生命保険

個人年金は確定年金か終身年金か!老後の生活が心配なら備えよう!

個人年金ってどの程度まで理解されていますでしょうか?
年金というと老後の生活を想像しますよね。個人年金は個人で行う貯蓄型の保険なんです!

でも、できるなら保障やお金についてしっかりと知っておきたい。そんな長生きに対するリスクに対応する保険として終身年金の活用をおすすめします。

他の保険と役割を区別して、自分にぴったりの個人年金に加入してみませんか?

目次

1. 個人年金ってどんなもの?
1-1 確定年金とは?
1-2 終身年金をしっかり知ること

2. 個人年金保険の特徴
2-1 確定年金の積み立て
2-2 個人年金保険の終身年金の仕組み
2-3 個人年金保険の種類

3 終身年金の仕組み
3-1 終身年金のメリット
3-2 終身年金のデメリット
3-3 終身年金の保証について

4 確定年金と終身年金の保険料
4-1 老後にどれくらいお金が必要か
4-2 老後の期間を想定しよう
4-3 老後の年金は非常に大事!

5 終身個人年金の保険料を比べよう
5-1 個人年金保険と死亡保険の違い
5-2 個人年金保険と養老保険の違い

6 個人年金保険比較のポイント
6-1 個人年金保険のメリット
6-2 個人年金保険のデメリット

7 返戻率が高いかどうか
7-1 元割れは避けよう!
7-2 満期の条件を区別しよう

8 まとめ

続きを読む

学資保険は確定申告する必要があるの?申告するメリットは?詳細解説!

現在、お子さんの教育資金の確保を目的とした貯蓄重視の学資保険が人気です。こちらの保険に加入を検討している保護者の方々も数多くいらっしゃることでしょう。

学資保険は、お子さんたちの健やかな成長と充実した教育のために、早いうちから保険に加入し、コツコツと資金を積み立てていきます。

この資金を積み立てる際に支払う保険料は、確定申告等を行うことで節税効果が期待できます。

申告方法は自営業者等の方か、それともサラリーマンをはじめとした事業所に勤務する方かによって異なります。

しかし、学資保険で受け取った満期金は、場合によって税金がかかってしまうことをご存じでしょうか?

一定の条件にあてはまると、所得税の一時所得、雑所得や贈与税の課税対象になる場合があります。満期金が課税対象になってしまったら、やはり税務署へ申告する必要が出てきます。

今回は学資保険において、確定申告等で行う税金控除の計算方法や手続き、そして満期金が課税対象になるケースを説明します。

この記事を読めば、学資保険の申告方法と税金について基本的な知識を得ることができるはずです。

目次

1.学資保険と確定申告について

  • 1-1.学資保険とは?
  • 1-2.学資保険は税金控除の対象?
  • 1-3.自営業者とサラリーマンの申告について

2.学資保険で税金控除!

  • 2-1.学資保険は生命保険料控除の対象
  • 2-2.一般生命保険料控除とは
  • 2-3.新契約と旧契約

3.生命保険料控除額の計算方法について

  • 3-1.所得税の場合
  • 3-2.住民税の場合
  • 3-3.事例をあげて計算してみる

4.異なる申告方法

  • 4-1.自営業等の場合(確定申告)
  • 4-2.サラリーマンの場合(年末調整)
  • 4-3.年末調整を忘れたら?

5.学資保険の満期金について(その1)

  • 5-1.満期金を受け取ったら税金がかかる?
  • 5-2.返戻率が高いのは良いけれど・・・・
  • 5-3.受取人ごとに異なる税金

6.学資保険の満期金について(その2)

  • 6-1.一時所得がかかる場合
  • 6-2.雑所得がかかる場合
  • 6-3.贈与税がかかる場合

7.まとめ

続きを読む

学資保険の必要性ってどんなもの?子供のために考えてみよう!

子供の将来を考えた時に大きな不安の一つが教育費ではないでしょうか?

子供が大学を卒業するまでに掛かる費用は数千万円とも言われています。

しかし、急な出費や万が一の事があった場合はどうしよう・・・・
そんな時のために、学資保険があるのです。

大きなお金が必要になる時期まで、コツコツと積み立てて準備をして、親に万が一のことがあっても大丈夫なようにしておく。

そんな学資保険の必要性とメリット・デメリットをしっかり理解して、大きな不安を解消しましょう。

この記事では、学資保険の基本から、子供に掛かる教育費などを説明しますので、自分に合った積み立ての仕方を是非見つけてください。

目次

1. 学資保険ってどんなもの?
1-1 保険の保障内容とは?
1-2 学資保険は何歳から入れる
1-3 学資保険の必要性

2. 子供の学費は高いもの!
2-1 学費はどれくらいかかるの?
2-2 資金準備するうえで大切なこと
2-3 子供の将来を考えよう

3. 学資保険の現状を知ろう
3-1 学資保険のメリット
3-2 学資保険のデメリット
3-3 学資保険の特徴

4. 貯蓄ができない方はオススメ
4-1 子供の学業を第一に考える
4-2 バランスよく資産運用を

5. 学資保険に向いている方
5-1 貯蓄もして保障も欲しい
5-2 いざというときの確実性
5-3 保険料免除などの得な機能

6. 学資保険の強みと他の積立
6-1 学資保険と積立定期
6-2 学資保険と国債

7. 学資保険で注意することとは?
7-1 原本割れは怖い?
7-2 返戻率を確かめること!
7-3 無理のないプランにしよう

8. まとめ

続きを読む

真偽はいかに?ニッセイ学資保険のメリット/デメリットを徹底解剖!

マイナス金利導入により、保険に限らず金融商品は軒並みその金利を下げる中、私たちは蓄財の手段を模索し、迷走せざるを得ないのが、現在の日本経済の実情でしょう。

そんな経済的不況と言う背景によって、少子化に歯止めがかからない昨今ですが、少子化だからこそ子供たち一人ひとりに対して、手厚い教育が受けられるようなイメージを、お持ちかと思います。

しかしながら現実は、子供一人あたりにかかる教育費は減少するどころか、むしろ上昇傾向にあることをご存知でしょうか。

そうした諸々の経済状況から、教育費の蓄財方法として人気を集めている商品が、学資保険です。

とりわけ口コミランキングの中に必ずと言っていいほど登場してくるのが、ニッセイの学資保険です。

そこで今回は、そんなニッセイの学資保険の、メリットとデメリットを両側面から見て、その実力に迫っていきたいと思います。

目次

1.教育にかかる費用とは
1.1学習費
1.2学習費以外の教育費用
1.3教育費総額めやす

2.学資準備金の貯蓄方法
2.1金融機関商品の活用
2.2生命保険商品の活用

3.生命保険商品で備える方法
3.1定期保険
3.2終身保険
3.3養老保険
3.4学資保険
3.5収入保障保険

4.学資保険とは
4.1仕組みと特徴
4.2メリット
4.3デメリット

5.日本生命企業情報
5.1企業概要
5.2経済性情報

6.ニッセイの学資保険
6.1仕組みと特徴
6.2祝い金無しプラン
6.3祝い金ありプラン
6.4プラン比較

7.ニッセイ学資保険評価
7.1メリット
7.2デメリット

8.まとめ

続きを読む

介護保険の必要性と基本を整理して「もしも」に備えよう!

もしも、今、介護が必要な生活になったらどうしますか?

実際に、いきなりその時が訪れる事があります。それは自分を介護する場合も、家族を介護する場合も。そんな時は、突然訪れます。予め、準備に準備が出来ていればよいのですが、もしも…という時に困らない様にするにはどうしたらいいのでしょうか?

答えは簡単です。

今から準備をしていくこと。

その準備は、介護保険制度を知る事から始まります。公的、民間とある介護保険制度について、その特徴を解説していきます。いろいろな情報がありますので、ここで1度おさらいしていきましょう。備えをするには、まずは相手を知ることが基本中の基本。

いきなり準備を…と言われるよりも、まずは情報を集め、その内容を知ることからです。知らないでは済まされない時代だからこそ、今一度、その内容について整理していきましょう。

目次

1:介護保険の仕組みを大分析

1-1:公的介護保険制度

1-1-1:公的介護保険制度の仕組み

1-1-2:対象特定疾病

1-1-3:適用条件 要介護状態とは

1-2:民間の介護保険制度

1-2-1:民間の介護保険制度の仕組み

1-2-2:適用条件 要介護状態とは

2:公的介護保険と民間の介護保険の違い

2-1:加入条件

2-2:利用条件

2-3:保障内容

3:介護保険の必要性

3-1:時代背景

3-2:必要とされる理由

4:介護保険の活用例

5:まとめ

続きを読む

日本生命「ニッセイ学資保険」の特徴と注意点について詳細解説!

学資保険は、お子さんの将来の教育資金を積み立てることが目的の一つである保険です。現在、学資保険選びをしている保護者の方々もいらっしゃることでしょう。

貯蓄を目的とする学資保険は、お子さんが成長しいくなかで充実した教育を受けるために、教育資金をコツコツ積み立てていきます。

現在では大学の入学もあまり難しくはなく、大学進学を想定した早期の備えを考えている保護者の方々は多いはずです。

ただし、学資保険は保険商品の種類も多く、どのような保険商品を選ぶか迷われることもあるでしょう。

そこで今回は、日本生命の学資保険である「ニッセイ学資保険を紹介します。この保険は、教育資金の積立に特化した保険で、保険内容のシンプルさと返戻率の高さで人気があります。

このニッセイ学資保険の特徴と、プランのモデルケースや注意点等を説明します。

この記事を読めば、ニッセイ学資保険の特色を理解することができ、学資保険選びをする際の有効な参考資料になることでしょう。

目次

1.​日本生命​の学資保険について

  • 1-1.学資保険とは?
  • 1-2.日本生命とは?
  • 1-3.日本生命の学資保険について

2.ニッセイ学資保険について

  • 2-1.ニッセイ学資保険の特徴
  • 2-2.ニッセイ学資保険のプランとは
  • 2-3.加入のタイミングについて

3.ニッセイ学資保険のこども祝金なし型について

  • 3-1.こども祝金なし型の概要
  • 3-2.こども祝金なし型の保険内容
  • 3-3.こども祝金なし型をシュミレーションしてみる

4.ニッセイ学資保険のこども祝金あり型について

  • 4-1.こども祝金あり型の概要
  • 4-2.こども祝金あり型の保険内容
  • 4-3.こども祝金あり型をシュミレーションしてみる

5.ニッセイ学資保険の注目点と評判

  • 5-1.ニッセイ学資保険の注目点について
  • 5-2.返戻率だけではない心のケア
  • 5-3.ニッセイ学資保険と評判

6.ニッセイ学資保険の注意点

  • 6-1.ニッセイ学資保険のデメリットについて
  • 6-2.教育資金だけが備えではない
  • 6-3.親と子の保障について

7.まとめ

続きを読む

個人年金のメリットを知って老後の生活を安泰にする時代が来た!

老後の生活に心配はありませんか?

心配なんてないよ!と言い切れる人はどの程度いるのでしょうか?

老後なんてまだまだと思っている方も多いと思いますが、今のままで老後が安泰と言えるのでしょうか?

老後の生活について、今は自分で備える必要がある時代となりました。

備えないといけない時代ともいえます。

備えないと危険な時代です。

それでも、簡単に準備、備えるという事を言われてもどうしたら良いか不明ではないでしょうか。

それでは、その前に個人年金の仕組みを知る事や、備えを準備する事で得られるメリットがある事も知っておいてください。老後になる前からメリットがある個人年金を知る事で、老後の備えを万端にしていきましょう。

安心できる老後の生活は、今から準備すれば大丈夫です。きっと、安心した老後を迎える準備を出来ることになります。その為に1つ1つの事を整理して理解していきましょう。

目次

1:年金制度のしくみを理解しよう

2:個人年金の種類を整理しよう

3:個人年金のデメリット 加入前には落とし穴を整理しよう

4:種類別の個人年金メリット・デメリットを整理する

4-1:定額個人年金保険

4-2:-変額個人年金(一時払いの場合)

5:個人年金での節税効果

6:老後のための積立方式

6-1:個人年金保険

6-2:確定拠出年金

6-3:財形年金貯蓄

6-4:小規模企業共済

6-5:国民年金基金

6-6:企業年金(厚生年金基金など)

7:まとめ

続きを読む

保険選びの重要ポイント!知らなきゃ損する積立保険の魅力を大公開。

生命保険には、いろいろな商品があります。それぞれの商品には、それぞれの良い所がありますが、加入する際にもっと悩んでしまうのが「積立型」か「掛捨型」かということ。そこで、2つの基本的な違いをまずは整理しましょう。

その為にはそれぞれの特徴とメリット、デメリットを整理する事も大事。

その上で、なぜ「積立保険」がおすすめかの理由までを一気にご紹介していきます。せっかく知ったなら、今加入するとメリット満載のおすすめ商品もご紹介します。自分に合うのが、どのタイプかを知る事はとても大事なことです。

まずは、違いの整理からはじめていく事で、積立保険を勧められる理由が理解できるのではないでしょうか?保険商品を悩むなら、まずはここから始めてみませんか?

目次

1:基本の整理1|保険の仕組み

2:基本の整理2|積立保険とは

2-1:積立保険とはなに?

2-2:積立保険のメリット

2-3:積立保険のデメリット

2-4:積立保険の種類

3:基本の整理3|掛け捨て保険とは

3-1:掛捨て保険とはなに?

3-2:掛捨て保険のメリット

3-3:掛捨て保険のデメリット

3-4:掛捨て保険の種類

4:積立保険を勧める理由

5:お勧め商品|郵貯の積立保険の仕組み

6:まとめ

続きを読む

知らなきゃ損する話!養老保険の基礎とおすすめ理由を大公開

保険商品の1つ「養老保険」。

養老保険のことをちゃんとしっていますか?いまさら…基本的な事を聞けない。そんな事を思っていませんか?

でも、大丈夫です。今回、養老保険の基本中の基本の整理から、養老保険の特徴や混同されやすい学資保険、個人年金の違いまでをご紹介します。これを読めば養老保険の基礎は完璧。せっかく知るなら、今人気の商品への加入も検討したいもの。

そこで、不動の人気を誇るかんぽ生命までもご紹介していきます。【知る→活用する】この流れを今回は、作っていきましょう。しっかりと養老保険の事について、整理していきましょう。

きっと今までの疑問が整理できる様になります。商品を知って、うまく活用していきましょう。

目次

1:今さら…養老保険の基本の基本

1-1:養老保険とは?

1-2:養老保険の特徴は?

1-3:養老保険になる生命保険とは?

2:生命保険の基礎を整理しよう

2-1:生命保険の種類を整理

2-2:保険の違いを再整理

3:学資保険と養老保険の関係

3-1:学資保険のおさらい

3-2:2つの関係をみてみよう

4:養老保険を勧める理由

5:養老保険の選び方

6:養老保険のメリット・デメリット

7:人気商品 かんぽ養老保険をご紹介

8:まとめ

続きを読む

今から入るなら、こちらを検討!変額保険を活用しないと損をする

「変額保険」という言葉を知っていますか?実は、ちまたで大注目の保険商品。

今までの保険商品では満足していないという人は、変額保険にチャレンジをしてみませんか?今までの保険商品とは何が違うのか?どんな種類があるのか。基本の事は、ここで全て解決します。

基本中の基本を整理すると同時に、メリット・デメリット、そして、この商品が適している人のタイプまで変額保険を活用する基本を全て整理していきましょう。

今まで「変額保険」という言葉を知らなった人も、言葉だけを知っていた人も、基本の仕組みや種類を知って、今後の活用をぜひ検討してください。

目次

1:変額保険の基礎のきそ

1-1:変額保険ってなぁに?

1-2:変額保険の種類

1-2-1:終身保険タイプ

1-2-2:有期保険タイプ

1-2-3:個人年金保険タイプ

1-3:信託預金との違い

2:変額保険のメリット・デメリット

2-1:知らなきゃ損!変額保険のメリット

2-2:落とし穴に注意!変額保険のデメリット

3:相続税での活用ポイント

3-1:生命保険の非課税枠

3-2:納税と現金

3-3:受取人

4:変額保険に向いている人とそうでない人

5:ここは注意!変額保険で必要となる経費

6:まとめ

続きを読む

始めるなら早いうちに!20代で考える個人年金の「いろは」とは

個人年金という言葉は聞いたことがあるが、20代で加入するべきか?

そもそも、個人年金とはなんなのだろう。

そんな疑問を持っている方には必見です。個人年金は加入する年齢が若ければ若いほどお得です。周りの人が入りはじめたなど、個人年金に興味はあるけど、どうしたらいいのかわからない。そんな疑問を解決していきましょう。

今回は、いまさら聞けない個人年金の仕組みや、毎月の支払相場、そして、今人気の個人年金までご紹介していきましょう。そして、個人年金に加入する為のポイントまでをご紹介しますので、個人年金に関する疑問を解決する糸口が満載。今まで、どうしようかと悩んでいたのであれば、ここで個人年金の基本中の基本を整理していきましょう。早く入れば入る事でお得になる個人年金を活用すると、色々なメリットがあります。そのメリットを最大限に活かして頂く内容を今回はご紹介しますので、ぜひ、参考にしてください。

個人年金は知らないと損をする制度。これから先の未来の自分への投資をここではじめてみませんか?

目次

1:個人年金とは

  1-1:個人年金のおさらい

1-2:個人年金の種類

1-3:個人年金にもあるメリット・デメリット

2:他の人は?個人年金をどうしてる?

  2-1:個人年金の加入率

2-2:月額はどの程度支払っている?

3:個人年金へは早くから

  3-1:1000万円の道

3-2:20代で加入するのは?

4:個人年金ランキング

  4-1:マニュライフ生命の「こだわり個人年金(外貨建)」

4-2:住友生命「たのしみワンダフル」

4-3:太陽生命 個人年金保険

4-4:明治安田生命「年金かけはし」

4-5:ソニー生命 個人年金保険

5:個人年金の選び方

  5-1:個人年金の種類を設定する

5-2:個人年金の期間を設定する

5-3:月々の支払い方を設定する

5-4:比較する

6:まとめ

続きを読む

子供のための学資保険どこがいい!?加入目的に合わせて説明します!

学資保険は、お子さんの教育資金の積立または保障ための保険です。お子さんが生まれたことが機会となり、保険選びをしている保護者の方々もいらっしゃることでしょう。

幼稚園の入園から高校卒業までの教育資金は何かと家計の負担となってしまいます。なるべく早い段階から積立を考えておくべきでしょう。

また、現在では大学にも入り易くなり、大学進学を想定した備えが必要となることでしょう。

しかし、お子さんの将来のためになる備えは教育資金の積立ばかりではありません。お子さんまたは加入契約者であるご自分にとって、まさかの事態が起きた場合の保障も検討するべきです。

そこで今回は子供のために入る保険について、加入目的を取り上げ、その目的にふさわしい保険商品をご紹介します。

この記事を読めば、目的に合わせた保険内容と注目点を理解することができ、保険選びをする際の有効な参考資料になることでしょう。

目次

1.学資保険について

  • 1-1.学資保険とは
  • 1-2.貯蓄か保障か
  • 1-3.貯蓄型学資保険が人気

2.貯蓄を目的に保険を選ぶ

  • 2-1.貯蓄を目的とした保険
  • 2-2.返戻率とは
  • 2-3.教育資金を考える

3.ソニー生命保険「学資金準備スクエア」

  • 3-1.学資金準備スクエアの概要
  • 3-2.学資金準備スクエアの保険内容
  • 3-3.学資金準備スクエアの注目点

4.日本生命保険相互会社「ニッセイ保険学資」

  • 4-1.ニッセイ保険学資の概要
  • 4-2.ニッセイ保険学資の保険内容
  • 4-3.ニッセイ保険学資の注目点

5.保障を目的に保険を選ぶ

  • 5-1.保障を目的とした保険
  • 5-2.どんな保障があるのか?
  • 5-3.親と子のまさかを考える

6.JPかんぽ生命「学資保険はじめのかんぽ」

  • 6-1.学資保険はじめのかんぽの概要
  • 6-2.学資保険はじめのかんぽの保険内容
  • 6-3.学資保険はじめのかんぽの注目点

7.全労済「子供の総合保障」

  • 7-1.子供の総合保障の概要
  • 7-2.子供の総合保障の保険内容
  • 7-3.子供の総合保障の注目点

8.まとめ

続きを読む

個人年金保険の終身年金とは!老後資金の確保として有効?!

「老後破産」「老後貧乏」という言葉を耳にして、老後のお金について不安を感じている人も多いでしょう。公的年金の受給年齢が遅くなり、また金額が減らされている中、年金だけで生活費を出すことは難しそうです。

従って、自分に必要な老後資金を確保するために、公的年金以外の方法でカバーする必要があります。その一つの選択肢として、個人年金保険の終身年金があります。

老後資金を確保するための保険と言われても、「そもそも老後に必要な資金はいくらなのか?」「個人年金保険とはどのような保険なのか?」「終身年金とは何のことなのか?」「どのような個人年金保険の商品があるのか?」などわからない事がたくさんあります。

まずは、個人年金保険と終身年金について基本的な内容から勉強していきましょう。そして、自分に必要な老後資金を考えた上で、老後資金確保の選択肢として有効かどうか検討していくことで、これらの疑問を解決していきたいと思います。

今回は、老後資金についてや個人年金保険の概要・種類を説明した上で、終身年金の仕組みやメリット・デメリット、具体的な商品についてご紹介いたします。

この記事を読んで、自分に必要な老後資金を確保するために保険商品を活用することを一つの選択肢として検討して頂き、安心して老後を迎えるために賢く準備をしていきましょう。

目次

1.老後資金について

1.1 老後資金とは

1.2 公的年金について

1.3 退職後の再就職

1.4 積立商品の活用

1.5 保険の活用

2.個人年金保険

2.1 個人年金保険とは

2.2 個人年金保険の種類

3.終身年金

3.1 終身年金のしくみ

3.2 受取年金額について

3.3 終身年金で得をするためには

3.4 保証期間付終身年金とは

4.終身年金のメリット・デメリット

4.1 終身年金のメリット

4.2 終身年金のデメリット

5.終身年金と確定年金の違い

5.1 年金の受け取り期間

5.2 保険料の比較

5.3 受取年金額の比較

6.終身年金と確定年金の受取方法の選び方

7.個人年金保険の商品

7.1 三井住友海上あいおい生命 「5年ごと利差配当付 個人年金保険」

7.2 マニュライフ生命 「こだわり個人年金(外貨建)」

7.3 明治安田生命 「5年ごと利差配当付個人年金保険 年金かけはし」

7.4 ソニー生命 「個人年金保険」

7.5 日本生命 「年金保険」

7.6 太陽生命 「保険組曲Best 100歳時代年金」

7.7 第一生命 「しあわせ物語」

8.まとめ

続きを読む

みんなが知りたい学資保険口コミランキングの商品を徹底解剖!

お子さんの誕生と共に多くの親御さんが、一度はファイナンシャルプランに、学資保険の導入を検討されることでしょう。

この数十年で生命保険は、ユーザーニーズに対応すべく、大きな変化を続けています。

それまで多くの生命保険は、保険販売員との直接面談で、商品選択の相談や契約が執り行われ、数社にまたがり商品比較を行う方は、少数でした。

しかしインターネット隆盛時代を迎えた現代では、PCやスマホの前で、手軽に複数社の保険商品を比較したり、保険員を介することなく契約が出来たりと、顧客寄りの選択肢が非常に広がりました。

そんな広がりを見せる分、商品も多岐にわたり、契約内容も独自性のアピールがなされており、簡単商品比較が難しくなっているのもまた事実です。

そんな時にネット時代で重宝されるのが、ずばり「口コミ」です。

既に契約済み、もしくは契約検討中のユーザーが、実際に利用した感想などをネット上に公開するので、実体験に基づくリアルな最新情報が得られるのです。

そこで今回は、学資保険の口コミランキングの中で、HIT数の多い学資保険各商品を、徹底解剖してまいりたいと思います。

目次

1.学資保険とは
1.1特徴
1.2仕組み

2.第一生命の学資保険
2.1第一生命とは
2.2こども応援団/Mickey
2.3仕組みと特徴
2.4プラン
2.5口コミ

3.かんぽの学資保険
3.1かんぽとは
3.2はじめのかんぽ
3.3仕組みと特徴
3.4プラン
3.5口コミ

4.日本生命の学資保険
4.1日本生命とは
4.2ニッセイ学資保険
4.3仕組みと特徴
4.4プラン
4.5口コミ

5.アフラックの学資保険
5.1アフラックとは
5.2夢見る子供の学資保険
5.3仕組みと特徴
5.4プラン
5.5口コミ

6.ソニー生命の学資保険
6.1ソニー生命とは
6.2学資保険と学資プラン
6.3仕組みと特徴とプラン
6.4プラン
6.5口コミ

7.明治安田生命
7.1明治安田生命とは
7.2つみたて学資
7.3仕組みと特徴
7.4プラン
7.5口コミ

8.富国生命
8.1富国生命とは
8.2みらいのつばさ
8.3仕組みと特徴
8.4プラン
8.5口コミ

9.まとめ

続きを読む

学資保険返戻率ランキング!絶対110%超えの学資保険も!

返戻率から見るおすすめの学資保険ランキング!

学資保険に入るならやっぱりお得度の数字とも言える返戻率を押さえておきたいですよね。

しかし、学資保険には返戻率をアップさせるコツなどがあり、絶対チェックしておきたい事だらけです!

この記事では、学資保険ランキングはもちろん、返戻率を上げるコツや学資保険の概要、学資保険がおすすめ出来るか、出来ないものまでご紹介しているので、返戻率に関する事は一発解決です!

目次

1.おさらいしたい学資保険のこと

1.1 学資保険ってそもそも何?

1.2 学資保険にはタイプがある

1.3 学資保険とこども保険の違い

2.返戻率の高いおすすめの学資保険ランキング

2.1 学資金準備スクエア

2.2 終身保険RISE

2.3 ニッセイ学資保険

3.学資保険の返戻率を高めるために

3.1 学資保険の返戻率は高めることが可能

3.2 払込期間で出来る事

3.3 給付の際に出来る事

4.学資保険加入なら押さえたいポイント

4.1 返戻率だけが全てじゃない

4.2 学資保険のタイプ

4.3 保障内容

5.学資保険はおすすめできない?!

5.1 学資保険は実はおすすめできないのかも

5.2 おすすめできる人とメリット

5.3 おすすめできない人とデメリット

6.学資保険の解約はどうやって?

 6.1 学資保険の解約はこうやって進む

  6.2 ここをしっかりとチェック!

 6.3 本当に解約しちゃっていいの?

 7まとめ

続きを読む

学資保険のポイントは戻り率の高さ?その仕組みと注意点とは!

学資保険は、主にお子さんの教育資金を積み立てるための保険です。お子さんが生まれたきっかけで、加入を検討している保護者の方々も数多くいらっしゃることでしょう。

幼稚園の入園から高校卒業までの教育資金は私立か公立かで相当差があり、早い段階からどちらに進学しても良いように積立を考えておくべきでしょう。

また、現在では大学も入りやすくなり、大学進学を想定した備えが必要となることでしょう。

ただし、学資保険にはいろいろな保険商品があり、どのような保険を選ぶか迷われるかもしれません。

そこで今回は、戻り率の高い学資保険について説明します。この保険は、支払った保険料よりも実際に受け取るお金(学資金)の方が多く、加入契約者が得をする仕組みになっています。

この記事を読めば、戻り率の高い学資保険の特徴と注意点を理解することができ、学資保険選びをする際の有効な参考資料になることでしょう。

目次

1.学資保険と戻り率(返戻率)について

  • 1-1.学資保険とは
  • 1-2.戻り率(返戻率)とは
  • 1-3.貯蓄型学資保険が人気

2.ソニー生命保険「学資金準備スクエア」

  • 2-1.学資金準備スクエアとは
  • 2-2.学資金準備スクエアの内容
  • 2-3.米ドル建てプランについて

3.明治安田生命「つみたて学資」

  • 3-1.つみたて学資とは
  • 3-2.つみたて学資の内容
  • 3-3.戻り率の他に注目したい点

4.日本生命保険相互会社「ニッセイ保険学資」

  • 4-1.ニッセイ保険学資とは
  • 4-2.ニッセイ保険学資の内容
  • 4-3.戻り率の他に注目したい点

5.戻り率の高い学資保険の注意点その1

  • 5-1.戻り率が高いほど税金はかかる?
  • 5-2.受取人が加入契約者(保護者)の場合
  • 5-3.受取人が被保険者(子)の場合

6.戻り率の高い学資保険の注意点その2

  • 6-1.戻り率の高さだけが大切か?
  • 6-2.親と子の保障について考えてみる
  • 6-3.保障を重視した保険もある

7.まとめ

続きを読む

学資保険の保険料 月いくらかける?保険料を徹底検証

子供の教育資金確保の方法として、学資保険の加入を検討されている方は多いでしょう。

実際に保険会社のプラン例を見てみると気になる部分がありますよね。

それは、「月々の保険料」です。

「学資保険の相場はいくらなのか?」「月いくらの保険料が妥当なのか?」「月いくらの金額設定にしておけばよいのか?」と良く分かりません。

「月々の保険料」は満期年齢や満期学資金、保険料払込期間によって変化します。また、家族構成や収入状況などによって、ご家族にとって家計に無理のない保険料は異なってくるのです。

従って、これらのポイントを押さえて保険料を考えていくと、ご家族にとって適切な保険料が導き出されます。

今回は、学資保険の保険料に関するポイントを理解した上で、学資保険の平均的な相場や学資金の設定金額と保険料の関係、家計における保険料の割合を見ていきましょう。最後に人気商品の月額保険料例をご紹介いたします。
この記事を読んで、ご家族のライフプランとバランスの取れた「月々の保険料」を一緒に考えていきましょう。

目次

1.学資保険とは

1.1 学資保険の仕組み

1.2 返戻率

1.3 学資保険の種類

2.保険料に関連するポイント

2.1 保険料払込期間

2.2 保険満期の年齢

2.3 学資金の設定金額

2.4 加入時期(子供の年齢)

2.5 保険料と支払い方

3.学資保険の平均金額の相場

3.1 1~2万円

3.2 1万円未満

3.3 2~3万円

4.家計における保険料の割合

5.「貯蓄型」人気商品の月額保険料

5.1 ソニー生命「学資保険」

5.2 日本生命「ニッセイ学資保険」

5.3 明治安田生命「つみたて学資」

5.4 フコク生命 「みらいのつばさ」

5.5 JA共済「こども共済」

5.6 アフラック「夢みるこどもの学資保険」

5.7 第一生命 学資保険「こども応援団 」「Mickey」

6.「保障型」人気商品の月額保険料

6.1 かんぽ生命「学資保険 はじめのかんぽ」

6.2 太陽生命「わくわくポッケ」

6.3 東京海上日動あんしん生命「5年ごと利差配当付こども保険」

6.4 住友生命 こども保険「こどもすくすく保険」

7.まとめ

続きを読む

子供保険はどんな保障なの!?加入目的ごとにおすすめの保険を紹介!

子供保険は、お子さん向けに販売されているすべての保険を指します。教育資金を積み立てることを目的とする学資保険は子供保険の一つと言えます。

子供保険は教育資金のための積立のみならず、医療保障や子の死亡保障、保護者が亡くなった場合の育英年金等を組み合わせて、子の進学や万が一の備えのための金銭的サポートを約束する商品が販売されています。

ただし、子供保険には学資保険のように貯蓄を重視するものや、貯蓄性よりも医療保障等に手厚いもの、いろいろな保険商品があり、どんな保険を選ぶか、なかなかすぐには決められないでしょう。

そこで今回は、子供保険でおすすめの保険をご紹介します。生命保険会社の工夫を凝らした貯蓄または保障内容が、利用者から評価を得ている保険商品を取り上げていきます。

この記事を読めば、現在どんなタイプの子供保険が販売されているのかを理解することができ、子供保険選びをする際の有効な参考資料になることでしょう。

目次

1.子供保険について

  • 1-1.子供保険について
  • 1-2.子供保険とは学資保険のこと?
  • 1-3.加入目的で保険選び

2.貯蓄性の高い子供保険について

  • 2-1.貯蓄を重視した子供保険が人気!
  • 2-2.子の教育資金はこんなに必要!
  • 2-3.子供保険の上位ランキング

3.ソニー生命保険「学資金準備スクエア」

  • 3-1.学資金準備スクエアの概要
  • 3-2.学資金準備スクエアの保険内容
  • 3-3.学資金準備スクエアの評価

4.明治安田生命「つみたて学資」

  • 4-1.つみたて学資の概要
  • 4-2.つみたて学資の保険内容
  • 4-3.つみたて学資の評価

5.保障を備えた子供保険について

  • 5-1.保障を備えた子供保険とは?
  • 5-2.医療保障と死亡保障
  • 5-3.親と子の万が一を考える

6.JPかんぽ生命「学資保険はじめのかんぽ」

  • 6-1.学資保険はじめのかんぽの概要
  • 6-2.学資保険はじめのかんぽの保険内容
  • 6-3.学資保険はじめのかんぽの評価

7.損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「こども保険」

  • 7-1.こども保険の概要
  • 7-2.こども保険の保険内容
  • 7-3.こども保険の評価

8.まとめ

続きを読む

おすすめの学資保険を5つのポイントで分かりやすく解説します!

学資保険の目的は、可愛い子供への将来のための教育資金確保です。

せっかく加入するのであれば、お得な保険に加入して、賢く教育資金を備えたいと思うのは当然です。従って、おすすめの学資保険を教えて欲しいと皆さんが思うことでしょう。

おすすめの学資保険を知りたいと言っても「おすすめの会社なのか」「おすすめの商品なのか」「おすすめの学資金額なのか」「返戻率が高いおすすめな商品なのか」「おすすめの支払い方なのか」など、おすすめのポイントも見方によって色々あるのです。

大切なのはご家族にとって重要視したい点を押さえた、おすすめポイントのある学資保険に入ることなのです。まずは、複数のおすすめポイントの内容とその理由を理解していきましょう。そうすることで、ご家族にとって必要なおすすめポイントが見えてくると思います。

今回は、学資保険をの基礎知識を理解した上で、押さえておきたいおすすめポイントを整理してお伝えした後に、おすすめ商品について具体的にご紹介いたします。

この記事を読んで、ご家族のライフプランの目的にあった「おすすめポイント」をぜひ見つけて欲しいと思っています。

目次

1.学資保険の基礎知識

1.1 契約者・被保険者・保険金受取人

1.2 保険料払込期間

1.3 保険満期と学資金の設定金額

1.4 返戻率の仕組み

1.5 保険料と支払い方

1.6 2つの機能

2.おすすめの加入時期とは?

2.1 加入時期:妊娠中

2.2 加入時期:0歳~6歳まで

2.3 加入時期:7歳~10歳まで

3.おすすめの学資金額とは?

3.1 200万円

3.2 300万円

3.3 400万円

4.おすすめの満期年齢とは?

4.1 17歳・18歳

4.2 22歳

5.おすすめの学資金の受け取り方とは?

5.1 入園・入学など、子どもの成長に合わせた分割受け取り

5.2 大学入学時など、お金がかかる時期に合わせて一括受け取り

6.おすすめの保険料の支払い方とは?

6.1 払済のタイミングのおすすめ

6.2 支払い方法のおすすめ

7.「貯蓄型」のおすすめ保険とは?

7.1 ソニー生命「学資保険」

7.2 日本生命「ニッセイ学資保険」

7.3 明治安田生命「つみたて学資」

7.4 フコク生命 「みらいのつばさ」

8.「保障型」のおすすめ保険とは?

8.1 かんぽ生命「学資保険 はじめのかんぽ」

8.2 太陽生命「わくわくポッケ」

8.3 東京海上日動あんしん生命「5年ごと利差配当付こども保険」

8.4 住友生命 こども保険「こどもすくすく保険」

9.まとめ

続きを読む

学資保険の様々な「いくら?」の疑問を徹底解説いたします!

学資保険を検討されている方の中には、「いったい、他の人はどれくらい?」と、気になられている方も多いのではないでしょうか?

ご家庭ごとに、教育費としてかけられる金額には、違いがあることは当然のことですが、やっぱり、親としては、「人並み」のことを、子どもにはしてあげたいと思うものですよね。

では、その「人並み」とは、どれほどであるのか?

今回は、その点をクリアにしつつ、お子さんのために準備するべき学資保険を検討していきましょう!

安心して、お子さんの将来を応援してあげられるように、できるうちから、是非、備えていきましょう。

あとで、後悔してもナニも始まりませんから!

目次

1.学資保険ってどんな保険?

2.学資保険の満額は「いくら?」
2.1平均的な金額は「いくら?」
2.2学資保険の満期金の考え方

3.学資保険の月額保険料はいくら?
3.1平均的な金額は「いくら?」
3.2学資保険の月額保険料の考え方

4.学資保険でいくら備えれば、安心できる?
4.1年齢別の教育費って?
4.2備えるべき学資保険の金額って?

5.リアルにシュミレーション!
5.1高校進学時の費用を検証!
5.2進路別の入学費用を検証!

6.学資保険の保険料控除は「いくら?」

7.学資保険を解約したら、「いくら?」

8.まとめ

続きを読む