癌の痛みってどんなかんじ?種類別の症状や痛みの経過に付いて解説!

記事監修者紹介
松葉 直隆
大学卒業後、損保ジャパン日本興亜代理店の保険会社にて5年以上勤務し、年間100組以上のコンサルティングを行う。
その後、2016年6月より保険ブリッジの記事監修を務める。

今までに味わったことがない痛みが走る。

そんな時、自分の身体は一体どうなっているんだろうかっと急に不安がよぎってしまいますよね。

ですが、見落とした事で【今となってはと言う】、苦い思いをしてしまったと後悔していませんか。

そこで、「がんの痛みについて」調べてみました。

この記事でわかること
  1. がんの基礎知識と種類
  2. がんができる要因
  3. がんの再発と移転

これらを中心に「がんの痛み」について徹底調査していきたいと思います。

がんの痛みについて知っておきたい

と思っている方は特に必見の内容となっているので、ぜひ加入前に参考にしてみて下さい!

ざっくり言うと…
  • がんとは、今まで正常だった組織の機能を失い、命まで脅かす病気のこと。
  • がんができる要因は、睡眠不足、ストレス、喫煙、過剰な飲酒などと言われている。
  • がんの痛みには、急性と慢性の痛みがある。
  • あなたの大切な健康お金時間保険の新規加入や見直しは、保険見直し本舗保険見直しラボ保険コネクトといった無料の相談窓口がおすすめ。
  • 保険見直し本舗は全国に250店舗以上、取扱い保険会社数40社以上!店舗型と訪問型を兼ね揃え、契約実績100万件を突破!

保険見直し本舗の公式サイトはこちら!

保険見直し本舗公式HPはこちら

「保険ブリッジ」読者が選んだ いま人気の保険相談サービスはこちら!
gmocoin
日本最大級の全国254店舗!店舗がない場合は訪問サービスで受付も可能! 公式HP
bitpoint
無料相談満足度約90%!今なら無料相談で人気商品プレゼント! 公式HP
bitmex2
保険ショップ掲載店舗数No.1! 日本全国対応!あなたの近所の店舗を探してみましょう! 公式HP

がんとは何?

私達の身体は、約60兆と言う膨大の細胞から構成されているのは知っていますよね?

そして、普段の生活を細胞が記憶し保存されて、毎日の生活が遺伝子がコピーして成り立って生活しているのです。

ですが、その中で遺伝子がミスを起こして遺伝子にダメージを与えてしまうこともあります。

しかし、がん細胞はすぐには大きくなりません。

1㎝の大きさになるまでには、5年から10年はかかると言われています。

がん細胞は留まることは知りません。

ただ、増殖し続ける機能を持ち、正常な組織を破壊して周辺の組織まで侵し、さらには全身にと転移していくのです。

肺・肝臓・リンパ節・骨などの臓器を侵し、今まで正常だった組織の機能を失い、命まで脅かす・・・

それが 、がんと言う病気です。

がんの種類は?

ガンの種類は多様であり、一般的には「~がん」「~腫瘍」を付けて分けています。

ただ、「がん」と言われるよりも腫瘍の方がよく聞きますよね。

腫瘍とは、「細胞が暴走し、増殖して出来た塊」と言われています。

がんが発症する組織による分類

がんが発症する組織による分類
  • 上皮細胞(消化管粘膜・肝細胞など裁縫の表皮部分)由来:悪性腫瘍=「がん」
  • 非上皮細胞(骨・軟骨・筋肉・臓器など結合する組織細胞)由来:悪性腫瘍=「肉腫」
  • 造血器(血液・リンパ液・骨髄)由来:悪性腫瘍=「白血病」・「悪性リンパ腫」など

がんの種類の中で代表的ながんと言えば、

代表的ながんの種類
  • 肺がん
  • 乳がん
  • 胃がん
  • 大腸がん
  • 子宮ガン
  • 喉頭がん
  • 舌がん

 

肉腫の種類
  • 骨肉腫
  • 軟骨肉腫
  • 横紋肉腫
  • 繊維肉腫
  • 脂肪肉腫
  • 血管肉腫

主に発生した組織の場所に関連して付けられています。

また、造血器で出来るがんと言えば、白血病・悪性リンパ腫などが代表的です。

ただし、造血器のがんを除く殆どのがんにおいては、塊で形成され増大するため、またの名を固形腫瘍とも言われています。

一般的には「癌」と「肉腫」を総称して、がんと言われています。

発症別に分類すると

がんを発症別に分類すると以下の2つにわけることができます。

上皮細胞から発症

扁平上皮癌

がん発生部位
  • 皮膚
  • 食堂
  • 咽頭
  • 口腔
  • 上顎
  • 子宮頚部
  • 陰嚢

特徴として、リンパ腺・血管を通り、他の臓器に転移しやすいということが挙げられます。

腺上皮癌

がん発生部位
  • 肝臓
  • 腎臓
  • 胆のう
  • 前立腺
  • 甲状腺
  • 乳房
  • 卵巣子宮体部

特徴として、主に内蔵に発生しやすいということが挙げられます。

硬い腺維構のものを硬がんを「スキルス」と呼びます。

未分化がん

がんの発生部位は、殆どの臓器です。

特徴として、扁平上皮癌や腺上皮癌など分類ができないということが挙げられます。

また、好発部位も特に決まっていません。

肉腫から発症

肉腫

がん発生部位:骨・筋肉・繊維(神経)細胞など

がん発生部位
  • 筋肉
  • 繊維(神経)細胞

特徴として、胃・腸など筋細胞とその他一部に発生しやすいということが言えます。

悪性リンパ腫・白血病

がん発生部位
  • リンパ節
  • 脾臓
  • 扁桃腺
  • 骨髄

特徴として、造血細胞のガンということが挙げられます。

また、血液の悪性腫瘍と呼ばれています。

がんができる原因

がんができる原因・・・。

それは、未だはっきりとわかっていないのが現状です。

がんんができる主な要因

がんができる主な要因
  • 加齢
  • 高齢
  • ストレス
  • 環境汚染
  • 喫煙
  • 副流煙
  • 栄養不足
  • ウィルス感染
  • 睡眠不足
  • 過剰な飲酒
  • 体型

これらが重複し、長期にわたって蓄積すれば、がんの影響はあるのではと言われています。

食生活と喫煙との関係

食生活と喫煙では、がんに対して大きな影響があると言われています。

1996年アメリカのハーバード大学で研究した結果、食生活の改善で約30%のがんの死亡率を回避できると、報告されているからです。

日本でも、食生活が日本食から欧米食と一般家庭に広がると共に、大腸がん・前立腺がんなどを抱える国民が増えてきています。

それらは、欧米で多く見られたがんの種類ですが、日本でも多く見られるようになりました。

その事を考えると、食生活の内容がいかに大きく影響を及ぼすかと考えられています。

喫煙との関係

喫煙に関しては、身体に悪いと言われていますね。

それは、タバコそのものに数十種類の発がん物質が多く含まれているからです。

研究によると、がん死亡率は男性では約50%、女性では約5%前後喫煙に深く関わっています。

もちろん、副流煙も含んだ数字となっています。

これらの要因が重複し、さらに環境にも長期間と置かれては発症のリスクは上がってしまいます。

がんの痛みについて

疼くような痛み

痛みには2種類あります。

急性と慢性の痛みと分かれます。

急性の痛みは、痛みそのものが警告として反応していて、痛みの経過を示すパラメーターの一つとも言われています。

診断が確定するまでは、出来る限り痛みを取り除かないことが望ましいと言われていました。

近年においては診断の発展と共に、診断や治療に妨げる疼痛(とうつう)をいかにして取り除くか最も大事になってきています

慢性の痛みは、痛みそのものが患者にとって、様々な障害となっています。

その為には、疼痛の制限が最も重要になります。

痛みの原因

がんの進行に伴って身体的に痛みが伴います。

「内臓器官」へのがんの痛みは?

消化器や泌尿器・生殖器にがんが原発した場合、初期の状態では痛みは伴わない事が多いですが、進行すると痛みが生じます。

がんが発生後は、腹膜腔に広がり痛みが出やすいと言われています。

管腔臓器にがんが浸透した場合、内容物の通過を妨げると痛みが出ます。

管腔臓器の一例
  • 尿管
  • 子宮
  • 膀胱

消化器のがんの痛み

食道がん

初期のがんの場合

食べ物を飲み込んだ時に違和感や、胸の奥がチクチクとした痛みが出る。

または、熱い物を飲み込んだ時しみるような痛みがある。

がんが増大した場合

食道はと言うと、内側が狭くなり食べ物がつっかえている感じなります。

その時に痛みも一緒に出ます。

がんが拡大した場合

食道の壁を貫き肺や背骨、大動脈を圧迫して、胸の奥や背中に痛みが出ます。

がんが進行した場合

気管支・肺と進行して、咳や血痰と共に痛みが生じます。

胃がん

胃がんの痛みで最も多い痛みは、みぞおちを中心とした痛みが出ます。

胃がんが進行した場合

管腔がすぼまって狭くなり、食べ物が通過すると通過障害を引き起こし痛みが生じます。

大腸がん

大腸がんが進行する際、内腔に向かって増殖しますが、痛みが感じる事はほとんどないです。

ただし自覚症はあります。

大腸がんの自覚症状
  • 便秘がち
  • 便が細い

これらの3大自覚症状がありますが、腹痛は少ないです。

直腸がんが潰瘍を起こし、二次感染を起こすと炎症の痛みが出てきます。

がんが増殖した場合、通過障害が起き腹痛として痛みが出ます。

がんが大腸の外壁に拡がると骨盤腔内に入り込んで、痛みとして出ます。

肝がん

肝臓に出来たがんや肝臓に転移したことで、右上腹部やみぞおちに痛みが出ます

肝臓にがんが発生し増殖すると肝臓の被膜が伸び、被膜にある痛覚を刺激して鈍い痛みが出ます。

症状として、肝臓そのものに出ます。

ドル建て保険ってどんな保険?その内容からおすすめの商品を解説します!

腹部上部に痛みや圧迫感、不快感として出てきます。

がんが肝臓の表面に拡がると、腹腔内に出血して痛みが出ます。

がんが増大になった時、血栓ができ血管が塞がれ、また排便などで腹圧が上がるとがんが破裂して痛みが出ます。

脾臓

脾臓がんでは、膵管(すいかん)が徐々に閉塞されますが、急激に膵管の内圧の上昇が起こりません。

そのため、強い腹痛が起きにくいため、沈黙の臓器と言われています。

がんが増大する事で、膵液(すいえき)の通路でもある膵管の内圧が上昇するれば、痛みが出ます。

増殖したがんが後腹膜に拡がると、上腹部は背部に強い痛みが出ます。

がんが転移したことで、膵液の排泄が滞る事で膵液に含まれる分解酵素が活性化され、脾臓の分解が促進されます。

この影響によって、血液成分が血管外漏出することで、脾臓が腫れてしまいみぞおちから背部にかけて痛みが出ます。

泌尿器がんの痛み

腎がん

腎臓にがんが発生した場合、急速に増殖します。

腎臓の被膜が伸びて、腰や背部、肋骨などに痛みが出ます。

また、腎臓・腎盂・尿管にがんが出来ると大量の出血が出ます。

出血によって血液が固まり凝血塊(ぎょうけっかい)となって、尿管が閉塞になります。

閉塞が起こると、尿路結石のような、鋭い激しい痛みが出ます。

膀胱がん

膀胱にがんが出来ると鈍い痛みが下腹部に出ます。

また、膀胱から大量に出血すると、膀胱内で血液が固まり痛みが出ます。

女性特有のがん

乳がん

女性に多く見られるがん。

がんが炎症市入選内にとどまっている状態でも、痛みを感じる事は少ないが、炎症が拡がると痛みが出ます。

がんが胸郭(きょうかく)までに及び、がん組織によって潰瘍ができたり感染されれば、痛みが出ます。

また、乳房手術によって、神経を損傷すれば痛みが出ます。

その他の部位で痛み

がん組織による血管閉鎖の痛み

血管壁にがん組織が及ぶと、灼けつくような痛みや疼く痛みが出ます。

血管を完全に閉塞化部分的に閉塞になると、うっ血や虚血が出て、むくみを起こして痛みが出ます。

骨転移

がんが増大し、骨の膜に拡がると痛覚を刺激して痛みが出ます。

進行がんの場合は、胸に痛みが出ます。

末梢神経による痛み

がんによって、末梢神経や脊髄神経を圧迫。

それにより、がんの軟部組織の広がりで痛みが出ます。

他にも、手術や化学療法に放射ん治療によってがん治療の結果、神経損傷による痛みが出ます。

脳内転移

脳そのものに痛みは感じません。

ですが、がんが脳に転移した場合、痛覚を刺激して大血管髄膜で痛みが出ます。

がん患者による痛みは、身体的な疼くような痛みだけではありません。

社会的・精神的・経済的などありとあらゆる痛みとして捉える必要性があり、その痛みの評価としては、痛みによる質や痛みの量・生活困難の度合いが最も重要になります。

がんによる痛みは、がん患者特有の症状などと密接な関連を持つことが多々あります。

がん患者特有の症状
  • 体重の減少
  • 食欲不振
  • 呼吸困難

また逆に睡眠や休息・人とのコミニュケーションなどが、痛みを減少させると言われています。

疼痛のコントロールは、身体的な疼痛を取り除くことが先決です。

それが難しい患者の場合は、理解してもらい指示をする事で、痛みを和らげる事ができる可能性があります。

再発と転移について

「転移」とは?「再発とは?」と聞かれても答えにくいですよね。

簡単に説明します。

がんの転移とは

がん細胞がリンパ液や血流に乗って、他の臓器や器官に流れます。

そして、行き着いた場所でがん細胞を増殖させることを「転移」と言います。

がんの再発とは

がん治療後に体内に潜んでいた微小のがん細胞が増殖し、検査で見つかるほど増大になる事を言います。

初発と同じ場所か近い場所に再発した場合は、「局所再発」と言います。

その場合は、比較的に治療しやすいです。

まとめ

日常生活を送っている中で、身体に違和感や痛みが感じるようであれば、早めに診てもらいましょう。

がんの早期発見や早期治療は、生存率や治癒率が非常に高く、がんの根本的に治すには、早期発見が最も重要と言えます。

医療保険の保険料平均ってどのくらい?全国平均や見直しの注意点!

がんにならない為には、食生活や禁煙を心掛けることが大切です。

一年に一度のがん検診も活用して、健康な体を目指しましょう。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る