三大疾病の一時金は必要?知っておきたい三大疾病の費用とは

三大疾病になった場合、いくらかかるかは皆さんが気になるところ。

あなたも医療保険に加入するとき、気になったことはありませんか?

加入するとなると、それだけ保険料が高くなるし。

加入しないとなると、心配になるし。

この記事を読めば、三大疾病の一時金の必要性が丸わかりです!

代表的な保険もご紹介しますので、お見逃しなく!

目次

1.三大疾病とは

1.1がん(悪性新生物)

1.2急性心筋梗塞

1.3脳卒中

2.三大疾病の一時金とは

2.1一時金とは

2.2保険金の支払い条件

2.2.1がん(悪性新生物)

2.2.2急性心筋梗塞

2.2.3脳卒中

3.治療費はどのくらいかかるの?

3.1がん(悪性新生物)

3.2急性心筋梗塞

3.3脳卒中

4.三大疾病の一時金を付けるべきか?

4.1一時金のメリット

4.2一時金のデメリット

4.3メリットとデメリットを比較して

5.保険の種類

5.1代表的な三大疾病一時金の出る保険

5.2アフラック:3大疾病保障プラン

5.3日本生命:ミライのカタチ3大疾病保障保険

5.4メディケア生命:メディフィットPlus

6.豆知識!90日の免責期間とは?

6.1三大疾病の支払いの規定

6.290日の免責期間とは?

6.3注意しよう!

7まとめ

1. 三大疾病とは

皆さん、「三大疾病」という言葉、聞いたことありますよね?

どんな疾病のことをいうかご存知ですか?

三大疾病とは、下記のことを言います。

・がん(悪性新生物)

・急性心筋梗塞

・脳卒中

のちほど、この3つについて詳しく見ていきましょう。

まず、三大疾病の死亡率について見ていきましょう。

三大疾病は日本人がかかりやすい病気ベスト3ですが、実際に死亡する割合はどれくらいなのでしょうか?

平成27年人口動態統計の年間推計によると、

平成27年の死亡数130万2,000人のうち、がん(悪性新生物)が37万人、心疾患が19万9,000人、肺炎が12万3,000人、脳血管疾患が11万3,000人となっています。

つまり、三大疾病だけで死亡原因の52.4%を占めているということになります。

次に、三大疾病保険の世帯加入率について見ていきましょう。

三大疾病保険の世帯加入率(平成27年)は44.0%で、およそ半数近くの家庭が三大疾病に対する保障を備えています。

以下、加入率の推移です。

・平成15年・・・47.0%

・平成18年・・・44.4%

・平成21年・・・41.0%

・平成24年・・・43.4%

・平成27年・・・44.0%

となっています。

ここで、三大疾病について、詳しく見ていきましょう。

1.1 がん(悪性新生物)

三大疾病の1つ目に、がん(悪性新生物)があります。

以下、「がん」とします。

がんとは、細胞に何らかの遺伝子の異常が起こったとき、細胞が増殖を繰り返し、止まらなくなってしまうことがあります。

そうして何年もかけてできた異常な細胞のかたまりの内、生命を脅かすものががんです。

悪性腫瘍あるいは悪性新生物とも呼ばれます。

がんは近くの組織に侵入(浸潤)したり、一部が血管やリンパ管を通って離れた臓器に転移し、そこでも増殖したりします。
このため、正常な組織や臓器がむしばまれ、放置すれば生命の危機にさらされることになります。

がんに関わる要因については多くの研究が行われています。

喫煙、飲酒は様々ながんと関連することが知られていますが、その他にもがんの部位ごとに特徴的な要因の関与が指摘されています。

例を挙げると、

・胃がん・・・ヘリコバクター、ピロリ菌持続感染、食塩

・大腸がん・・・脂肪・肉類の摂取、飲酒、喫煙

・肝臓がん・・・肝炎ウイルス持続感染、喫煙、飲酒

・乳がん・・・初経年齢が早い、閉経年齢が遅い、妊娠・出産がない、高齢出産、飲酒

退院患者平均在院日数は、19.9日となっています。

また、がんは体のいろいろな組織にできるため、その発生組織により分類されています。

・発生組織によるがんの分類

造血器にできるもの 血液をつくる造血組織にできるがんです。
白血病、悪性リンパ腫、骨髄腫などがあります。
上皮細胞にできるもの 体の表面を覆う表皮や内臓の粘膜をつくる上皮にできるがんです。
肺がん、乳がん、胃がん、大腸がん、肝臓がんなどがあります。
非上皮細胞にできるもの 内臓の内側にある平滑筋や筋肉などに発症するがんです。
骨肉腫、軟骨肉腫、横紋筋肉腫、平滑筋肉腫などがあります

一般的に「がん」にかかった場合、健康保険が適用される治療(外科手術・抗がん剤治療・放射線治療)を受けることが多いですね。

その他にも、先進医療や未承認の抗がん剤などによる治療・また緩和ケアなどの治療もあります。

がんは現在、2人に1人がかかるといわれています。

特に女性ががんにかかる確率は、20代や30代では男性の2倍となっています。

これは、女性特有の子宮頸がんや乳がんなどのリスクが、若いうちから高いということになります。

しかし早期発見により、がんと診断されてから5年間治療を継続した後の生存率は、90%を越えます。

とは言っても、子宮頸がんなどは、35年前に比べると2.6倍に増えており、低年齢化が進んでいる状況です。

また、抗がん剤などの治療を始めると、その副作用がありますので、治療費はもちろんですが、ウイッグなどの費用などもかかってきます。

さらに、これは男性にも言えることですが、治療中は副作用などで仕事ができないなどのリスクも出てきます。

がんと診断されてから治療がすすんでいく中で、どうしても仕事を休まなければならないなど、その後退職や異動などをすることで収入の減少を感じている人は、がんにかかった人の半数近くとなっています。

治療費も高額になるのに、収入が減るということは、家庭を持っている人は特に大きなリスクとなってきますね。

1.2 急性心筋梗塞

三大疾病の2つ目に、急性心筋梗塞があります。

急性心筋梗塞とは、冠動脈内に血栓が急に形成され閉塞した結果心筋に血液が届かなくなり、心筋が壊死に陥る状態です。

心筋は体内でもっとも酸素需要量が高く、心筋への酸素の供給は冠動脈血流量に依存しています。

およそ3人に1人では、全く前兆(狭心症)なしに発症します。

突然死の原因にもなりますので、その症状を知り、初期の対応を誤らないことが大切です。

生活習慣が乱れていると、心臓を巡る冠動脈が硬く、狭くなり、狭心症や心筋梗塞の要因になります。

とくに注意すべき危険因子が、脂肪分や塩分の多い食生活、喫煙、運動不足です。

予防するには、日々の暮らしを見直すことが第一といえるでしょう。

退院患者平均在院日数は、19.9日となっています。

治療には、緊急の手術が最も効果的で、血管が細くなっている、または詰まっている部分を広げるような処置をすることが多いようです。

やはりこうした心疾患の低年齢化については、食生活の乱れなどが大きいのではないかと思います。

低年齢化しているとはいえ、「心筋梗塞」は、やはり高齢の方がなりやすい疾患ではあります。

血管の老化によるものも考えられますね。

1.3 脳卒中

三大疾病の3つ目に、脳卒中があります。

脳卒中とは、正式には脳血管障害といい、脳の急激な血液循環障害による症状で、急に意識を失って倒れ、運動障害を起こすことです。

脳卒中には、脳の血管がつまる脳梗塞と脳の血管が破れる脳出血・くも膜下出血があります。

①脳梗塞
脳の血管がつまることにより脳への血流がとまり、酸素と栄養が行き渡らなくなるため脳細胞が死んでしまう病気です。知覚障害や運動障害、意識障害などいろいろな症状が出ます。
動脈硬化などにより血管が狭くなっていき、そこに血のかたまりがつまる脳血栓症や脳の血管に心臓などでできた血のかたまりが流れてきて血管をふさぐ脳塞栓症などがあります。

②脳出血
高血圧が続くことなどで脳の中の血管が破れて出血する病気です。片麻痺、感覚障害などの症状がでます。重症だと意識障害、さらには死につながることがあります。

③くも膜下出血
脳は、くも膜によりその表面を覆われています。そのくも膜と脳の間を走っている動脈にできたこぶ(動脈瘤)が、血圧が高くなったときなどに破れて出血し、くも膜と脳の間に広がっていく病気です。
突然猛烈な頭痛、吐き気、嘔吐といった症状がでて、多くはそのまま意識不明になります。出血が軽い場合、意識は回復しますが、出血量が多い場合や、血液が脳内に流れ込んだ場合は死亡することがあります。

主な原因は動脈硬化です。

その動脈硬化を招く要因としては、高血圧症、高脂血症、糖尿病、喫煙などが挙げられます。

つまり、脳卒中は生活習慣病が要因となっているのです。

脳ドックで早期発見し、普段の生活を見直せば、脳卒中は予防することができます。

退院患者平均在院日数は、

・脳梗塞・・・90.6日

・脳内出血・・・127.4日

・くも膜下出血・・・119.6日

となっています。

脳卒中については、ほかの病気と比べて入院日数が長期化する傾向があります。

また、その状態によっては、介護が必要となる危険性もあるのです。

脳卒中では、退院してもその障害の程度により、家庭に戻れる割合が他の病気と比べても低く、1~2割の人は療養施設や介護施設へ入所することになります。

リハビリが最も重要になってきますが、障害が残ってしまうことも多いのが、脳卒中なのです。

このような事情により、治療も長期化することが多く、仕事への復帰も遅くなり、また元の業務には戻れず、収入の減少のリスクと治療費のリスクが大きくのしかかってきます。

介護状態になった場合は、その介護にかかる費用も大きなリスクのひとつになりますね。

 

2. 三大疾病の一時金とは

いかがでしたか?

三大疾病は恐ろしい病気ですよね。

次に、三大疾病を発症した際に出る一時金について一緒に見ていきましょう。

2.1 一時金とは

がん・急性心筋梗塞・脳卒中のいずれかにかかり、所定の状態にあると診断されたときに、支払われます。

なお、一時金を受け取ることなく、死亡または高度障害となった場合には、死亡保険金または高度障害保険金が支払われ、一時金、死亡保険金または高度障害保険金のいずれかが支払われると、契約は消滅します。

2.2 保険金の支払い条件

一時金が支払われるには、一定の条件があります。

ただ三大疾病になっただけでは、受け取れないのです。

具体的に見ていきましょう。

2.2.1 がん(悪性新生物)

責任開始日以降にがん(悪性新生物)と初めて診断されたときに支払われます。

つまり、「軽いがんでは保障しませんよ」という意味なので注意が必要です。

ただし、上皮内新生物(じょうひないしんせいぶつ)と診断された場合も保険金の10%が保障される商品や、上皮内新生物と診断された場合も一時金が支払われる医療保険の特約などもあります。

2.2.2 急性心筋梗塞

被保険者が保障の開始以後に「急性心筋梗塞」を発病し、初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上、労働の制限を必要とする状態(軽い家事等の軽労働や事務等の座業はできるが、それ以上の活動では制限を必要とする状態)が継続したと、医師によって診断されたときに支払われます。

2.2.3 脳卒中

被保険者が保障の開始以後に「脳卒中」を発病し、初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上、言語障害、運動失調、麻痺等の他覚的な神経学的後遺症が継続したと、医師によって診断されたときに支払われます。

ただし、脳卒中の治療のため手術をした場合や入院した場合にも保障される商品があります。

 

3. 治療費はどのくらいかかるの?

以上三大疾病について見てきましたが、ここからが本題です。

実際三大疾病にかかってしまったら、いくら治療費(自己負担額)がかかるでしょうか?

手術方法も沢山あるため、治療費も一概には言えませんが、具体的に見ていきましょう。

3.1 がん(悪性新生物)

以下が、がんの治療費(自己負担額)の例です。

・胃がん

以下、胃がんの治療費(自己負担額)となっています。

①内視鏡的粘膜切除術の場合

8万円。内視鏡治療は早期胃がんへの適用であり、通常、手術後の抗がん剤治療は行いません。手術後の治療は定期検査のみで、その治療費(自己負担額)は、初年度12万円(うち周術期に8万円)、2年目以降3万円弱かかります。

②腹腔鏡手術の場合

治療費(自己負担額)は初年度11万円(うち周術期に9万円)、2年目以降は毎年3万円程度です。

③定型手術・術後再発予防抗がん剤治療の場合

定型手術後に再発予防の抗がん剤治療を行う場合、周術期治療費については高額療養費制度が利用できます。しかし、手術後1年間にわたり行う抗がん剤治療の治療費について、治療費総額は手術費用同様高額になりますが、1か月あたりの治療費自己負担額は平均すると限度額に達しないために高額療養費制度の利用はできません。その結果として初年度の自己負担額は合計すると43万円強になります。

となっています。

・肺がん

以下、肺がんの治療費(自己負担額)となっています。

①胸腔鏡手術の場合

自己負担額は初年度12万円(うち周術期に10万円)、2年目5万円、3年目以降は毎年2万円程度です。

②重粒子線治療の場合

自己負担額が314万円と大きく、その他に入院に伴う保険診療の負担も発生します。3年目以降の定期検査の費用については、検査項目が減少し、かつ年2回の検査になることでさらに少なくなります。

③肺葉切除手術・術後再発予防抗がん剤治療の場合

初年度の自己負担額は31万円程度となります。

となっています。

・結腸がん

以下、結腸がんの治療費(自己負担額)となっています。

①切除手術の場合

自己負担額は初年度12万円弱(うち周術期に9万円)、2年目4万円、3年目以降は毎年2万円程度です。

②切除手術・術後再発予防抗がん剤治療の場合

周術期治療費については高額治療費制度が利用できますが、手術後半年間にわたり行う抗がん剤治療費について、治療費総額は手術費用同様高額になりますが、1か月あたりの治療費自己負担額は平均すると限度額未満になります。

そのため月々の抗がん剤治療費については高額療養費の利用ができません。結果として初年度の自己負担額は合計すると38万円強になります。

となっています。

・肝臓がん

以下、肝臓がんの治療費(自己負担額)となっています。

①ラジオ波焼灼療法の場合

自己負担額は初年度15万円(うち周術期に9万円)、2年目以降は毎年6万円程度です。定期検査は治療後もずっと毎年行います。

②経皮的エタノール注入療法の場合

ラジオ波焼灼療法の場合とほぼ同じです。

となっています。

・乳がん

以下、乳がんの治療費(自己負担額)です。

①温存手術・術後再発予防抗がん剤・放射線治療の場合

1年目の自己負担額は53万円(うち周術期に9万円)となります。

②温存手術・術後再発抗がん剤・放射線治療(トラスツズマブ使用)の場合

1年目の自己負担額は10万円強となります。

③手術前薬物療法・手術・術後放射線治療の場合

1年目の自己負担額は55万円、2年目以降はホルモン療法と定期検査のみになります。再発や転移がないこと前提です。

となっています。

3.2 急性心筋梗塞

以下が、急性心筋梗塞の治療費(自己負担額)の例です。

冠動脈バイパス手術をした際・・・約16万円

となっています。

3.3 脳卒中

以下が、脳卒中の治療費(自己負担額)の例です。

・脳梗塞・・・約40万円(入院費も含めた場合)

・脳出血・・・約57万円(入院費も含めた場合)

となっています。

 

4. 三大疾病の一時金を付けるべきか?

以上、三大疾病の治療費について具体的に見てきましたが、

では、そもそも一時金は付けるべきなのでしょうか?

メリットとデメリットを比較していきましょう。

4.1 一時金のメリット

三大疾病の一時金のメリットは、生前に非課税で大きな額の一時金を受け取れる点にあります。

三大疾病以外にもがん保険の診断給付金や医療保険の入院給付金なども同様に非課税です。

また、高度障害保険金についても非課税です。

ただし、死亡保険金については、契約形態(契約者・被保険者・受取人の関係)によって、相続税、贈与税、所得税・住民税が課税されます。

 契約者  被保険者 受取人 税金
 A(例:夫)  A(例:夫)  B(例:妻)  相続税
 A(例:夫)  B(例:妻)  C(例:子)  譲与税
 A(例:夫)  B(例:妻)  A(例:夫)  所得税・住民税

 

保険金の使い道は自由なので、治療費だけでなく、仕事を休む間の収入保障としても活用が可能です。

4.2 一時金のデメリット

三大疾病の一時金のデメリットは、保障の範囲が広い分、死亡保険に比べると保険料が高くなる点にあります。

例えば、

<契約例>

被保険者:35歳・男性

保険金額:3,000万円

保険期間:終身

払込期間:65歳

上記の場合、

商品:終身保険

月額保険料:73,860円

ですが、

商品:三大疾病保障保険(一時金がついた保険)

月額保険料:81,930円

となり、三大疾病の方が月額保険料が高くなることがわかります。

また、支払い要件が厳しいこともデメリットの1つです。

上記で触れていますが、それぞれの疾病に対する支払い要件が非常に厳しいのです。

「対象の病気になったから保険金が貰える」と思って保険会社に問い合わせてみても、実際には要件をクリアしていなくて保険金が支払われないようなケースも少なくありません。

4.3 メリットとデメリットを比較して

いかがでしたでしょうか?

以上、三大疾病の一時金を付けるメリットとデメリットをしっかりと比較していきたいものです。

保険の営業マンに相談するのもアリでしょう。

しかし、おそらく営業マンの方は勧めてくる可能性が高いですから、それに乗らずに自分で判断する力も必要です。

 

5. 保険の種類

三大疾病の一時金について、詳しくなったところで、

保険商品について見ていきましょう。

5.1 代表的な三大疾病一時金の出る保険

「三大疾病 一時金」と検索した場合に、上位に来る保険が以下の通りです。

・アフラック:3大疾病保障プラン

・日本生命:ミライのカタチ3大疾病保障保険

・メディケア生命:メディフィットPlus

具体的に見てきましょう。

5.1 アフラック:3大疾病保障プラン

特長を見ていきましょう。

特長① 三大疾病に一時金で備えられます。

がん(悪性新生物)、急性心筋梗塞、脳卒中のいずれかになられた場合に、一時金として「三大疾病保険金」を受け取れますので、安心して治療に専念できます。

特長② 万が一の場合も保障します。

三大疾病にならなくても、死亡・高度障害状態になられたとき、「死亡保険金」または「高度障害保険金」をお受け取りいただけます。

特長③ 解約払戻金があります。

解約された場合、ご契約時の年齢、経過年数などに応じて解約払戻金をお支払いします。

短期間で解約されたとき、解約払戻金はないか、あってもごくわずかとなります。

・契約年齢・・・5~80歳

5.2 日本生命:ミライのカタチ3大疾病保障保険

特長を見ていきましょう。

特長① 所定のがん(悪性新生物)・急性心筋梗塞・脳卒中になられた場合に、3大疾病保険金を一時金で受取れます。

特長② がん(上皮内新生物等)になられた場合、3大疾病保険金の金額の10%を一時金で受取れます。

上皮内新生物診断保険金支払後も、3大疾病保険金または死亡保険金は全額を受取れます。

特長③ 急性心筋梗塞・脳卒中を発病した場合は、「所定の状態が60日以上継続」したと診断されたときだけでなく「治療のための手術」を受けたときも3大疾病 保険金を受取れます。

3大疾病保険金、上皮内新生物診断保険金はそれぞれ1回限りのお支払いとなります。

特長④ 毎年の契約応当日や更新時等に、健康状態に関係なく、保険金額が同額以下の範囲で保険期間を終身に変更できる制度もあります。

特長⑤ 死亡時には死亡保険金を一時金で受取れます。

・契約年齢・・・3~75歳

5.3 メディケア生命:メディフィットPlus

特長を見ていきましょう。

特長① がんをはじめとする特定の疾病が一時金で保障されます。

特長② 特定疾病の一時給付金は、1年に1回を限度に何度でも受け取れます。

特長③ 保険料は一生涯あがりません。

・契約年齢・・・20~75歳

 

6. 豆知識!90日の免責期間とは?

続いて、豆知識!コーナーです。

上記で述べたように、がんになった場合には、90日の免責期間というものがあります。

具体的にどういうものだかご存知ですか?

6.1 三大疾病の支払いの規定

復習となりますが、三大疾病(がん)の支払いの規定とは、「責任開始日以降にがん(悪性新生物)と初めて診断されたとき」に保険金が支払われます。

責任開始日とは、保険会社の保障の責任が開始する日と言われています。

保障スタートまでには、

・申し込み

・健康状態の告知(診査)

・第1回保険料の払い込み

があります。

6.2 90日の免責期間とは?

ただし、がん保険などのがん保障については、更に要件があります。

上記の3項目が揃った日を保険期間の始期とし、その日から90日(あるいは3ヵ月)経過してから、がんの保障がスタートするのが通常です。

ですから、がん保険は「90日の待ち期間」があるとよく言われます。

なぜそうした要件が更につくかという理由は、がんは自覚症状がない状況も多く、健康状態の告知をした時点のみの審査では、公平性から十分とはいえないこと、そして、90日のいわゆる様子見期間を設けて、その間に特に何もなかった人を対象とすることで、全体の公平性を維持しようとしているのだろうと思います。

6.3 注意しよう!

注意したいのは、責任開始前の90日の間にがんとわかると、契約は無効とされる点です。

その場合、実際に責任開始日を過ぎてから、がんで入院などをしたとしても、保障の対象とはならなくなってしまうのです。

告知時点で、うそや隠し事などもなく、告知義務違反でなければ、契約は白紙に戻り、既に払っていた保険料は戻ってきます。

 

7. まとめ

いかがでしたか?

以上、三大疾病について、その一時金について、必要性、メリット・デメリット、保険の種類について述べてきました。

このように、三大疾病は疾病によって、手術方法によって全く治療費が違いますし、それによって一時金がいくら必要になってくるかも違いが出てくることがお分かりになったと思います。

また、支払い要件も厳しく、一概に、「三大疾病の一時金は必ず付けるべき!」とは言えなくなったと思います。

この記事を読んだあなたは、三大疾病について、その一時金について、必要性、メリット・デメリット、保険の種類について詳しくなれたでしょう。

この知識をぜひ日常生活のあらゆる場面に生かしてみてください。

そして、三大疾病の一時金を付ける際には、上記で学習した必要性やメリット・デメリット等を思い出してみてください。

きっと三大疾病の一時金について詳しくなれたあなたに、皆さんが驚くでしょう。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る