マニュライフ生命の口コミとは?口コミから保険の実態を探る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
TSUCH160130520I9A6560_TP_V

保険選びをするにあたって必要となるのは情報を集めることだと思いますが、いくら情報を集めたとしても実際はどうなんだろう…?と実際の保険内容や会社の対応などが気になってしまい契約に至るまでにならない…なんてこともありますよね。

そんな時は口コミを活用することで、実際に加入している人の声や加入を考えた人の声が分かるというもの。全て鵜呑みにするのは危険な行為といえますが、参考にするくらいなら問題ないはず。

マニュライフ生命の保険加入を考えてはいるけど今一つ契約に踏み込めない、そんなあなたのためにマニュライフ生命の保険について、マニュライフ生命の口コミについてまとめましたので参考にしてみてはいかがでしょうか。

目次

1. マニュライフ生命について学びましょう

1.1 マニュライフ生命の基本情報

1.2 マニュライフ生命の保険商品一覧

1.3 マニュライフ生命の保険商品について

2. マニュライフ生命の保険概要

2.1 総合保障保険

2.2 終身保険

2.3 医療保険

2.4 ガン保険

2.5 収入保障保険・個人年金保険

2.6 その他の保険

3. マニュライフ生命の良い口コミ

3.1 保険商品についての口コミ

3.2 対応についての口コミ

3.3 働く側から見た口コミ

4. マニュライフ生命の悪い口コミ

4.1 保険商品についての口コミ

4.2 対応についての口コミ

4.3 働く側から見た口コミ

5. マニュライフ生命のおすすめの保険

5.1 総合保障保険 マニュフレックス

5.2 終身保険 こだわり終身保険v2

5.3 医療保険 こだわり医療保険with PRIDE

6. マニュライフ生命について思うこと

6.1 保険内容について

6.2 会社の対応について

7. まとめ 

1. マニュライフ生命について学びましょう

女性_ホワイトボード

保険の加入を考えている人は、もちろん複数の保険会社のことを調べていると思います。

ここでは保険商品をご紹介する前に、事前準備として簡単にマニュライフ生命について学んでいきましょう。

保険に加入するなら保険商品だけでいいのでは?と思うかもしれませんが、保険会社について学ぶことでどんな会社なのかイメージもしやすいですし、この会社はどんな保険に力を入れているか分かるようになります。

例えばアヒルで有名な某生命保険会社であれば、「がん保険」や「医療保険」を特に力を入れている事がコマーシャルの多さなどからわかると思います。もちろんマニュライフ生命だって会社で力を入れている商品があるので、その保険を知る前に一度、会社概要や保険商品について学んでおきましょう。

1.1 マニュライフ生命の基本情報

  • 本社 東京都新宿区
  • 設立 1993年3月
  • 資本金 564億円(2015年3月末現在)
  • ブランド・スローガン 今日を生きる。明日をひらく。
  • 社会貢献活動 社員のボランティア活動、災害被災地復興支援活動など

マニュライフ生命は設立年月が浅いながらも、収入保障保険や個人年金保険について高い評価を得ている生命保険会社です。

より良いサービスを目指して「お客様の声」への取り組みや、社会貢献活動に力を入れている会社と言えます。

公式HP上では2015年第2四半期と2016年第2四半期の苦情件数も記載していますので、その数も解りやすくなってます。

そして、どのように改善へと取り組み方はHPで公表しているので、興味のある人はこちらをご確認ください。

また保険金等支払管理がきちんとされており、請求書作成システムや処理漏れ・管理ミス防止のための「イメージワークフローシステム」を導入して支払ミスや支払漏れがないかを管理しています。

保険金の支払い実績についての資料もHPで公表しているので、興味がある人はこちらをご確認ください。

1.2 マニュライフ生命の保険商品一覧

PAK69_penwomotunotedesu20140312_TP_V

総合保障保険

  • マニュフレックス
  • マニュメッド

終身保険

  • こだわり終身保険v2

医療保険

  • こだわり医療保険withPRIDE

ガン保険

  • こだわりガン保険

個人収入保障保険

  • こだわり収入保障

個人年金保険

  • こだわり個人年金

一時払個人年金保険

  • パワー・カレンシー
  • ターゲット・カレンシー
  • ベストセレクション
  • ライフタイム・カレンシー
  • マニュライフ定額年金〈外貨建・介護保障型〉
  • あしたの年金

一時払終身保険

  • 未来につなげる終身保険
  • マニュライフ終身保険〈円建・外貨建〉

変額保険

  • 未来ステップ

一時払変額終身保険

  • 未来を楽しむ終身保険
  • ラップパートナー

1.3 マニュライフ生命の保険商品について

保険商品一覧を見ると、他の保険会社に比べて医療保険や終身保険に力を入れているというよりも一時払保険に力を入れている印象があります。

しかし、保険商品数に目を向けるのではなく、内容に目を向けると実はそうでもないことが分かります。

主力商品として扱っているのは総合保障保険のマニュフレックスとマニュメッドのようで、これは積立をしながらいざというときのために備えられる保険になっています。

またマニュライフ生命はまだ日本での歴史は浅くなっていますが、カナダの大手金融グループ・マニュライフ・ファイナンシャルグループで、海外では有名な会社です。

外資系企業なのでやはり一時払系の保険は米ドル建・豪ドル建で運用する保険になっています。

2. マニュライフ生命の保険概要

027-%e2%91%a0%e7%89%b9%e7%b4%84%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%83%e3%82%af

ここでは簡単にマニュライフ生命の保険について紹介したいと思います。

大まかに「総合保障保険・終身保険・医療保険・ガン保険・収入保障保険・個人年金保険・その他」に分けてご紹介しますので、もし興味が湧いたらこちらのマニュライフ生命のHPをご覧ください。

主力となっているのは、総合保障保険のマニュフレックスとマニュメッドですが、マニュライフ生命は収入保障保険と個人年金保険に定評があるので、こちらも併せて加入を考えてみてはいかがでしょうか?

また、こちらのデータは2017年2月上旬のものであり、今後保険会社の改訂により保険料や加入条件などが変更される場合があります。

2.1 総合保障保険

  • マニュフレックス

保障を自在に変えられる保険としてさまざまな特約があります。

10年ごとに積立金の全部か一部を生存給付金として受け取れるので、ライフステージが変わりやすい節目にまとまったお金を手に入れやすくなっています。各特約に加えタバコを吸わない人には保険料が安くなる非喫煙者保険料率(ノンスモーカー料率)があるので、普段からタバコを吸わない人にとっては嬉しい特典になっています。

マニュフレックスに支払った保険料はフレックスファンドに積み立てられ月々の契約応当日に特約保険料に充当される形になっています。

取引内容によっては毎年ボーナスバリューが積み増しされるので、家族で保険加入を考えているならマニュフレックスの加入を候補に入れてもいいかもしれません。

ボーナスバリューは家族でまとめることが出来るので、個人で契約するよりボーナスが貰える可能性が高まります。

また、このボーナスバリューとは、ファンド型(積み立て型)の生命保険であることから、積み立てた金額を翌年の保険金額又は、保険料に充当する事で、実質の保険料負担を軽減すると言う事です。

詳しくはこちらから(マニュフレックスの資料ページ※パソコン閲覧推奨)。

  • マニュメッド

将来に向けての積み立て(貯蓄)と医療保障を併せて準備することができます。

医療関係特約やガン関係特約が一つになっているので、自分で好きな特約を選択して自分だけのプランを作ることができます。

こちらも非喫煙者保険料率(ノンスモーカー料率)があるので、タバコを吸わない人にとって嬉しい保険です。

マニュフレックス同様10年ごとに積立金の全部か積立金の一部の生存給付金が受け取れます。

主契約はマニュフレックスとそう変わりありませんが、違うところとすれば死亡特約があるかないかという点です。

特約から入院時や手術の際に支払われる金額もほぼ同等となるので、死亡特約をつけたい人はマニュフレックスの方が良いですね。

詳しく知りたい人はこちらから(マニュフレックスの資料ページ※パソコン閲覧推奨)

2.2 終身保険

a0002_004012

低解約返戻金型の終身保険になっているので、契約中に解約した場合は損をしますが保険料を抑えたい人にとっては助かる終身保険です。

保険料の払い込み期間を20年・30年・終身払いと一定の年齢で払い終えるプランがあるので、自分にあった内容で契約することが可能です。

保険料の払い込み期間が満了したあとも契約を継続していると解約返戻金が払込保険料を上回ることが多いので貯蓄としても活用できますが、この保険だけにいえたことではありませんが短期で解約を行うと損をしますので注意しましょう。

契約例として(資料から抜粋)

  • 30代男性、死亡・高度障害保険金額/1,000万円、特定疾病保険料払込免除特則/あり
  • 保険期間 終身
  • 保険料払込方法/口振扱月払 特約なし の場合

保険料は月々18,140円(払込保険料総額7,618,800円)ですが、タバコを吸わないと非喫煙者保険料率(ノンスモーカー料率)が適用されるので、同じ年齢・条件でも保険料は月々16,660円(払込保険料総額6,997,200円)となり月々1,480円も保険料が安くなります。

タバコを吸っている人にとっては高い保険料ですが、タバコを吸わない人にとってはさらに通常よりも保険料を抑えることができるので、どうしても保険料を抑えたいという人に向いている保険になります。

そもそも、この保険会社の商品は非喫煙者に優しい商品ばかりになっています。

契約可能年齢は0~契約内容によって90歳まで可能で、保障額は200万~7億円となっています。

他の保険会社だと100万円単位や200万円単位で保障額を選択しますが、マニュライフ生命は10万円単位で保障額を選択することができます。

2.3 医療保険

主契約が手厚い保障となっているので、特約を付けずに大きな保障が欲しい人にとっては嬉しい保険なのではないでしょうか。

主契約の保障として入院、手術、放射線治療、骨髄移植、骨髄ドナー、集中治療となっています。

これに自分のニーズに合わせて12の特約の中から好きなようにプランを組むことが出来ます。

12の特約は大きく4つに分かれ、七大生活習慣病を保障する特約・三大疾病を保障する特約・女性特有の病気を保障する特約・その他の特約となっています。契約可能年齢は0歳~80歳までですが、払込期間により異なるので、終身払いではなく短期払いにする場合はだいたい60歳~70歳までと考えてください。

また、こちらも非喫煙者保険料率(ノンスモーカー料率)が適用されます。

契約例として(資料から抜粋)

  • 30歳・男性 、保険料払込期間:60歳満了 、保険期間:終身
  • 支払限度日数:60日 、入院給付金日額:1万円 、先進医療特約(10年)付加

となり月々4,671円程が非喫煙者だと月々4,081円程になります。

特約などで保険料は変わりますが、他の保険同様非喫煙者には嬉しい保険料ですね。

2.4 ガン保険

%e7%84%a1%e9%a1%8c

主契約のガン保険に加えて自分のニーズに合わせて特約を付加できます。

重度ステージと診断確定された時は手厚い保障でサポートしてくれ、加入後初めて上位の進行度を示す病期(ステージⅢまたはⅣ)または特定のガンと診断確定された場合、その5年後の応当日に生存しているとガン克服サポート給付金が受け取れます。

人気記事ランキング

1 2

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る