保険に入るなら終身保険が良いのか?終身保険に向いている保険とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今日の日本では、多くの保険会社から様々な保険商品が販売されています。保険の加入を考えていてもどれに加入すればよいか分からないという人も多いと思います。よく終身保険に加入すれば間違いないと言われていますが、本当に終身保険がいいのでしょうか。また、終身保険に向いている保険ってどのような保険なのでしょうか。そのようなみなさんの疑問解決の助けになればと思っています。

医療保険の種類

冒頭でも述べた通り、今日の日本では、多くの保険会社が営業をしており、各保険会社はこれでもかというほどの保険商品を販売しています。そのため、保険に加入しようとしてもどの保険にしようか迷ってしまいます。現在発売されている保険商品は、以下のような種類があります。

  • 終身医療保険
  • 定期医療保険
  • 女性向け医療保険
  • 緩和型医療保険
  • 無選択型医療保険

数多くの医療保険がありますね。それぞれがどのような保障のある医療保険か分かりにくいと思います。それぞれの特徴を詳しく解説していきます。

終身医療保険

終身医療保険の特徴は、以下のとおりです。

  • 保障が生きている間続く
  • 保険料が上がらない

この2点が終身医療保険の特徴といえるでしょう。高齢になってくると体が衰え、病気になりがちになってしまいます。終身医療保険に加入していると、病院通いになっても保障があるので安心ですね。

また、更新がないため、加入した年齢による保険料が上がりません。これは、若いうちに入っておくと保険料が安く抑えられるのでお得になります。高齢になると加入できない保険もあるので、なるべく早いうちに終身医療保険に加入するといいですね。

このページでは、特にこの終身医療保険について詳しく説明していきたいと思います。

定期医療保険

定期医療保険の特徴は、以下のとおりです。

  • 保険期間が定められており、更新がある
  • 契約時の保険料は、終身保険よりも割安になる
  • 80歳まで更新できるが、更新するごとに保険料が高くなる

この3点が定期医療保険の特徴といえます。終身医療保険とは異なり、あらかじめ保険期間を定めます。そのため、保険料は終身医療保険より割安になります。

しかし、契約期間が終了すると自動更新となり、更新時の年齢によって新たな保険料が決定してしまうため、更新するごとに保険料が高くなります。更新時に見直しもできるので、独身の人は終身医療保険よりもこちらの定期医療保険の方がおススメです。

女性向け医療保険

illust2006

女性向け医療保険の特徴は、以下のとおりです。

  • 女性しか加入できないので、女性特有の病気ほど保障が厚い
  • 生存給付金のある保険もある

この2点が女性向け医療保険の特徴といえます。女性向け医療保険は、通常の終身医療保険や定期医療保険などと違い、女性特有の病気の保障が厚くなっています。

例えば、入院給付金や手術給付金が通常の保険に比べ、上乗せになっています。女性の方で、女性特有の病気の保障を厚くしたいという方にはおススメの医療保険です。

緩和型医療保険

緩和型医療保険の特徴は、以下のとおりです。

  • 告知により、通常の保険だと加入できない人を加入できるようにしている保険
  • そのため、保険料は割高になる
  • 保障額は、1年を経過するまで半分になる

この3点が緩和型医療保険の特徴といえます。通常の医療保険に加入できない人が加入する医療保険となっているので、保険料もその分割高になります。元々持病がある人にはありがたい保険となっていますが、健康な人はまず選ぶことはないでしょう。

無選択型医療保険

無選択型医療保険の特徴は、以下のとおりです。

  • 告知が不要
  • 保険金や給付金が少なく設定されている
  • 保険料が割高

この3点が無選択型医療保険の特徴といえます。告知が必要ない分、保険金や給付金が低く設定されていることや、保険料が割高になってしまうケースが多いようです。誰でも加入できますが、上記のようなデメリットがあるため、無理に加入せず、貯蓄に回してもいいかもしれません。

出典:医療保険ランキングトップ10

http://hoken-bridge.jp/10ranking-medical-insurance/

それぞれの医療保険は次の項のように分類できます。

積立型医療保険と掛け捨て型医療保険の違い

医療保険は、積立型医療保険と掛け捨て型医療保険に分類することが出来ます。積立型医療保険と掛け捨て型医療保険の違いはどのようなものがあるのでしょうか。積立型医療保険と掛け捨て型医療保険のそれぞれの特徴についてまとめました。

積立型医療保険の特徴

  • 保険料が高い
  • 貯蓄を兼ねている
  • 見直しする時期を選ぶ

35fb04ccb07a65d12952eabb59b84a69

積立型医療保険の特徴は、上記のようなことが特徴としてあげることができます。

1つ目の特徴は、保険料が高くなっていることです。保険料は、純保険料と付加保険料に分けることができます。純保険料は、将来の保険金を支払うための保険料となっています。また付加保険料は、保険商品の維持・管理に充当するための保険料となっています。この2つの保険料を合わせることによって私たちが支払う保険料になっています。将来に向け貯蓄を保険会社がしているため純保険料を必然的に高くする必要があります。その分を保険料に上乗せするため、保険料が高くなってしまうというわけです。

2つ目の特徴は、貯蓄を兼ねているところです。積立型医療保険は、掛け捨て型医療保険とは違って、保険料を支払うことで貯蓄も一緒に行っています。そのため、長い間保険料を支払っているにつれて、多くのお金が積立貯蓄されていることになります。知らず知らずのうちにお金を貯蓄できることが特徴です。

3つ目の特徴は、見直しする時期を選ばなくてはいけないことです。2つ目の特徴にもあったとおり、積立型医療保険は貯蓄も同時に行っています。そのため、長い間保険料を支払っていると保険料は、保険会社所定の利率で積み立てられるため、ある時を境に解約時に帰ってくるお金が100%を超えます。このことは元本復帰と呼ばれています。この元本復帰が起こらないうちに積立型医療保険を解約してしまうと、俗に言う元本割れを起こしてしまいます。これが、銀行の預貯金と異なる点です。そのため、積立型医療保険を契約してからあまり月日がたたないうちに保険の見直しを行ってしまうと、元本割れのリスクが伴います。積立型医療保険を見直す際は、元本割れしないタイミングまで待ってから解約をしなくてはならないという特徴があります。

このページで紹介する終身保険は、こちらの分類になります。

掛け捨て型医療保険の特徴

  • 保険料が安い
  • 掛けた保険料が戻ってこない
  • 見直しする時期を選ばない

掛け捨て型医療保険の特徴は、上記のようなものがあげられます。今回は終身保険について紹介するため、掛け捨て型医療保険の詳細は割愛させていただきます。

終身保険のメリット・デメリット

tenbin01_24

それでは、終身保険にはどのようなメリット・デメリットがあげられるのでしょうか。終身保険に加入することで得られるメリットが、以下のとおりです。

メリット

  • 保険金が必ず支払われる
  • 解約返戻金がある
  • 保険料が加入時から変わらない
  • 相続税の節税になる

以上のようなことがメリットとしてあげることができます。1つ目のメリットは「保険金が必ず支払われる」ということです。終身保険はその名のとおり、被保険者の一生涯を保障する医療保険になっています。そのため、被保険者が何歳で亡くなっても保険金は支払われることになります。月々に支払った保険料が保険金として戻ってくるため、被保険者自身が受け取らないにしても、損はしないでしょう。

2つ目のメリットは「解約返戻金がある」ということです。月々に保険料を支払う際、保険料を支払った分だけ解約返戻金というものが貯まっていきます。そのため、保険料の払い込みを終了した後に終身保険を解約すると今までに払い込んだ保険料の累計額を上回る解約返戻金を手にできることが多いです。この性質を利用し、終身保険を医療保障から貯蓄に切り替えて継続することもできます。

3つ目のメリットは「保険料が加入時から変わらない」ということです。終身保険には更新がありません。そのため、加入した時から保険料は上がることはありません。

4つ目のメリットは「相続税の節税になる」ということです。これは意外と知られていないかもしれません。平成27年1月1日から相続税が改正されました。控除額の計算は、改正前は「5000万円+1000万円×法定相続人の数」という計算されていましたが、改正後は「3000万円+600万円×法定相続人の数」という計算になりました。そのため、一戸建てを持っている家庭は相続税の負担が増えてしまう可能性があります。そこで、生命保険が活用できます。生命保険の受取金が非課税になる金額は「500万円×相続人の数」で計算されます。そのため、相続人が3人いると500万円×3人で1500万円となります。この金額が相続税の基礎控除額にプラスで控除されます。

tax planning

tax planning

デメリット

  • 保険料が割高になる
  • 必要な保険金をカバーできない場合がある
  • 高齢になっても、若い時の保険金のままである
  • 保険の見直しがしにくい
  • 経済的リスクがついてくる

以上のようなことがデメリットとしてあげられます。1つ目のデメリットは「保険料が割高になる」ということです。終身保険は貯蓄性も兼ね備えています。そのため、掛け捨て型の保険に比べて保険料が割高になってしまいます。

2つ目のデメリットは「必要な保険金をカバーできない場合がある」ということです。1つ目のデメリットで保険料が割高になってしまうということをお伝えしました。このデメリットのために必要な保障額をカバーできない場合もあります。大きな保障額を希望するとそれに比例して保険料も高くなるためです。被保険者自身の予算で考えると大きなデメリットになるかもしれません。

3つ目のデメリットは「高齢になっても、若い時の保険金のままである」ということです。終身保険は保険料の払い込みが終了した後も一生涯保障が続きます。保障があるに越したことはありませんが、本当に必要かといったら疑問が残るかもしれません。

4つ目のデメリットは「保険の見直しがしにくい」ということです。終身保険は貯蓄性も兼ね備えている保険になっています。そのため、加入してから早くに解約をしてしまうと解約時返戻金が今まで支払った保険料を下回ってしまう可能性があります。そのため、終身保険に加入してしばらくして見直しを行いたいという時には、見直しが簡単にできないかもしれないというデメリットがあります。

5つ目のデメリットは「経済的リスクがついてくる」ということです。繰り返しになってしまいますが、終身保険は貯蓄性も兼ねています。そのため、経済が良くなってきたときにインフレリスクという問題が発生します。終身保険は基本的に利率固定型となっています。これは、終身保険に加入した時の利率で積立を行っていくものになります。そうすると例えば、終身保険に加入した当時は不景気で低利率で運用をしていたけれど、10年たった今はとても好景気で高利率で運用されるようになっているということがありえます。この時に保険の見直しを行えればベストな見直しのタイミングになるのですが、加入して数年しかたっていないとなると損をしてしまうデメリットになります。

終身保険に加入した方がいい人

終身保険に加入した方がいい人は、ずばり年齢が高くなく人生のライフイベントをある程度終えている人や新社会人だと思います。例えば、30代でマイホームを建て、子どもも生まれているという人はすぐにでも加入をおススメします。年齢を重ねるごとに終身保険の保険料は高くなります。そのため、20代で加入する人と40代で加入する人では支払う保険料の累計額もとても変わってきます。若ければ若いほど得をする保険になっています。

終身保険に加入しなくてもいい人

終身保険に加入しなくてもいい人はどのような年代・職業の方たちなのでしょうか。加入をおススメしない人は以下のとおりです。

  • 年齢の高い人
  • 数年後にライフイベントを控えている人

このような人たちは終身保険に加入をおススメしません。それはなぜなのか。それは、医療保険は、ずっと同じ保険に加入しているという人は限りなく少ないです。一般的にことあるタイミングで医療保険の見直しを行っています。医療保険の見直しのタイミングはどのような時にするのでしょうか。

医療保険の見直しを行うタイミングは人それぞれです。特に多いのが、結婚や出産などライフイベントをきっかけに今まで加入していた医療保険を見直すという人が多いようです。結婚をした時は、今まで独身で少ない死亡保障などにしていた医療保険を家族が増えることで万が一何かがあっても家族に迷惑のかからない保障に増額するということがあげられます。その後、出産を機に医療保険の見直しを行い、子供が社会人となって働くと保障を下げるために医療保険を見直すという人が多いです。他にも以下のようなタイミングで医療保険の見直しをする人が多くいます。

  • マイホームを購入した時
  • 子どもが社会人となった時
  • 定年退職した時
  • マイホームを売却した時

上記の場合は、結婚や出産といったライフイベントを境に医療保険を見直すタイミングになっています。念願のマイホームを購入した時には、万が一、住宅ローンを返済中に亡くなった場合に残された家族に迷惑をかけないようにと医療保険の保障を手厚くするように見直す人が多いようです。住宅ローンを組む金融機関によっては、団体信用生命保険の加入を義務付けている金融機関もあります。この団体信用生命保険とは、住宅ローン返済中に死亡してしまったり、高度障害になってしまった場合には、住宅ローン残高がゼロになるという生命保険です。

また、子どもが社会人になった時にも医療保険の見直しをする人が多いようです。子どもが親の手を離れて、自分自身でお金を稼ぐようになると、子どもが学生の時に比べて保障内容を手薄くする傾向があるようです。これは、家族のために加入していた医療保険から自分自身のための医療保険にするということです。子どもが独立して経済的にもゆとりが出てくるこのタイミングだからこそ、違った観点から医療保険を見直すのもいいですね。

定年退職した際にも医療保険の見直しが行われるタイミングになっています。

そして、マイホームを売却した時にも医療保険の見直しが行われています。マイホームを売却したことによって、経済的負担は減ります。そのため、マイホーム売却で浮いたお金を、万が一の備えとして保険の保障内容に回すのです。

  • 保険料が高いと感じた時
  • 保障内容に不安を感じた時

医療保険の見直しを考える際には、ライフイベントの他にも上記のような心理的要因も挙げることが出来ます。

今現在加入している医療保険の保険料が高いと感じると、同じような保障内容で今の保険料が安いものは無いか探すと思います。また、知り合いが「ケガで入院した」時や「病気になった」時に今現在自分の加入している医療保険の保障で十分なのかということを考えると思います。このように心理的な不安が発生した時にも医療保険の見直しを行うきっかけになります。

A

人気記事ランキング

1 2

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る