生命保険の告知義務違反

お知らせ

生命保険の告知義務違反について解説してます
 

生命保険に加入する時には、今の健康状態と過去の病歴について保険会社に報告しなければなりません。

これを告知義務といいます。

告知義務に違反するということはどのような場合をいうのでしょうか?

1・告知しなければならないことを知っていてしなかった場合・・・悪意があるとみなされます

2・告知しなければいけないことを知っていてしなかった場合・・・重過失となります
 
どちらも告知義務違反となって保険契約が解除されたり、保険金が支払われないこともあります。

告知義務違反は重要事項として決められたものについて生じます。

告知しなければいけない重要事項として、過去5年以内の病歴、既往症あるいは身体の障害などです。

その他、年齢や職業、最近の健康状態を含みます。

なぜ保険の告知は必要なのか?

告知とは保険に加入しようとする被保険者の義務です。

告知が必要なわけは、個々の契約の公平性を保つためです。

保険料を払っている契約者の中に、予定死亡率などに影響を与えるような人が含まれていると保険金の支払総額が想定されたもの以上となってしまうことから、健全な保険制度の維持ができなくなるためです。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る