死亡保険の基本型

孤独死

死亡保険の基本型について解説しています
 
保険の基本となるものには3種類しかありません。

保険では、この3種類を理解しておけば、基本契約の他にどのような特約が必要なのかわかります。

1・定期保険
被保険者から定められた保健期間内に死亡または高度障害状態になった場合に、保険金の支払いがあります。

保険契約期間を定めていることから、定期保険といいます。
 
2・終身保険
被保険者が死亡または高度障害状態になった場合に保険金が支払われますが、定期保険とは違って被保険者が何歳になっても一生涯を保障するものです。

終身の意味は、一生が終わるまでという意味です。

3・養老保険
被保険者が定められた保健期間内に死亡したときには死亡保険金が支払われますが、保健期間満了時に生存していた場合には満期保険金が受け取れます。

死亡保険金と満期保険金は同額です。

三大疾病保障保険の特徴

心筋梗塞

三大疾病保障保険の内容と特徴
 
三大疾病とは、がん・脳血管疾患・急性心筋梗塞のことで、日本人の死因の6割を占める病気のことをいいます。

これらの3つの病気で所定の状態になった時に死亡保険金と同額の保険金が支払われるのが、三大疾病保障保険です。

三大疾病保障保険の特徴は、三大疾病にかかってしまったら、治療費として生前に保険金が支払われるというところにあります。

三大疾病保険には、保障期間によって終身型と定期型に分かれます。
 
終身型

一生涯を保障するもので、終身保険タイプのことです。

定期型

一定期間までの期日を決めたもので定期保険タイプのものです。

三大疾病病を保障する保険なので、生存中にこれらの疾病で所定の状態にならなかった場合には保険金の給付はありませんが、三大疾病以外の原因で死亡しても死亡保険金は支払われるようになっています。

限定された疾病に給付されるこの保険の特徴は、生前に保険金が支払われる点です。

しかし、入院給付金や手術給付金はありません。

成人病になりやすい年齢に医療保障を手厚くする意味で特約を付加する考え方がありますが、保険料は生前給付保障がある分定期保険よりも割高となっています。

がん以外の脳血管疾患と急性心筋梗塞については、所定の状態が60日以上続かなければ保険金が給付されないことを知っておく必要があります。
 

生命保険の主契約と特約

人とPC

生命保険の主契約と特約
 
生命保険は大きく分けて3種類しかありません。

それなのに生命保険商品が数が多いのは、基本となる主契約に特約が組み合わされているからです。

主契約とは、生命保険の基本となるものでそれだけで契約することが出来ます。

それに対して特約は契約することはできません。

主契約に付加するものが特約です。
 
特約は主契約に付加するもので、主契約の保障内容を充実したものにすることが出来ます。

生命保険=主契約+特約

・生命保険契約に障害特約をつけると
不慮の事故にあってからだに障害を受けた場合や死亡したときに保険金が上乗せされます。

・生命保険契約に災害入院特約をつけると
不慮の事故にあって所定の日数以上入院した場合には災害入院給付金が支払われます。

・生命保険契約に成人病入院特約をつけると
がんや糖尿病などの成人病で所定の日数以上入院した時には入院給付金が支払われます。

特約は、主契約が決まったらさらに不安な部分をカバーするために検討するものと考えましょう。

主契約の解約によって特約も解約となりますので注意が必要です。

生命保険の特約の主な種類
障害特約・がん入院特約・成人病入院特約・疾病入院特約・災害入院特約など

保障から生命保険を選ぶ

start

生命保険でリスクから保障を選ぶ
 
生命保険に加入しようとした時に、人が保険に期待するものは以下の4つだと思います。

1・自分が死亡しても大切な家族が困らないようにしたい。

2・病気やけがの時の保障がほしい。

3・死亡した後の事よりも、現在できる貯蓄が必要と考えている。

4・老後の資金を準備しておきたい。
 
こちらで共通していることは、死亡や事故にあってしまった時にそのことによって受けたリスクをお金で保障しようという考え方です。

生命保険(リスクから保障を考える)

・死亡保障
死亡した場合に、残された家族の生活を支えてくれる
(定期保険・終身保険・養老保険)

・医療保障
病気やけがをした時に不足する経済を補う
(医療保険)

・生活保障
老後の生活資金に備える
(介護保険・養老保険・個人年金保険)

解約返戻金でよくあるトラブル

Question

生命保険の解約返戻金のしくみ
 
解約返戻金はどれくらいあるのかな~と考えたことがあると思います

終身保険の解約返戻金を期待して、保険料が割安な定期付終身保険に加入したとします。

しかし、解約返戻金は意外と少なく「なぜこんなに解約返戻金がすくないのかな?」という声が意外と多くあります。

終身保険では、保険料払込満了間近や払込期間満了後に解約すると、解約返戻金が払込保険料を上回ることがあります。

終身保険は貯蓄性があるのです。
 
定期保険特約には解約返戻金がありません

例えば、保険金額3000万円の定期付終身保険で、終身保険の部分が500万円だとすると、解約返戻金があるのは500万円の部分にたいしてだけとなります。

定期保険特約の2500万円の部分については、解約返戻金はありません。

定期付終身保険3000万円の場合

定期保険特約(2500万円)
※解約返戻金はありません←ここに注目
主契約・終身保険(500万円)
※解約返戻金があります

終身保険は貯蓄性があるものではありますが、定期付終身保険は貯蓄には不向きであるということが言えます。

定期付終身保険はわかりにくい点も多く、その中でも特に解約返戻金については誤解が生じやすいため、保険の契約の際には必ず確認しておきましょう。
 

養老保険のポイント

滝 景色

養老保険のポイントについて整理しています
 
養老保険では、満期保険金の支払いがあるということが大きな特徴です。

この他にも、定期保険や終身保険と比べてどのような違いがあるのでしょうか?

死亡保険と同額の満期保険の存在は、養老保険を貯蓄性に優れているものとしています。

養老保険は、満期保険金に死亡保障がついているとみている方が多いようです。
 
養老保険の最も大きな特徴は、被保険者が満期時に生存していた場合に死亡保険金と同額の満期保険金が支払われるというところにあります。

定期保険や終身保険と異なる点が多くあります。

養老保険

●保険期間は、加入から満期までの期間となります。

●自動更新はあります。

●保険料は高額となります。

●配当は高額です。

●満期保険金があります。

●解約返戻金も高額です。

養老保険の仕組みによる分類

●普通養老保険

●定期付養老保険
  養老保険に定期保険を上乗せしたタイプ

保険料の払込期間による分類

●全期間払込養老保険
  保険料の払い込みを保健期間の満了までとするタイプ

●短期払込養老保険
  保険料の払い込みを保健期間の満了前に終えるタイプ

●一時払込養老保険
  保険料を加入時に一括して払い込むタイプ

民間の保険と公的な保険  

公的

民間の保険と公的な保険について解説しています。
 
保険には民間の保険と公的な保険があります。

それぞれの保険の内容を十分理解して、保証の重複やもれがないようにすることが大切です。

公的な保険は強制力があります。

公的な保険の種類には、健康保険・介護保険・雇用保険・労災保険・厚生年金・国民年金・小規模企業共済・中小企業退職金共済などがあります。
 
将来を予測して保険を考えるようにしましょう

厚生年金や国民年金は、自分が働いている時に納めた金額を将来利息をつけて
自分がもらえるというものではありません。

いま、自分が働いて納めている保険料は、どこかの誰かが受け取っており、将来
自分が受け取る年金は額は、自分が年金を受け取る時期に納めている人の保険料
になります。

今後の日本ではますます高齢化がすすみ平均寿命がのびて、年金をもらう人の数が
増えていきます、その反対に子供の数が減ってきて保険料を納める人が少なくなります。

将来的には、年金支給開始年齢の引き上げや、支給金額の減少が考えられます。

将来の自分の生活を考える時には、これらのことを考慮しておく必要があります。

生命保険の特約

女の子

生命保険の特約ついて解説しています
 
生命保険の特約について紹介したいと思います。

生命保険の特約というのは主契約につけることで、主契約の保障内容をさらに充実させることができますが、特約というのは1種類ではありません。

たとえば不慮の事故や死亡などの特約としては災害割増特約や傷害特約といったものがあります。

そして、入院や手術、通院などに備えるための治療を目的とした特約としては疾病入院特約、通院特約、長期入院特約などもあります。
 
他にも、特定の疾病に対してつけることができる特約もあり、一番加入率が多いといわれているのが成人病特約や3大疾病特約、そして女性疾病特約ではないでしょうか。

他にもがん特約などを用意している保険会社もあります。

このように、生命保険には、特約をつけることでさらに保障内容を充実させることが可能ですから今加入している生命保険の内容を確認したときに少し保障が不十分であると感じたときや、子供が一人増えたから、もう少し保障を十分にしておきたいといったことがあった場合には、特約を新たにつけたり、生命保険の見直しをすることで保障内容を充実させることができると思います。

生命保険の特約はつけておいて損なものは一つもありませんから付けておくと安心です。

生命保険の見方

生命保険

生命保険の見方ついて解説しています
 
生命保険の見方についてですが、生命保険を素人が商品の内容を見るととても複雑すぎてなんだか訳がわからないという人も多いのではないでしょうか。

ですが、生命保険がわけがわからないほど複雑になっている理由としては、保険にいろいろな種類や機能を組み合わせたことからだといわれています。

生命保険の商品をそれぞれ分離して考えるとそれほど難しいことではないと思うのではないでしょうか。
 
まず、生命保険というのは主契約と特約から成り立っています。

この主契約というのは主となる保障の契約のことで、特約というのは、主契約につけることでさらに保障の内容を充実することが可能になるというものです。

主契約にはひとつの特約以外にも、いろいろな特約をつけてもいいことになっています。

特約だけつけるというのはできません。

生命保険の商品というのは、販売されている保険の名前は保険会社によっていろいろなので、商品の内容の主契約や特約の内容は一緒でも商品名が違うことが多いようです。

商品の内容を確認してみると結局は同じ生命保険だったということもよくあるようですから生命保険を選ぶ時にはいろいろと中身まで調べてから選んだほうがいいかもしれません。
 

生命保険のオンライン契約

生命保険のオンラインについて解説しています
 
生命保険のオンライン契約について紹介したいと思います。

最近ではパソコンやインターネットが普及したことによって、生命保険のオンライン契約が主流になってきましたね。

オンライン契約というのは、インターネットだけで生命保険の契約の手続きができてしまうことをいいます。

この場合には生命保険料の支払はクレジットカード払いになりますからクレジットカードのポイントを貯めている人などにとってはクレジットカード払いになるのでお得かもしれません。
 
インターネットでのオンライン契約のメリットはやはり、忙しくてなかなか生命保険を入るために資料を取り寄せて必要事項を記入してという作業ができない人でも、24時間好きな時にインターネットに接続しているパソコンさえあれば、手軽に生命保険に加入することができることではないでしょうか。

インターネットを使った生命保険の見積もりや契約は手軽にできるために、今わざわざ保険のセールスマンを家によんで説明を受けて生命保険に加入するよりも、手軽にできるので利用している人が多いといわれています。

インターネットで色々としい名保険会社を比較検討して気に入ったところがあればすぐに加入できるというのもうれしいですね。

生命保険のがん保険

生命保険のがん保険ついて解説しています
 
生命保険のがん保険を紹介します。

今日本ではがんで亡くなっている人が一番多いといわれています。がんで亡くなる人が多いということは生命保険のがん保険に加入しておいてもしもの時に備えるのがいいのではないでしょうか。

がん保険は、がんで入院したり手術をしたときに入院給付金を受け取ることができたり、手術給付金ももらえる保険です。

がん保険は入院給付金の支払い日数などが無制限になっていますから他の生命保険の医療保険にはないがんをターゲットにしている保険です。
他にもがんと万が一診断されてしまったときには、診断給付金を受け取ることができますからがんと闘うためにこれから色々とかかる費用の面でも安心することができる生命保険になっています。

がんで亡くなったときには、生命保険の死亡保険金を受け取ることができますし、もちろん、がん以外でなくなることもありますからその時には、死亡保険金で一般的なものを受け取ることができます。

ですからがんだけでなく他の病気で亡くなった場合でも安心して生命保険の死亡保険金を受け取ることができます。

生命保険のがん保険には、契約してから90日間や3か月という待たなければいけない期間があるといわれています。

この期間中にもしもがんになってしまったときでも生命保険の保障の対象にはなりません。

生命保険の養老保険

生命保険の養老保険ついて解説しています
 
生命保険の養老保険を紹介したいと思います。

生命保険の養老保険は、保険期間は決められた一定期間で、その間に万が一死亡したときには死亡保険金を受け取ることができ、生命保険の満期のときに生存している場合には、満期保険金を受け取ることができるという保険です。

死亡保険金と満期保険金というのは同じ額に設定されています。

この養老保険の主な特徴としては、満期まで生存したら満期保険金が受け取れますから定期保険に比べると貯蓄性が高い保険になります。
 
死亡や高度障害になったときでも死亡・高度障害保険金を受け取れるタイプの生命保険もあります。この養老保険は生命保険を子供の教育資金にしたり、老後のための生活資金として利用することも可能です。

たとえば、生命保険金額が1000万円に設定していたとして、55歳までに亡くなったときにはその場で1000万円もらうことができます。もしも55歳満期で55歳まで健康に生存していた時にはそのあと満期保険金を受け取ることができるというタイプの生命保険です。

満期までに亡くなってしまったら、子供たちの生活資金や教育資金に充ててもいいですし、もしも55歳の時点で生存していたら満期保険金を老後のために残しておくのもいいですね。

死亡保険金にかかる税金

死亡保険金にかかる税金をいろいろなケースでみてみます
 
被保険者が死亡すると死亡保険金を受け取ります。

死亡保険金の受取人を誰にするかによってそれにかかる税金が変わってきます。

だれにどのような税金がかかってくるか考えたうえで生命保険には加入しましょう。

・保険契約者と受取人が同じ場合
被保険者が死亡した場合の保険金受取人が保険契約者の場合、一時所得として所得税・住民税がかかります。
 
・受取人が法定相続人の場合
保険契約者と被保険者が同じで受取人が法定相続人の場合は相続税の対象となります。生命保険金は法定相続人一人に対して500万円までは非課税です。

・受取人が法定相続人ではない場合
保険契約者と被保険者が同じで、受取人が法定相続人ではない場合も相続税がかかります。しかし、法定相続人ではないので500万円の非課税は適用されません。

・受取人・保険契約者・被保険者が違う場合
死亡した被保険者と保険契約者、保険金受取人が違う場合には贈与税がかかります。

生命保険の見直し

生命保険の見直しについて詳しく解説してます
 
生命保険は、定期的に見直すことがいいとされています。

それは、独身の時の保険と結婚して家族が出来たときの保険では保障内容を変える必要があるからです。

独身の時は、医療重視の保険で、結婚した時や子供が出来たときには、家族のための保障が必要になります。

具体的な保険の見直し方
 
・中途増額
現在契約継続中の保険の保証額を大きくするものです。増額部分はその時点での年齢と保険料率を用いて計算されるので保険料は高くなります。

・保険を解約して新規加入
現在加入中の保険契約を解約して新規加入します。解約返戻金がある時は、それを新規加入分に組み入れて保険料の負担を少なくすることもできます。

新規加入保険の契約が成立してから前の保険契約は解約しましょう、そうでないと健康上の問題などで新規の保険に加入できないこともあるからです。

・特約の途中付加
現在加入中の保険に、特約を付加するものです。特約の保険料は、その時点での年齢と保険料を用いて計算されますので、保険料は高くなります。

・特約の変更
現在加入中の保険の特約を変更することです。

個人年金保険の内容

生命保険の個人年金保険の解説です
 
公的年金の不足を補う目的で加入するのが個人年金保険です。

個人年金保険は生存保険なので、基本的に死亡保険金はありません。

年金開始前であれば、既払込保険料相当の死亡給付金が支払われます。

個人年金保険には6種類あります。

1・有期年金
その期間に生きていれば年金が支払われます。
途中で死亡したら年金は終了します。
 

2・保証期間付有期年金
保証期間中であるならば、生死に関係なく年金は支払われます。
保証期間を過ぎると生きている場合に限ってあらかじめ定められた期間だけ年金が支払われます。

3・確定年金
生死に関係なく、定められた期間に年金が支払われます。

4・終身年金
生涯年金が支払われます。
死亡すると、その時点で年金は終了します。

5・保証期間付終身年金
保障期間中は生死にかかわらず年金が受け取れ、保証金後は生きている場合に限り年金が支払われます。

6・保証期間付夫婦年金
夫婦いずれかが生きている限り年金が支払われます
保証期間が付いています。

個人年金保険は老後の資金づくりのための保険です。

生命保険の考え方

生命保険に入るときの考え方は、多くの生命保険を掛ければいいというものではありません
 
生命保険のについて考えてみましょう

生命保険に加入を考える時に大事なことは、年金や健康保険などの公的保障や預貯金などによる保証では十分でない部分を補うということです。

生命保険は、必要以上に金額を大きくすると当然毎月の掛け金も高くなります。

はたして、そんなに保険をかける必要があるのか今一度検討しましょう。
 

意外と、保険会社の人の勧めるままに生命保険に加入している方は
多いのです。

しかし、保険は足りない部分を補うために加入するということを今一度考えて下さい。

よく、以前から加入していた生命保険を見直して新しく加入しなおしたという話を
聞きますが、それは、もしかしたら必要以上に高い保険料を払わなければ
ならない生命保険に加入していたのかもしれません。

いまは、どこの生命保険会社もその個人に合った保険をすすめてくれるように
なってきました。

昔は、生命保険もセット販売で必要でない保障のついた生命保険に結構加入させ
られたりしていました。

今後、生命保険の加入を検討する方は現在の自分にとって必要な生命保険に
加入し余分な出費を抑えましょう。

自分の加入条件を明確にし生命保険の方に伝えることが賢い保険の
加入の仕方と言えます。

女性の生命保険

女性の生命保険について
 
女性の生命保険で人気があるのは医療保険です。

女性でも一生仕事を持って生きる人が増えた現在、女性特有の病気を保障してくれる医療保険に加入する人が年々増えています。

女性向けの医療保険

女性向けの医療保険は、女性特有の病気を手厚く保障した保険です。

病気一般だけでなく乳がんによる手術など女性に限った病気に対して給付金が支払われるタイプのものもあります。
 
妻の医療保障については、夫が加入している生命保険の家族向けの特約が多いのですが、夫の給付額の6割程度の保障になることと、夫が死亡した場合には妻の保障もなくなっていしまいますので注意が必要です。

妻の保障は家族特約で備えるのではなく、単独で医療保険に入るように考えたほうがいいかもしれません。

生命保険の掛け捨て型と貯蓄型の比較

生命保険の掛捨型と貯蓄型の比較と選び方
 
生命保険に加入しようとした時に、掛け捨て型にするのか貯蓄型にするのが考えると思います。

掛捨て型の保険
 
解約をしたとしても、それまで掛けてきた保険料は返らないか、返ってきたとしても少額です。

貯蓄性は低いが保険料が安く抑えられるという利点があります。

保健期間を定めその間に死亡すると死亡保険金が受け取れる。
 
加入した保険が満期になった時に、被保険者が生存していたとしても満期保険金は支払われません。

契約期間満了時まで支払ってきた保険金が戻らないことから掛け捨てと呼ばれています。

掛け捨て保険は、損をするような感じで受け取るかも知れませんが、契約期間中にもしもの事があったとしたら、払い込んだ保険金がどんなに少ないとしても多額の保険金を受け取ることができるのですか保障という点だけで考えると決して損とはいえません。

掛け捨ての保険は、掛け金が少ない割に大きな保障を受け取ることができます。

貯蓄型の保険
 
満期になった時に満期保険金が受け取れたり、途中で解約した場合には解約返戻金が期待できる保険です。

この保険の特徴は、満期を迎えた被保険者が場合に死亡保険金と同額の金額が支払われます。

契約途中で死亡したときにはもちろん保険金が支払われます。

満期保険金に死亡保障が付加されていると一般的には考えられています。

当然、掛け金は掛け捨て型と比べると高くなります。

定期保険(掛け捨て)は本当に損なのか?

定期保険(掛け捨て)は本当に損なのでしょうか?
 
定期保険は、掛け捨て保険ともいわれ敬遠されがちですが本当にそうなのでしょうか?

定期保険は、被保険者が保険期間内に死亡した場合にだけ死亡保険金が支払われ、満期時に被保険者が生存していても満期保険金の支払いはない死亡保険の典型的なものといえます。

満期時時に満期保険金の支払いがないことから、それまでに支払った保険料が無駄になると思いこみ「掛け捨て」という言葉が使われます。
 
しかし、この考え方は正しくないといえます。

保険期間中に被保険者が死亡した場合には、保険金が指定された保険金受取人に支払われるという保証がずっと継続していたからなのです。

定期保険(掛け捨て)は、保証という機能だけを目的とした商品であり、保険料の支払いは定期保険という商品の購入代金なのです。

保証のわりに掛け金が安いというのが特徴です。

家族や子供のために安い掛け金で数百万~数千万の保険金を受け取ることが出来るというものなのです。

掛け捨てでなければそれだけ大きな保障を得ようとすると普通の人が毎月払える金額ではないということなのです。

定期保険は掛け捨てだから損という考え方は、ちょっと間違っているかもしれません。

遺族保障に優れは保険は?

残された家族の保障に優れた保険は終身保険です
 
終身保険も定期保険と同様の死亡保険です。

しかし、終身保険は終身を保健期間としているために、遺族補償に優れた機能を備えているものということが出来ます。

定期保険とは異なり、掛け捨てにならないのが終身保険です。

終身保険は、生涯にわたる死亡保障がある保険です。
 
どんなに長生きの人でもいずれは死がおとずれることになります。

このときを、終身保険では保健期間の満了と定めています。

終身保険では、保険に加入してから後の期間はすべてが保健期間となります。

いったん終身保険の被保険者となれば、その人がいつ死亡しても、それはすべて保健期間中の死亡ということになります。

そこで、死亡保障金の支払いとなります。これが、生涯にわたる死亡保障があるということです。

このように、終身保険は定期保険(掛け捨て保険)とは異なり必ず保障が行われるもので、遺族補償に優れた機能を備えている保険といえるのです。

終身保険の内容

・保険期間は、加入から死亡するまでの期間となります。
・保険料は、定期保険(掛け捨て保険)よりも高額となります。
・配当についても、定期保険(掛け捨て保険)よりも高額となります。
・満期保険金はありません
・解約返戻金は、定期保険(掛け捨て保険)よりも高額となります。

終身保険には、自動更新はありません

定期保険は、満期になると自動更新で保険料が高くなりますが、終身保険は生涯が保健期間となりますので自動更新はなく、保険料額に変更はありません。
 
終身保険の分類

・普通終身保険

・定期付終身保険
  終身保険に定期保険を上乗せしたタイプです

・練生終身保険
  2人で1つの終身保険に入るタイプです

保険料の払込期間による分類

・終身払込終身保険
  保険料の払い込みを終身とするタイプです

・有期払込終身保険
  保険料の払い込みを一定期間で終えるタイプです

・一時払込終身保険
  保険料を、加入時に一括して払い込むタイプです。