民間の保険と公的な保険  

公的

民間の保険と公的な保険について解説しています。
 
保険には民間の保険と公的な保険があります。

それぞれの保険の内容を十分理解して、保証の重複やもれがないようにすることが大切です。

公的な保険は強制力があります。

公的な保険の種類には、健康保険・介護保険・雇用保険・労災保険・厚生年金・国民年金・小規模企業共済・中小企業退職金共済などがあります。
 
将来を予測して保険を考えるようにしましょう

厚生年金や国民年金は、自分が働いている時に納めた金額を将来利息をつけて
自分がもらえるというものではありません。

生命保険の特約

女の子

生命保険の特約ついて解説しています
 
生命保険の特約について紹介したいと思います。

生命保険の特約というのは主契約につけることで、主契約の保障内容をさらに充実させることができますが、特約というのは1種類ではありません。

たとえば不慮の事故や死亡などの特約としては災害割増特約や傷害特約といったものがあります。

そして、入院や手術、通院などに備えるための治療を目的とした特約としては疾病入院特約、通院特約、長期入院特約などもあります。
 
他にも、特定の疾病に対してつけることができる特約もあり、一番加入率が多いといわれているのが成人病特約や3大疾病特約、そして女性疾病特約ではないでしょうか。

生命保険の見方

生命保険

生命保険の見方ついて解説しています
 
生命保険の見方についてですが、生命保険を素人が商品の内容を見るととても複雑すぎてなんだか訳がわからないという人も多いのではないでしょうか。

ですが、生命保険がわけがわからないほど複雑になっている理由としては、保険にいろいろな種類や機能を組み合わせたことからだといわれています。

生命保険の商品をそれぞれ分離して考えるとそれほど難しいことではないと思うのではないでしょうか。
 
まず、生命保険というのは主契約と特約から成り立っています。

この主契約というのは主となる保障の契約のことで、特約というのは、主契約につけることでさらに保障の内容を充実することが可能になるというものです。

生命保険のオンライン契約

生命保険のオンラインについて解説しています
 
生命保険のオンライン契約について紹介したいと思います。

最近ではパソコンやインターネットが普及したことによって、生命保険のオンライン契約が主流になってきましたね。

オンライン契約というのは、インターネットだけで生命保険の契約の手続きができてしまうことをいいます。

この場合には生命保険料の支払はクレジットカード払いになりますからクレジットカードのポイントを貯めている人などにとってはクレジットカード払いになるのでお得かもしれません。
 
インターネットでのオンライン契約のメリットはやはり、忙しくてなかなか生命保険を入るために資料を取り寄せて必要事項を記入してという作業ができない人でも、24時間好きな時にインターネットに接続しているパソコンさえあれば、手軽に生命保険に加入することができることではないでしょうか。

インターネットを使った生命保険の見積もりや契約は手軽にできるために、今わざわざ保険のセールスマンを家によんで説明を受けて生命保険に加入するよりも、手軽にできるので利用している人が多いといわれています。

インターネットで色々としい名保険会社を比較検討して気に入ったところがあればすぐに加入できるというのもうれしいですね。

生命保険のがん保険

生命保険のがん保険ついて解説しています
 
生命保険のがん保険を紹介します。

今日本ではがんで亡くなっている人が一番多いといわれています。がんで亡くなる人が多いということは生命保険のがん保険に加入しておいてもしもの時に備えるのがいいのではないでしょうか。

がん保険は、がんで入院したり手術をしたときに入院給付金を受け取ることができたり、手術給付金ももらえる保険です。

がん保険は入院給付金の支払い日数などが無制限になっていますから他の生命保険の医療保険にはないがんをターゲットにしている保険です。
他にもがんと万が一診断されてしまったときには、診断給付金を受け取ることができますからがんと闘うためにこれから色々とかかる費用の面でも安心することができる生命保険になっています。

がんで亡くなったときには、生命保険の死亡保険金を受け取ることができますし、もちろん、がん以外でなくなることもありますからその時には、死亡保険金で一般的なものを受け取ることができます。

ですからがんだけでなく他の病気で亡くなった場合でも安心して生命保険の死亡保険金を受け取ることができます。

生命保険のがん保険には、契約してから90日間や3か月という待たなければいけない期間があるといわれています。

この期間中にもしもがんになってしまったときでも生命保険の保障の対象にはなりません。

生命保険の養老保険

生命保険の養老保険ついて解説しています
 
生命保険の養老保険を紹介したいと思います。

生命保険の養老保険は、保険期間は決められた一定期間で、その間に万が一死亡したときには死亡保険金を受け取ることができ、生命保険の満期のときに生存している場合には、満期保険金を受け取ることができるという保険です。

死亡保険金と満期保険金というのは同じ額に設定されています。

この養老保険の主な特徴としては、満期まで生存したら満期保険金が受け取れますから定期保険に比べると貯蓄性が高い保険になります。
 
死亡や高度障害になったときでも死亡・高度障害保険金を受け取れるタイプの生命保険もあります。この養老保険は生命保険を子供の教育資金にしたり、老後のための生活資金として利用することも可能です。

たとえば、生命保険金額が1000万円に設定していたとして、55歳までに亡くなったときにはその場で1000万円もらうことができます。もしも55歳満期で55歳まで健康に生存していた時にはそのあと満期保険金を受け取ることができるというタイプの生命保険です。

満期までに亡くなってしまったら、子供たちの生活資金や教育資金に充ててもいいですし、もしも55歳の時点で生存していたら満期保険金を老後のために残しておくのもいいですね。

死亡保険金にかかる税金

死亡保険金にかかる税金をいろいろなケースでみてみます
 
被保険者が死亡すると死亡保険金を受け取ります。

死亡保険金の受取人を誰にするかによってそれにかかる税金が変わってきます。

だれにどのような税金がかかってくるか考えたうえで生命保険には加入しましょう。

・保険契約者と受取人が同じ場合
被保険者が死亡した場合の保険金受取人が保険契約者の場合、一時所得として所得税・住民税がかかります。
 
・受取人が法定相続人の場合
保険契約者と被保険者が同じで受取人が法定相続人の場合は相続税の対象となります。生命保険金は法定相続人一人に対して500万円までは非課税です。

・受取人が法定相続人ではない場合
保険契約者と被保険者が同じで、受取人が法定相続人ではない場合も相続税がかかります。しかし、法定相続人ではないので500万円の非課税は適用されません。

・受取人・保険契約者・被保険者が違う場合
死亡した被保険者と保険契約者、保険金受取人が違う場合には贈与税がかかります。

生命保険の見直し

生命保険の見直しについて詳しく解説してます
 
生命保険は、定期的に見直すことがいいとされています。

それは、独身の時の保険と結婚して家族が出来たときの保険では保障内容を変える必要があるからです。

独身の時は、医療重視の保険で、結婚した時や子供が出来たときには、家族のための保障が必要になります。

具体的な保険の見直し方
 
・中途増額
現在契約継続中の保険の保証額を大きくするものです。増額部分はその時点での年齢と保険料率を用いて計算されるので保険料は高くなります。

・保険を解約して新規加入
現在加入中の保険契約を解約して新規加入します。解約返戻金がある時は、それを新規加入分に組み入れて保険料の負担を少なくすることもできます。

新規加入保険の契約が成立してから前の保険契約は解約しましょう、そうでないと健康上の問題などで新規の保険に加入できないこともあるからです。

・特約の途中付加
現在加入中の保険に、特約を付加するものです。特約の保険料は、その時点での年齢と保険料を用いて計算されますので、保険料は高くなります。

・特約の変更
現在加入中の保険の特約を変更することです。

個人年金保険の内容

生命保険の個人年金保険の解説です
 
公的年金の不足を補う目的で加入するのが個人年金保険です。

個人年金保険は生存保険なので、基本的に死亡保険金はありません。

年金開始前であれば、既払込保険料相当の死亡給付金が支払われます。

個人年金保険には6種類あります。

1・有期年金
その期間に生きていれば年金が支払われます。
途中で死亡したら年金は終了します。
 

2・保証期間付有期年金
保証期間中であるならば、生死に関係なく年金は支払われます。
保証期間を過ぎると生きている場合に限ってあらかじめ定められた期間だけ年金が支払われます。

3・確定年金
生死に関係なく、定められた期間に年金が支払われます。

4・終身年金
生涯年金が支払われます。
死亡すると、その時点で年金は終了します。

5・保証期間付終身年金
保障期間中は生死にかかわらず年金が受け取れ、保証金後は生きている場合に限り年金が支払われます。

6・保証期間付夫婦年金
夫婦いずれかが生きている限り年金が支払われます
保証期間が付いています。

個人年金保険は老後の資金づくりのための保険です。

生命保険の考え方

生命保険に入るときの考え方は、多くの生命保険を掛ければいいというものではありません
 
生命保険のについて考えてみましょう

生命保険に加入を考える時に大事なことは、年金や健康保険などの公的保障や預貯金などによる保証では十分でない部分を補うということです。

生命保険は、必要以上に金額を大きくすると当然毎月の掛け金も高くなります。

はたして、そんなに保険をかける必要があるのか今一度検討しましょう。
 

意外と、保険会社の人の勧めるままに生命保険に加入している方は
多いのです。

しかし、保険は足りない部分を補うために加入するということを今一度考えて下さい。

よく、以前から加入していた生命保険を見直して新しく加入しなおしたという話を
聞きますが、それは、もしかしたら必要以上に高い保険料を払わなければ
ならない生命保険に加入していたのかもしれません。

いまは、どこの生命保険会社もその個人に合った保険をすすめてくれるように
なってきました。

昔は、生命保険もセット販売で必要でない保障のついた生命保険に結構加入させ
られたりしていました。

今後、生命保険の加入を検討する方は現在の自分にとって必要な生命保険に
加入し余分な出費を抑えましょう。

自分の加入条件を明確にし生命保険の方に伝えることが賢い保険の
加入の仕方と言えます。

女性の生命保険

女性の生命保険について
 
女性の生命保険で人気があるのは医療保険です。

女性でも一生仕事を持って生きる人が増えた現在、女性特有の病気を保障してくれる医療保険に加入する人が年々増えています。

女性向けの医療保険

女性向けの医療保険は、女性特有の病気を手厚く保障した保険です。

病気一般だけでなく乳がんによる手術など女性に限った病気に対して給付金が支払われるタイプのものもあります。
 
妻の医療保障については、夫が加入している生命保険の家族向けの特約が多いのですが、夫の給付額の6割程度の保障になることと、夫が死亡した場合には妻の保障もなくなっていしまいますので注意が必要です。

妻の保障は家族特約で備えるのではなく、単独で医療保険に入るように考えたほうがいいかもしれません。

生命保険の掛け捨て型と貯蓄型の比較

生命保険の掛捨型と貯蓄型の比較と選び方
 
生命保険に加入しようとした時に、掛け捨て型にするのか貯蓄型にするのが考えると思います。

掛捨て型の保険
 
解約をしたとしても、それまで掛けてきた保険料は返らないか、返ってきたとしても少額です。

貯蓄性は低いが保険料が安く抑えられるという利点があります。

保健期間を定めその間に死亡すると死亡保険金が受け取れる。
 
加入した保険が満期になった時に、被保険者が生存していたとしても満期保険金は支払われません。

契約期間満了時まで支払ってきた保険金が戻らないことから掛け捨てと呼ばれています。

掛け捨て保険は、損をするような感じで受け取るかも知れませんが、契約期間中にもしもの事があったとしたら、払い込んだ保険金がどんなに少ないとしても多額の保険金を受け取ることができるのですか保障という点だけで考えると決して損とはいえません。

掛け捨ての保険は、掛け金が少ない割に大きな保障を受け取ることができます。

貯蓄型の保険
 
満期になった時に満期保険金が受け取れたり、途中で解約した場合には解約返戻金が期待できる保険です。

この保険の特徴は、満期を迎えた被保険者が場合に死亡保険金と同額の金額が支払われます。

契約途中で死亡したときにはもちろん保険金が支払われます。

満期保険金に死亡保障が付加されていると一般的には考えられています。

当然、掛け金は掛け捨て型と比べると高くなります。

定期保険(掛け捨て)は本当に損なのか?

定期保険(掛け捨て)は本当に損なのでしょうか?
 
定期保険は、掛け捨て保険ともいわれ敬遠されがちですが本当にそうなのでしょうか?

定期保険は、被保険者が保険期間内に死亡した場合にだけ死亡保険金が支払われ、満期時に被保険者が生存していても満期保険金の支払いはない死亡保険の典型的なものといえます。

満期時時に満期保険金の支払いがないことから、それまでに支払った保険料が無駄になると思いこみ「掛け捨て」という言葉が使われます。
 
しかし、この考え方は正しくないといえます。

保険期間中に被保険者が死亡した場合には、保険金が指定された保険金受取人に支払われるという保証がずっと継続していたからなのです。

定期保険(掛け捨て)は、保証という機能だけを目的とした商品であり、保険料の支払いは定期保険という商品の購入代金なのです。

保証のわりに掛け金が安いというのが特徴です。

家族や子供のために安い掛け金で数百万~数千万の保険金を受け取ることが出来るというものなのです。

掛け捨てでなければそれだけ大きな保障を得ようとすると普通の人が毎月払える金額ではないということなのです。

定期保険は掛け捨てだから損という考え方は、ちょっと間違っているかもしれません。

遺族保障に優れは保険は?

残された家族の保障に優れた保険は終身保険です
 
終身保険も定期保険と同様の死亡保険です。

しかし、終身保険は終身を保健期間としているために、遺族補償に優れた機能を備えているものということが出来ます。

定期保険とは異なり、掛け捨てにならないのが終身保険です。

終身保険は、生涯にわたる死亡保障がある保険です。
 
どんなに長生きの人でもいずれは死がおとずれることになります。

このときを、終身保険では保健期間の満了と定めています。

終身保険では、保険に加入してから後の期間はすべてが保健期間となります。

いったん終身保険の被保険者となれば、その人がいつ死亡しても、それはすべて保健期間中の死亡ということになります。

そこで、死亡保障金の支払いとなります。これが、生涯にわたる死亡保障があるということです。

このように、終身保険は定期保険(掛け捨て保険)とは異なり必ず保障が行われるもので、遺族補償に優れた機能を備えている保険といえるのです。

終身保険の内容

・保険期間は、加入から死亡するまでの期間となります。
・保険料は、定期保険(掛け捨て保険)よりも高額となります。
・配当についても、定期保険(掛け捨て保険)よりも高額となります。
・満期保険金はありません
・解約返戻金は、定期保険(掛け捨て保険)よりも高額となります。

終身保険には、自動更新はありません

定期保険は、満期になると自動更新で保険料が高くなりますが、終身保険は生涯が保健期間となりますので自動更新はなく、保険料額に変更はありません。
 
終身保険の分類

・普通終身保険

・定期付終身保険
  終身保険に定期保険を上乗せしたタイプです

・練生終身保険
  2人で1つの終身保険に入るタイプです

保険料の払込期間による分類

・終身払込終身保険
  保険料の払い込みを終身とするタイプです

・有期払込終身保険
  保険料の払い込みを一定期間で終えるタイプです

・一時払込終身保険
  保険料を、加入時に一括して払い込むタイプです。

全労災のこくみん共済の内容

全労災のこくみん共済
 
全労災(全国労働者共済生活協同組合連合会)のこくみん共済は670万件以上も加入する国民的な個人向け定期保険です。

2005年10月こくみん共済では6年ぶりに大幅な改定が行われました。

全労災(全国労働者共済生活協同組合連合会)のこくみん共済は1年ごとの更新で、最高85歳まで加入することが出来ます。

また、毎年の決算で剰余がでれば割戻し金を受け取ることが出来ます。
 
こくみん共済改定のポイント
 
こくみん共済では2007年4月子供と中高年を主な対象とした改定が行われています

キッズワイドタイプの新設

・入院日額10000円
・長期入院や手術なども保障
・日帰り入院を含め1日以上の入院に対して1日目から対象、入院限度日数は最高
365日分

キッズタイプの保障を充実

・「5日以上の入院で5日目からの保障」を「日帰り入院も含め1日以上の入院で1日目からの保障」に改善
・1回の入院による支払い限度日数を「最高180日分」から「最高365日分」へ拡大

シニア系タイプの保障を充実

「5日以上の入院で5日目からの保障」を「5日以上の入院で1日目からの保障」に
改善
 
 
どんな人に全労災のこくみん共済はおすすめなのか?

まだ若い人で結婚されていない方は高額な死亡保障は特に必要ありませんが、まったく保障がいらないということでもありません。

こういった方には、リーズナブルな全労災のこくみん共済がおすすめと言えます。

生命保険の見直し相談

生命保険の見直し相談について、ネットで簡単にできます。
 
生命保険は定期的に見直しをしていく方がいいと一般的に言われています。

それはなぜかというと、生命保険も次々に条件のいい内容のものがでてくるからです。

10年前の保険の内容と今の保険の内容を比較してみると明らかに今の生命保険の方が
内容がいいといえます。

一度、生命保険に加入するとなかなか見直しをしないものです。
 
これは、大体の人が生命保険の内容をもともとよく知らないうちに保険の外交員の
言われるがままに保険に加入してしまっているケースが多いからです。

生命保険は、家を購入する次におおきな買い物と言われるぐらいで、毎月
何十年も掛け金を払い続けなければばりません。

どうせ毎月払うものならば出来るだけ保険の内容がいいに越したことはありません。

そこで、途中で生命保険は見直して条件のいい保険に変えていく方が
いいのです。

今では、ネットで簡単に生命保険の見直しが出来るようになりました。

例えば、一度の資料請求で多くの保険会社の資料を取り寄せることが出来るのです。

その中から、興味のある保険会社に連絡して納得のいく生命保険を検討することが
出来ます。

でも、そこで自分でどの保険に加入するか決めていくわけですが、やっぱり相談して
から保険には加入したいものですよね。

そこで、気になる生命保険があれば気兼ねなく保険会社の担当に相談してください。

別に、保険会社の人に相談に乗ってもらったからその保険に加入する必要はないの
です。

生命保険は毎月長く掛け金を払い続けなければならないのですから、そこはあえて
相手に悪いとか考えないでください。

保険会社の人は、相談に乗るのも仕事なのですから気軽に相談しましょう。

保険の相談をして、相手があまりいい感じの方でなければ逆に相談を打ち
切るのも一つの手です。

そういった担当の人は売上の事しか考えてないので、相談した貴方にいい生命
保険を勧めるのではなく利益のある保険を勧める可能性があるからです。

生命保険の見直しをしようと思った時にどうしたほうがいいのか?ということですが
まずは、インターネットで一括の資料請求をしてみた下さい。

ここで、「え~」ネットで資料請求をしたら保険会社から電話がしょっちゅう
あるんじゃないの?という不安があると思います。

そこで管理人の実際にインターネットで資料請求したときの経験ですが、
正直がっかりするぐらい電話はありませんでした。 (?_?)

たぶん保険会社のほうで、ネットの問い合わせについては電話連絡はしないように
しているのでしょう。

保険は今までがしつこいというイメージがあるので、特に気をつけていると思います。

ネットで資料請求しておいて良かったと思うことは、定期的に生命保険会社から
資料が送られてくるので常に保険の情報をキャッチできるということです。

内容がいい新しい保険商品が出たらまた切り替えようかなと思っています。

情報は非常に大切なものです、無料で生命保険の情報が手に入るのですから利用
しない手はありません。

皆さんも一度試してみてはいかがでしょうか・・・

いい保険なのか?悪い保険なのか?  

いい保険とか悪い保険とかよく聞きますがどうなんでしょうか?
 
よくいい生命保険なにかないかしら?とかあの生命保険はよくないよなどよく聞きますが、どうなんでしょうか?

生命保険には、いい保険も悪い保険もないと思っています。。

一番新しくできた生命保険がいいわけでもありませんし、一番契約の多い生命保険がいいという訳でもありません。

その開発された保険商品には開発のコンセプトがあります。

いろいろ生命保険の中で、今の自分に一番合った生命保険が「いい保険」なのです。
 
例えば、今はやりの洋服だとか今一番はやっている洋服だとかいっても自分の年齢に会った洋服や好みの洋服でなければ、その洋服は買わないでしょう。

生命保険もそれと同じなのです。

あなた自身に合った生命保険を選ぶことが大切なのです。

洋服の話に少し戻りますが、洋服を選んだりするときには雑誌やインターネットで調べてからどんな洋服にするか考えたりしていると思います。

生命保険もそれと同じなのです、自分に合った生命保険を選ぶ時には事前に生命保険の基本的な知識を身にけることにより、希望の生命保険選びが出来るのです。

保険のセールスマンに何でも決めてもらってはいけないのです、保健は支払期間も長期になりますので、ちゃんと調べて検討してから加入しましょう。

生命保険を考えるポイント

生命保険を考えるポイントついて解説しています
 
生命保険に入ろうかと思うタイミングってどんな時ですか?たとえば生命保険に入るとか見直したいと思うタイミングというのは人生の節目に重なっているといわれてます。

たとえば将来の夢などに変化があったときに、目標を変えることになりますからそれに合わせて今までの生命保険の保障も見直す必要があることも多いのではないでしょうか。

また、人生のイベントがあったときには、そのつど生命保険の見直しは必要ですよね。たとえば、人生のイベントといえば社会人になった場合には、自分で生命保険に加入するようにしましょう。
 
それから結婚したときには必ずと言っていいほど生命保険の見直しは大切です。

また子供が生まれたときにも一人増え、二人増えでも、生命保険の見直しをそのつどした方がいいでしょう。

他にも、子供が独立することになったときや、逆に自分の親を扶養することになったときなどに生命保険の見直しは大切だと思います。

生命保険の見直しをするタイミングというのは人生の節目や人生のイベントがあったときが一番大切で、しかもそれは一度見直せばいいのではなくてその度に見直すことが大切なのではないでしょうか。

生命保険は将来を考える大切な保障ですから節目には見直しをしましょう。

生命保険の個人年金保険

nenkin_techou_man

生命保険の個人年金保険ついて解説しています
 
生命保険の個人年金保険を紹介したいと思います。

生命保険の個人年金保険というのは、生命保険の契約をしたときに決めた年齢から年金が受け取れるというタイプの保険です。

年金を受け取る時期によって生命保険の種類が色々とあります。

まず、保証期間付き終身年金と呼ばれる生命保険の場合には、保証期間の間は、生きている、死亡したことに対してかかわらず年金を受け取ることができます。
 
そのあとは、被保険者が生きている場合には終身にわたって年金がもらえますが、死亡しているときには一時金を支払うという形です。

そして確定年金という生命保険もあります。

生命保険の選び方

選び方

生命保険の選び方を紹介します。

生命保険を選ぶ時のポイントとしてまず一つ目はどんな保険に入るのかあらかじめ考えるのではなくて、自分たちには、どのような保険、保障が必要なのか考えてみましょう。

たとえば何を目的にして生命保険に入りたいのか。誰を守りたいから、どんな保障が欲しいからといった面から生命保険を選ぶのが大切です。

最初からこの保険のタイプに入ろうと決めているのでは目的がずれることもあります。
 
それから生命保険を選ぶ時には保険金は必要なのか、その額で十分なのかということも大切なことです。