生命保険協会の一般課程試験を受けて、目指せスキルアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

TVCMなどでもすっかりおなじみになった生命保険。

保険代理店も増加し、独立や開業を目指して、保険業界の門戸をたたく人も増えています。

また長引く不況下で、一般の方の多くは加入済みの生命保険の見直しに迫られているケースも、みうけられます。

また、そんな時代のニーズや景気動向により、ますます生命保険は多種多様化し、ファイナンシャルプランナーと呼ばれるエキスパートが台頭してきました。

 

そこで今回は、「どこでどんなふうにしたら、今より充実した生命保険を選べるの?」というお悩みを抱える一般の方への生命保険協会を利用するメリットと、保険業界で働くなら絶対に必要な資格と、ファイナンシャルプランナーとしてスキルアップをしていくためのプロセスをご紹介します。

 

目次

1. 生命保険協会とは

1.1協会の事業概要
1.2協会の目的
1.3沿革
1.4アクセス先

2.生命保険協会が一般大衆向けに行っている活動内容

2.1生命保険相談
2.2消費者の声事務局
2.3せいほ意見交換会の開催
2.4生命保険制度の悪用への対応
2.5認定個人情報保護団体としての活動

3保険業を生業とする企業に向けて行っている活動内容

3.1行動規範・指針・自主ガイドライン制定
3.2営業職員・代理店の教育精度
3.3意見交換会の開催

4.保険業界で働く上で必要な生命保険協会の定める資格とは

4.1保険業界で働くうえで必要な資格とスキルアップのための資格を紹介(一般課程・専門課程・応用課程・大学課程)

5.必須資格である一般課程とは

5.1生命保険協会が定める一般課程のあらまし
5.2資格取得によるメリット
5.3試験内容
5.4合格への道
5.5試験日程

6.生命保険協会が定める専門課程とは

6.1専門課程のあらまし
6.2資格取得によるメリット
6.3試験内容
6.4合格への道
6.5試験日程

7.生命保険協会が定める応用課程とは

7.1応用課程のあらまし
7.2資格取得によるメリット
7.3試験内容
7.4合格への道
7.5試験日程

8.生命保険協会が定める大学課程とは

8.1大学課程のあらまし
8.2資格取得のメリット
8.3試験内容
8.4合格への道
8.5試験日程

9. 保険協会を利用する一般の方と業界在籍者やこれから保険業界へ入りたい方へのメリット

1. 生命保険協会とは

私たちの生活の中で昔から定着している生命保険ですが、加入の際は保険代理店を利用するか、WEBで加入することが殆どで、実際には手元の証券なども、引き出しの奥深くにしまったままになっている方も、多いのではないでしょうか。

では生命保険の見直しなど、一体誰に相談して、どうすればよいのか?ということになります。

ご存知の方は少ないかもしれませんが、実はとても便利で頼りになる協会があるのです。

それが、生命保険協会です。

そもそも生命保険協会とはどんなところかと、気になることでしょう。

また、生命保険業界に就職したい方や、転職したい方は、生命保険商品を取り扱う上で、取得必須の資格制度があることをご存知でしょうか。

そこでまずは、一般の方に向けた生命保険協会と、保険業界へ就職・転職をご希望の方へ向け、生命保険協会のあらましを、ご紹介します。

 

1.1協会の事業概要

生命保険協会は、日本国内で営業している生命保険会社が加盟している業界団体です。

生命保険協会は1898年(明治30年)に、「生命保険会社談話会」として開設され、なんと100周年を超える、歴史ある協会なのです。

1.2協会の目的

生命保険協会は、生命保険業そのものが健全に発達し、信頼を得続けることを念頭に、保険という側面から、私たち国民の生活がより豊かに向上できるようサポートすることを、大きな指針としています。

1.3沿革

生命保険協会の前身である「生命保険会社談話会」発足から、実に100年を超える実績を積んできた、生命保険協会。

組織としても、社団法人としても、常に国民の生活と、会員である保険会社との相互利益や、保険の安全な活用などを目指し、その道を着実に歩んできました。

それではここで、設立から現在に至る生命保険協会の成り立ちを、ご紹介します。

1898(明治31)年

生命保険業界の発展と消費者の保険を通じた実りある生活をサポートすることを目的に、「生命保険会社談話会」が、設立されました。

1905(明治38)年

「生命保険談話会」という名称から、「生命保険会社協会」に改名し、より発展的な組織となるべく大きな組織改編が、実施されました。

1908(明治41)年

社団法人として認可を得て、「生命保険協会」が、発足されました。

1942(昭和17)年

「生命保険統制会」を設立され、その業務の大部分が生命保険統制会に移管されました。

1945(昭和20)年

それまでの「生命保険統制会」が解散され、新たに「生命保険中央会」が設立、管掌事務が移管されました。

その後、生命保険集会所の名称が、「生命保険協会」と改められて再発足し、生命保険中央会からの事務が継承されています。

1.4アクセス先

本部所在地 〒100-0005
東京都千代田区丸の内 3-4-1 新国際ビル3F
電話番号 03-3286-2624(代表)

生命保険協会 本部アクセス先 

地方事務室一覧

生命保険協会 地方事務室一覧

 

 

2.生命保険協会が一般大衆向けに行っている活動内容

生命保険協会が保険業界全体や、私たち国民に対してその活動を行っているのはお分かりいただけたことと思います。

では我々一般大衆向けに行っている事業とはどんなものなんでしょうか。

ここでは、一般向けに行われている活動を、ご紹介します。

 

2.1生命保険相談

生命保険協会では、生命保険に関する相談や照会を、受け付けています。

保険にかかわる豊富な専門知識を持った特別スタッフが、話を聞いてくれるとのこと。

ほかにも、起こってしまった保険業法が定める紛争やトラブルを解決するため、苦情の解決に向けた支援を行ってくれます。

これなら、気軽な質問や込み入った相談も、任せて安心です。

【生命保険相談所 (生命保険相談室:東京)】
受付時間:9:00~17:00(土・日曜、祝日、年末年始を除く)
電話でのご相談 TEL:03-3286-2648

*ご来訪でのご相談(※16:00まで)

〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル3階(生命保険協会内)

【生命保険相談所(連絡所)】
全国51ヶ所に生命保険相談所の連絡所が設置されているので、地方の方でもわざわざ本部に赴く必要がありませんので、お近くの連絡所をご利用できます。
(時間帯により受付できないことがあるそうなので、訪問の際は、事前に電話での予約が必要です)。

地方事務室・相談所(連絡所)一覧

2.2消費者の声事務局

一般の方からの生命保険や、生命保険協会に対する意見や要望を受け付けているのが「消費者の声事務局」なのです。
その窓口は、私たちのこの声を、生命保険会社の経営に影響を与える、我々からの大切なメッセージとして、届ける先になります。

受け付けた苦情や相談、様々な意見や要望は、生命保険協会の分析を通して、
生命保険会社間で情報共有されます。

こうした一般の声を反映させた、より良い生命保険商品に大きく関わっているのが、生命保険協会の一面でもあります。

 

「消費者の声」事務局

2.3せいほ意見交換会の開催

生命保険に関する私たちの意見や要望など集め、消費生活相談員とネットワークを構築するとともに情報共有し、より私たち消費者の要望を形にするための保険選びを、サポートしてくれます。

そのための場が「せいほ意見交換会」なのです。

せいほ意見交換会

2.4生命保険制度の悪用への対応

生命保険協会では、生命保険を利用して、不当な利益を得るために悪用されるのを、防いでいます。

決して安くはない保険料を、まじめに納めている私たち国民に不利益が生じないように、警察との連携・情報共有をはかったり、支払査定を各種団体との照会制度を定め、常に注視しています。
(全国共済農業協同組合連合会、全国労働者共済生活協同組合連合会(全労済)および日本コープ共済生活協同組合連合会)

生命保険制度の悪用(モラルリスク)への対応

2.5認定個人情報保護団体としての活動

個人情報保護法の制定や、企業による個人情報流出など、私たちの個人情報がきっちりと保護されていないと、様々な不利益を受けかねません。

ましてや生命保険は、住所などばかりでなく、受取人や家族構成など様々な情報が詰まっています。

昨今の個人情報流出に関するニュースなどを見ていると、「これが流出されてしまったら」と、想像するだけで恐ろしいものです。

生命保険協会では、各生命保険会社に対して、個人情報の徹底かつ適正な管理を義務づけ、その流出を未然に防ぐべく、様々な指導を行っています。

また、万が一個人情報が流出してしまった際の、苦情も受け付けています。

認定個人情報保護団体

3保険業を生業とする企業に向けて行っている活動内容

 

ここまでは私たち一般消費者向けに、「生命保険協会は何をしてくれるのか?」についてご紹介をしてきました。

では実際に保険業界の在籍者や、これから保険業界を目指す方々に、どんなことをしてくれるのでしょうか。

ここからは、保険業界で働く方や、ファイナンシャルプランナーを目指す方への、生命保険協会の取り組みをご紹介します。

3.1行動規範・指針・自主ガイドライン制定

個人情報をたくさん含み、顧客の万が一に備えるための生命保険は、顧客との間に絶対の信頼関係が築かれていなくてはなりません。

そこで生命保険協会では、生命保険会社やその役職員が順守すべき行動規範を定めています。

これには、実務上での生命保険と、それに伴う様々な情報を取り扱う際に、守るべき指針や自主ガイドラインが定められています。

大切な生命保険だからこそ、生命保険事業が社会から信頼され、円滑に運営されることが絶対に必要です。

生命保険協会では、適時生命保険業会社に、取り組みに関するアンケートを実施しています。
より精度の高いガイドラインにすべく、このアンケートが反映され、アップデートされるのです。

行動規範・指針・自主ガイドライン等

3.2営業職員・代理店の教育制度

個人の資産に影響を与え、万が一の際の、事故や疾病に備える大切な生命保険。

その道のプロフェッショナルとしての、知識とスキルが求められるのは当然のことです。

そこで生命保険協会では、独自の資格認定方式を定めています。

昭和49年にはすでに、保険業界共通の生命保険募集人教育制度を、確立していました。

後ほど紹介いたしますが、現在では一般/専門/応用/生命保険大学の課程試験を、実施しています。

 

さらに、変額保険販売資格試験や、業界共通教育課程も実施し、業界全体のスキル向上を、図っているのです。

 

保険業界全体が一般消費者に向け、より良いサービスを提供すべく、コンプライアンス・説明責任・保険金支払いや、加入者へのアフターケアなど、保険業界全体の営業職員や代理店の育成に力を注いでいます

営業職員・代理店の教育制度

 

4.保険業界で働く上で必要な生命保険協会の定める資格とは

実は、生命保険に関する商品は、だれでも契約や販売を行えるわけではないのをご存知ですか。

ここでは、そんな保険業界で働くために必要な資格などをご紹介します。

4.1保険業界で働く上で必要な資格とスキルアップのための資格
(一般課程・専門課程・応用課程・大学課程)

保険を販売するにあたり、必ず必要とされるのは、まずは保険会社に在籍していることです。

その中で、生命保険の基礎知識を習得するための「一般課程試験」をまずは受験し、その資格取得をしなければなりません。

営業職員は入社3か月にわたって、生命保険協会が定める単位の研修を受けます。

流れとしては、

入社説明会→入社→登録前研修→一般課程試験→合格→登録→登録後研修

で、行われています。

なお登録前研修は、所属の各保険会社で、30単位32時間の研修が行われます。

 

次は、その研修を受けてから、2か月以内に一般課程試験を受験します。

 

※代理店の場合は、登録前研修の前に、業務委託説明会を実施する必要があります。

 

生命保険業界共通の教育

5.必須資格である一般課程とは

生命保険協会が設定する一般課程とは、保険業を生業とする外交員や営業職にとっては、必須資格となっています。

一般課程資格は、生命保険商品を取り扱う上で、必要な知識とその手順や取扱い方法について、顧客に信頼されるべく定められた、教育制度の第一段階になります。

5.1生命保険協会が定める一般課程のあらまし

生命保険商品を販売するためには、生命保険募集人として、まずは生命保険協会への登録が義務付けられています。

この際に必要な一般課程資格は、

「顧客に信頼される資質能力を備えているか」
「生命保険募集人として、認定できるのか」

という、基礎的な資質を測ることを目的に、実施されています。

一般課程資格は生命保険商品を扱う上で必須ですので、合格すれば晴れて保険商品関連を扱う営業マンとしての生活をスタートできます。

もちろん、業界内では誰しもが取得している資格なので、「なーんだ」と思ってしまう方もいるかもしれません。

でも、ちょっと待ってください。

一般課程資格に合格するということは、そのあとに続く様々な試験を受験する資格が、得られたということです。

企業によっては、所有する資格に対して、特別手当がつくケースもあります。

つまり、保険業界でキャリアアップを目指すあなたの、第一の扉が開いたということなのです。

5.3試験内容

一般課程試験は、あくまでも保険商品を取り扱う上で必要な、最低限の知識を

理解しているかどうかということを、チェックされるものだと考えてください。

あくまでも重要なのは、基礎的知識もさることながら、理解度なのです。

5.4合格への道

気になる一般課程試験の中身ですが、あくまでも基礎的な内容であるので、
あまりナーバスになる必要はないと言われています。

過去データを照合すると、合格点は70%、合格率は80%と以上とされていますので、先述のとおり、難易度はそれほど高くないと言えるでしょう。

肝心の試験問題ですが、全20問に設定されていて、前半1問目から15問目までは、各5問ずつの設問が設定されています。

 

1問につき1点が配点されているので、この部分だけで、合計75点の配分となります。

次に後半の16問から20問までは、各2問ずつの設問が設定されています。

1問につき2.5点が配点されているので、この部分だけで、合計25点の配分となります。

生命保険と保険会社所属スタッフとしての基礎知識、保険契約時に必要な実務についてを理解し、設問を冷静に読めばクリアできる、常識的なものとされています。

先ほどもお伝えした通り、あくまでも暗記ではなく、理解度を深めるという点がポイントです。

近年開催された試験を調査すると、過去問題が殆どそのまま出題されるケースも多いとのことなので、繰り返し過去問題をこなし、知識を深めることで、合格への道が開かれます。

参考までに、生命保険協会で公開されている一般課程試験の一例を、ご覧ください。

生命保険協会 試験にチャレンジ!

5.5試験日程

生命保険一般課程試験は、月に一度開催されています。

先にも述べたように、登録前研修として、それぞれ所属の各保険会社で、30単位32時間の研修を受けてから、2ヵ月以内に受験します。

 

就業している会社で、試験日程についての説明を受けましょう。

6.生命保険協会が定める専門課程とは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生命保険商品取扱い者としての一般課程資格を取得した後の、次のステップとして用意されているのが、専門課程資格です。

 

6.1専門課程のあらまし

一般課程で得た基礎知識をベースに、保険商品販売に関する、より専門的知識やその周辺知識を新たに習得し、顧客への対応力を高めることを目的に、制定されています。

 

所属する保険会社によって異なりますが、変額保険商品の販売にはこの専門課程資格が必要になるので、保険会社や代理店に在籍しているスタッフには、より求められる資格といえるでしょう。

6.2資格取得によるメリット

専門課程試験合格者は、「ライフ・コンサルタント(略称LC)」の称号が与えられるので、自身の名刺に、新たな肩書として記載できます。

 

また一歩スキルアップできたという、自信にもつながると同時に、顧客からの信頼度もアップします。

 6.3試験内容

生命保険協会が定める専門課程資格は、一般課程より幅広い知識が求められています。

ですがその試験内容は、あくまでも基礎的な知識が殆どなのです。

焦らずに確実に試験に対応できるように、日ごろの実務で得た知識や、ノウハウを大切にしましょう。

6.4合格への道

気になる専門課程試験の中身ですが、マークシート方式で行われます。

過去データを照合すると、合格点は70%、合格率は約70%なので、
若干一般課程試験よりも、難易度が上がっているといえるでしょう。

内容としては、

○×問題や語句選択が約90%
計算問題が約10%

となります。

一般課程同様に、過去の問題の出題傾向を調べ、繰り返し各設問の内容を理解していくのが、合格への近道だと言われています。

少なくとも直近で行われた過去問題を3開催分以上、目を通すとよいとされています。

試験問題の中での計算問題はわずか10%と、その割合は、とても低い設定です。

これも〇×方式の設問同様に、過去問題と類似した設問が設定されているので、繰り返し説き方を、覚えましょう。

ケアレスミスだけ気を付ければ、答えが明解な計算問題は、総合得点でのアドバンテージになります。

その上一般課程では、テキストよりも過去問題の学習を重視していますが、
専門課程はテキスト上の知識も同時に、求められます。

業務に携わる上でも、落ち着いて試験に臨むためにも、テキストから基礎知識を習得しておくことをおすすめします。

6.5試験日程

月に一度開催されている一般課程試験とは異なり、専門課程試験は、年3回の開催になります。

就業している会社で、試験日程についての説明を受けましょう。

7.生命保険協会が定める応用課程とは

生命保険取扱い者としての一般課程資格と専門課程資格を取得した後の、
次のステップとして用意されているのが、応用課程資格になります。

7.1応用課程のあらまし

生命保険協会では、一般課程・専門課程を経て受験できる応用課程資格を、
それまでの課程試験で得た知識を活かした、生命保険商品を扱う際の応用力や実践力を養うためと、制定しています。

7.2資格取得によるメリット

応用課程試験合格者には「シニア・ライフ・コンサルタント(略称SLC)」の称号が与えられるので、専門課程で得られた「ライフ・コンサルタント(LC) 」に加え、SLCのとしての肩書を、自身の名刺に付け加えることができます。

また所属する会社にもよりますが、営業職や一般職の昇進条件に含まれているケースもあるので、ステップアップに必要な資格といえるでしょう。

7.3試験内容

生命保険協会が定める応用課程は、専門課程より一段と幅広い知識が求められています。

一般課程や専用課程ほどには簡単とは言えず、きっちりとした知識が求められます。

7.4合格への道

気になる応用課程試験の中身ですが、マークシート方式で行われます。

過去データを照合すると、合格点は70%とされています。

内容としては、

○×問題や語句選択が約70%
計算問題が約30%

専門課程同様に、過去問題の出題傾向を調べ、繰り返し各設問の内容を理解する必要があります。

少なくとも直近で行われた過去問題3開催分以上は、必ず目を通しましょう。

また、専門課程試験よりも、計算問題の比率が高い点も重要なポイントです。

難しい計算は少なく、一度解き方をマスターすれば、対象の数字が変わるだけなので、対策すればするほど、総合得点上のアドバンテージになります。

しかしながら、一般課程や専門課程と異なり、基礎知識以上のものが必要になります。

過去問題の練習をするだけでなく、テキストの内容もしっかりと頭にいれておきましょう。

テキスト上のポイントとしては、参考と記載されている部分の出題対象率が低いというところです。

しかしながら、より高得点を目指す上でも、知識を蓄えるという上でも、覚えておいて損になることはありません。

7.5試験日程

専門課程試験同様に応用課程試験は、年3回の開催になります。

就業している会社で、試験日程についての説明を受けましょう。

8.生命保険協会が定める大学課程とは

応用課程資格試験の合格者のみを対象とした大学課程資格は、一段と難易度が増し、生命保険商品に対するより多くの知識が求められます。

8.1大学課程のあらまし

大学課程は、専門的なレベルの知識を習得することを目的として、制定されています。

まさに「生命保険のプロフェッショナル」という位置づけで、真の生命保険ファイナンシャルプランナーの育成を、目的としています。

8.2資格取得のメリット。

生命保険大学課程試験(全6科目)合格者は「トータル・ライフ・コンサルタント(略称TLC)」の称号が与えられます。

「TLC]は、生命保険の募集人の資格では、最高峰とされている資格です。

顧客に与える信頼度が格段に上がるので、営業活動がよりスムーズになるという大きな側面があります。

 8.3試験内容

生命保険協会が定める大学課程資格は、一般課程・専門課程・応用課程とことなり、6科目設定されています。

これは、生命保険商品に対するより深い理解と、より高い知識を有する者だけに与えられる資格だということが、この複数科目の設定からも、容易に想像できます。

生命保険大学課程のカリキュラムは次の6科目になります。

ファイナンシャルプランニング

個人保険商品研究

資産運用設計(金融商品・不動産)

生命保険と税・相続

隣接業界の商品と社会保障

企業保険商品研究

8.4合格への道

気になる大学課程試験の中身ですが、先ほども申し上げた通り、6種の科目を受験しなけなければなりません。

6種の科目の中から2科目ずつを、年3回に分けて受験するので、取得にかかる年数は、2年前後の長きにわたります。

合格点は、各科目60点(応用課程までは70点)と、やはりほかの課程試験よりは、難易度が高い印象は、否めません。

大学課程試験向けの対策書が市販されているので、ぜひ活用することをお勧めします。

対策としては、3開催分以上の過去問題を繰り返し読み解くのと並行して、テキストを読み込み、整理しながら身に着けていくのがよいでしょう。

生命保険において一番難しい資格になりますが、昨今台頭してきている、外資系生命保険会社の営業社員の中で、勤続2年以上スタッフのほとんどが、この資格を持っているようです。

また、一般的に言われる、ファイナンシャルプランナー(FP)とは別の資格になりますが、大学課程資格のほうが、

そのファイナンシャルプランナーよりは、一段簡単な試験とも言われています。

就業する会社によっても異なりますが、大学課程までを必須資格とするケースもあります。

つまり、想像するほど難関ということではないことになります。

テキストの読み込みはもちろんのこと、日々の保険業務の中で、着実により高い知識と対応方法を身に着け、大学課程試験に備えましょう。

8.5試験日程

2科目ごとに年3回の開催になります。

就業している会社や生命保険協会に、試験日程についての説明を受けましょう。

9. 保険協会を利用する一般の方と業界在籍者やこれから保険業界へ入りたい方へのメリット

いかがでしたでしょうか。

生命保険協会は難しい業界団体ではなく、一般の方には心強い保険相談の味方であり、生命保険業界在籍者や、これから保険業界へ入りたい方への、心強いサポート団体であることが理解いただけたことと、思います。

景気回復の兆しがなかなか見えない昨今、少しでも月々の出費を抑えたいというの、は誰しもが思うことです。

一般の方は、まずはお気軽に生命保険協会に、保険の見直しや解約、新たな加入の選択を相談されてみてはいかがでしょうか。

これにより家計費が抑えられつつ、より充実した保険内容になることほど、安心なことはありません。

また、不景気のあおりでなかなか転職・就職先が見つからない方は、国家試験でもある生命保険協会の各種認定資格を手に入れてみてはいかがでしょうか。

あなたの新たなスキルとして、キャリアシートが充実すれば、就職にとても有利になります。

すでに保険業界で働いていらっしゃる方は、ぜひ一般課程試験だけではなく、上級課程の資格を取得してみてはいかがでしょうか。

充実した資格は、必ずあなたの営業力をサポートし、社内での評価上昇につながります。

ゆくゆくは保険代理店を開業したり、ファイナンシャルプランナーとして、独立することも不可能ではありません。

消費者と業界在籍者のどちらにも、総合的なサポートをしてくれる生命保険協会にぜひ一度アクセスしてみて下さい。

B

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る