様にしましょう。

3-1:養老保険の特徴

養老保険とは、被保険者が死亡した場合に死亡保険金が支払われるだけではありません。被保険者が満期時に生存していた場合には、期保険金を受け取ることができる保険です。生命保険の中では、最も貯蓄機能が強い保険と言えます。その為、他の医療保険の種類と組み合わせをする事でよりよい備えとなります。

3-2:養老保険の種類について

養老保険を分類すると「普通養老保険」「定期付養老保険」の2つに分類することができます。そして、支払方法の違いにより「全期払込養老保険」「短期払込養老保険」「一時払込養老保険」の3にそれぞれ分類することができます。

3-3:解約返戻金

この養老保険の場合は、終身保険と同に様に途中解約による解約返戻金が戻ります。そして、養老保険の場合には終身保険とは異なり、積立部分が終身保険と比べても大きくなりますのが、契約期間により多少の差があります。払込保険料総額と解約返戻金の金額は非常に近しい金額となりますので、こちらも長く支払えば支払っただけ戻金額が大きくなります。

3-4:保険料taikin

養老保険とは、その特徴である積立部分が大きく為、保険料もその分定期保険や終身保険と比べて高くなります。そこで、養老保険は経済的理由により保険料の支払が困難となり、契約が途中解約となるケースも多くなるのが現状です。そこで、支払い続けるかどうかについては、予め自分自身の財政状況や今後のライフプランを考慮して加入する事にしましょう。こうした医療保険の種類については、最終的に支払いを中止する事になるとどんな保険についても、無駄となります。こうした事をなくすために、養老保険だけではなく、自分自身の今後の為となる保険に加入していきましょう。

4:医療保険について

医療保険とは、ここまで紹介した生命保険や種類とは異なり、死亡した時ではなく、病気になった際の収入等を保障するための保険になります。病気になった時や入院した時などに、必要となる医療費を保証するもの、入院による所得減少に対する保障など様々な医療保険や種類があります。
こうした医療保険は、生命保険と損害保険との間の「第三分野保険」と呼ばれています。従来では、「外資系保険会社」でしか扱いがありませんでした。しかし、今では、国内保険会社でも取り扱いがされる様になっています。この保険では、死亡リスクではなく、生存時の治療費等の家計を支える事が出来る保険となりえます。

4-1:医療保険のしくみ

医療保険とは、その名前が表す通り、「病気」や「怪我」で発生する治療費用や入院費用、治療期間中の所得保障などといった怪我や病気による様々な損害・損失を補償(補う)タイプの保険となります。民間の医療保険とは、第三分野の保険と呼ばれています。その特徴として、長く外資系保険会社による独占が続いていました。現在は国内の生命保険会社や損害保険会社でも取り扱いが始まり、様々な医療保険が発売されています。その為、今は選ぶことができる様になってきたのです。

4-2:医療の種類

医療保険は大きくに分けて、「公的医療保険」「民間医療保険」の2つに分類することができます。それだけではなく、民間の医療保険には「生命保険特約型」と「医療保険独立型」にも分類することもできます。特に現在は、「公的医療保険」が充実しています。民間の医療保険ではあくまでも補完的役割を担う存在となっています。公的医療保険は、社会人となれば必ず加入しなければいけない、いわゆる、強制の保険制度になります。その為、国の制度いかんに応じて、将来受けれる補償を選ぶことはできません。そして、現在、問題となっている保険金額の負担額や未来の年金制度など不安になる要素があります。こうした中で、強制とはいえ、その補償内容を十分としない人も増えているのも事実です。しかし、社会人となり民間の保険に加入していない、加入できない人もいる為、この保険を頼りにしている人は大勢いるのも事実なのです。

4-3:医療保険の必要性15cb1b58ff463d9d1bd7d71a3f92308c_s

怪我や病気でも数日程度の通院・入院ではなく、数ヶ月場合に応じては、年間という単位にでの、通院や入院が必要となる病気や怪我の場合には、当然ながら高額の入院費用が必要となります。当然ながら、治療中には仕事に制約が出来るために収入も大きく減少してしまいます。これを補うために必要となるのが、この保険です。

これを保証してくれるものがあります。民間の医療保険では、実に様々な保険内容が準備されています。医療保険として生命保険会社などが販売している保険商品の中で保障される医療保険の代表的なものはこちらになりなります。

4-3-1:入院保障

文字通り、入院をした際の入院費の全額、または一部を保証する制度です。支給される保証金額は、加入時の契約金額や病状や受ける入院の制度に応じて異なります。しかし、入院費がなく治療を断念する人も多いのも事実です。治療の早期完了は、入院などを行い安静にかつ、集中して治療する事です。こうした治療を行う事が大事になるため、ぜひ、補償を受けれる様に準備しておきましょう。

4-3-2:手術給付金

こちらも、文字通り手術を行ったのちに支給される保証です。こちらも入院保障と同じ様に、手術の種類や内容により保証される金額は異なります。もちろん、予め加入している保険の種類によっても保証金額は異なりますが、加入しているとしないでは大違いになります。手術が出来ないではなく、適切な手術を受ける事が出来る様に事前に準備をしておきましょう。しかし、過度な補償を求めすぎると、支払う金額は大きくなります。こうした事で、途中で解約する事がない様に、適切な補償内容を考慮して加入しておきましょう。

4-3-3:所得補償保険

今、注目されているのが、この「所得補償保険」です。病気や怪我で収入が止まった際や、減収される際に生活を維持できるか、治療が継続できるかが変わってきます。こうした事は、日常生活の維持を安心して行えることになります。どうしても、治療や怪我を負ってしまうと精神的にも負担になります。しかし、生活基盤がきちんとなっていれば、落ち着いて生活をするだけではなく治療を行う事も出来ます。こうした事は、万が一の際に本当に安心感を得る材料となります。どうしても、不安となる際の安心を得る材料として、ぜひ、加入しておきましょう。

従来にはなかった補償制度です。この様に、時代に応じた補償制度がどんどん増えてきています。常に自分の生活により良い補償を意識しておきましょう。

5:個人年金保険についてnissei5

個人年金保険とは、国が運営している国民年金や厚生年金・厚生年金基金とは異なります。これは、個人個人が自分の意思で加入する年金です。その為、生命保険の一種となります。これは、生存保険と呼ばれる分野の保険にあたり、平均寿命が伸びる時代、老後の備えといった長生きするリスクに対して備える保険となります。自分が自分の老後に備えるための保険になります。今の時代だからこそ、ニーズのある保険です。他の保険に比べても若いうちから始めれば始めただけ、定年後の生活の安定につながります。それだけではなく、つい引き出してしまう貯金と比べても手続きのめんどくささから貯蓄性が高い制度ともいえます。

5-1:個人年金保険の特徴

「年金」と聞くと公的な制度である、「国民年金」や「厚生年金」などといった公的な年金制度を思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、年金というのは「年金保険」という一つの民間での保険制度の種類です。

個人年金保険というのは個人が自分の意志により加入する年金のことで、民間の保険会社が提供する生命保険のひとつです。いろいろな保険会社で提供されている医療保険の種類がありますが、総合して言える事は自分の未来に向けての備えという事です。その未来とは、遠い未来の場合もあります。若ければ、自分の老後などは想像できないかもしれません。しかし、今の時代だからこそ備えておく準備として大事になるのです。

5-2:個人年金保険のしくみ

個人年金保険の基本的なしくみとは、「養老保険」から満期前の死亡保険金による保険金給付が無いものだと考えると、分かりやすいのではないでしょうか。養老保険の場合には、例えば、30歳で契約し満期が60歳の場合には、仮に45歳で死亡した場合であっても満期保険金と同額の死亡保険金が給付されます。個人年金保険の場合には、これまでに支払った保険料の合計額に利息等の運用した結果(効果)を加えた額が支給されることになります。この点が養老保険と異なります。

つまり、個人年金保険は死亡保険が付加されていない養老保険と考えるとわかりやすいでしょう。なお、個人年金保険の中には、死亡保障を付けているケースもあります。「死亡保険金=満期保険金」までの高額に設定されるケースはほとんどありません。

5-3:受取方法nissei3

個人年金保険においては、保険金の受け取り方法には「一括型」か「年金型」かを選択することができます。一括型とは、養老保険と同じように満期保険金として一括でお金を受け取る方式です。その他の受取方法である年金型の場合には、毎月一定額を受け取り続けるという方法です。この受取方は、自分が定年後などに何をしていきたいかや、未来の計画に沿って決めていくことが大事になります。

また、年金方式の場合には、最低支払年数が決まっしまっているものだけではなく、最長支払期間が決まっているものや、生存している限りには年金が給付され続けるものなどの種類があります。こうした受取方法は自分の受け取りやすい方法を選ぶことが出来ます。自分の未来に応じて、将来設計をしておく場合に、一緒に受け取り方法を考えましょう。それだけではなく、年金保険には投資性が高いものもあります。支払った金額に応じて、給付される金額が最初から決まっている年金保険を「定額年金」と、投資運用成果などにより給付額が変動するものを「変額年金」と呼ばれています。変額年金は保険会社の運用により支給金額が上がる場合も下がる場合もあります。上がっていれば、問題はありませんが下がってしまった際のリスクについても、考慮して選択する必要がありますので、注意しておきましょう。

【画像】http://ameblo.jp/oramorre/entry-11995092066.html

【画像】http://ameblo.jp/oramorre/entry-11995092066.html

如何でしょうか?保険には、その種類に応じた特徴がある事をご理解いただけたでしょうか?

現在、医療保険の種類には、保険会社の数だけたくさんの種類があります。ここでご紹介した保険の種類は大きな括りの物でしかありませんが、基本となる保険の種類となります。その他にも、複数の種類や特徴のあるものがあります。しかし、全てを詳しくすることは難しいのが現状です。それは、保険会社が新しい保険商品を展開するだけではなく、時代の変化も影響をしています。こうした中で、今の自分にあった保険を選ぶことは簡単でも将来に向けて絶対大丈夫!という保険を選ぶことは難しいのです。自分の未来や老後を分からないという事です。これは、誰にも分りません。つまり、全てを満足に、完璧に備える事は出来ないのです。これは、どんな病気に掛かるや備えるべきかが分からない事からなのです。

そこで、今とるべきことは、今の自分から将来を想像し備える事です。つまり、今の段階で想像できる将来と備えを最大限に行える方法として何に加入するかという事です。それだけではなく、支払いを継続できるかも含めて検討をする必要があるでしょう。

何度も繰り返しますが、保険の種類は豊富です。そして、どんどんな新しい商品が出てきます。こうした商品には、全く新しい補償が加わる事もあります。こうした事から、保険を見直すこともあり得ます。見直し自体は、ライフイベントに合わせて見直ししていくことが一番です。前述している通り、今の段階で最善と思う保険に加入しても、年齢や年数ごとに何かほかに重要視するべき物が出てきます。例えば、結婚により家族が増えた、子供の出産に応じて家族が増えた場合には、補償される金額が補償される支給額の希望額が変更となる可能性があります。こうした事から、見直しは定期的に行う事が大事です。つまり、加入する際の最善と数年後の最善とは異なってくるという事です。こうした事もあるため、できるだけ医療保険の種類を知っておくべきでしょう。すべてとは言いません。しかし、基本的なものや主たるものについても、知っておくことで選択肢が増えておくことは間違いがありません。

医療保険の種類は、保険会社にもより膨大にある事は間違いありません。しかし、今の自分の生活や未来を想像し、備えを準備する事は早ければ早い方が良いでしょう。しかし、考え過ぎる事はよくないのも事実です。こうしたバランスをどう取るかは自分次第にもなります。しかし、知らないとできない事ではないでしょうか。保険に加入する事ではなく、保険の種類や特徴を知っておくことは今後のライフプランには重要な事なのです。

こうした事を踏まえ、今の自分が加入している保険や今後、加入する保険について、整理をしていきましょう。保険は、活用しなければ意味がありません。しかし、保険を使う事が無ければ無いほど良いという事になります。その反面、保険を活用し老後の蓄えや学資保険の代わりにする事も出来るのも事実です。医療保険の種類はたくさんありますが、医療(病気や怪我)だけに使うという考えたではなく、今後の活用方法を考えて貯蓄として行う事も出来るという点がある事も是非、抑えて頂きたい点となります。如何に活用できるかが、備えともなり、いざという際の支えにもなるのです。こうした事は、単純な貯金といった貯蓄にはない側面でもあります。こうした利点を如何にしかしていけるかが、今後の安心に繋がるという点を踏まえて、活用して頂きたいと思います。

時間がたてば、たつほど良い医療保険の種類は増えてきます。しかし、それを待つよりも今、何がおきるか分からないからこそ、備えをしておくことは大変重要になってきます。保険は、一定期間で見直しをするものとして、今、そして、近い将来に対しての補償に備える事はなによりも大切です。是非、まだ保険に加入していない方は、自分自身や家族の「いざ!」に備える準備をして頂きたいと思います。保険に加入していればよかったと後悔するのではなく、加入していていてよかったと思える備えが、ますますこれからの時代には重要になってくるのです。

是非、この記事を参考にした頂き、今の保険や今後加入する保険の参考にして頂ければ幸いです。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る