こども保険と学資保険は違う?その魅力を知って賢く保険を選ぼう!

日々のニュースや新聞、日本の政治の中でも飛びだす言葉「こども保険」。

この「こども保険」とは何かをご存知ですか?

従来からあった学資保険との違いは如何でしょうか?

今、学資保険と同様に注目されている「こども保険」。実際には、どこかどう違うのかや、こども保険そのものを知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、今回は「こども保険」に注目してみました。

今、注目されているモノだけにその正体を掴み活用したいものです。

今回は、「こども保険」についての整理から、今、人気の商品までを大公開いたします。ぜひ、この記事を参考に「こども保険」を活用してください。

目次

1:こども保険とは?

1-1:こども保険のおさらい

1-2:こども保険のメリット・デメリット

1-3:政治もにぎわす理由

2:人気商品の紹介

2-1:損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

2-2:三井住友あいおい生命

3:こども保険と学資保険の違いとは?

3-1:子供保険の特徴

3-2:学資保険と特徴

3-3:その違い

4:こども保険に加入するタイミングを知ろう

5:まとめ

1:こども保険とは?

「こども保険」とはいったい何なのでしょうか?その正体、知れば実はとても魅力のあるモノです。まずは、基本的な内容から整理していきましょう。

1-1:こども保険のおさらい

こども保険の正体は、この図式で成り立ちます。

子どもの保険(基本)=こども共済+貯蓄

成長と共に必要となる進学費用とう同時に必要となるのが、子供自身の健康や成長です。

確かに、通常の保険と同様に対象となる人(こども保険の場合は、お子様)に万が一になった場合に、経済的に問題が起きるという事はありません。

しかし、何かあった場合の治療などに備えておく事は大事ですね。その場合、子どもの保険はやはり「医療保障」が主軸となります。

確かに、以前は貯蓄性が非常に高い学資保険を軸に医療保障を付ける方法も人気でした。しかし、現在の金利の低下により学資保険には無駄な保障を付けず学費の貯蓄だけに集中しなければ元本割れをしてしまう可能性も出てきてしまう事に鳴りかねません。

そこで、出来た方式が「保障は保障、貯蓄は貯蓄」という考え方です。

学費は、学資保険で貯蓄をし、病気や怪我には保険という考えたです。

そこで、ここ最近人気となっているのが病気やケガの入院給付金の他に、子どもに多い「ケガ通院」にも対応できる『こども保険(共済)』への加入率がUPしてきているのです。

こども保険とは、簡単に言えば子供向けの医療保険。大人ではなく、子供を対象とした医療保険という事です。

ご両親の皆様が加入している保険の子供版という事になります。そう考えるとイメージしやすいのではないでしょうか?ただし、大人と子供で保障となる事柄に多少違いがあります。そこで、今度はその違いについても整理してみましょう。

まずは、こちら。
こども保険の加入目的について整理しました。

こども保険加入目的▼

 

(こども保険の特徴)

こども保険は、広義として「こどもを被保険者とした、子ども向けに販売されている保険」の総称。

子供の教育資金を積み立てることを目的とした保険や、子どものケガや病気を保障する医療保険などに分けられる事になりますが、一般的に、以下の図式となります。

学資保険=子供の教育資金を積み立てることを目的とした保険

こども保険=子どものケガや病気を保障する医療保険

実は、学資保険はこども保険の広義の中に含まれる保険商品ですが、実際には上図の様に内容に応じて区別されるとご理解頂いた方が良いでしょう。2つを別々の目的であると考えた方が、今後の加入を検討する場合でも検討しやすくなります。

また、こども保険の内容は、当然ですが商品を提供してくれる保険会社により保障内容は異なります。ただし、共通的な事項として、学資保険と同様に親の死亡時には保険料が免除され、育英年金等が支払われるものが多いという事です。そして、医療保険として以下の内容保障がある事が多くなっています。

こども保険の補償内容

①入院・通院対応

⇒お子様本人の病気やケガなどによる入院や通院に対応しています。

それぞれの治療内容に応じて、ご両親が加入している生命保険同様に医療費の補助が行われるとお考え下さい。お子様専用の保障となっているので、派生しやすい怪我などにも対応が十分されるという点が大人の医療保障とは異なる事になります。

ここ最近注目されているのは、熱中症やO-157への対応などでしょう。こうした季節的に起きやすい病気などにも対応されています。同時にお子様を乗せた自転車(お迎えなどで、ご両親が運転)でのトラブルにも対応しているプランなどもあります。

②育英費用

⇒万が一、ご契約されている方(一般的には、ご両親のいずれか)に何かあった場合には、それ以降の支払いは免除されます。

これは、学資保険の特長です。

この保障がある事で、それ以降の保障についても担保されますので、保障が受けれなくなるという事ではありません。特に、こども保険に加入契約者は家庭の大黒柱の場合が多くなっています。その為、万が一になった場合の家計の負担は大きくなってしまう為、こうした保障がある事で安心を提供してくれています。

③賠償責任保障

⇒こども保障の大きな特徴の1つです。お子様が誤って、お友達などに怪我をさせてしまった場合の補償となります。

自転車に乗っている際にお友達とぶつかってしまった。

場合のよっては、キャッチボールをしていて隣のお家の窓ガラスを割ってしまったなど。子供ならでわで起こすトラブル。こうした事に保障してくれる特長があります。

④その他にも

⇒その他にも、お子様の怪我による後遺症などにも対応している商品などもあります。

1-2:こども保険のメリット・デメリット

 

こども保険にはメリット、デメリットがある事を整理しましょう。

保険商品には、メリットとデメリットがあります。当然といえば、当然ですよね。メリット、デメリットを比較する事は、保険商品を分析する為には必要な情報です。

どうしても良い点(メリット)だけを見てしまいがちになりますが、デメリットを理解しておくことは後々のトラブルを回避するには大切な事です。1つ1をよくご確認下さい。

メリット1|積立の確実性

毎月定期的に支払い大きく内容を見返す必要のないこども保険は、手続きの継続についての手間がありません。こども保険の場合は定期的に大きく保障内容を見直す必要がなく継続する事が簡単になります。

メリット2|保障内容がシンプル

保障される保障内容が非常にシンプルに整理されています。その為、いざという時にも加入する時にも分かり易くなっているのが特徴です。こうしたシンプルなプラン構成は選択する事も簡単ですが、いざという時に保証を受取やすくなるという事です。後々トラブルにならないのは、安心ですね。

メリット3|免除制度

既にご紹介している通り、契約者様に万が一があった場合にも、加入している保障が継続されます。

メリット4|税金対策

この保険は税金控除の対象となります。ご両親が加入されている保険商品と同じように、保険控除の仕組みが利用可能です。年末調整などで手続きを行う事になります。サラリーマンの方は、会社から配布される書類の1つに加え、手続きを行って下さい。

デメリット1|途中解約の手間

実は、この保険の継続率の秘密がこちら。途中解約の手続きは、少し手間と時間が掛かります。その為、簡単に解約、再度、加入という事はしない傾向にあります。その為、継続率が高い事になります。解約をすぐにしたい場合にはデメリットとなるという事です。

デメリット2|インフレに対応

金利の変動に左右されないというとメリットですが、金利UPの際にそのメリットを受けにくいのがデメリットとなります。保険商品の利率は、預けているお金を保険会社が運営していく中で発生します。金利の左右されないという事は、金利が下がらない分、上がらないという事。もしも、金利を目的としている場合には適していない商品といえます。

1-3:政治もにぎわす理由

実際に「こども保険」という言葉をインターネットで検索すると自民党の紹介が掲載される記事が出てきます。

これは、政治の側面でも「こども保険」という言葉が繰り返し利用されている為です。

実際に、今回ご紹介する「こども保険」の内容とは異なりますが、同じ言葉として少しだけご紹介していきましょう。

「2020年以降の経済財政構想小委員会」と称して、小泉進次郎・農林部会長ら自民党の若手議員が提唱しているのが「こども保険=保育や幼児教育を無償にする」という考え方です。

「こども保険」として社会保険料率を0.1%上乗せすることで3400億円を確保できると試算。未就学児に1人当たり月額5000円を支給し、子育て世帯の負担軽減を目指す。将来的には上乗せ分を0.5%に引き上げて1兆7000億円を確保。助成を月2万5000円程度に拡大することで、保育・幼児教育を実質無償化にするというモノです。これにより、子供の育成の貢献するというモノですが、よさそうに見えても中々賛成を得られていません。

それは、財源の確保が難しいというのが一番の理由といます。しかし、この仕組みにもメリットとデメリットが存在しています。実現するにしても、数年先という見解が多い為、今後の成り行きを見ていきましょう。いずれにしても、早々に実現はしない制度の為、今はこれらに期待だけをするよりも、今出来る工夫をする事が大事です。

2:人気商品の紹介

こども保険の概要はご紹介しました。今度は、今人気の商品についてもご紹介していきましょう。

具体的な商品をみるとその内容はより理解しやすくなると思います。

今、人気の2商品について、ここではご紹介していきます。

2-1:損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

 

 

 

 

 

 

2-1:損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

特長1|成長にあわせて成長祝金をお受け取り

教育資金として使える「成長祝金」合計200万円

 

お子様の成長に合わせて(進学時や成人式の際など)に指定した時期の直前の12月と満了時に「成長祝金」を受け取る事が可能です。当然ですが、お子様の成長にあわせて進学時に受け取る事も可能。

特長2|免除制度

ご契約者に万が一があった場合には、それ以降の支払いは免除されます。

しかし、計画している成長祝い金は継続して受け取る事が可能な安心プランです。受け取る場合には、一定の条件があります。

この条件に該当する場合が免除対象となります。

詳しい条件は、保険商品の種類やプランに応じて異なりますので、予め注意しておきましょう。

(例)

  • 死亡または所定の高度障害状態になられた場合、不慮の事故により所定の身体障害状態となられた場合(保障の開始日(責任開始日)から3年以内の自殺の場合などを除く)
  • 所定の高度障害状態または不慮の事故による所定の身体障害状態について、詳しくは約款別表「対象となる高度障害状態」または「対象となる身体障害の状態」をご覧ください。

特長3|「18歳満了」と「22歳満了」から保険期間が選択可能

タイプは2種類。「18歳満了」「22歳満了」を準備しています。保険期間満了日は、お子さまが満了年齢となった時以後はじめて到来する年単位の契約応当日の前日となるのが一般的です。

2-2:三井住友あいおい生命

(商品テーマ)未来への夢と希望を応援する「こども保険」!

教育にかかる資金の準備や病気・ケガの保障を通じて、お子さまの成長をサポートします。

をテーマに商品を展開しています。その商品特徴は以下の通り整理されています。(HPより)

〈特徴〉

1.進学時には祝金! 教育資金の準備に!

2.お子さまの病気やケガもしっかり保障!

3.ご契約者が万一のとき※1 は保険期間満了まで養育年金を毎年お支払い!

4.ご契約者が万一のとき※2 は、さらに以後の保険料は不要!※3

※1   ご契約者が万一お亡くなりになられたとき、または約款所定の高度障害状態になられたとき。

※2   ご契約者が万一お亡くなりになられたとき、または約款所定の高度障害状態や不慮の事故で約款所定の身体障害の状態になられたとき。

※3   各お祝金については、保険料のお払込みがあったものとしてお受け取りいただけます。

〇大学卒業までにかかる費用

大学に掛かる費用に備える事も出来ます。

3:こども保険と学資保険の違いとは?

では、結局、こども保険と学資保険の違いは何なのでしょうか?

実はこの違い、明確な整理をする事は難しいのです。

それは、保険会社自体が区別をしていないという理由です。

確かに保険会社により、商品を区別して提供している場合もあります。しかし、どうしてもお子様の成長(進学)と健康は切っても切り離せない概念です。

そこで、一緒にした商品が多いのが現状なのです。とはいえ、2つを厳密に比較すると違いは当然あります。

前述でご紹介している内容を含め、改めてご紹介していきましょう。

3-1:子供保険の特徴

こども保険とは、お子様の医療面の保障を行う商品です。

お子様の成長段階では、大人と同じように怪我をする事もあります。病気となり入院をする事もあります。こうした医療面での保障を行う事を目的としたのが、こども保険になります。学資保険とは異なり、主軸が医療という事で区別すると良いでしょう。

既にご紹介している通り、こども保険にはお子様がお友達に誤って怪我をさせた場合などの保障もあります。

保障内容のどこに重きを置くかという点で、学資保険と区別をする事が分かり易くなるポイントです。ただし、学資保険に特約として医療保障を付ける場合には、別の契約として子供保険に加入する方は非常に少なくなっています。お子様の怪我や入院などについて、ご心配の場合には学資保険への追加特約ではなく、医療の特化したこども保険に加入した方が保障内容や対象となる事象が充実している場合が多いといえます。

学資保険と同時に加入する場合でも、後ほど加入する場合など、加入する方の加入タイミングなどは色々ですが、必要に応じて加入を検討すると良いでしょう。

3-2:学資保険と特徴

学資保険とは、ご存知の通りお子様の教育資金を積立てる貯蓄性の高い保険です。

学資保険とインターネットで検索すると「学資保険(こども保険)」と表示される事も多くあります。

「学資保険=こども保険」として商品展開をする保険会社が多い為です。

学資保険の主軸は、教育資金の積立です。ここが、こども保険との根本的な違いになります。医療と学費、当然違いますよね。でも、実際には「こども保険=進学費用積立」として紹介される事がほんとです。

これには、理由があります。お子様の誕生から気になるのは、お子様の未来。今後、どういう成長をしていくかに興味関心がわきます。その為、お子様の成長(教育プラン)に興味がある方が多く、当然ながら興味関心が高い分、保険会社からの商品展開も多くなります。そして、より興味がわく。

このサイクルで、圧倒的に学資保険の商品ニーズの方が高くなっている為です。学資保険は、今後訪れるお子様の進学などに合わせて教育資金を受け取れます。こども保険の医療分野とは異なり、金額の積立ですので、受取は確実に行えます。

また、高い貯蓄性を保持している商品である事も人気の秘密でしょう。積み立てた金額が、予め設定した時期に確実に受け取れる点からも、学資保険の人気は不動のものとなっています。

3-3:その違い

改めて、確認していきましょう。

学資保険と子供保険とは何が違うのでしょうか。

実は、この違いが中々整理されていません。というのには、理由があります。学資保険とこども保険、保険会社によっては同じ意味や同じ商品として取り扱われている事がある為です。

同一商品として扱われる事が多い為に、その違いが整理されておらず混乱をする事も多いのが実情です。前述でご紹介している通り、本来はその2つのは違いがあります。しかし、同一で扱う方が加入者の理解が深まると判断した場合には同一商品として取り扱いをする様になります。

繰り返しになりますが、学資保険は、教育費のための資金を積み立てることが最大で一番の目的です。これを最優先事項としてプランを組み、必要に応じて子供の万が一の死亡や病気やケガをした場合の医療費などを保障する内容を追加する商品です。

そして、子供だけではなく契約者(ご両親など)に万が一が起きた場合に、それ以降の振り込みが不要となる制度(育英年金)がセットされるなど、実は2つの違いが分かりにくくなっているのも事実です。

簡単に表現してしまえば、学資保険は教育資金資金が必要なとき給付金を受け取り、こども保険は怪我や病気の際に治療に必要な資金を給付金として受け取るという事です。

繰り返しになりますが、2つの違いは実は明確ではありません。

既に、学資保険に加入されている方が、特約として医療保障を付けている場合が多い為です。また、子供保険として保険単体に加入するのであれば、貯蓄性を求める方も多い。

こうした背景から2つの違いを明確にして販売している商品の数は意外と少ないといえます。

しかし、細かい部分では異なる商品でもあります。それぞれ、保険会社により呼び方も異なりますので、ご相談の際には何を目的としているかをお伝えください。そうする事で、ご希望にそったそれぞれの商品をご紹介してくださいます。

4:こども保険に加入するタイミングを知ろう

 

こども保険の加入タイミングだけをインターネットで調べようとしても、中々検索されなくて悩んだ事はありませんか?実は、こども保険の加入時期は学資保険と同時にというのが一般的なのです。

そこで、ここでは学資保険の加入タイミングを例にとってご紹介しましょう。それぞれの保険会社で学資保険に加入できる年齢を整理してみました。

かんぽ生命(新学資保険):0~12歳

アフラック(夢みるこどもの学資保険):0~7歳

フコク生命(学資保険みらいのつばさ):0~7歳

ソニー生命(学資保険スクエア):0~3歳/5歳/9歳/11歳/13歳

第一生命(Micky):0~8歳

住友生命(こどもすくすく保険):0~9歳

日本生命(げんきEX):0~8歳

明治安田生命(こどものほけん):0~6歳

どの保険会社も「0歳」から可能になり、何歳まで可能かにばらつきがあります。

実は、学資保険は出来るだけ早い方が良いとされています。これは、積立期間が長くなる為、毎月の負担額が減るという利点と、預けている期間が長い事で金利に期待できるという利点があるためです。既に学資保険は出産前から加入可能な商品もあるくらい、契約期間が長ければ得とされています。

こども保険は、この学資保険と同時に加入する事が良いとされています。学資保険と同様に加入できる年齢の制限は保険会社のプランにより異なります。子供の為の準備を行うという事で、同じ保険会社で「こども保険」「学資保険」の2つをそれぞれの目的で加入しているご家庭が多い為、ほぼ加入年齢の差はないと言われています。

もちろん、保険会社により諸処の加入条件に差はありますので、加入を検討する際には諸条件の違い等を確認しておきましょう。また、同時に加入する際には支払いプランについても整理しておく必要性があります。

こども保障だけの場合、学資保険との2本立て、兄弟の有無など。支払う回数が件数により、ご家庭における負担は異なります。こども保険も学資保険も継続して加入していける様に計画する事が大事です。

5:まとめ

ここまでの内容は如何でしたか?「こども保険」」「学資保険」の違いを整理する事は意外と難しいのです。既にご紹介している通り、2つの違いを紹介しているサイトなどはなく、大変分かりずらいのが実情です。

そこで、今回はその違いを少しご紹介させて頂きましたが、違いがお分かり頂けましたでしょうか?

こども保険の加入率が伸び悩む理由は、学資保険にあります。高い貯蓄性と特約の追加で医療保障が補える為、こども保険単体での加入に魅力を感じる方が意外と少ない為です。

しかし、こども保険には充実した保障内容があります。お子様は何かと、怪我をします。当然ですが、病気にもかかります。こうした事に対応してくれている医療保障が必要と思われる際には、出来るだけ医療専門の保険である「こども保険」の検討をして頂きたいと思います。

やはり、それぞれには、それぞれの得意分野があります。

この得意分野を活かして保障を受ける事が良いでしょう。お子様の場合には、どんな怪我をするか、O-157などの感染症にかかるかは分かりません。外で元気に遊ぶ子供達だからこそ、備えておきたい保障にもなります。

しかし、どこに価値を持つかはご家庭次第です。いくつもの保険商品の中から、何を主軸として目的とするのか。何を保障して欲しいかは、それぞれです。こども保険に加入する場合も学資保険に加入する場合も、それぞれ目的があると思います。

いずれにも、お子様の為という事が前提となり、その上で何をどうしたいかを選択する事になります。あくまで、主役はお子様です。各御家庭でどの様な教育プランを練りに練っても、将来的な進学の道を決めるのもお子様です。

今回ご紹介した「こども保険」は、学資保険と同一にしている保険会社が殆どである事は何度もご紹介しました。それだけ、お子様の将来についてのたくわえに注力するご家庭が多いという事。お子様の成長は未知数です。これからどの様に学び、進学していくか。そのプロセスの中で、どの様なスポーツを好むか。ワクワクもしますし、ドキドキもします。

だからこそ、備えあって憂いなし。出来るだけの備えを準備してあげて頂きたいと思います。お子様を守れるのは、ご両親しかいません。時には厳しくしかる事もあるでしょうか、誰もがお子様の健やかな成長を期待しています。こうした健やかにという健康面での保障を行うには、学資保険に特約を追加するよりも、専門の保険であるこども保険に加入する方が良いという事です。

実際には、こども保険の保障を受ける事がない子供達も多くなります。けがや入院をなければ、当然ですね。それはそれで、健康に育っていくという事で良い事です。

しかし、何かもったいないと思ってしまう場合には、祝い金を給付されるモノ、できるだけ安価なモノ。選び方は複数あるといえます。それでも…と思うのであれば、学資保険+特約のセットの選択肢も良い方法です。

また、1つの考え方として市町村で行われている医療補助を最大限に活用するので医療費は心配していないという考え方もあります。この仕組みや保障内容は各市町村により異なります。ほぼ、医療費が¥0で済むという場所もあれば、ほとんど保障がない市町村もあります。

医療費がほぼ¥0であれば、こども保険の必要性はそもそもありません。基本的な治療には不要という事になります。保障が無ければないだけ、こども保険の必要性がでてきます。最終的な判断については、こうした生活環境にも寄って変わってくるという事です。今後、こども保険への加入をする事をご検討する場合には、出来るだけお願いしている事があります。

こども保険のプランは複数(できるだけ多く)の比較をするという事です。実際に、こども保険という医療面に特化した商品は、さほど多くありません。ですから、意外と比較をしたり資料請求をするのは簡単という事です。今回、色々とご紹介してきましたが、最後にポイントをまとめます。

①加入には必ず比較検討を行う

②シンプルな内容にし費用負担を最小限にする

この2つのポイントが最終的な加入検討のポイントと考えて下さい。

繰り返しになりますが、あくまでお子様の為の保険です。

途中解約をする事を出来るだけ避ける為にも家庭の負担をくれぐれも下げ、かつ、保障内容を高く。当たり前ですが、ここは本当に大事な事です。欲張れば、欲張るだけ負担金額は高くなります。

できるだけ、安価で保障を高くしたい。このスタンスで保険商品を是非、しっかりと調べて、検討して頂きたいと思います。加入するとお子様が成長(成人)するまでは契約し続ける事が前提となる保険商品です。その長い期間に対応できる商品を選ぶという事は大事な選択です。

繰り返しになりますが、今後の未来の為、お子様の成長の為、納得できる商品選びをして頂きたいと思います。注意して頂きたい事は、何度も繰り返しご紹介してきました。ぜひ、繰り返し書いている事を中心に参考にして頂き、商品選びをして頂きたいと思います。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る