個人年金ランキングを有効活用して、セカンドライフに選択肢を増やしませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

インターネットの発達により、私たちは様々な情報をPCの前に居ながらにして、手に入れられるようになりました。

しかしながらあまりにもその情報量は膨大で、信憑性も含め千差万別であり、かえって迷路に迷い込んだかのように、途方に暮れることもしばしばです。

そこで活用したいのが、一括資料請求や比較が簡単にできるサイトの活用です。

今回は、不況のあおりを受けて検索HIT数が多くなっているセカンドライフについて、充実したライフプランを構築すべく、個人年金ランキングから得られる情報に注目してまいりましょう。

目次

1.生命保険ランキングサイトとは
1.1ランキングサイトがもたらす情報
1.2生命保険人気検索キーワード

2.セカンドライフとは
2.1セカンドライフへの不安

3.セカンドライフの実情
3.1日本人の平均寿命
3.2日本人の健康寿命
3.3セカンドライフに必要な金額

4.セカンドライフへの備え
4.1セカンドライフを支えるツール
4.2金融商品
4.3公的年金制度
4.4私的年金制度

5.ライフプランニングのキー
5.1個人年金とは

6.個人年金の活用方法
6.1個人年金選択の際のポイント
6.2個人年金における節税

7.個人年金ランキング
7.1利率/返戻率でみる個人年金

8.生命保険比較サイト
8.1活用度の高いサイト一覧

9.まとめ

1.生命保険ランキングサイトとは

インターネットの発達によって、私たちユーザーのニーズに応えるべく、様々な生命保険サイトが立ち上がっています。

その数は膨大になり、多くの情報が得られるようになりました。

そこで、まずは生命保険におけるインターネットのもたらす恩恵を、見てまいりましょう。

 

1.1ランキングサイトがもたらす情報

生命保険加入を考える際、私たちは従来の保険販売員から得られる情報でなく、インターネット検索で得られる情報を、手軽に活用するようになりました。

中でも秀逸なのが、生命保険会社の各ホームページではなく、生命保険商品の比較サイトです。

それでは、一体人気の秘密はなんなのでしょうか。

それは検索にための選択肢が、充実していることにあります。

生命保険種類別
加入年齢別
人気順
保険料順
保険金額順
払込期間別

上記は、検索に際して選択して用意されている、大まかな項目です。

実に多様で、これらを自在に組み合わせたりすることで、現在販売されている様々な生命保険商品の一覧を、瞬時に閲覧することが可能となっています。

実際の検索サイトの詳細は、第8章で紐解いてまいりますので、まずは皆さんが生命保険に関して、何を探しているのかを検証してまいりましょう。

1.2生命保険人気検索キーワード

それでは、現在どのような検索キーワードが、増えているのでしょうか。

それは、ずばり「個人年金」です。

これは長引く不況で、将来の生活に不安を覚え、今のうちに何がしかの備えをしておきたいと言う、世相の表れでもあります。

マイナス金利導入による余波を受け、銀行金利が一段と低迷しただけでなく、生命保険においても、保険金支払いのための支払準備金の増額、これに伴う保険料の値上がり、ひいては従来商品の販売停止などが相次いでいます。

さらには年々引き上げられる公的年金受取年齢もあり、セカンドライフへの不安が増大し、これに伴い個人年金加入を検討される方が増え、検索キーワードのHIT数の増加を促しているのです。

 

 

2.セカンドライフとは

それではセカンドライフとは、どのようなものでしょうか。

シニアライフとも言われますが、おおむね自由時間を多く取れるようになる退職後の生活を、指しています。

人は人生におけるイベントを、誰しもいくつかは迎えます。

 

就職~結婚~出産~住宅購入~退職など、そのイベントは様々ですが、中でも大きなイベントが、退職に伴うセカンドライフなのです。

2.1セカンドライフへの不安

下記のように、簡単に上げ連ねただけでも、人の数だけ顕在的/潜在的要素が存在し、セカンドライフの不安は尽きません。

平均寿命上昇に伴う、老後期間の長さ
若年層でも発症する疾病の増加
年金受取開始年齢の引き上げ
生活水準を維持するだけの金銭の確保

 

そこで、大くの方が不安払拭や、充実したセカンドライフへの備えとして、様々な手法を検討し、実際に生命保険商品を導入しているのです。

3.セカンドライフの実情

不況による退職年齢の引き下げや、年金受給開始年齢の引き上げにより、退職後から年金受給まで、その期間は年々長くなっています。

多くの方が、その間に収入の道が途絶えてしまう可能性があります。

そこで、そんなセカンドライフの実情を、見てまいりましょう。

3.1日本人の平均寿命

ご存知のように、私たち日本人の平均寿命は延び続け、男女ともに80歳を超えています。

これは先端医療技術の進歩や、インターネットなどから入手できる健康情報への関心が高まっている証でもあります。

 

 

 

ご覧いただくとお分かりのように、世界的比較においても、日本が長寿大国であることが見て取れます。

順位 国名 平均寿命
男女(歳)
[2015年]
順位 国名 平均寿命
男性(歳)
[2015年]
順位 国名 平均寿命
女性(歳)
[2015年]
1 日本 83.7 1 スイス 81.3 1 日本 86.8
2 スイス 83.4 2 アイスランド 81.2 2 シンガポール 86.1
3 シンガポール 83.1 3 オーストラリア 80.9 3 韓国 85.5
4 オーストラリア 82.8 4 スウェーデン 80.7 3 スペイン 85.5
4 スペイン 82.8 5 イスラエル 80.6 5 フランス 85.4
6 アイスランド 82.7 6 イタリア 80.5 6 スイス 85.3
6 イタリア 82.7 6 日本 80.5 7 オーストラリア 84.8
8 イスラエル 82.5 8 カナダ 80.2 7 イタリア 84.8
9 フランス 82.4 9 スペイン 80.1 9 イスラエル 84.3
9 スウェーデン 82.4 10 オランダ 80 10 カナダ 84.1
11 韓国 82.3 10 ニュージーランド 80 10 アイスランド 84.1

3.2日本人の健康寿命

しかしながら、いくら平均寿命が延びたとしても、最も懸念されるのは、実際には健康寿命です。

折角手に入れたセカンドライフの自由時間を、疾病やケガにより病床で費やしてしまいたくない、看護や介護をする家族へ負担をかけたくないと言うのは、誰しもが思うことです。

実際に83.7歳の平均寿命に対し、日本人の健康寿命は74.9歳と、やはり世界的にも高い数値を示しています。

 

順位 国名 健康寿命
男女平均(歳)
[2015年]
1 日本 74.9
2 シンガポール 73.9
3 韓国 73.2
4 スイス 73.1
5 イスラエル 72.8
5 イタリア 72.8
7 アイスランド 72.7
8 フランス 72.6
9 スペイン 72.4
10 カナダ 72.3

 

では、健康寿命の高齢化に伴う懸念事項とは、一体なんなのでしょうか。

それは生活資金や趣味などに費やされる、老後のための資金全般です。

 

3.3セカンドライフに必要な金額

それでは実際に、セカンドライフに備えるために必要な金額とは、どれほどのものなのでしょうか。

 

左記のグラフは、世帯主の年齢ごとに掛かっている生活費を、数値化したものです。

経年による家族構成の変化や、各種ローンの払い込み完了などにより、世帯における生活費は年々減少すると言われていますが、それでも軒並み25万円/月を超過しているのが見て取れます。

この平均額から想定した場合、月々30万円前後の確保が必要だということが見て取れます。

 

支出部分にスポットを当てると、10万円以下の世帯もあれば、50万円以上という世帯も存在します。

いずれにせよ、セカンドライフを安心して過ごす為には、それなりの月額を確保する必要があることには、変わりありません。

そこでより具体化した数字を、見てまいりましょう。

定年退職年齢を60歳と仮定し、平均寿命までを月々25万円で過ごすセカンドライフを送ると考えた場合、下記のような概算が叩き出されます。

 

額最低生活費25万円×12カ月=年額最低生活費300万円

平均年齢83.7歳-定年想定年齢60歳=セカンドライフ23.7年間

セカンドライフ23.7年間×年額最低必須生活費300万円=セカンドライフ中に必要な最低生活費総額71,100,000円

 

しかしながらこの金額は、あくまでも最低金額に設定していますので、旅行や趣味に時間とお金を使いたいと言う、よりゆとりのあるセカンドライフを送りたいと考えれば、当然月額5万円~10万円の上乗せが必要になりますので、さらに必要な金額は下記のように変わっていきます。

 

額ゆとり生活費35万円(上乗せ10万円)×12カ月=年額ゆとり生活費420万円

平平均年齢83.7歳-定年想定年齢60歳=セカンドライフ23.7年間

セカンドライフ23.7年間×年額ゆとり生活費420万円=セカンドライフ中にゆとりがある生活費総額94.800,000円

 

 

 

4.セカンドライフへの備え

仮に現在30歳であった場合、月々の生活費を確保するだけにとどまらず、その中から決して短くはないセカンドライフを実りあるものにしたいと考えた場合、極論ではありますが、30年後の自身のために、1億円前後を用意しなければならないと言うことに他なりません。

つまり、今すぐにでも老後の備えを開始する必要があることが、お分かりいただけるかと思います。

 

しかしながら、得られる収入には当然限りがあるばかりでなく、会社自体の倒産や吸収合併によるリストラ、定年退職年齢の引き下げや、退職金の減額などの可能性が皆無とは言えない、現代サラリーマンにとって、その金額丸々を用意するのは、困難を極めます。

「それではどうすればいいの?」

と言う、切実な疑問がわいてきます。

そこで次章より、セカンドライフを支えるツールを、見てまいりましょう。

 

4.1セカンドライフを支えるツール

セカンドライフへの備えとして、いくつかの手法があげられます。

銀行/証券会社などの金融商品活用による預貯金
公的年金制度の活用
保険商品などの私的年金

それでは次章にて、それぞれの特性などを見てまいりましょう。

4.2金融商品

まず思い浮かぶ備えとしては、最も身近な銀行での預貯金かと思います。

 

 

そこで主だった商品と概略を見てまいりましょう。

預金の種類 概略
普通預金 自由に預け入れ、払い戻しができる預金口座。
銀行取引の基本となる預金。
公共料金や家賃などの自動支払い、
給与や年金などの自動受け取りが可能。
定期預金 1年、3年後など、預け入れ期間を決めて満期日まで原則、引出不可。
しかし金利が高いメリットあり。
総合口座 普通預金と定期預金、公共債などの長所を組み合わせたものが総合口座。
ためる、ふやす、受け取る、支払う、借りるといった機能がセット化されている。
当座預金 当座預金は手形や小切手の支払いに使われる預金。
法律により利息はつかないが、銀行が破綻しても、
預金保険制度によって全額保護される。
貯蓄預金 残高が定められた金額(基準残高)以上あると、普通預金より
金利が高くなることが多いのが貯蓄預金。
出し入れ自由だが、自動支払い、自動受け取りの利用不可。
大口定期預金 大口定期預金は、1000万円から預入れ可能な定期預金で、
一括預け入れで利用。
金額と期間に応じた金利が設定される自由金利型定期預金。
積立定期預金 積立定期預金は、毎月、決まった日に預金の積み立てをして、
目標額を目指す定期預金。
進学、旅行、住宅購入資金など目標額を設定した貯蓄に用いられる。
ネット定期 インターネットバンクやネット専業銀行、一般銀行のネット支店が取り扱う
インターネットを介した定期預金。
おまけ付き定期 もれなく「おまけ」がついてくる定期予期。
宝くじ付や懸賞金付きのものなどが販売されている。
外貨預金 日本円を米ドルやユーロなどの外国通貨に交換して、外貨で預金をする。
お金の出し入れは自由。
外貨定期預金 日本円を米ドルやユーロなどの外国通貨に交換して、外貨で預金をする。
原則として、満期期日前の引き出しや中途解約不可。
仕組み預金 デリバティブ(金融派生商品)を組み込んでいる預金商品の総称。
普通定期預金と投資型金融商品の中間に位置する。

実に様々な商品が存在しているので、「これなら!」と思われるかもしれません。

そこで、2017年05月16日現在の各銀行の金利を見てまいりましょう。

銀行名 区分 利息入金時期 金利
イオン銀行 普通預金(イオンカードセレクト) 2月・8月 0.12%
楽天銀行 普通預金(マネーブリッジご利用者) 3月・9月 0.10%
楽天銀行 普通預金(楽天カードのカード利用金額の引落があるお客さま) 3月・9月 0.04%
イオン銀行 普通預金 2月・8月 0.02%
オリックス銀行 eダイレクト預金 普通預金 毎月初め 0.02%
楽天銀行 普通預金 3月・9月 0.02%
野村信託銀行 普通預金 2月・8月 0.02%
ジャパンネット銀行 普通預金 100万円以上 毎月初め 0.02%
ジャパンネット銀行 普通預金 100万円未満 毎月初め 0.01%
住信SBIネット銀行 SBIハイブリッド預金 100万円未満 第3日曜日 0.01%
住信SBIネット銀行 SBIハイブリッド預金 100万円以上 第3日曜日 0.01%
大和ネクスト銀行 普通預金 2月・8月 0.01%
新生銀行 普通預金 新生プラチナ優遇後金利 1000万円以上 毎月 0.00%
新生銀行 普通預金 1000万円以上 毎月 0.00%
新生銀行 普通預金 新生ゴールド優遇後金利 1000万円以上 毎月 0.00%
新生銀行 普通預金 新生プラチナ優遇後金利 100万円以上300万円未満 毎月 0.00%
新生銀行 普通預金 新生プラチナ優遇後金利 300万円以上1000万円未満 毎月 0.00%
じぶん銀行 普通預金 5万円未満 2月・8月 0.00%
じぶん銀行 普通預金 5万円以上30万円未満 2月・8月 0.00%
じぶん銀行 普通預金 30万円以上 2月・8月 0.00%
セブン銀行 普通預金 2月・8月 0.00%
みずほ銀行 普通預金 2月・8月 0.00%
ゆうちょ銀行 普通預金 4月・10月 0.00%
三井住友銀行 普通預金 2月・8月 0.00%
三菱東京UFJ銀行 普通預金 2月・8月 0.00%
住信SBIネット銀行 普通預金 100万円未満 第3日曜日 0.00%
住信SBIネット銀行 普通預金 100万円以上 第3日曜日 0.00%
新生銀行 普通預金 100万円未満 毎月 0.00%
新生銀行 普通預金 100万円以上300万円未満 毎月 0.00%
新生銀行 普通預金 300万円以上1000万円未満 毎月 0.00%
新生銀行 普通預金 新生ゴールド優遇後金利 100万円未満 毎月 0.00%
新生銀行 普通預金 新生ゴールド優遇後金利 100万円以上300万円未満 毎月 0.00%
新生銀行 普通預金 新生ゴールド優遇後金利 300万円以上1000万円未満 毎月 0.00%
新生銀行 普通預金 新生プラチナ優遇後金利 100万円未満 毎月 0.00%
関西アーバン銀行 普通預金 2月・8月 0.00%
静岡銀行インターネット支店 普通預金 2月・8月 0.00%
ソニー銀行 普通預金 2月・8月 0.00%
東京スター銀行 普通預金 2月・8月 0.00%
あおぞら銀行 普通預金 2月・8月 0.00%
あおぞら銀行インターネット支店 普通預金 0.00%

 

ご覧いただくとお分かりいただけるように、現状での金利は最高でも0.12%となっており、預け入れた金額の大幅な増額は、残念ながら見込めません。

また収入が減少したり、収入の道が途絶えた場合、当然目標貯蓄額には届かないという状況が生じますので、思い描いていたライフプランの達成が、難しくなります。

 

4.3公的年金制度

次に公的年金制度を、見てまいりましょう。

現在3種類の公的年金制度が存在しており、日本国内に住所を置くすべての人に対して、加入が義務付けられています。

 

 

 

制度 概略
国民年金 日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての人。
厚生年金 厚生年金保険の適用を受ける会社に勤務する全ての人。
共済年金 公務員・私立学校教職員など。

 

公的年金制度は、現役世代が納める保険料を、高齢者などの年金に充当するという、世代対世代の支え合いの考え方に基づいた、システムです。

 

 

年金制度を体系別に見ると、以下のようになります。

 

基本的に日本国内に居住する20~60歳の全ての方々が保険料を納め、後々年金を受け取ることになっており、下記の条件での受け取りが可能となっています。

しかしながらここで注意していただきたいのが、老齢年金の受給開始年齢の引き上げです。

以下は、生年月日ごとの年金受給開始に関するデータです。

 

生年月日 昭和7年4月1日以前 昭和7年4月2日
~昭和8年4月1日
昭和8年4月2日
~昭和9年4月1日
昭和9年4月2日
~昭和10年4月1日
昭和10年4月2日
~昭和11年4月1日
昭和11年4月2日
~昭和12年4月1日
昭和12年4月2日
~昭和13年4月1日
厚生
年金
定額部分
男子 60歳 60歳 60歳 60歳 60歳 60歳
60歳
60歳
60歳
女子 55歳 56歳 56歳 57歳 57歳 58歳 59歳
報酬比例

部分

男子 60歳 60歳 60歳 60歳 60歳 60歳 60歳 60歳
女子 55歳 56歳 56歳 57歳 57歳 58歳 59歳 59歳
坑内員

船員

定額

部分

55歳 55歳 55歳 55歳 55歳 55歳 55歳 55歳
報酬

比例
部分

55歳 55歳 55歳 55歳 55歳 55歳 55歳 55歳
共済
年金
一般 定額

部分

60歳
60歳 60歳
報酬

比例
部分

60歳 60歳
生年月日 昭和15年4月2日
~昭和16年4月1日
昭和16年4月2日
~昭和17年4月1日
昭和17年4月2日
~昭和18年4月1日
昭和18年4月2日
~昭和19年4月1日
昭和19年4月2日
~昭和20年4月1日
昭和20年4月2日
~昭和21年4月1日
昭和21年4月2日
~昭和22年4月1日
厚生
年金
定額部分
男子 60歳 61歳 61歳 62歳 62歳 63歳
63歳
64歳
64歳
女子 60歳 60歳 60歳 60歳 60歳 60歳 62歳
報酬比例

部分

男子 60歳 60歳 60歳 60歳 60歳 60歳 60歳 60歳
女子 60歳 60歳 60歳 60歳 60歳 60歳 60歳 60歳
坑内員

船員

定額

部分

55歳 55歳 55歳 55歳 55歳 55歳 56歳 57歳
報酬

比例
部分

55歳 55歳 55歳 55歳 55歳 55歳 56歳 57歳
共済
年金
一般 定額

部分

60歳 61歳 61歳 62歳 62歳 63歳
63歳
64歳 64歳
報酬

比例
部分

60歳 60歳 60歳 60歳 60歳 60歳 60歳 60歳
生年月日 昭和24年4月2日
~昭和25年4月1日
昭和25年4月2日
~昭和26年4月1日
昭和26年4月2日
~昭和27年4月1日
昭和27年4月2日
~昭和28年4月1日
昭和28年4月2日
~昭和29年4月1日
昭和29年4月2日
~昭和30年4月1日
昭和30年4月2日
~昭和31年4月1日
厚生
年金
定額部分
男子 65歳 65歳 65歳 65歳 65歳 65歳
65歳
65歳
65歳
女子 62歳 63歳 63歳 64歳 64歳 65歳 65歳
報酬比例

部分

男子 60歳 60歳 60歳 60歳 61歳 61歳 62歳 63歳
女子 60歳 60歳 60歳 60歳 60歳 60歳 60歳 60歳
坑内員

船員

定額

B

人気記事ランキング

1 2

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る