生命保険でパッと節約!保険の見直しで絶対に注意すべきポイントとは

「保険ブリッジ」読者が選んだ いま人気の保険相談サービスはこちら!
gmocoin
いまなら約3万種類の優遇サービスが付いてくる! 公式HP
bitpoint
約30社の取扱保険会社からお客さまにピッタリの保険をオーダーメイドできる。 公式HP
bitmex2
経験豊富なFPが多い! 今なら無料の保険相談で豪華特典プレゼント! 公式HP

あなたが加入している生命保険、実は余分な保険料を支払って損しているかも?

そんな人のために、節約に繋がる「保険の見直し」ポイントをご紹介。
合わせて生命保険を見直すべき理由も、ご説明します。

目次

⒈「保険の見直し」はしないと損!いま給与の1割が保険料に
1.1 ひと世帯、年間40万円以上の保険料を払っている日本

⒉ これで家計がラクに?生命保険の見直しをすべき3つの理由
2.1 保険は日々変化するから
2.2 ライフステージが変わるから
2.3 「何かあってから」では遅いから

⒊「生命保険の見直し」のとき絶対に知っておくべき6大ポイント
3.1 生命保険に加入する目的
3.2 保険の種類
3.3 保障金額
3.4 保険料
3.5 保障が必要な期間
3.6 保険金受取人

⒋ まとめ

「保険の見直し」はしないと損!いま給与の1割が保険料に

世界的に見ても、トップクラスで保障保険大国な日本。

日本人ほど、医療保険や死亡保険・がん保険などといった”万が一のとき保障する系”生命保険に加入している国は、他には無いと言われています。

「日本だけ孤立した国旗カード日本だけ孤立した国旗カード」のフリー写真素材を拡大

しかし私たち日本人にとって、生命保険に加入するのはもはや当たり前。

30〜60歳代の生命保険加入率をみると、男女ともに80%を越えているんです。

ひと世帯、年間40万円以上の保険料を払っている日本

また生命保険に加入しているひと世帯あたりの年間保険料は、平均約42万円

平均給与は年間約410万円といわれているので、私たちの多くは1年間に給与の約1割を、生命保険に当てているのですね。

「壱萬円札4枚壱萬円札4枚」のフリー写真素材を拡大

しかしその他にも、損害保険に加入している人もいるでしょうし、社会保険か国民健康保険は強制的に加入しなければなりません。

となるともちろん生命保険料以外にもお金を支払っていることになり、私たちが保険にかけているお金は年間でみると、知らないうちに膨大な金額となっていることが分かります。

そこで必要なのが、
定期的な保険の見直し

「ノートと電卓(経理)ノートと電卓(経理)」のフリー写真素材を拡大

というのも、

「いちど加入した生命保険が
一生自分に合っている」

ということはほぼアリエナイからです。

ここからはその理由と、実際に生命保険を見直す際に見るべきポイントをご紹介しますね。

これで家計がラクに?生命保険の見直しをすべき3つの理由

理由①保険は日々変化するから

「保険」は保険会社が販売している”商品”

そのため保険も一般的な商品と同じように、時代と共にお客さんのニーズが変わるのに合わせて、変化していきます

例えば近年は、昔と比べて圧倒的に喫煙者が減少傾向に。

「禁煙ゾーン禁煙ゾーン」のフリー写真素材を拡大

そのため保険会社も、加入時に非喫煙者の保険料が優遇される「非喫煙優良体型」という保険を増加させています。

つまり定期的に保険を見直ししないと、自分に最適な保険を見逃している可能性がかなり高いのです。

理由②ライフステージが変わるから

保険が日々変わっているように、あなたの生活もライフイベントと共に変化していますよね。

例として、Aさんが加入している生命保険は、独身だった頃に契約したものだとしましょう。

しかし現在のAさんは、既婚者

配偶者も子供もおり、独身の頃と比べて万一のとき考慮しなければならない家族や保険金が増えたのはもちろん、保険の目的も変わっています

そんなAさんにとって「独身だった頃に加入した生命保険」は、ベストな保険と言えるでしょうか

結婚や妊娠・出産だけでなく、マイホームの購入・子供の独立・定年退職など、ライフステージの変化は度々起こります。

その他にも、思いがけないことで収入や支出が変化することもあるでしょう。

その度に「保険の見直し」をし、

今のあなたには何の保障が必要なのか

を確認することが将来の安心に繋がるのです。

チェックリスト, チェック, 一覧, マーカー, チェックしています, ペン, マーク, チェックボックス

理由③「何かあってから」では遅いから

「特別いま支払っている保険料に不満はない」

と感じている人も、万が一のことがあったとき支払われる保険金について考える必要があります。

なぜならいざ何か起きてから「思っていた保障内容と違った」と嘆いても、もうそれは手遅れなのです。

そのため日頃保険に対して不満がなくとも、定期的に保険を見直すのが賢明と言えるでしょう。

「生命保険の見直し」のとき絶対に知っておくべき6大ポイント

ポイント①”生命保険に加入する目的”を明確に

現在あなたが加入している生命保険は、いつ・どういった理由で加入したものでしょうか?

「家族が入っているので同じものに加入した」「よくわからないけど勧められたものに決めた」

などという人はいま一度、”生命保険に加入する目的”を明確にしてみて下さい。

生命保険に加入する目的は、もちろん人それぞれです。

「自分に不幸があった時、遺された家族の生活保障のために」
「ケガをした時の医療費や入院費のため」
「葬式費用のため」
「老後の生活資金のため」

など、私たちが保険に望む保障は1人1人異なります。

なので保険を見直す際はまず、自分が生命保険に加入する目的(必要保障)を書き出しましょう。

ポイント②必要な保障をもとに保険の種類を選ぶ

保険に加入する目的(必要保障)が明確になれば、自分がどんな種類の保険を選べばいいか分かりますね。

生命保険には、

  • 定期保険
  • 終身保険
  • 学資保険
  • 医療保険
  • がん保険

など多くの種類があり、それぞれ違った特徴を持っています。

@momayama)さんの投稿

現在複数の保険に加入している人は、加入すべき保険の優先度をつけ、保険内容を整理してみましょう。

そうすることで余分に加入している保険や、必要保障と加入している保険の保障のズレに気づくことができますよ。

ポイント③保障金額は自分に適切な金額に

希望する保障をもとに保険を選んでも、保障額が適正でなければいけません。

保障額は高くすればするほど、万が一のとき安心のように思えますが、代わりに毎月支払う保険料の負担が大きくなります。

「保険料が支払えなくなって中途解約」なんてことになれば損をするだけですから、自分に適正な保障額を選びましょう

person touching gray laptop computer

例えばとある夫婦が「子供の大学4年間分の教育費のため」保障金額が2000万円の、10年間の定期保険を組んでいるとします。

しかし実際に「大学4年間分の教育費」として必要なのは、1000万円程度

なので保障金額を見直し、1000万円に変更したところ、毎月支払う保険料は約5000円も減少するのです。

そのように保障金額を見直し無駄を省けば、家計の負担の減少にも繋がるんですね。

person holding coins

なので保険の保障金額は、自分の資産状況や生活にあった金額に設定することが重要。

現在の生活を維持するために生涯必要となる資金を計算し、そこから将来支給される年金や退職金・手元にある預貯金などを差し引いた額が、

保険によってまかなう
必要がある金額(保障金額)

となるのです。

ポイント④保険料の負担を考える

ですが「保険料の支払いが毎月苦しい」となれば、保険料の見直しも忘れてはいけません。

加入している保険は必要保障が確保されているから問題ないが、月々の保険料を減らしたい

という方は、保障内容は変更しないまま保険料の支払いの負担を減らす方法を検討してみましょう。

person writing dollar sign on sketch book

一例を上げるとすると、保険料の支払い期間を「終身」にすれば保障内容を変更することなく、月々の保険料が安くなります。

また毎月支払う「月払い」ではなく、

  • 半年に一回支払う「半年払い」
  • 一年に一回支払う「一年払い」
  • 期限内の保険を一括で払う「一時払い」
  • 保険料を前払いする「期限前納」

などを選び、保険料を安く抑える方法も。

person showing both hands with make a change note and coins

「保険料が家計の負担になってる…」と感じている方はまず、必要以上に保険料を払いすぎていないか、確認する必要がありますね。

ポイント⑤保障が必要な期間は抑える

しかし保険料を安く抑えたいがために、いま安い保険料の保険に加入した人は「将来支払う保険料のこと」を考えなければなりません。

person working on MacBook Pro

加入時の保険料が安い、10年ごとなどに更新する「更新型の保険」に入った場合、

10年後の保険料は高くなり、
20年後はさらに高くなる

というケースが殆どです。
また生命保険のルールとして知っておくべきなのが、

加入時の年齢が高ければ高いほど、支払う保険料も高くなる

というもの。

なので10年後「保険料が高いから他の保険に加入しよう」と思っても、他の保険でも年を取っている分だけ高い保険料を支払わなければいけなくなるのです。

「財布を開けたら1円しか入ってなかった、貧乏が悪いんや・・・財布を開けたら1円しか入ってなかった、貧乏が悪いんや・・・」のフリー写真素材を拡大

ですから保険を見直すとき、保障期間を見直すこともとっても大事。

現在加入している保険が「必要より短い期間しか保障していない」人は、将来年を取って新たな保険に加入したとき、高い保険料を支払わなければならない可能性があります。

結果として総額の保険料が高くなってしまうくらいなら、いま保険を見直して必要な期間まで保障されている保険に選びなおすことがベターなんですね。

ポイント⑥保険金受取人は、配偶者か法廷相続人がベスト

生命保険金は”本当に必要としている人”のためであるため、受取人は

  1. 配偶者
  2. 一親等(親・子)
  3. 二親等(兄弟・祖父母・孫)

を指定することが殆どです。

yellow family sign

しかし保険会社によっては、三親等内の血族(叔父・叔母・姪・甥)や内縁の妻などを受取人にできるケースも。

また受取人を、複数指定することもできます。

ですが多くの人が保険金受取人を法定相続人に指定するのは、税制面で大きな優遇があるからなんです。

「宝くじで当選した金額に税金はかかるのでしょうか?宝くじで当選した金額に税金はかかるのでしょうか?」のフリー写真素材を拡大

生命保険金は「相続税・贈与税・所得税」のいずれかの課税対象となり、それは受取人が誰かによって変わってきます。

一番多いのが、被保険者(生死が保険事故とされている本人)と契約者(保険料を支払う人)が同じで、受取人を法定相続人にしたケース。

そしてこの場合、保険金は「相続税」の課税対象になります。

@so.ra_kun)さんの投稿

しかし相続税では、法定相続人ひとり当たり500万円が非課税対象

プラス「5000万円+(1000万円×法定相続人数分)」という基礎控除枠が設けられています。

さらにこの法定相続人(受取人)というのが配偶者であった場合最大1億6,000万円までが非課税枠。

なので相続税に関してはよっぽど膨大な資産でない限り、税金がかからないのです

「独り屋外で鼓舞する男性の後ろ姿独り屋外で鼓舞する男性の後ろ姿」[モデル:段田隼人]のフリー写真素材を拡大

そういったことから、受取人を配偶者または法定相続人にすると税制面で大きなメリットを得られます。

「独身時代に加入した生命保険だから受取人は両親のまま」という人は、受取人を配偶者に変更したほうがいいでしょう。

ちなみに受取人の変更は、基本的にはいつでもできますよ。

まとめ

今回「生命保険の見直しをするべき理由とポイント」をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

保険の見直しをしたいけど自分には難しそう…と感じた方もいるかと思いますが、大丈夫。

保険の相談ショップでは無料で、保険や金融のプロとも言える「ファイナンシャルプランナー」の方と相談できますよ。

是非あなたもプロと相談して、今の自分に最適な保険を選んで下さいね。

「保険ブリッジ」読者が選んだ いま人気の保険相談サービスはこちら!
gmocoin
いまなら約3万種類の優遇サービスが付いてくる! 公式HP
bitpoint
約30社の取扱保険会社からお客さまにピッタリの保険をオーダーメイドできる。 公式HP
bitmex2
経験豊富なFPが多い! 今なら無料の保険相談で豪華特典プレゼント! 公式HP
『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る