女性が恐れる「子宮頸がん」。その原因と治療方法に役立つ保険を整理しよう。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る

女性にとって、とても怖い病気「子宮頸がん」。

その数は、年々増えてきていると言われています。特に若い女性に多くみられるため、今では他人事では済ませれなくなってきています。

そこで、まず最初に「子宮頸がん」に関してのおさらい、そして治療方法などをご紹介した後に、治療費の目安。

最後に、子宮頸がんになってからでも入れる保険商品まで一気にご紹介していきます。予め、備えをしておけばいい事は分かっていても、できないこともあります。

そこで、今回はなった後でも入れる安心保険をご紹介します。他人事ではない時代だからこそ、是非、今一度、自分自身がどう備えるかについて考えて頂きたいと思います。女性にとって他人事の時代はもう終わりました。

目次

1:子宮頸がんとは?
1-1:どんな病気なのか?
1-2:原因は何?
1-3:わかりにくい症状

2:治療方法について解説
2-1:1つのバロメーター「ステージ」
2-2:ステージだけでは測れないもの
2-3:レベルに合わせた治療方法

3:治療費用はどのくらい?

4:子宮頸がんでも安心できる保険
4-1:見つかってからでも入れる保険①
4-2:見つかってからでも入れる保険②

5:まとめ

1:子宮頸がんとは?

そもそも、「子宮頸がん」とはどんな病気なのでしょうか。名前を聞くけど、よく知らないという方も多いので、ここではその病気自体について、ご紹介していきます。まずは、その病気についての基礎知識を持つことから始めていきましょう。

1-1:どんな病気なのか?

子宮頸がんとは子宮の出入り口である子宮頚部と呼ばれる場所に生じる「がん」のことです。

子宮頸がんは近年原因となるウイルスが同定されたことでも知られており、比較的発生年齢が若いことでも知られています。子宮頸がんは、がんの一種であり、当然ですが、女性特有の病気です。しかし、意外とその発生率は高いことで、女性にとっては備えておきたい病気でもあります。

少し古くなりますが、2011年に発表された数値をまとめてみました。生涯に「癌」とよばれる病気に掛かる中で、子宮頸がんは比較的、低い発生率の様に見えますが年々その発生率は増えてきており、現在では50人に1名の割合で治療が必要であるとされています。

また、同時にこちらの図も見てください。

子宮頸がんでの死亡率も、決して無視できる割合ではありません。特に、発生年齢層が高いこともあり、進行が早い点も心配しなければいかに要素でもあります。では、その発生原因についても見ていきましょう。

1-2:原因は何?

子宮頸がんの発生要因は、こう公表されています。少し専門的な説明になります。

原因|ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染

子宮頸がんは「ヒトパピローマウイルス」の感染によって発生するということがわかっています。このヒトパピローマウイルスとは「乳頭腫(イボのような突起物)」を発生させるウイルスで、その種類は150種以上と言われています。そして、このウイルスは非常にありふれたウイルスであり、初回性交後4-5年で50-60%の女性が感染するとされています。つまり、誰もが感染するということです。その上、ヒトパピローマウイルスは感染した段階ではなんの症状もなく、自分で気が付かない人が殆どです。これは、ウイルスに感染しても多くの場合は自然に体から排出されてる為、自覚症状がないのです。しかし、ウイルスが女性の体のDNAのなかに組み込まれてしまい、数年から十数年かけて増殖することで「子宮頸がん」へと発展していきます。

また、ヒトパピローマウイルスに感染してもほとんどはがんに発展しないと言われています。ご紹介した通り、ヒトパピローマウイルスに感染したからといって100%必ず子宮頸がんになるわけではありません。ヒトパピローマウイルスは種類が多く、その中でも子宮頸がんのハイリスクとなり得るウイルスはおよそ15種類であるとされ、ハイリスクといわれるウイルスに感染していても、そこから子宮頸がんに発展する方は「約0.15%」となります。

参考までに、数多くあるヒトパピローマウイルスのなかでも特に子宮頸がん罹患のリスクが高いウイルスをご紹介しましょう。

<子宮頸がん高リスク型のヒトパピローマウイルス>

・HPV 16型

・HPV 18型

子宮頸がんの患者さんのうち、半数以上はこのいずれかのヒトパピローマウイルスに感染しているとされます。

確かに、発生リスクの割合は低い数値です。しかし、これはあくまで現在の数値です。というのも、この発生率は年々高くなってきています。環境の変化や食生活、そして、性交渉の早熟化など女性が感染しやすい条件がそろってきているとされています。そして、何よりも次にご紹介する自覚症状の分かりにくさが大きな問題とされています。

1-3:わかりにくい症状

既にご紹介している通り、初期段階での自覚症状はありません。

整理していくと、この様になります。

【初期症状】

通常、子宮頸がんの早期には自覚できる症状はほとんど生じません。

【進行症状】

進行すると、次のような症状が現れるようになります。

  • おりものの変化
  • 不正出血(月経以外の出血)
  • 性行為の際の出血
  • 下腹部の痛み など。

女性なら、だれでもある症状が進行初期段階での症状です。下腹部の痛みなども初期段階では、腹痛かな…程度しかなく子宮頸がんにかかっているのではないかと思いにくい為、進行を早めてしまうとさえ言われています。

もう一つ参考になる内容をご紹介します。

【原因となるヒトパピローマウイルスに感染する確率の高い人】

以下に該当する方は、何らかの体の変化がある際には子宮頸がんについて検査をすると良いとされています。

そもそも、女性がヒトパピローマウイルスに感染する原因の多くは「性交渉」です。そのため必然的に性交渉の回数が多い、性交渉の相手が不特定多数、出産をたくさん経験している方は子宮頸がんになる確率が高いとされています。

また「子宮頸がんのピークは40代」と言われていますが、性交渉の若年化により20代でも子宮頸がんになる人が増えてきているが現状です。また、発見されるのは自覚症状があっての検査ではなく、健康診断の一環である「子宮頸がん検診」で所見が見受けられた際に受診し見つかることが殆どです。まだまだ、産婦人科で定期的な検査等を行う女性は少なく、受診した際には子宮頸がんを疾患している状態でわかることが殆どです。

2:治療方法について解説

では、子宮頸がんになった場合には、どの様な治療を受けることになるのでしょうか。

そもそもですが、子宮頸がんは、予防できる病気とさえ言われています。定期的な検診を受けることで早期に発見などをされれば、その治療も短期間で済みます。今回ここでは、一般的な治療方法についてご紹介していきます。

2-1:1つのバロメーター「ステージ」

現在、公表されている子宮頸がん進行度合いの目安、いわゆるステージは以下のように定義されています。

ステージ 進行度
Ⅰ期 がんが子宮体部のみにとどまっているもの
ⅠA期 がんが子宮筋層の2分の1未満
ⅠB期 がんが子宮筋層の2分の1以上
Ⅱ期 がんが子宮体部を越え、子宮頸部に広がっているもの
Ⅲ期 がんが子宮外に広がっているが、骨盤を越えて外に広がっていないもの、または骨盤内・大動脈周囲のリンパ節転移があるもの
ⅢA期 がんが子宮の外の膜(漿膜)や腹膜、卵巣や卵管に広がっているもの
ⅢB期 腟ならびに/あるいは子宮傍組織に広がっているもの
ⅢC期 骨盤内、または大動脈周囲のリンパ節に転移しているもの
ⅢC1期 骨盤リンパ節に転移しているもの
ⅢC2期 骨盤リンパ節への転移の有無にかかわらず、傍大動脈リンパ節に転移しているもの
Ⅳ期 がんが骨盤を越えて別の部位に広がる、もしくは膀胱ならびに/あるいは腸粘膜を侵すもの、ならびに/あるいは遠隔転移のあるもの
ⅣA期 膀胱ならびに/あるいは腸粘膜までがんが浸潤しているもの
ⅣB期 腹腔内ならびに/あるいは鼠径部(足の付け根)のリンパ節転移を含む遠隔転移があるもの

 

検診を受けるとこのレベルで診断されることになります。もちろん、ステージの区分だけではなく、その状態についても説明を受けることになります。

2-2:ステージだけでは測れないもの

所謂、「がん」。子宮頸がん以外の「がん」でも同様ですが、検診の際に診断された「ステージ」は、完全ではありません。所謂、転移などを含め詳細な状態は、入院などをして行う詳細な検査でしかわからないとされています。その為、ステージレベルが低いから安心ということは言い切れないのです。

こうしてご紹介すると不安になる方も多いかと思います。

しかし、子宮頸がんについては、ある程度のレベルまで治療方法が確立されていることもあり、一度、ステージを診断された場合には、早期により細かい検査を受け、その内容に応じた治療を受けることが良いとされています。これは、どんな種類のがんでも同じことが言えます。

2-3:レベルに合わせた治療方法

では、どんな治療方法があるのでしょうか。

ステージにより、その治療方法は違ってきます。

(1)手術治療

まずは、一般的な手術による治療についてみていきましょう。ステージや大きさなどによりその方法が変わります。

ステージ 手術名
 IA1 ・円錐切除術

・単純子宮全摘出術

 IA2 広汎子宮全摘出術
 IB1 広汎子宮全摘出術
 IB2 広汎子宮全摘出術
 IIA 広汎子宮全摘出術
 IIB 広汎子宮全摘出術

円錐切除術:子宮の頸部のがん組織を円錐状に切除します。検査目的でこの手術は行われますが、初期のがんの場合なら手術治療として実施されます。

単純子宮全摘出術:子宮を切除する治療です。子宮を腟から摘出する腟式単純子宮全摘出術、腹部を切開して手術を行う腹式単純子宮全摘出術があります。

広汎子宮全摘出術:子宮と腟の一部および、骨盤壁近くから広い範囲で切除する治療です。子宮頸がんに関連するリンパ節も同時に切除することになります。

(2)放射線治療について

所謂、がん治療の主軸となる治療です。この治療方法を用いるかもやはり、今の子宮頸がんの状態によります。そもそも放射線治療は、X線およびガンマ線をがん細胞に照射し、がんを小さくする効果を期待します。

基本的な方法として、外部照射という放射線を体の外から照射する方法、腔内照射という腟を通して子宮頸部のがんに照射する方法があります。放射線治療は、がん細胞の根治を目的として行う場合と、手術後、補助として除去できなかったがん細胞を消滅させる場合に行うことになります。

(3)抗がん剤治療について

子宮頚がんの抗がん剤治療は、遠隔転移のある場合や再発した場合に行われます。がんステージのIII期・IV期で主に行われる治療法です。

手術では除去し難いがん細胞の治療に効果があります。この治療は放射線治療と併せて行われることが多くなります。ただし、副作用が強い特徴もあり継続して行うことを諦める方もいます。

3:治療費用はどのくらい?

では、気になる治療費についてみていきましょう。

【子宮頸がんの治療費】

①子宮頸部円錐切除術  : 261,230円

入院期間4日。確定診断後の外来の術前検査費用、入院中の食事療養費を含む場合。

②単純子宮全摘出術  : 798,430円

入院期間15日。確定診断後の外来の術前検査費用、入院中の食事療養費を含む場合。

③広汎子宮全摘出術  : 1,167,330円

入院期間15日。確定診断後の外来の術前検査費用、入院中の食事療養費を含む場合。

④広汎子宮全摘出術後の再発予防補助療法

あ)放射線治療   : 240,300円

総線量50グレイ(2グレイ×5日/週×5週間)。管理料、専任加算を含む。

い)放射線治療+抗がん剤治療: 448,920円

上記に加え、抗がん剤(シスプラチン)による6クール(6週間)の治療費

(抗がん剤治療費は薬剤料のみ計上)を含む。 後者の費用は208,620円。

⑤同時化学放射線療法 :  1,122,250円

手術を行わず、放射線の外部照射、さらに膣内からの内部照射を行い、

同時に抗がん剤治療を行うもの(抗がん剤治療費は薬剤料のみ計上)。

上記④い)にイリジウムを使った内部照射費用として673,340円が加わる。

もう1つよく比較される子宮体がんの治療費についてもご紹介しておきましょう。

【子宮体がんの治療費】

①広汎子宮全摘出術  : 1,116,620円

入院期間15日。確定診断後の外来の術前検査費用、入院中の食事療養費を含む場合。

②広汎子宮全摘術後の再発予防補助療法

抗がん剤治療 : 744,000円

パクリタキセルとカルボプラチンの投与を3週毎に受ける(1コース)場合。

治療後の定期的な検診でもやはり費用は発生します。

◆治療後の経過観察間隔の目安

① 子宮頸がん

1~2年目 1~3ヶ月ごと
3年目 3~6ヶ月ごと
4~5年目 6ヶ月ごと
6年目以降 1年ごと

② 子宮体がん

1~3年目 1~3ヶ月ごと
4~5年目 6ヶ月ごと
6年目 1年ごと

 

◆主要検査の費用

①  子宮頸がん

検査名 費用(円) 摘要
血液検査 6,120
細胞診療 3,400
腫瘍マーカー 4,000 2項目以上を想定
胸部X線 2,800
CT 30,440 64列以上のマルチスライス造影撮影を想定

② 子宮体がん

検査名 費用(円) 摘要
血液検査 6,120
膣細胞診 3,000
超音波 5,300
腫瘍マーカー 4,000 2項目以上を想定
胸部X線 2,800
CT 30,440 64列以上のマルチスライス造影撮影を想

これらの数値は、ガイドラインとして毎年公表されており、その値も年々見直しをされ院中でも病室や食事にこだわる場合や、パジャマなどの日用品に掛かる費用。退院後の通院時にかかる交通費など、見えないお金が必要となる事も予め注意しておく必要があります。

4:子宮頸がんでも安心できる保険

こうした費用を事前に準備できていれば問題はありませんが、いつどうなるか不明な入院や治療の為に大きな金額の貯蓄をしていることは稀です。

そこで、活用していきたいのが生命保険会社が展開している保険商品です。でも、子宮頸がんと分かってから加入できる保険があるのか?というご質問を受けることがあります。

確かに、一般的な保険商品には事前に健康の告知を行う制度があり、治療中などの場合には条件がつく、または、加入ができないことが多いイメージがあります。しかし、これからご紹介する商品は、そんな心配がありません。子宮頸がんと診断された後でも加入できる保険商品をご紹介しましょう。

これからご紹介する2つの商品は、どちらの保険も「子宮頸がん」専門の保険商品ではありません。しかし、比較的安価で、かつ、保障がそろっている点、そして何よりも子宮頸がんと診断されてからも加入が可能な点は大きな魅力ではないでしょうか。余談になりますが、実は主婦の保険加入率はまだまだ低いとされています。働いている場合は別ですが、そもそも男性と女性を比較した際には格段に女性の方がかけている保険内容が低くなっています。

また、専業主婦の場合には、そもそも生命保険に加入していない人も比較的多くいるのが現状です。その中で、今、子宮頸がんと診断された場合の家計の負担は計り知れません。「がん」という病気は、長期化、そして高額になることもあり、治療費の面から治療自体を断念する人が多数います。実際に、5人に2人は治療を諦めるとさえ言われています。だからこそ、こうした保険商品があることを知っていて頂きたいと思います。

4-1:見つかってからでも入れる保険①

商品名:朝日生命保険相互会社 スマイルメディカル ワイド

保障内容
主契約 入院給付金 日帰り入院対応
医療費充当給付金(一時金) 入院給付金日額×0、10、15、20、30、40
手術給付金・放射線治療給付金 入院給付金日額×0、5、10、20、40
保険料払込免除
1入院支払限度日数 60日 ・入院I型:所定の生活習慣病は無制限、所定の精神疾患は+60日 ・入院II型:所定のがんは無制限
通算支払限度日数 1,000日 ・入院I型:所定の生活習慣病は無制限 ・入院II型:所定のがんは無制限

最大の特徴は「医療費充当給付金」という一時金。入院日数にかかわらず受け取れるのも安心要素の1つです。入院給付日額5,000円の場合、最大の入院給付日額×40では、1日で退院しても入院給付金合わせて20万5,000円の保障がつきますので安心要素も高くなります。別に手術保障は存在するのですが、これはなくすこともでき、自分にあった内容にカスタマイズ可能。

保障内容
先進医療 ・先進医療給付金(技術料):通算2,000万円まで ・先進医療見舞金:先進医療給付金の10%相当額
7大疾病初回一時金 20~500万円
女性入院給付金 所定の女性特有疾病で入院したとき入院給付金を上乗せ
死亡給付金 保険料払込期間後、入院給付日額×10

がん(悪性新生物・上皮内新生物)および6大疾病(心・血管疾患、脳血管疾患、腎疾患、肝疾患、糖尿病、高血圧性疾患)で所定の状態になったときに一時金が受け取れる特約や入院給付の支払限度日数が無制限になる主契約の保障と合わせることで長期化する入院にも対応可能です。

詳細
保険料(※) 【男性】 30歳:2,700円 40歳:3,825円 50歳:5,420円 【女性】 30歳:2,955円 40歳:3,265円 50歳:4,400円
引受年齢 0~80歳
保険料払込期間 60・65・70・75・80歳払、終身
払込方法 月払、年払
口座振替(月年、年払)、クレジットカード払(月払)

比較的に安価な保険料となっていることも人気の秘密です。治療に掛かるお金を保障しつつ、負担を最大限減らしたいという方に選ばれています。

4-2:見つかってからでも入れる保険②

商品名:Chubb損害保険株式会社 まかせて安心医療保険

あまり著名ではない、こちらの商品ですが実は静かな人気を呼んでいます。その特徴から順番に見ていきましょう。

特徴1|満16歳から満70際までの方なら、簡単な手続きでOK!

満16歳から満70歳までの方なら、入院歴・手術歴があってもお申込可能。申込みに面倒な医師の診査や健康告知は不要ですが、重複契約の人や危険なご職業の人などで一部、加入対象外となる場合があります。

特徴2|天災時のケガや短期入院にも対応!入院保険金は1日目から補償!

病気やケガでの入院・手術、そして地震・噴火や津波などの天災を原因とする入院・手術も補償しています。入院保険金は、1回の入院につき1日目(日帰り入院)から最大60日間、保険期間を通じて最高120日間(病気・ケガそれぞれにつき)もの日数を保障してくれます。

特徴3|うれしい健康祝い金付き!

保険期間(5年間)中に疾病・災害入院保険金が支払われなかった場合には、健康祝い金(無事故戻し金)を受け取ることができます。

特徴4|賠償責任や犯罪被害にも対応

第三者にケガをさせてしまった場合など法律上の賠償責任を負った「賠償責任」や、犯罪被害に遭った場合の「被害事故補償」、法律相談・弁護士費用・訴訟費用を補償する「権利保護費用」などにも対応。

プランコード 10,000円 コース (G1) 7,000円コース (G5) 5,000円コース (G6) 3,000円コース (G7)
医 療 補 償 病気で入院 (疾病入院保険金)※1 入院初日から補償! 入院1日につき 10,000円 入院1日につき 7,000円 入院1日につき 5,000円 入院1日につき 3,000円
ケガで入院 (災害入院保険金)※1 入院初日から補償! 地震や津波などを原因とする入院も補償! 入院1日につき 10,000円 入院1日につき 7,000円 入院1日につき 5,000円 入院1日につき 3,000円
手術 (手術保険金) 地震や津波などを原因とする手術も補償! 所定の手術を受けられたとき 1回の手術 につき 10・20・40万円 1回の手術 につき 7・14・28万円 1回の手術 につき 5・10・20万円 1回の手術 につき 3・6・12万円
健康祝い金 (無事故戻し金)※2 健康に過ごされた場合健康祝い金をお支払い! 10万円 7万円 5万円 3万円
損 害 補 償 賠償責任を負ったとき (賠償責任保険金)※3 *示談交渉サービス付 支払限度 1億円まで 7,000万円まで 5,000万円まで 3,000万円まで
損害賠償請求するとき (権利保護費用ヒヨウ保険金)※3 ※4 弁護士への法律相談費用 1保険年度および1被害につき(支払限度) 1回1万円 1被害3万円
弁護士費用等 1保険年度及び1被害につき(支払限度) 300万円まで 200万円まで 100万円まで 100万円まで
被害事故 (被害事故保険金・後遺障害) (被害事故保険金・死亡)※5 身体に後遺障害が残ったとき 後遺障害の 程度により 40万円~1,000万円 後遺障害の 程度により 28万円~700万円 後遺障害の 程度により 20万円~500万円 後遺障害の 程度により 12万円~300万円
死亡されたとき 1,000万円 700万円 500万円 300万円

5:まとめ

子宮頸がんという病気は、全く別次元の病気ではなくなりました。

既にご紹介している通り、生活環境の大きな変化に伴い、その発生率は年々高くなっています。女性特有の病気である子宮頸がんをはじめ、女性特有の病気に沿った保険商品もこうした背景を受けて年々充実してきています。当然ながら、病気にならないこと。そして、病気になる以前に保険商品などを調べておき対策などを講じることが最適です。

しかし、家計の負担なども考慮し後回しになることもあります。だからといえ、いざという時に諦める以外の選択肢を持つことはとても大切なことです。場合により、まだまだお子様が小さい場合もあります。そして、これから結婚を控えているという方もいらっしゃると思います。まだまだ、女性は自分のことは後回しと考える人が多いのが現状です。だからこそ、諦める以外の方法を広く知って頂きたいと思います。

子宮頸がんは場合により、他の臓器への転移もあれば子宮自体を全摘出するほど、大きな症状に発展することもあります。現在では、自宅で出来る検査キットなども販売されており比較的簡単に確認することが可能です。様々な方法があることを踏まえ、これからの人生や家族、そして、何よりも自分のために備えをして頂きたいと思います。年々、医学は進歩しています。治療方法も年々進化し、数年後にはより簡単に負担無く治療ができる時代になると言われています。

とはいえ、こうした病気に掛かりたいと思う人はいないはずです。健康であることは性別、年齢関係なく誰もが望むこと。普段の生活、予防、様々な側面からこうした望みをかなえることをしつつも、備えについて今一度、しっかりと考えて頂きたいと思います。

女性という性別である以上、「子宮」という場所はとても神聖で大切な場所と考えている方も多いと思います。

しかし、自分の「子宮」がどういう状態であるかを確認しケアする人はまだまだ少ない現代だからこそ、今一度、こうした記事を通して自分の「子宮」について考えて頂きたいと思います。だからといって、いきなり産婦人科に行ってくださいというのではなく、様々な情報を収集すること、そして、キットなどを活用し今の状態を知って頂きたいのです。

根本として、自分の「子宮」について興味や関心を持って頂きたいと思っています。最近の情報社会では携帯電話を使っても、こうした情報を拾うことは簡単です。ただし、間違っている情報もあります。そうした誤った情報に振り回されることなく、しっかりと対策を講じて頂ければと思います。

子宮頸がんは、比較的に情報が公開され、治療方法なども分かり易く紹介されている為、情報を収集することは簡単です。また、病院などでも様々な講演会なども開催され、子宮頸がん自体の不安を取り除くことも可能です。こうした場を含め、自分自身の「子宮」という部分に興味を持ち、大きな病気になることなく、輝く女性で頂きたいと思います。

今回ご紹介している内容が、一人でも多くの女性の不安を取り除き、そして、一人でも多くの方が予防対策を取るきっかけとなって頂ければと思います。子宮頸がんは、怖い病気ではありません。早期発見で治療可能な病気であることを重ねてご理解頂ければと思います。だからこそ、この記事を参考に対策を取って頂ければと思います。子宮頸がんが完全に治療できる時代になることを願っています。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!