がん保険の必要性|「なぜか保険金が支払われない」仕組みを解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ganhoken10

芸能人のがん報道のたびに注目されるがん保険。

しかし、がん保険は保険の中でも理解しづらい商品の一つ。

この記事では、がん保険の必要性はあるのか、そしてなぜ支払われないことがあるのかを解説しつつ、がん保険の本質に迫ります。

そもそもがん保険とはどのようなビジネスなのか、抗がん剤やがん治療はなぜ高いのか、そしてがん保険の必要性がどこにあるのかを理解していただくことで、がん保険の仕組みを理解していただきたいと思います。

そもそもがん保険って何?

まずはがん保険とは何かを理解していただきましょう。

生命保険に加入をすると医療保険という入院した時に保障される保険がありますが、がん保険とは医療保険だけではカバーできない医療費を保障するものです。
ではなぜがん保険というかというと、がんの治療に使われる抗がん剤や放射線治療には多額の費用がかかるからです。

 

がんで入院すると一カ月で100万円近くかかると言われています。

個室に入れられる場合が多いのと薬代もばかになりません。医療保険で1日5,000円の入院費が保障されたとしても足りない計算になります。

高額医療費制度を使っても30万円はかかる計算になります。がん保険の位置づけを理解していただいたところで次に行きたいと思います。

 

保険会社は金融業であることを再度理解しましょう

別の記事でもありますが、生命保険会社とは金融業であり、契約者の方からお金を集めて投資や運用をしているのです。
もちろん運用することによってお金を増やして高い保険金として支払うことが出来るのです。

保険会社は保険料が入り保険金として支払わない場合というのが一番儲かるということを理解してください。

又後の記事に関係するので保険によって世界で金が動くということをまずはイメージしてください。

 

がんは世界のビッグビジネス

ganhoken9

がんはビッグビジネスとは不謹慎に聞こえるかもしれませんが、なぜ抗がん剤や放射線治療はいつまで経っても値段が高いのでしょうか。

それは世界の製薬メーカーの利益の大半を占めているからで、がんという人間にとっての恐怖の病気という位置づけがどうしても必要なのです。

製薬会社というのはものすごいお金と時間をかけて研究開発をして薬を製品化します。

抗がん剤というのは、がんにかかった患者からするとお金を出してでも治療に使いたい心理になるのです。

製薬会社はもの凄い力を持っていて政治をも動かしてしまいます。

製薬業界や医療業界が発達するためには軍事産業が重要

ganhoken3

世界の大国アメリカの話になりますが、アメリカは軍事産業が経済の大半に影響を与えると言われていますが事実です。

 

さて保険と薬から離れますが、イメージしていただくために実例を出します。

みなさんが旅行で利用する航空機や先端技術の航空無線も軍事技術から発展したものです。

カーナビで使うGPSも軍事衛星によるものです。今は当たり前のように使っているインターネットやタブレットはどうでしょうか?

これも軍事技術から来たものなのです。

世界の大国アメリカは軍事産業で直接経済を潤うのではなく軍事で得た膨大なデータや開発技術を、国内の産業に活かしているのです。

ganhoken8

では薬はというと、まだ実験段階の薬を試すには一般人ではできません。

勿論、動物実験もしていますが、軍事で活用されてデータを得るのです。

その後認可を得て製薬として流通するのです。人間が製薬を使わなくなることで経済が崩れるほどと言われています。

がん保険を利用すれば製薬の使用も促されるということを理解してください。

がん保険の必要性

少し雑学から入りましたが、がん保険の必要性はベースの医療保険では賄いきれない部分を保障するためにはあった方が安心です。

但し、必要以上の金額で入っている方が多いのではないかと思います。

入院する場合には高額医療費制度がありますが、保険の営業マンによってはその制度による割引を考慮しないでプレゼンテーションしている人がいます。

入院して治療をした場合には保障額が大きい気もします。但し、がん治療とは放射線治療などの一回で100万円を超えるような治療法もあります。

この時がこわいです。医療保険だけではカバーできませんのでがん保険に入る必要があります。

一度で支払えるだけの貯金、又は預金があればがん保険が不要なのかもしれません。

最近の医療保険は一日の入院保障額が大きいものもありますので、がん保険が支払荒れないのにはここにも理由がります。

健康保険、高額医療費制度を適用した場合には医療保険だけでカバーできてしまう場合があるのです。

よってご自身が入られる入院保険とがん治療でかかる費用と、公的制度を組み込んだ上で加入を検討することをお勧めします。

がんとは世界のビッグビジネスというのが理解できましたでしょうか。

がん保険に加入した人の中での割合で、放射線治療などの一度に100万円を超す治療を受けた人は全員でしょうか。

こう考えるとがん保険とは使うか使わないかが分からない、保険の意味合いとしては強いのかもしれません。

 

がんにかかったことがある人でも入れるがん保険が増えた理由

最近はコマーシャルで一度がんにかかった人でも入れるがん保険というのが出てきました。これにもカラクリがあり、要するに保険会社が保険金を支払った人数が、予定よりも少なかったということです。

この理由は前にも書きましたが、実は医療保険だけでカバーできる医療費だった場合や、高額治療を受けた人が想定の数字よりも少なかったということです。

保険商品は数学によって編み出されるデータをもとに開発されます。金融商品である保険への加入者が増えれば増えるほど、資金を増やせる保険会社が考えたビジネスでもあります。

 

放射能騒動によって加入者が更に増えたがん保険

2011年3月11日に発生した東日本大震災の影響で福島第一原発事故により、がんに対する不安性がメディアで取り上げられました。この時、がん保険の加入者は増加しました。

甲状腺がんにかかった人が出てきましたが、実は治療費は大腸がんなどに比べると少額なものです。

例えば、甲状腺乳頭がんは、5対1くらいの割合で女性に多いがんというのが特徴です。甲状腺がんのうちの大半を占め他の種類に比べると比較的進行も遅くておとなしい性格で、治療できちんと治すことができるがんです。

甲状腺は、のどぼとけのすぐ下、気管の前面に位置しています。

初期症状はなく、風邪で病院にかかったときに医師から首のしこりや腫れを指摘されて、甲状腺乳頭がんの発見に繋がることもあります。
甲状腺乳頭がんは他の臓器に転移することは稀で、比較的早い時期から甲状腺周囲のリンパ節に転移することは少なくなく、リンパ節への転移と聞くと不安も大きくなるかもしれませんが一般的に転移があっても進行が遅く、治療で治すことができる場合も多いようです。

甲状腺乳頭がんの治療は他の臓器に転移していない限り手術で甲状腺の一部、または全部や転移が見られるリンパ節を切除することで終わり、抗がん剤治療や放射線治療をする必要もありません。
入院期間はだいたい1週間~10日程度です。 甲状腺を全摘、もしくは大部分を切除した場合には残った甲状腺が十分な甲状腺ホルモンをつくれないため、甲状腺ホルモン剤を生涯服用する必要があります。
ホルモン剤を毎日服用したとしても、がんを発病する前とほぼ変わらず生活ができ、女性は服用しながら妊娠も出産も授乳も可能です。

甲状腺乳頭がんを患ってしまった場合、どのくらいの治療費がかかるのか

某大学病院の資料によると、9日間入院して甲状腺全摘手術を受けた場合、概算で約20万~30万円の自己負担とあります。
入院が月をまたがなければ、高額療養費制度を利用することにより、84,100円~87,430円の負担で済みます(自己負担3割、一般所得者の場合)。

一生服用しなければならない甲状腺ホルモン剤は薬価が安く、1日1錠飲んでも自己負担は3円ほど、1年間だと約1,100円ほどだそうです。

また、近所のかかりつけの病院で処方してもらえる、副作用の少ない身近な薬です。 あとは、退院後の術後の経過をみる検査通院の費用等でしょうか。

このように甲状腺乳頭がんは、他のがんと比べたら身体的にも経済的にも優しいがんといえます。

しかし、がんはがん。がん保険に加入されていれば、もちろん保険金は出ますが、かかってしまったら再発や転移を心配して新たにがん保険に加入しようとしても、通常のがん保険への加入は厳しいといわざるを得ません。

その場合には、引受基準緩和型のがん保険という手があります。最近では、完治から2年経過していれば加入できる商品も発売されています。

ただ、保障が通常のがん保険に比べると小さくなってしまうのは否めませんし、保険料も割高です。そして注意点は、契約日から1年以内に保障が発生した場合に支払われる保険金が削減されることです(満額保障されるのは2年目以降になります)。

東日本大震災後に変わったがんテレビの保険コマーシャル

東日本大震災以降日本の生命保険会社のコマーシャルが減った割には外資系のがん保険コマーシャルは増えていませんか。

ここで世界のお金の動きが関係してきます。日本の生命保険会社は主に日本国内に投資をしています。でもアメリカの保険会社はどうでしょうか。

医療保険は日本の生命保険会社に入っている日本からがん保険の契約を獲得をして、且つ増えたのは甲状腺がん。投資をしているアメリカの製薬会社のビジネスは向上するのです。

がん治療にはどのくらいの費用がかかるのか

がんには大きく分けて3種類の治療法があります。手術・抗がん剤治療・放射線治療がそれで、合わせてがんの3大療法と呼びます。

実際には、ケースに合わせて、これらの療法やほかの方法を組み合わせて治療が行われていきます。

gabhoken6

1.手術

内容・効果

がんになってしまった部分とその周辺を手術で取り除く治療法です。

がんがまだ小さく、転移などもしていない早期のうちに発見された場合は手術が簡単で効果的です。

多くのケースで、手術は選択肢に入ってくると思われます。

体を切開し、麻酔も使用するため、患者に負担があるのが手術の難点でしたが、近年は技術も進歩して、より負担の少ない手術法が増えてきています。

内視鏡を使用することで、切開はせずに行える手術もあります。 そのため、手術のための入院日数は減少傾向にあります。

費用

手術の費用は、さまざまにある術式によってかなりの開きがあります。内視鏡を使った胃粘膜の手術などでは、30万円程度ですが、胃の一部を切除するような手術になると、130万円程度になります。そのため、がん保険や医療保険の手術給付金は、手術の種類に応じて、段階的に給付金額が変わるものがあります。

2.抗がん剤治療(薬物療法)

内容・効果

手術だけではすべてのがんを取り除き切れない場合や、手術後の再発防止などに使われるのが抗がん剤です。一口に抗がん剤と言ってもさまざまな薬があり、厳密には抗がん剤ではない分子標的薬やホルモン剤といった薬品もがん治療には使われます。そういったものを含めて、化学療法と総称することもあります。

手術や放射線治療が、がんになった部分にだけ行われる処置(局所療法)であるのに対して、抗がん剤は全身に効果があります。つまり、転移があるけどそれが発見されていない場合なども、治療ができるということです。 がんは細胞の異常な増殖であると言えますが、抗がん剤はそのメカニズムに作用して、がんが広がるのを防ぎ、がん細胞を破壊します。反面、正常な細胞にも作用してしまうため副作用があり、身体への負担があることが難点です。また、効果が出るまで時間がかかるため治療は長引き、費用もかかってしまいます。

費用

抗がん剤治療は、投薬と休止のサイクルを決めた治療計画をつくり、効果を見ながらそれを繰り返すことで行われます。この1つのサイクル(おおむね5~6週間であることが多いです)を1コースと呼び、1コースあたりにかかる費用は、100万円程度が平均だと言われています。

放射線治療

内容・効果

放射線をがんに対して照射することでがん細胞を破壊するという治療法です。手術に代わる根治療法のほか、再発の予防のためにも用いられます。

放射線治療には大きく分けて、体の外側から放射線を照射する「外部照射」と、体内に放射性物質を入れて患部に照射する「内部照射」という方法があります。 照射方法によっては、がん周辺の正常な細胞にも放射線を浴びせてしまうことになりますが、放射線を浴びることそのものには痛みもなく、手術や抗がん剤に比べると、身体への負担や副作用は少ないと言えます。

費用

放射線治療の費用も、方法によって変わりますが、おおむね3cm程度の小さな病巣に対して行われることが多い定位放射線照射という方法で、60万円程度と されています。放射線治療は比較的新しい技術であり、今もどんどん新しい方法や機器などが研究されている分野です。

定位放射線照射は公的保険の範囲に入っている治療法ですが、中には保険適用外のものもあります。いわゆる先進医療と呼ばれるもので、まだ十分に検証されていないため、国が承認した特定の医療機関でしか行われておらず、費用も全額自己負担になる治療法です。放射線治療のうち、重粒子線治療や陽子線治療などがそれにあたり、これらの費用は300万円程度にもなるうえ、先進医療の治療法は公的保険が使えません。こうした現状から、がん保険を含む医療費をカバーする保険では先進医療を受けた場合の保障がある特約が用意されています。

ganhoken4

また、前述した抗がん剤治療と放射線治療の両方を複数回受けるケースも多く、その際の費用も高額になりがちなため、チューリッヒ生命の「終身ガン治療保険プレミアム」など、放射線治療・抗がん剤治療に特化した保険も登場しています。

 

がんの治療にトータルでいくらかかる?

がん治療の費用が、トータルでいくらかかるのかは、ここまで述べたような、さまざまな治療法を組み合わせて行われる以上、一概にいくらとは言い切れないものです。

ですが、あくまで目安として、統計を見てみましょう。

厚生労働省の医療給付実態調査の統計をもとに、計算してみたところ、治療1件あたりに支払われた平均の費用は次のようなものになりました。

入院の費用(医療費総額)

胃がん 60万5,806円

結腸がん 59万9,316円

直腸がん 72万2,637円

肝がん 57万3,219円

肺がん 63万8,892円

乳がん 54万2,043円

子宮がん 59万4,430円

悪性リンパ腫 90万9,442円

白血病 144万1,368円

その他のがん 60万2,154円

人気記事ランキング

1 2

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る