学資保険の保険料の平均額はどのくらい?くわしく解説します!

学資保険は、お子さんの教育資金の確保を目的とした保険です。お子さんの将来を考え、加入を検討する保護者の方々もたくさんいらっしゃることでしょう。

この保険は、加入の際にお子さんが何歳の時に満期金等の受取をするのかを決め、加入契約締結後は資金をコツコツと積み立てていきます。

現在では大学の入学もさほど難しくはなくなり、大学進学を想定して早期の備えが求められます。

そこで気になるのは、学資保険に加入した保護者がどれくらいの保険料を毎月支払い、お子さんが何歳の時に満期金等を受け取れるように契約しているのか、ではないでしょうか?

これから契約をしたい保護者の方は支払保険料や、保険料の払込期間、下りる満期金等のお金を加入契約時に決定しなければなりません。

その決定は保護者、何よりお子さんの将来にかかわるため慎重にならざるを得ない事でしょう。

そこで今回は、学資保険の保険料支払額の平均や、満期金の受取額を検証し、加入した保護者が学資保険をいつ必要としているのかを説明します。

この記事を読めば、学資保険へご加入の際の良い参考資料になることでしょう。

 

目次

1.学資保険について

  • 1-1.学資保険とは
  • 1-2.学資保険の特徴
  • 1-3.学資保険の種類

2.学資保険の平均額について

  • 2-1.学資保険の保険料支払額の平均はどれくらい?
  • 2-2.学資保険の受取額はどのくらい?
  • 2-3.保護者は学資保険をいつ必要としている?

3.大学入学の費用について

  • 3-1.大学に入り易くはなったけど
  • 3-2.大学4年間の学習費はこんなにかかる!
  • 3-3.自宅通学だけとは限らない

4.大学別の初年度学生納付金について

  • 4-1.私立大学について
  • 4-2.公立大学について
  • 4-3.国立大学について

5.学資保険の活用

  • 5-1.保護者は大学の初年度学生納付金を考慮している
  • 5-2.残りの大学の費用はどうする?
  • 5-3.学資保険を貯蓄だけで考えない

6.学資保険の商品の紹介

  • 6-1.フコク生命「学資保険 みらいのつばさ」
  • 6-2.ソニー生命「ソニー生命の学資プラン」
  • 6-3.かんぽ生命「学資保険 はじめのかんぽ」

7.まとめ

1.学資保険について

我が子の将来の教育のために学資保険へ加入を考えている。

結婚したばかりだが、子が生まれていない段階からいろいろと考えたい・・・。

まず学資保険とは、どんな保険でどんな特徴があるかをまず知っておきたい。

こちらでは学資保険について特徴と、その種類を説明します。

1-1.学資保険とは

学資保険とは、子の将来の教育資金のサポートに特化した保険のことです。

加入を希望する場合には、学資保険を扱う生命保険会社・共済のような民間会社と契約を結ぶ必要があります。

加入契約者は事前に子が何歳の時にお金が下りるかを契約で決め、保険料を毎月コツコツ支払い、子が契約で決めた年齢になると祝い金や満期金等を受け取ることができます。

子は概ね幼稚園、小学校、中学校、高校と進学することになります。幼稚園に入園し、高校卒業までに必要な学習費は、私立進学か公立進学かで大きく差があります。

また、大学・短期大学にまで進学すれば、私立・国立・公立によっても必要となる学習費は異なります。

学資保険を契約する際には、現在の家計の状況はもちろんのこと、子がいつの段階で学資保険を受け取れば良いのか、加入契約者がそのタイミングを慎重に考える必要があります。

1-2.学資保険の特徴

学資保険を契約した後に支払う保険料は、各保険会社および加入契約者が選択したプランにもよりますが、毎月だいたい6,000円~17,000円となります。

学資保険には、それぞれ加入する際に子の年齢制限があり、概ね7歳くらいまでが加入できる上限です。ただし、学資保険の中には12歳程度まで加入可能な保険もあります。

また、学資保険は子が生まれていなくとも配偶者が妊娠中の場合は、加入ができる保険があります。

学資保険の保障内容としては、①保険契約が満期になると受け取れる保険金である「満期保険金」と、②小学校・中学校・高校・大学に入学した際、祝い金として一時金を受け取れる「入学祝い金」があります。

1-3.学資保険の種類

学資保険は教育資金のための積立のみならず、子が成長していく中で万が一病気やケガをした場合も保障の対象になる保険があります。

学資保険は「貯蓄型」と「保障型」という2つのタイプがあります。それぞれの内容としては下表の通りです。

学資保険 目的 保障内容 返戻率(※)
貯蓄型 幼稚園~大学・短期大学までにかかる多額の学習費を賄うための学資保険
  • 満期保険金
  • 入学祝い金
103%~108%程度
保障型 保護者・子が病気やケガにより、まさかの事態になった時に保障が受けられる学資保険
  • 満期保険金
  • 入学祝い金
  • 特約で入院給付金、手術給付金、放射線治療給付金等を付加
概ね100%未満

(※)返戻率:契約者が支払う保険料総額に対し、実際に受け取ることのできる保険金の割合のことです。

上の表をみると、貯蓄型は100%を超えているため「実際の受け取るお金+利息」というケースが多く得をしますが、保障型の場合は医療保障が充実している分、返戻率は低く100%未満です。

つまり、保障型は契約者が支払う保険料総額に対し、実際に受け取ることのできる満期保険金等の割合が低くなることを意味します。

2.学資保険の平均額について

学資保険にも種類があって積立重視や、医療保障を重視するタイプがあるということはわかった。

学資保険に加入している保護者たちは、どの位の保険料を毎月支払っているのだろう?受取額も含めて是非参考にしたい・・・。

こちらでは、学資保険の毎月の支払保険料の平均と受取額を検証します。

2-1.学資保険の保険料支払額の平均はどれくらい?

学資保険に加入した保護者は、毎月どの位の保険料を支払っているのでしょうか?

楽天リサーチ会社が2014年に行った調査では次のような結果になっています。

○アンケート結果

  • 調査対象:20~40代主婦(100名)
  • 児童の年齢:12歳以下
  • 調査期間:2014年7月15日~7月16日
[表1]
毎月の支払保険料 割合
5,000円未満 13%
5,000円~10,000円未満 31%
10,000円~15,000円未満 45%
15,000円~20,000円未満 5%
20,000円~25,000円未満 2%
25,000円~30,000円未満 1%
30,000円以上 3%

毎月の支払保険料が10,000円~15,000円未満が45%を占め最も高い割合になっています。その次に5,000円~10,000円未満の31%が続きます。

2-2.学資保険の受取額はどのくらい?

学資保険に加入した保護者は、学資保険の満期保険金の受取額はどの位で設定しているのでしょうか?

前述した「2-1.学資保険の保険料支払額の平均はどれくらい?」の調査では次の結果となっています。

[表2]
受取額 割合
100万円未満 6%
100万円~150万円未満 19%
150万円~200万円未満 16%
200万円~250万円未満 31%
250万円~300万円未満 9%
300万円~350万円未満 12%
350万円~400万円未満 2%
400万円~450万円未満 1%
450万円~500万円未満 2%
500万円以上 2%

多少バラけてはいますが、200万円~250万円未満が31%と最も多く、次いで100万円~150万円未満が19%と続きます。

2-3.保護者は学資保険をいつ必要としている?

加入した保護者は、学資保険をどの時点で活用したいと考えているのでしょうか?

前述した[表1]では、45%に上る加入者が毎月の支払保険料「10,000円~15,000円未満」に集中しています。

一方、[表2]では、31%の加入者が学資保険(満期保険金)受取額「200万円~250万円未満」としています。

子が0歳の時に加入して、18年間にわたり積み立てる契約を締結した場合、毎月の支払保険料が10,000円ならば合計額が216万円、11,000円ならば合計額が237万6,000円と、およそ[表2]の受取額「200万円~250万円未満」に該当します。

つまり、保護者は子が18歳になり大学・短期大学に入学する時期に学資保険を活用したいと考えていることが、[表1]・[表2]から推測できます。

3.大学入学の費用について

大学は随分、自分の時よりも入学しやすくなったのは事実だ。

しかし、その学習費にかかる費用はおよそどれくらいなのだろう?

まずは、大学4年間にかかってしまう費用を知りたい・・・・・。

こちらでは、大学4年間の学習費について説明します。

3-1.大学に入り易くはなったけど

大学への進学者は増加の一途をたどり、総務省統計局によれば平成29年度では大学進学率が男女合計して52.6%となっています。

大学数は旺文社教育情報センターによれば、国立・公立・私立大学で総計764大学(平成29年度)に上ります。

少子化が今後も進展していくことになれば、より大学は入り易くなると予想されます。

ただし、やはり問題は大学4年間の学習費です。国立・公立・私立大学で学習費に大きな差があり、また学部毎でもそれぞれかかる費用は異なります。

3-2.大学4年間の学習費はこんなにかかる!

大学の学習費の内訳は下表の通りです(独立行政法人日本学生支援機構『平成26年度学生生活調査』結果の概要を参考に作成)。

ただし、私立・国公立大学の違いの他、医学部・歯学部進学によっても学習費は大幅に異なる場合があります。

○学習費(大学1年間)

1年間 授業料 その他の学校納付金 修学費、課外活動費、通学費 学習費総額
国立 498,900円 10,500円 138,300円 647,700円
公立 519,500円 16,600円 130,200円 666,300円
私立 1,042,200円 164,300円 155,100円 1,361,600円

単純に大学4年間を計算すれば、国立大学で約259万円、公立大学で約267万円、私立大学で約544万円となります。なお、入学金や留学等をする場合の費用を含めれば、更に費用は高くなります。

3-3.自宅通学だけとは限らない

子が大学に進学し、自宅通学ではなく学寮や下宿・アパートで生活する場合はその住居費・光熱費も考慮する必要があります。

居住形態別の生活費の平均は下表の通りです(独立行政法人日本学生支援機構『平成26年度学生生活調査』結果の概要を参考に作成)。ただし、居住場所が都心や地方かどうかでも住居費用等に大きな差が生じます。

○生活費(大学1年間)

1年間 住居・光熱費 食費 保健衛生費 娯楽等 その他 生活費総額
自宅   ・・・ 124,300円 41,700円 163,600円 249,200円 578,800円
学寮  261,200円  203,900円  32,300円  109,900円  124,700円  732,000円
下宿・アパート等  446,600円  280,000円  35,200円  159,500円  186,200円  1,107,500円

こちらの生活費も単純に大学4年間を計算すれば、自宅通学で約232万円、学寮の場合は約293万円、下宿・アパート等の場合は約443万円となります。

4.大学別の初年度学生納付金について

大学4年間の学習費に加え、生活費も無視できないほど多額に上ると言うことか・・・・。

おそらく初年度では、入学金も必要になるのでかなりまとまった金額が必要であることは予想される。

できるだけ詳細な初年度の納入金について情報を知りたい・・・。

こちらでは、私立・公立・国立大学および各学部にわけて平均費用をより詳細に紹介します。

4-1.私立大学について

こちらでは私立大学の初年度納付金平均額を説明します。学部系統別では下表のとおりです(旺文社教育情報センター「平成28年度学費平金額」を参考に作成)。

学部系統別 入学金 授業料 初年度納付金
文学部 241,130円 758,849円  1,288,086円
外国語部 240,455円 752,597円  1,287,697円
人文、教養、人間科学部 240,024円 771,911円  1,302,717円
教育、教育養成系学部 245,466円 770,347円 1,342,153 円
法学部 230,499円 731,790円  1,218,068円
経済、経営、商学部 231,720円 738,492円  1,240,366円
社会、社会福祉学部 241,409円 763,550円  1,301,196円
国際関係学部 232,604円 781,071円 1,298,042 円
理学部 242,164円 960,335円  1,545,681円
工学部 241,854円 997,754円  1,588,247円
農、獣医畜産、水産学部 251,475円 904,016円  1,591,773円
医学部 1,273,333円 2,749,167円 7,455,537 円
歯学部 600,000円 3,148,824円  5,330,706円
薬学部 329,859円 1,393,411円  2,153,655円
看護、医療、栄養学部 272,513円 966,124円  1,694,388円
家政、生活科学部 249,073円 782,444円  1,375,517円
体育、健康科学部 245,178円 806,311円 1,391,877 円
芸術学部 246,315円 981,948円  1,610,143円

医学部・歯学部の初年度納付金が突出しています。

他の学部の場合は、初年度で120万~210万円程度かかることになります。

なお、初年度納付金には入学金・授業料の他、実習費等も加算されています。

4-2.公立大学について

公立大学は、入学金が地元出身者であるか否かで大きく異なる場合があります。

そこでこちらでは、地域内と地域外のケースに分けて初年度納付金を紹介します。

学部系統別(地域内) 入学金 授業料 初年度納付金
文学部 222,215円 534,646円  798,176円
外国語部 211,941円 519,159円  771,139円
人文、教養、人間科学部 210,127円 514,869円 774,733円
教育、教育養成系学部 227,290円 541,320円 808,389 円
法学部 189,731円 533,492円  776,949円
経済、経営、商学部 211,768円 540,265円 812,024円
社会、社会福祉学部 213,870円 537,673円 800,509円
国際関係学部 219,920円 541,872円 817,038 円
理学部 228,855円 535,418円  801,947円
工学部 212,885円 530,094円  791,623円
農、獣医畜産、水産学部 241,836円 535,800円  812,049円
医学部 250,625円 540,450円 921,599 円
歯学部 282,000円 535,800円  817,800円
薬学部 233,800円 535,800円  871,510円
看護、医療、栄養学部 227,618円 536,446円  820,539円
家政、生活科学部 224,667円 539,857円  823,972円
体育、健康科学部 225,125円 557,100円 821,390 円
芸術学部 228,143円 535,086円 813,125円

公立大学の場合も、理工学系統および医学系統は文系よりも初年度納付金は高いですが、私立大学ほど際立った学部系統別の金額的な開きはありません。

学部系統別(地域外) 入学金 授業料 初年度納付金
文学部 358,533円 534,550円 937,841円
外国語部 363,356円 518,119円  924,016円
人文、教養、人間科学部 353,156円 514,032円 919,914円
教育、教育養成系学部 373,933円 541,933円 960,066円
法学部 348,033円 533,300円  936,762円
経済、経営、商学部 361,944円 540,544円 964,719円
社会、社会福祉学部 352,168円 537,794円 941,603円
国際関係学部 373,250円 542,125円 973,964 円
理学部 376,276円 535,400円  952,335円
工学部 352,158円 529,921円  932,172円
農、獣医畜産、水産学部 382,218円 535,800円  952,431円
医学部 549,857円 541,114円 1,218,713 円
歯学部 520,000円 535,800円  1,055,800円
薬学部 407,720円 535,800円 1,045,430円
看護、医療、栄養学部 385,689円 536,489円 980,470円
家政、生活科学部 396,114円 539,857円  995,420円
体育、健康科学部 372,700円 557,100円 968,965円
芸術学部 390,747円 535,011円 980,907円

地域外の学生の場合は、入学金が地元出身者と比較し全体的に10万円以上多くなります。

医学部・歯学部・薬学部は、特に地元出身者とそれ以外の学生とで差が顕著になり、その分、初年度納付金も高額になります。

4-3.国立大学について

国立大学に関しては、入学金・授業料は文部科学省令で標準額が定められています。文系・理系・医学系で入学金・授業料・初年度納付金で大きく差が開くことはありません。

各大学ではその20%増を限度に、入学金・授業料を判断していくことになります。

国立大学の標準額は下表のとおりです(文部科学省「国公私立大学の授業料等の推移」を参考に作成)。

平成29年度(昼間部) 入学金 授業料 初年度納付金
文部科学省令 282,000円 535,800円 817,800円

5.学資保険の活用

大学は特に私立の初年度納付金をはじめとした学習費が非常に高額だ。

学資保険をかけたとしても、大学4年間をとても賄いきれるものではない・・・。

こちらでは、前述したデータから伺うことのできる加入者の学資保険の活用術と、その他の金銭的サポートを説明します。

5-1.保護者は大学の初年度学生納付金を考慮している

「2-2.学資保険の受取額はどのくらい?」でも前述した通り、受取額の割合で最も多かったのが「200万円~250万円未満」です。

この位の額の満期保険金を受け取ることができれば、私立大学であっても、医学部・歯学部を除いた初年度納付金を支払うための十分な金銭的サポートになります。

しかし、大学は4年間あります。200万円~250万円程度のまとまった満期保険金をもらえたとしても、在学中に自宅から離れて暮らす場合や、理工系・医学系の大学に進んだ場合、さらには留学も検討する場合もあることでしょう。

そうなれば、更に多額の教育資金が必要となります。

大学は、学生が自分で考え、何を目指して学問や経験を積んでいくか非常に大事な4年間です。

ただし、その機会を与えられるのは学生自身の努力と、大学に支払う『お金』です。

次項では、初年度納付金をクリアした後の、金銭的サポートについてご紹介します。

5-2.残りの大学の費用はどうする?

保護者は、離れて暮らす大学に入学した我が子のために仕送りを行うと思います。その他に、子は大学生になったらアルバイトも積極的にはじめることでしょう。

また、学資保険に加入した保護者は学資保険の他、預貯金も教育資金に充てることでしょう。

ただし、それでは生活費を無理に切り詰めることになることや、子が大学に入る頃には保護者自身の就労形態が変化していることがあるかもしれません。

大学4年間の安定した学生生活のために、「奨学金制度」の活用も考慮に入れましょう。

例えば、各大学では返還する必要のない給付型の奨学金を例外なく設けています。募集期間や、給付条件をしっかりと確認し応募を検討しましょう。

また、「独立行政法人日本学生支援機構」では、学生が安定した大学生活を送るために、給付型奨学金、無利子貸与型奨学金(※1)、有利子貸与型奨学金(※2)、留学のための奨学金制度を多様に設け、奨学金対象者を募集しています。

ただし、奨学金制度によっては高校卒業見込みの学生で大学入学前に審査を行う奨学金や、大学在学中の大学生を対象とする奨学金、所得条件等、いろいろと募集対象・条件が異なるタイプの奨学金制度があります。

しっかりと奨学金の種類・募集条件を確認し、応募を検討することをおすすめします。

詳しくは、ホームページ「独立行政法人日本学生支援機構」をご確認ください。

(※1)無利子貸与型奨学金・・・貸与型は受け取ったお金をいずれ返さなければいけないタイプで、無利子の場合、返済額は受け取ったお金さえ返せば良い奨学金のことです。

(※2)有利子貸与型奨学金・・・こちらは貸与型で、受け取ったお金に利息を付けて返す必要がある奨学金のことです。

5-3.学資保険を貯蓄だけで考えない

ここまで説明してきた内容は、大学4年間の学習費・生活費には多額のお金が必要なこと、学資保険の役割はコツコツ積み立てて貯蓄とし、大学入学の際の初年度納付金へ活用すること、を説明してきました。

一方で、大学進学以上に大切なことがあります。それは子が万が一の病気やけがをした場合の金銭的サポートです。

この場合の学資保険は、「1-3.学資保険の種類」でも説明した「保障型」と呼ばれる学資保険です。

前述した通り子に対する手厚い医療保障が期待できるものの、返戻率は低く元本割れを起こしてしまう面があります。

貯蓄メインに考えている加入希望者には向かない学資保険ではありますが、子の大学進学以前に次のような懸念があるなら、こちらの保障型学資保険を検討することも大切です。

  • ご自分または配偶者の家系が病弱な家系であり、子も病弱になるのではないかと心配な場合
  • 学資保険としてある程度お金を積み立てておきたいが、子がこれから成長していく過程で、大けがや病気をした時に金銭的サポートを受けたい場合

6.学資保険の商品の紹介

学資保険を加入した保護者達がどのように保険金を使いたいかよくわかった・・・。

では、学資保険にはどのような保険商品があるのだろう?

こちらでは、学資保険の保険商品の一例をあげます。保険選びの際の参考にしてください。

6-1.フコク生命「学資保険 みらいのつばさ」

貯蓄型の学資保険です。子の入園・入学・成人式に合わせてお祝い金を受け取ることができ、大学卒業時には満期保険金を受け取れる「ステップ型」と、大学進学時に祝い金を受け取ることができ、大学卒業時には満期保険金を受け取れる「ジャンプ型」のいずれかを選択することができます。

また、子の出生前から加入可能で、出産予定日の140日前から最高7歳まで加入することができます。また、2人目の子から保険料が割り引かれる「兄弟割引」があります。

○保険料例

  • 受取総額:200万円
  • 返戻率:約105.5%
  • 保険料払込期間:11歳まで
  • 加入契約時の子の年齢:0歳
契約者年齢 男性 女性
25歳の場合 14,343円 14,313円
30歳の場合 14,354円 14,327円
35歳の場合 14,383円 14,348円

6-2.ソニー生命「ソニー生命の学資プラン」

貯蓄型の学資保険です。こちらの学資保険のプランの中には米ドル建で積立を行うことができるものもあります。

ドル建(米ドル)で運用する場合、満期保険金を受け取るタイミングを豊富に選ぶことができ、15年満期~20年満期までの間、1年単位で選ぶことが可能です。

○保険料例

  • 受取総額:200万円
  • 返戻率:約107.0%
  • 保険料払込期間:10歳まで
  • 加入契約時の子の年齢:0歳
契約者年齢 男性 女性
25歳の場合 15,532円 15,504円
30歳の場合 15,540円 15,516円
35歳の場合 15,568円 15,536円

6-3.かんぽ生命「学資保険 はじめのかんぽ」

保障型の学資保険です。コースは①「大学入学時」の学資金準備コース、②「小・中・高+大学入学時」の学資金準備コース、③「大学入学時+在学中」の学資金準備コースに分かれています。

医療保障の特約は次の通りです。

  • 入院初期保険金・・・・・22,500円を受け取ることができます。
  • 入院保険金(日額)・・・1日につき4,500円を受け取ることができます。
  • 手術保険金(外来)・・・22,500円を受け取ることができます。
  • 手術保険金(入院)・・・90,000円を受け取ることができます。
  • 放射線治療保険金・・・45,000円を受け取ることができます。

○保険料例

  • 受取総額:200万円
  • 返戻率:約96.7%
  • 保険料払込期間:12歳まで
  • 加入契約時の子の年齢:0歳
契約者年齢 男性 女性
25歳の場合 14,320円 14,300円
30歳の場合 14,320円 14,300円
35歳の場合 14,340円 14,320円

7.まとめ

大学入学までになると、どうしても必要となる教育資金は多額になります。

返戻率が高い貯蓄型の学資保険は将来に頼りになる保険と言えますが、子の病気やケガの金銭的サポートも考慮に入れるなら保障型の学資保険も検討し、将来と万が一のための備えとしておくことも良い方法の一つです。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る