医療保険でも積立ができる?損をしない為の医療保険選びの5ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

医療保険の中には、終身医療保険や定期医療保険など様々な種類があります。その中にも積立型の医療保険と掛け捨て型の医療保険にも分けることが出来ます。積立型医療保険と掛け捨て型医療保険のどちらに加入する方がいいのでしょうか。ここでは、積立型医療保険と掛け捨て型医療保険の違いや医療保険を選ぶ際のポイントを紹介していきます。

医療保険とは

医療保険とは、病気やケガで医療機関を受診した際に発生する医療費の一部または全額を被保険者に給付する仕組みのことです。医療保険には大きく分けて2つの種類があります。

  • 公的医療保険
  • 私的医療保険

公的医療保険とは、加入者やその家族が医療を必要となったときに、公的機関などが医療費の一部を負担してくれる制度です。健康保険や共済組合、国民健康保険などが該当します。日本では国民全員がこれらの保険いずれかに加入しています。公的医療保険の種類は、以下の通りです。

  • 全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)
  • 組合管掌健康保険(組合健保)
  • 船員保険
  • 共済組合
  • 日雇健康保険
  • 自衛官診療証
  • 国民健康保険

一般に、会社員の場合は、協会けんぽ又は組合健保に、船員保険は船員が、共済組合は公務員、国民健康保険は自営業者がそれぞれ加入しています。

私的医療保険とは、任意加入の医療保険のことをいいます。公的医療保険でまかないきれない部分をカバーすることができます。生命保険会社の医療保険はこの私的医療保険に該当します。公的医療保険の保障だけだと不安だという方が加入しています。

若い現役世代の方々は、医療費負担が3割と高齢者に比べると高いのと、万が一死亡してしまったり、入院してしまったりした時に使える預貯金があまり多くないことから、必然的に加入率も若い世代の方が高いです。

 

出典:高齢者医療保険に加入する前に知ってほしい10ポイントhttp://hoken-bridge.jp/10points-what-you-must-know/

医療保険の種類

そもそも医療保険はどのくらいの種類があるのでしょうか。今日の日本では、多くの生命保険会社から数多くの医療保険が販売されているので、医療保険を選ぶ際にはどれを選んだらよいか迷ってしまいがちです。日本で販売されている医療保険の種類は、以下のようなものがあります。

  • 終身医療保険
  • 定期医療保険
  • 女性向け医療保険
  • 緩和型医療保険
  • 無選択型医療保険

数多くの医療保険がありますね。それぞれがどのような保障のある医療保険か分かりにくいと思います。それぞれの特徴を詳しく解説していきます。

終身医療保険

終身医療保険の特徴は、以下のとおりです。

  • 保障が生きている間続く
  • 保険料が上がらない

この2点が終身医療保険の特徴といえるでしょう。高齢になってくると体が衰え、病気になりがちになってしまいます。終身医療保険に加入していると、病院通いになっても保障があるので安心ですね。

また、更新がないため、加入した年齢による保険料が上がりません。これは、若いうちに入っておくと保険料が安く抑えられるのでお得になります。高齢になると加入できない保険もあるので、なるべく早いうちに終身医療保険に加入するといいですね。

定期医療保険

  • 保険期間が定められており、更新がある
  • 契約時は終身保険よりも割安になる
  • 80歳まで更新できるが、更新するごとに保険料が高くなる

この3点が定期医療保険の特徴といえます。終身医療保険とは異なり、あらかじめ保険期間を定めます。そのため、保険料は終身医療保険より割安になります。

しかし、契約期間が終了すると自動更新となり、更新時の年齢によって新たな保険料が決定してしまうため、更新するごとに保険料が高くなります。更新時に見直しもできるので、独身の人は終身医療保険よりもこちらの定期医療保険の方がおススメです。

女性向け医療保険

女性向け医療保険の特徴は、以下のとおりです。

  • 女性しか加入できないので、女性特有の病気ほど保障が厚い
  • 生存給付金のある女性向け医療保険もある

この2点が女性向け医療保険の特徴といえます。女性向け医療保険は、通常の終身医療保険や定期医療保険などと違い、女性特有の病気の保障が厚くなっています。

例えば、入院給付金や手術給付金が通常の保険に比べ、上乗せになっています。女性の方で、女性特有の病気の保障を厚くしたいという方にはおススメの医療保険です。

緩和型医療保険

緩和型医療保険の特徴は、以下のとおりです。

  • 告知により、通常の保険だと加入できない人を加入できるようにしている保険
  • そのため、保険料は割高になる
  • 保障額は、1年を経過するため半分になる

この3点が緩和型医療保険の特徴といえます。通常の医療保険に加入できない人が加入する医療保険となっているので、保険料もその分割高になります。元々持病がある人にはありがたい保険となっていますが、健康な人はまず選ぶことはないでしょう。

無選択型医療保険

無選択型医療保険の特徴は、以下のとおりです。

  • 告知が不要
  • 保険金や給付金が少なく設定されている
  • 保険料が割高

この3点が無選択型医療保険の特徴といえます。告知が必要ない分、保険金や給付金が低く設定されている場合や、保険料が割高になってしまうケースが多いようです。誰でも加入できますが、上記のようなデメリットがあるため、無理に加入せず、貯蓄に回してもいいかもしれません。

出典:医療保険ランキングトップ10 http://hoken-bridge.jp/10ranking-medical-insurance/

積立型医療保険と掛け捨て型医療保険の違い

積立型医療保険と掛け捨て型医療保険の違いはどのようなものがあるのでしょうか。積立型医療保険と掛け捨て型医療保険のそれぞれの特徴についてまとめました。

積立型医療保険

0-55

特徴

  • 保険料が高い
  • 貯蓄を兼ねている
  • 見直しする時期を選ぶ

積立型医療保険の特徴は、上記のようなことが特徴としてあげることができます。

1つ目の特徴は、保険料が高くなっていることです。保険料は、純保険料と付加保険料に分けることができます。純保険料は、将来の保険金を支払うための保険料となっています。また付加保険料は、保険商品の維持・管理に充当するための保険料となっています。

この2つの保険料を合わせることによって私たちが支払う保険料になっています。将来に向け貯蓄を保険会社がしているため純保険料を必然的に高くする必要があります。その分を保険料に上乗せするため、保険料が高くなってしまうというわけです。

2つ目の特徴は、貯蓄を兼ねているところです。積立型医療保険は、掛け捨て型医療保険とは違って、保険料を支払うことで貯蓄も一緒に行っています。そのため、長い間保険料を支払っているにつれて、多くのお金が積立貯蓄されていることになります。知らず知らずのうちにお金を貯蓄できることができるのが特徴です。

3つ目の特徴は、見直しする時期を選ばなくてはいけないことです。2つ目の特徴にもあったとおり、積立型医療保険は貯蓄も同時に行っています。そのため、長い間保険料を支払っていると保険料は、保険会社所定の利率で積み立てられるため、ある時を境に解約時に帰ってくるお金が100%を超えます。

このことは、元本復帰と呼ばれています。この元本復帰が起こらないうちに積立型医療保険を解約してしまうと、俗に言う元本割れを起こしてしまいます。これが、銀行の預貯金と異なる点です。

そのため、積立型医療保険を契約してからあまり月日がたたないうちに保険の見直しを行ってしまうと、元本割れのリスクが伴います。積立型医療保険を見直す際は、元本割れしないタイミングまで待ってから解約をしなくてはならないという特徴があります。

掛け捨て型医療保険

184102

特徴

  • 保険料が安い
  • 掛けた保険料が戻ってこない
  • 見直しする時期を選ばない

掛け捨て型医療保険の特徴は、上記のようなことが特徴としてあげることができます。

1つ目の特徴は、保険料が安いということです。積立型医療保険とは違い、純保険料が積み立て分をなくすため、その分保険料が安くなります。保険料が安くなるので、積立型医療保険に比べて比較的簡単に加入することが出来ます。

2つ目の特徴は、掛けた保険料が戻ってこないことです。貯蓄型医療保険の場合、今まで支払っていた保険料の一部ないし今まで払っていた保険料以上の解約した時に戻ってくる解約時返戻金がありました。

しかし、掛け捨て型の医療保険はこの解約時返戻金がありません。そのため、病気やけが・入院をしなかった場合には支払った保険料は、捨てたと同然になります。

3つ目の特徴は、保険の見直しをする時期を選ばないということです。2つ目の特徴である解約時返戻金がないということは、解約する時期を選ばないということにつながります。そのため、もともと予定していなかったことが起こったとしても、医療保険の見直しを行うことができます。

若者世代の医療保険には、この掛け捨て型保険の方が人生設計を立てやすくなり、しっかりと計画を立てられるかもしれませんね。

積立型医療保険のメリット・デメリット

貯蓄型医療保険と掛け捨て型医療保険の違いを説明させていただきました。その違いを踏まえて、貯蓄型医療保険と掛け捨て型医療保険のメリットとデメリットを紹介していきます。

cd0110f3

メリット

積立型医療保険のメリットは、以下のとおりです。

  • 長期的にお金を積み立てできる
  • 知らないうちにお金が貯まりやすい

以上のようなメリットがあげられます。積立型医療保険は、長期的にお金を積み立てできることと、知らないうちにお金が貯まりやすいという2つのメリットがあげられます。

1つ目の「長期的にお金を積み立てできる」ということですが、積立型医療保険は、保険料を長い間支払っていると、自然に解約時返戻金が貯まっていきます。

また、支払っていた保険料の積立部分を長期の固定利率で保険会社が運用を行うため、年数を経過するごとにお金が増えていくという仕組みになっています。そのため、2つ目のメリットである「知らないうちにお金が貯まりやすい」ということに繋がってくると思います。

よく貯蓄関係の書籍を本屋で目にしますが、どの著者も「先取り貯蓄」をおススメしています。銀行の積立定期預金などが主に「先取り貯蓄」をする際は定番商品となっていますが、積立型医療保険も「先取り貯蓄」の商品の候補として検討してみてはいかがでしょうか。

デメリット

積立型医療保険のデメリットは、以下のとおりです。

  • 保険料が高くなってしまいがちな点
  • 元本割れの可能性がある点

以上のようなデメリットがあげられます。積立型医療保険は、保険料が高くなってしまいがちということと、元本割れの可能性があることという2つのデメリットがあげられます。

1つ目のデメリットである「保険料が高くなってしまいがち」ということですが、積立型医療保険には、貯蓄用の保険料も月々支払う保険料の中にプラスされています。掛け捨て型医療保険に比べて保険料が高くなってしまうという仕組みになっています。

保険料が高いのにも関わらず、2つ目のデメリットである「元本割れの可能性がある」という保険なので注意が必要です。例えばこれから先、様々なライフイベントを控えている若者世代は特に注意する必要にあります。

ライフイベントがあると、医療保険を見直すという人が多くいます。若い時に積立型医療保険に加入したとして、医療保険を見直そうとしても積立型医療保険に加入している期間が短い人が見直しを行おうとすると、今まで支払っていた保険料を下回る解約時返戻金しか戻ってこないということが考えられます。

しかし、若い時に積立型医療保険に加入しておくと知らず知らずのうちにお金が貯まっていくというメリットがあるため、なんとも言えませんが契約してから少しの間は、元本割れをしてしまう可能性があるというデメリットを頭において積立型医療保険を契約する必要があります。

掛け捨て型医療保険のメリット・デメリット

メリット

掛け捨て型医療保険のメリットは、以下のとおりです。

  • 保険料が安くなる
  • 保険料が安いため、保障を大きくしやすい

以上のようなメリットがあげられます。掛け捨て型医療保険は、保険料が積立型医療保険に比べて安くなることと、保険料が安くなるため保障を大きくしやすいという2つのメリットがあげられます。

1つ目のメリットである「保険料が積立型医療保険に比べて安くなる」ということですが、積立型医療保険には将来のために貯蓄用の保険料も一緒に支払っているということをお話ししました。

人気記事ランキング

1 2

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る