損害保険

火災保険が値上がり!?その理由をわかりやすく解説します!

2015年に火災保険の改定があり、火災保険の保険料が値上がりしました。

この記事を読んでいる方の中にも、火災保険を更新したけど内容が変わっていないのに、保険料が高くなったと感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、複数年の契約をしていて、これから更新する方にとっては、どれほど保険料が上がったのか、なぜ保険料が値上がりするのか?など考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

火災保険は、意外に補償範囲が広く支払事由が多い事や、昨今の自然災害による支払いが多くなっているという現状が背景にあるのです。

今回は、元保険代理店をしていた立場から、火災保険の値上がりの理由・基礎知識や、地震保険の改定まで、火災保険とはどの様に出来ているのか、またどのような支払が多いのかなど、多岐にわたる情報をお伝えしていきます。

この記事を読んで、少しでも火災保険を理解して、節約の方法や万が一の時に困らないようにしておきましょう。

目次

1.火災保険の補償範囲

1.1火災

1.2水災

1.3風災

1.4その他の事故

 

2.自然災害

2.1ゲリラ豪雨・集中豪雨

2.2台風や竜巻などの突風

2.3大雪による災害

 

3火災保険の改定

3.1今までの改定

3.2火災保険の節約方法

3.3火災保険の割引

 

4火災保険の支払い実績

4.1火災保険の収支と支払い実績

 

5.地震保険

5.1地震保険とは

5.2地震保険の改定

5.3地震保険の割引や控除

 

6.まとめ

続きを読む

火災保険の基本!知っておきたい補償範囲と支払事例を解説します!

火災保険を知っていますか?と聞かれれば、大半の方は知っていると答えるでしょう。

しかし、その補償範囲や支払い対象など細かいところや内容を聞くと、意外に知らない事が多いのではないでしょうか。

近年では、大雨や突風など異常気象が増え、地震や津波などの自然災害も多く聞かれるようになり、明日は我が身かと思う方も多いのではないでしょうか。

そんな自然災害に遭ってしまって困る事の1つに、建物や家財道具への損害があるのではないでしょうか。

火災保険に加入しているから大丈夫だ!と思っていても、その補償内容を知らなければ、掛けているだけで、いざと言う時には役に立たないかもしれません。

そのような事にならないように、しっかりと火災保険の仕組みや補償内容を理解して、もしもの時に少しでも役に立てられるようにしておきましょう。

目次

1.火災保険とは

1.1補償範囲

1.2補償金額の決め方

1.3適応物件

2.火災保険の種類

2.1住宅火災保険

2.2住宅総合保険・住まいの総合保険

2.3普通火災保険

2.4店舗総合保険

3.火災保険と地震保険

3.1地震保険とは

3.2火災保険と地震保険の関係性

3.3地震保険の再保険とは

4.火災保険の節約方法

4.1水災不担保

4.2契約方法と保険料の支払い方

5.火災保険の事故例

5.1水災事故

5.2落雷の事故

5.3雪災の事故

6.意外と知らない火災保険

6.1補償内容

6.2免責事項

7.まとめ

続きを読む

孤独死に対応する保険が増加中!その理由を徹底解説します!

少子高齢化社会と言われ数十年が経ち、今ではそこに「超」と言う言葉すら付くようになりました。

そして、核家族化が進むにつれて、高齢者だけではなくとも、一人暮らしの世帯が増えて孤独死と言うリスクは決して特別なものではなくなりました。

その孤独死のリスクを非常に重く受け止めているのは、賃貸物件を所有するオーナーさんでしょう。

賃貸物件で孤独死をした場合にはどのような費用が掛かるのか、また、火災保険などで対応が出来るのかなどを解説していきます。

賃貸物件のオーナーさんも、もし自分の所有する物件で孤独死が起こった場合にどうすれば良いのか、そして、賃貸物件に住む方も、もし自分がその様になってしまった場合にはどうすれば良いのか、迷惑を掛けない方法はあるのかという事も解説していきます。

貸す側も借りる側も、様々な事に備えておくことが必要ですので、いま一度火災保険などを確認してみましょう。

目次

1.孤独死とは

1.1高齢者の単身世帯数

1.2孤独死の件数

1.3発見されるまでの期間

 

2.火災保険

2.1火災保険とは?

2.2火災保険と賠償保険

 

3.賃貸物件での孤独死

3.1孤独死による損害

3.2孤独死の責任の有無と所在

3.3孤独死は事故物件になるのか

 

4.賠償責任の考え方

4.1損害賠償責任の基本と考え方

 

5.保険の対応

5.1火災保険

5.2オーナー向けの保険

5.3孤独死の損害

 

6.保険商品の紹介

6.1アイアル少額短期保険「無縁社会のお守り」

6.2e-Net少額短期保険株式会社「Re-Room(リ・ルーム)」

6.3その他の保険

 

7.まとめ

 

 1.孤独死とは

ここ数年で、孤独死と言う言葉は広く広まったと思います。

その背景には、核家族化が進み家族が別々に住むという事が一般的になり、また少子高齢化の問題もあり、親世代の面倒を見きれない、一緒に住むことが難しいという事から、「住み慣れた場所にずっと居ていたい」や「老人ホームなどの施設に入るお金が無い」などの理由や、そもそも一人暮らしで突然、体に異変が起こってしまった場合など理由は様々でしょう。

勤めに出ている方であれば、一人暮らしでも欠勤などが続くことから、発見が早いと言ったケースもありますが、高齢者であれば発見が遅れることも珍しくありません。

孤独死とは、身寄りのない方が多く、亡くなっても発見が遅れることが多いです。

高齢者に限らず、一人暮らしをしている方がどれ程いるのか、また孤独死は年間でどれだけの数があるのかを少しずつ見て行きましょう。

 1.1高齢者の単身世帯数

高齢者の単身世帯数は年々増加し、平成27年度(2015年)では、男性では65歳以上の人口の12.9%が単身世帯であり、女性は21.3%が単身世帯となっています。

これはこれからも高くなり、10年後の平成37年(2025年)には、男性で14.6%女性では22.6と言う数字になり、さらに19年後である、平成47年(2035年)には、男性で16.3%女性では23.4%と増加の一途を辿ります。

下の図を見てもらえれば解りやすいのではないでしょうか。

 1.2孤独死の件数

孤独死は年間でどれだけの件数が報告されているのでしょうか。

孤独死とは、誰にも看取られない、立会人が居ない方の死を指して言うのですが、高齢者だけではなく、働き盛りと言われる、30代・40代でも他人事ではなくなっています。

孤独死の年間発生数は、3万件とも4万件とも言われています。

その中でも、高齢者と言われる、65歳以上の件数は、1万5千件ほどである事から見ると、半数以上は65歳未満の孤独死と言えます。

決して、高齢者だけの問題ではないという事が言えますね。

 

 1.3発見されるまでの期間

孤独死で問題になる1つが、発見されるまでの期間と言われています。

持ち家でもそうですが、特に問題になるのは賃貸物件での孤独死と言えます。

発見されるまでの期間が長ければ長いほど、人の体は腐敗していきます。

その腐敗具合によっては、後片付けに掛かる費用であったり、近隣住民に与える影響も大きく変わるのです。

それでは、発見されるまでの期間はどれくらいなのかを調べると、男性は平均約7日、女性は平均約2日となります。

年齢別でも日数は異なりますが、70歳以上の高齢者よりも、50代の方が、発見日数が掛かっているというデータもある事から、働いている世代の方が発見まで時間がかかるという事が言えます。

季節や生活環境にもよりますが、これだけの時間がかかるという事は、少なからず腐敗をするという事です。

もし、自分が孤独死をしてしまったら、もし自分の所有する物件で孤独死が起こってしまったら、どれだけの費用が掛かり、どのような対応をすれば良いのでしょうか。

次はその事を書いていきましょう。

 2.火災保険

火災保険と言われれば、身近に感じる人も多いのではないでしょうか。

また、孤独死と火災保険はどのような関係があるのか、ピンと来ない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

火災保険と言えば、戸建ては勿論ですが、マンションやお店や倉庫など建物全般に掛ける保険です。

そして、その補償は火災の時だけではないのです。

水災・風災・雪災から、外部からの落下・飛来など、補償範囲が広いという事は知らない方も多いと思います。

ここでは、火災保険の補償範囲なども含めて、火災保険とはという所を説明していきたいと思います。

2.1火災保険とは?

火災保険とはどのような保険なのか?と聞かれて大半の方は、「家が燃えた時の保険でしょ?」と答えるでしょう。

その通りなのですが、火災保険とはもっと補償範囲が広いのです。

ここでは、火災保険の基礎的な知識を説明していきます。

まず、覚えていてほしい基本は次の様になります。

 

・補償の対象は、建物と家財道具

・補償対象の事故は、火災・破裂・爆発・風災・水災・雪災・落雷

 

上記の事を覚えておけば大丈夫です。

補償対象の事故に関しては、その他の事故も対象になるのですが、書くとキリがないので、またの機会に詳しく書こうと思います。

上記の事だけでも、知らなかったという方も多いのではないでしょうか?

 

近年多い川の氾濫や竜巻のような突風や落雷での事故も火災保険の対象になるのですよ。

2.2火災保険と賠償保険

火災保険について、少しわかったと思いますが、ここでは賠償責任保険についても書いておこうと思います。

あまり馴染みのない保険の名前かもしれませんが、近年すごく注目されている保険が賠償責任保険です。

これは、自動車保険の対人・対物と言われるものや、自転車保険や日常生活賠償保険などと様々な名称で存在しますが、損害保険の基本と言っても過言ではないものです。

火災保険にも賃貸物件に住む方に向けて、借家人賠償責任保険と言うものがあります。

これは、火災保険の特約の1つですが、一人暮らし等で部屋を借りる時に火災保険に加入すると思います。

この火災保険は、家財道具の補償が主契約になり、特約である借家人賠償責任が重要な役割を持つ保険となっているのです。

賃貸物件では、退去時等に原状復帰をして貸主に返さないといけないですよね。

例えば、火事を出してしまった時などは、火事を起こしてしまう前の状態に戻さないといけません。

しかし、火事を起こしてしまった場合には、多額の修理費用が掛かりますので、もし保険に入っていない場合は、全額自己負担になり「とてもじゃないけれど払えない」という事になりかねません。

そうなってしまった場合には、貸主・借主共に困ったことになってしまいます。

それを防ぐためにも、火災保険は必要になりますね。

また、賠償責任保険と言うのは、この場合だけでなく、他人の物を壊してしまった場合や、他人にケガを負わせてしまった場合の保険であり、民法上の損害賠償を請求された時に助けてくれる保険となっています。

その種類は、個人から法人や製品など多岐にわたって存在しますので、意外なところにもさまざまな保険が掛かっているという事を覚えておいてくださいね。

3.賃貸物件での孤独死

近年、核家族化が進み、高齢者だけではなく働き世代である40代や50代の1人暮らしも増えている中で、持ち家ではなく、賃貸住宅にお住まいの方も多くなっています。

その中で、賃貸物件での孤独死は、決して高齢者だけの問題ではなくなってきています。

ここでは、賃貸物件で起こりえる孤独死について少しまとめていきます。

孤独死があった部屋はどの様な扱いになるのか、もし身内で孤独死を迎えた方がいた場合には責任が残るのか、また賃貸物件のオーナーは自身の物件で孤独死が起こったら、どうすれば良いのか、様々な問題がそこにはあります。

 3.1孤独死による損害

それでは、賃貸物件での孤独死が発生した場合、いったいどのような損害が発生するのかを考えていきまましょう。

賃貸物件で人が亡くなった場合に良く聞く話かもしれませんが、第一に臭いの問題があります。

孤独死と一言で言っても、発見されるまでの期間・季節などによっても様々ですが、身寄りもなく、他の人との交流が少ない方は、発見まで時間がかかる可能性が非常に多いです。

逆に、働き世代とも言われる世代では、出社しない・連絡が取れないなど他の人との関わりがある方であれば、比較的発見までに時間は要さない場合があり損害は大きくならない可能性が高いと言えます。

発見まで時間がかかった場合には、異臭・床などの腐敗など原状復帰するまでに多額の費用・時間がかかる可能性が高く、臭いを取り除くのに数週間、その後に床材の張り替え・壁紙の張り替えなどその費用自体が、損害額になります。

ざっくりとした金額で言うと、数十万~数百万円にも及ぶことがあります。

その費用は、誰が負担するのでしょうか。

一般的な退去であれば、クロスの張り替えなどはオーナー負担になる場合が多いのですが、オーナーからすれば、孤独死を起こされて物件価値や部屋の修復費用などは、入居者かその保証人または遺族に請求したい気持ちになるでしょう。

しかし、孤独死と言う事でその責任の有無や所在に関してはあやふやになることも多いのではないでしょうか。

そこに関して、次の章で少し説明します。

3.2孤独死の責任の有無と所在

孤独死が起こった場合の損害に関しては先ほど説明したとおりです。

臭いの除去・床・壁紙の張り替えなど多額の費用が掛かる可能性があると言うことを説明しました。

賃貸物件への入居の際に火災保険加入に関する話でも少し説明しましたが、民法上では、その物件を借りている者は、退去時などには借りた時の状態で返却しなければいけない(原状復帰)という事が定められています。

これは、火災事故を起こした場合や、故意・事故によって物件の一部を破損・汚損した場合などの事になります。

それでは、孤独死の場合はどのような扱いになるのか。

これは、考え方や捉え方ひとつで様々な意見がありますが、民法上の損害賠償と言う面でみると、他人の物を破損・汚損したという事で、損害賠償の対象になりえる事例だと思いますが、その賠償責任を負う人は亡くなっています。

亡くなった人に対して、損害賠償を請求できるかと言う問題になります。

また、孤独死と言え遺族の方がいた場合には、その損害賠償までも相続財産として認められる場合があり得ます。

そうした場合には、責任がありその損害額を支払わなければいけない可能性が0ではないという事になります。

また、遺族もいない孤独死だった場合には、その損害賠償自体が成立しない可能性もあり、仮に損害賠償が認められたとしても、入居者の火災保険等から保険金が下りるかはまた別の話になるという事を覚えておいてください。

3.3孤独死は事故物件になるのか

事故物件と聞けば、自殺や事件などで人が亡くなっている物件を思い浮かべると思います。

それでは、孤独死などの自然死が起きた物件に関しては事故物件と言えるのでしょうか。

これに関しては、厳密な規定が無いという事から、自己物件という所もあれば、事故物件と言わないところもあります。

また、事故物件という言葉は解りやすい表現であり、不動産屋さんなどに行っても、事故物件と表現したり、心理的瑕疵(かし)ありと表現したりします。

心理的瑕疵と言えば、自殺・殺害事件などが起こったという事も含まれますが、近隣に小中学校がある、暴力団の事務所がある、風俗営業店があるなど、人それぞれ心理的に負担に感じることが違うため、様々な要因を総称して、「心理的瑕疵あり」と表現する場合があります。

また、「事故物件」や「心理的瑕疵あり」に関しては、告知義務が生じるため、不安な方は不動産屋さんなどで聞いてみることをお勧めします。

また、孤独死などの場合も「事故物件」や「心理的瑕疵あり」となる場合は、告知義務の対象になるために、敢えて事故物件にしないという事も考えられます。

これはオーナーや管理会社次第になりますので、何とも言えません。

 4.賠償責任の考え方

賃貸物件での孤独死に関しての説明をしましたが、その中で責任の所在などの話をしましたが、その損害賠償についての考え方を少し説明していこうと思います。

4.1損害賠償責任の基本と考え方

損害賠償責任とは、第三者の身体及び財産に損害を与えた場合に被る責任の事を指します。

例えば、交通事故で相手の車を壊してしまった場合や、相手にケガを負わせてしまった場合には、車の損害と相手の治療費を支払うと思います。

これが、損害賠償責任を負ったという事です。

交通事故に関しては、過失割合がありますので、損害に対して何割の支払いとなりますが、過失が100%の場合は、すべての損害に対して責任を負わなくてはいけません。

賃貸物件でも、物件の一部を壊した場合は、貸主さんの財産に損害を与えたという事で、損害賠償責任の対象になりえるという事です。

それでは、孤独死の場合はどうなるのでしょうか。

これは、孤独死を起こして、その事に直接起因する損害に関しては損害賠償責任の対象になりえるという事で、貸主は借主に損害賠償を請求できる可能性があります。

しかし、回収できるかは別の話になりますが、可能性は0ではありません。

これが、損害賠償の基本的な考え方になります。

 5.保険の対応

孤独死に関して様々な事を書いてきましたが、もし孤独死が起こった場合に貸主・借主共にどのような対処方法があるのだろうか。

損害賠償請求にしても、貸主は部屋のリフォームなどをしなければならず、その費用は貸主の完全負担なのか、また借主の遺族などに請求できるものなのか。

そして、請求できたとして回収が出来るのか。

これから、貸す側も借りる側も増えるであろうリスクに対応するにはどうすれば良いのかなど、様々な疑問が出てくると思います。

そこで、保険での対応が出来るのかどうかを見て行こうと思います。

保険と一言で言っても、火災保険や賠償責任保険など考え方によって対応が変わる可能性があるので、様々な目線から見て行きましょう。

5.1火災保険

少し前のところで、火災保険の基本的な事は説明しましたが、火災保険での対応と言う面でみると、借主側のリスクに関してという事になると思います。

賃貸物件に入居する場合には、火災保険に加入すると思います。

この火災保険の主な補償対象は、契約者(入居者)の家財道具一式になります。

しかし、本当に重要なのは、先ほども少し説明した、「借家人賠償責任」と言う特約です。

この「借家人賠償責任」は、名前の通り借りている人が賠償責任を負った場合に補償される特約です。

主な事故で言うと、「ボヤを出して部屋の一部を焦がしてしまった」や「部屋の模様替えをしていて、誤って壁を破損させた」などになります。

要は、不慮の事故で借りている物件(貸主の財産)に損害を与えてしまい、修理をしないといけないという時です。

もし、家主さんが「弁償や修理をしなくても良いよ」と言うのであれば、この特約のお世話になることはありません。

この定義で言うと、孤独死は対象になり保険金は支払われるのだろうかと思う方もいるかもしれませんが、結論から言うとこの特約での保険金支払いは難しいと思います。

少し難しい話になりますが、損害賠償が認められたとしても、それを誰に請求するかという所になります。

借主に請求するのであれば、その方は亡くなっています。

亡くなった方に対して損害賠償が請求できるかどうか、また請求できたとしても、保険金の請求者は基本的には契約者になり、保険金請求者は亡くなっているため、手続きは出来ません。

また、相続財産と認められた場合には、遺族に請求できますが、遺族がこの火災保険の請求者として認められれば、良いですが認められない場合には、この借主が加入していた火災保険は意味を持たないという事になります。

事故が起こったからと言っても、必ず保険金が支払われるとは限らないという事です。

5.2オーナー向けの保険

入居者目線のリスクに対する対応は書いてきましたが、オーナー目線でのリスクに対応する保険はあるのだろうか。

孤独死が起こってしまった物件では、様々なリスクが生じる可能性があります。

例えば、物件内のリフォーム代金や空室のりクスや賃料の値下げなどが主なリスクになってくると思います。

それに対する、備えはどのようにするのか。

賃貸物件に限らず、持ち家を所有している方などは、火災保険に加入している方が多いと思いますが、この火災保険の補償対象は建物への損害になります。

例えば、火災や風災や落雷や水害などが主な補償対象になり、近年多い集中豪雨や突風により建物が破損した場合には、火災保険での対応が出来るのですが、孤独死が起こってしまい、部屋をリフォームしなければいけなくなった、空室なった際の家賃を補償して欲しい、などは補償の対象外になります。

今後、増える可能性もある孤独死に対して、オーナーはどのように備えれば良いのかが解らないと思いますが、近年では、各保険会社が孤独死に対する損害を補填する商品を販売し始めています。

あまり一般的には知られていない保険にはなりますので、そのような商品があるという事は覚えておいてください。

5.3孤独死の損害

孤独死が起こってしまった場合には、様々なリスクと損害が生じると書いてきましたが、保険会社が認めるであろう損害はどの程度なのかを少し書いていこうとおもます。

基本的に、損害保険は事故が起こりその事故に直接起因する損害に対しての、補償になります。

そのため、損害として認められる可能性が高いのは、床材やクロスの張り替えや脱臭までは損害として認められるケースが多いと考えられます。

ただ、脱臭も保険会社の考え方次第や程度にもよると考えられます。

また、気分的に、エアコンやキッチン建具なども総入れ替えしたい気持ちになると思いますが、事故に直接起因していないので、それは損害として認められないケースがほとんどだと思います。

定義は保険会社によって変わりますので、直接確認する方が良いですね。

 6.保険商品の紹介

ここでは、賃貸物件オーナー向けの孤独死に備える保険商品を数種類紹介していこうと思います。

先ほどの賃貸物件オーナーのリスクにどこまで応えられる商品があるのか、またどれだけの商品があるのかなど、また賃貸物件を借りている立場の方も見方を変えてどう備えるのかのヒントなども少し書いていきたいと思います。

6.1アイアル少額短期保険「無縁社会のお守り」

この保険は少額短期保険であり、少し馴染みもないと思いますが、賃貸物件のオーナー向けに作られた、孤独死に備える保険です。

補償内容も、先ほどあげたリフォーム費用や空室リスクに賃料値下げによる家賃損失まで補償の対象になる保険です。

また、孤独死だけでなく、自殺や犯罪死など物件内で起こった事故・事件等で人が亡くなった場合に幅広く対応できること、そして実損被害(リフォームなどの費用)が無かった場合でも、お見舞金の支払いがあるという所も特徴の1つかと思います。

ただし、少し注意する必要があるのは、4戸室以上の物件に限るという事と、物件すべての部屋での加入が条件という所で、マンションやアパートを所有するオーナーさんであれば加入できますが、長屋や戸建ての借家や4戸室以下の物件などをお持ちのオーナーさんでは加入が出来ないという所が注意点ですね。

6.2e-Net少額短期保険株式会社「Re-Room(リ・ルーム)」

この保険も、先ほどの保険と同様の補償内容になり、補償金額等も同じ内容になっています。

賃貸物件オーナーの孤独死などのリスクには応えられる内容かどうかと言えば、充分ではないかと思います。

少し、違う点は、4戸室以上などの規定がパンフレット等には無いので、戸数が少ない物件でも対応できるのではないかと思います。

6.3その他の保険

その他の保険では、三井住友海上の火災保険であるGKシリーズの中の賃貸物件オーナー向け商品に特約として、「家主費用特約」と言うのがありますが、この特約も基本的には家賃の逸失損害や片付け費用などを補償してくれる特約になっています。

付加できる条件もあるみたいですので、現在加入している方でも途中付帯など考えてみるのも良いかもしれません。

また、入居者に関しても、少額短期保険会社で死亡保障に加入しておくのも、孤独死対策になるかもしれません。

この場合は、残された遺族が損害賠償の請求を受けた場合に活用することなど、考え方や使い方次第で孤独死に対する備えをすることが出来るという事です。

7.まとめ

孤独死に関しては、年々増加していく中で、決して高齢者だけの問題ではなく、30代でも80代でもリスクは同じであるという事は解ってきたと思います。

また、核家族化が進むにつれて、一人暮らしが増えて、また近所付き合いなども希薄になっている世の中であり、単身世帯のマンションなどでは、余計に周囲との交流は無い事でしょう。

そうした中で、孤独死を迎えてしまった場合に、その後どのような責任が待っているのかを少し考えてみる機会になったのではないでしょうか。

また、賃貸物件に入居しているという事は、原状復帰の義務がある事なども覚えておかなければいけないという事や、死亡保障などで万が一の場合に掛かる費用を残しておくことも大切な事であると言えるでしょう。

そして、孤独死にならないためには、周囲と関わることをして、万が一の時は発見を速めてもらえるようにしておくことも重要ではないかと思います。

また、賃貸物件のオーナーの方にしてみれば、賃貸物件を所有している以上は、様々なリスクがある事も重々に理解はしているものの、いざ事故や事件が起こった場合には想定していたこと以上の事が起こる可能性もあります。

通常の火災保険だけではなく、孤独死に限らず居室ないでの死亡事故などにも備えておく必要が高まっているのも事実であり、これからどんどん増えていく可能性が高いです。

学生向けマンションだから大丈夫、高齢者は極力入居を断っている、審査もしっかりしているから大丈夫と思っていても、いつ起こるかは解りません。

孤独死は決して若いから起こりえないと言うことではないという事、また孤独死などが起こってもいかに早い段階で発見できるかと言う対策も必要になってくるでしょう。

賃貸物件の管理や運営にはすごく神経も使うことも多いと思いますが、管理会社頼みにせずに、定期的に物件の様子を見に行く、どんな人が住んでいるのかを確認する、本人との連絡先や保証人や家族などの連絡先や交友関係など知れる情報は知っておくことも重要になってくるのかもしれません。

その他には、居室内にセンサーを付けて、3日以上動きが無ければ知らせてくれるものなどもあるみたいです。

リスクは考えればきりがないものですが、未然に防ぐ事を考えてみて、それでも防げない時には、保険で対応できるという安心を備えておくのも良い事でしょう。

 

長い間、孤独死に関する保険が無く、困っていた賃貸物件のオーナーさんにもやっと、対応できる保険が出てきたこと、そして考え方ひとつで様々な対処の方法があるという事を知っておいてください。

また、オーナーさんだけではなく、入居者の方も様々な備えをしておくことで、迷惑をかけることも少なくなるかもしれません。

最後になりますが、保険と言うと大半の人が、事故が起こっても支払われない事が多いなど言われることがありますが、決してそんなことはなく、事故があって認められれば保険金支払いの対象になります。

また、火災保険も補償対象がすごく広くなっていますので、「こんなことでは対象にならないだろう」と思うのではなく、「こんなことでも対象になるかな?」と思っている方が良いかもしれません。

また、この事も言っておきますが、保険は決して万能ではなく、保障範囲が広がったからと言ってすべての事故が対象になるのではなく、事故と認められなければいけないという事は理解しておいてください。

また、損害保険に関しては、報告の仕方や保険会社の捉え方によっても有責・無責になること、同じような事故でも支払いの対象になる事もあれば、対象にならない事もある。

少し複雑ですが、事故性や損害の程度など様々な規定があり、また調べることも多くなる可能性もあるという事も覚えておいてください。

保険の全体像がイチからわかる。超初心者向け保険の教科書

みなさんは保険についてどのくらいの知識をもっていらっしゃいますか?ファイナンシャルプランナーや保険会社勤務など保険に関するお仕事でもしていないかぎり、保険の知識に自信があると答えられる方は少ないのではないでしょうか?

すでに保険に加入している保険でも、何のための保険なのか?どうしてその保険に加入しているのか?などを即答するのは難しいですよね。

ある特定の保険の説明だけを受けても、保険という仕組みの全体像が理解てきていないとほんとうに必要な保険なのかどうか判断するのは容易ではありません。

わたしもFPさんとの打ち合わせを何度も重ねて、ようやくじぶんの保険加入状況に自信を持てるようになったパターンでした。

そこで、今回は保険のプロではない方が、保険の仕組みの全体像を理解できるようになるために必要な知識を一般の人の視点からまとめました。

保険のことばは専門用語が多い上に複雑なので一般の人には理解が難しく、苦手意識を持たれることの多い保険。しかし、保険の仕組みの全体像を知ることで、個別の保険に関する理解度がぐっと高まります。

木を見て森を見ずという諺は、保険の仕組みにもぴったりと当てはまります。
全体像を理解して、賢く保険を選べるようになっていただければ幸いです。

目次

1 そもそも保険って何だろう?
1-1 小学生でもわかる保険の仕組み
1-2 保険はいつどこで始まったのか?
1-3 保険が必要なワケ
2 保険を分類分けできるようになろう
2-1 もしもに備える保障は3つあることを理解しよう
2-2 「生命保険」と「損害保険」何が違う?
3 生命保険はどんな保険があるの?
3-1 生命保険の3つの基本形
3-2 生命保険の種類
4 損害保険はどんな保険があるの?
4-1 目的別の4分類
4-2 自動車(バイク)事故の補償を目的とした保険
4-3 住まいの損害補償を目的とした保険
4-4 身体の補償を目的とした保険
4-5 その他の補償を目的とした保険
5 公的保障は何があるの?
5-1 遺族年金があります
5-2 働けなくなったときには障害年金
5-3 公的な医療保険があります
6 法人保険ってなんだ?
6-1 経営者保険メリットとは
6-2 福利厚生保険のメリットとは
7 保険選びの基本ステップ
7-1 まずは現状を把握すべし
7-2 必要保障額を試算してみよう
7-3 保険の賢い選び方とは
8 まとめ

続きを読む

身近に潜む「もしも」を個人賠償責任保険で備えるためのポイント

「自転車に乗っていて、歩行者と当たりそうになった」や、「旅行中の買い物で店の商品を壊しかけた」、なんて経験をした方は意外に多いのではないでしょうか。

免許も必要なく、気軽な移動手段である自転車や、楽しい旅行中の買い物でも一歩間違えば、ケガをさせたり、弁償をさせられたりと、大変な思いをする事があります。

身近なところにも危険がたくさんあるのですね。

そのような事は、出来れば経験したくないという事は誰でも思う事ですが、起こってしまう前に保険でリスク回避をしておくのも一つの手段です。

その保険が、個人賠償責任保険です。

名前は聞いたことある人も多いと思いますが、その内容を知らない方はたくさんいらっしゃいますので、この記事では、元損害保険の代理店をしていた立場から、様々な賠償責任を実例も交えながら解りやすく解説していきます。

この記事を読んで、身近に潜む「もしも」に備えていきましょう。

目次

1.賠償責任保険とは

1-1賠償責任とは

1-2個人賠償責任保険と日常賠償保険の違い

1-3その他の賠償責任保険とは

2.賠償責任保険の種類

2-1個人向けの賠償責任保険

2-2事業者向けの賠償責任保険

2-3その他の賠償責任保険

3.個人賠償責任保険の支払い事例

3-1支払い事例

3-2免責事例

3-3その他の損害保険の事故例

4.個人賠償責任と日常賠償責任

4-1加入の仕方

4-2自動車保険の場合

4-3火災保険の場合

4-4傷害保険とその他の保険の場合

5.近年の賠償責任における判決例

5-1自転車事故の例

5-2その他の事例

6.まとめ

続きを読む

市場価格調整がわかれば債券と為替リスクをコントロールできる

「市場価格調整」付生命保険を解約するときに契約時より利率が上がったら解約返戻金が減ってしまい、下がったら増えてしまうなんて不思議ではありませんか? 通常利率が上がったら増え、下がったら減るのではないでしょうか? そんな疑問が生じる市場価格調整付生命保険には市場金利の変動による債券価格リスクがあります。その上、これら保険の多くは「外貨建」が多く、保険料を払うときに「円」を「ドル」交換し、解約返戻金、満期金、保険金受け取るときは「ドル」を「円」に交換しなければなりません。それによって満期金、保険金が支払保険料より減ったり、増えたりする為替変動リスクがあります。

これから市場金利と債券と為替リスクを猿でもわかるようにやさしく解説します。読み終えたときには外貨建市場価格調整付生命保険のリスクコントロールをバッチリ学習できていることでしょう。

 目次

1.「市場価格調整」付生命保険の保険料運用と市場金利の関係は?

1-1「ドル建 利率変動型一時払終身保険」の「市場価格調整」とは?

1-2 「市場価格調整」付生命保険は債券運用で市場金利と連動する

1-3 市場金利が上がって債券価格が下がり解約返戻金が減った

1-4 市場金利が下がって債券価格が上がり解約返戻金が増えた

2.保険料の資産構成、運用方法と「市場価格調整付生命保険」の関係は?

2-1 保険料の運用構成比の内訳は?

2-2 市場金利が上がると債券価格が下落し、下がると債券価格が上昇するカラクリは?

2-3 生命保険の予定利率とそのリスクについて

2-4 市場金利変動リスクを抑えるにはどうしたらよいか?

3. 債券のカラクリがわかると返戻金の増減変動の原因がわかる

3-1 市場金利が上がると解約返戻金が減るカラクリは?

3-2 市場金利が低くなると解約返戻金が増えるカラクリは?

3-3「市場価格調整」とは、

4. 「外貨建」生命保険の為替変動リスクとは?

4-1「外貨建」「市場価格調整」付生命保険

4-2 「円」と「ドル」交換には為替相場リスクと為替手数料がかかる?

4-3 円安、円高のカラクリ?

4-4 「円」を「ドル」に交換して一時払保険料を払うとなると

5. 為替変動で得するか、損するかを損益計算で確認すると

5-1 市場価格調整率を算出する

5-2 解約日の積立金額は?

5-3 市場価格調整率で計算した金額を算出する。

5-4 解約控除率で計算した金額を算出する

5-5 解約返戻金を算出する

5-6 受取解約返戻金を「円」に換算して損益計算する

6. 解約返戻金の所得の税務は

6-1 解約返戻金は一時所得

6-2「特別控除額(50万円)」の使い方

6-3 一時所得は損益通算をできない

まとめ

続きを読む

働けなくなるリスクに備える!所得補償保険について徹底解説します!

あまり想像したくないことですが、もし病気やケガで働くことができなくなってしまったら・・・

収入ダウンは避けられないという方がほとんどではないでしょうか?

専業主婦の人でも、家事ができなくなったら、困りますよね!

そんな時に備えて、貯蓄をしたり、人間ドックなどを定期的に受診したりして、みなさん、なにかしら対策はされているかと思います。

でも、もし自分で想像している以上の事態が起こってしまったら・・・

会社員の方でしたら、収入が途絶えてもさまざまな公的保障があります。

でも、フリーランスや自営業の方には、公的保障にはそこまで期待できるものがなく、働けなくなることが収入ダウンに直結してしまいます。

そんなとき、所得補償保険という手があります。

ちょっとわかりにくい印象のある所得補償保険ですが、この機会にぜひ、検討してみませんか?

ひょっとしたら、鬼に金棒!くらいの最強パターンがみつかるかもしれません!

目次

1.所得補償保険って?
1.1第三分野保険ってなに?

2.生命保険会社と損保会社は違う?
2.1生保が扱う所得補償保険
2.2損保が扱う所得補償保険

3.公的保障もあります!
3.1公的保障制度は、この5つ!
3.2公的保障~会社員編
3.3公的保障~フリーランス・自営業編

4.所得補償保険の種類は3つ!
4.1短期所得補償保険
4.2長期所得補償保険
4.3団体長期障害所得補償保険

5.所得補償保険と医療保険との違いって?

6.所得補償保険と収入保障保険の違いって?

7.所得補償保険のメリット

8.所得補償保険のデメリット
8.1就業不能状態って?
8.2就業不能状態の継続期間って?

9.まとめ

続きを読む

万が一に備える生命保険料で控除を受けて、しっかり節税しませんか

年末調整や確定申告などで「控除」と言う言葉はすっかりお馴染みですが、漠然と納めた税金が少し還付されるというイメージだけで済ませていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

控除のシステムとメリットを把握しておくとおかないとでは、その還付金額に大きな差が出てしまう可能性もあります。

今回は様々な所得控除を踏まえながら、多くの方が加入されている生命保険の所得控除に関して、詳しく解説してまいりたいと思います。

万が一に備えているだけの生命保険では勿体ない。

備えて安心なだけでなく、税金も見越した生命保険の選択で、しっかり節税してみませんか。

目次

1.所得における控除とは
1.1一般的な所得控除の種類
1.2その他の所得控除の種類

2.医療費に関する控除とは
2.1医療費控除

3.配偶者や家族に関する控除とは
3.1配偶者控除
3.2配偶者特別控除
3.3扶養控除
3.4勤労学生控除
3.5寡婦控除
3.6寡夫控除

4.保険料に関する控除とは
4.1社会保険料控除
4.2生命保険料控除
4.3損害保険料控除

5.不慮の事故や災害に関する控除とは
5.1障害者控除
5.2雑損控除

6.無条件に認められている控除とは
6.1基礎控除

7.自営業者や障害者が利用できる所得控除とは
7.1小規模企業共済控除

8.特定寄付金に関する控除とは
8.1寄付金控除

9.その他の控除とは
9.1住宅ローン控除
9.2退職所得控除
9.3公的年金控除
9.4給与所得控除

10.生命保険料控除とは
10.1生命保険料控除の種類

11.一般的な生命保険料控除とは
11.1生命保険料控除額
11.2生命保険料控除の限度額
11.3生命保険料控除の手続き

12.介護医療保険料控除とは
12.1介護医療保険料控除額
12.2介護医療保険料の限度額
12.3介護医療保険料の手続き

13.個人年金保険料控除とは
13.1個人年金保険料控除額
13.2個人年金保険料の限度額
13.3個人年金保険料の手続き

14.まとめ
続きを読む

デメリットから理解しよう!収入保障保険を知らないと損をする

皆さんは、どんな時に生命保険を考えたり、見直したりしますか?

もっとも大きな理由としては、夫(世帯主)が亡くなった後の、子供の学費や残された家族(妻)などの生活費の保障ですよね。
そして次に多いのが、事故でのケガや病気などの入院(治療費)を支えてくれる保障です。

そうなると、医療保障付きの『終身保険』or『定期保険』が思い起こされますが、『終身保険』は月々の掛け金が高い事や、『定期保険』の、継続(更新)の見直しや解約が待ち受けていて、突き詰めていくと、年代ごとに保険を毎回見直さなければいけなくなったりします。

そういった生命保険の「デメリット」な部分をしっかり押さえて居なければ、結局は、保障内容が無駄だったり、不足したりと、活躍しないままで、安心を買った(用意した)事にはなりません。

そこで、この2種類の保険内容の「デメリット」を補う形にもなっている『収入保障保険』を検証していきます。「長い期間にわたる保障で合理的な保険」と言われていますが、実際はどのような物なのか、良い面ばかりじゃなく、良くない面も含めてしっかりと見て行きたいと思います。

皆さんの家庭の中で起こりうるさまざまな予測を「プラス、マイナス」して、出来るだけ「プラス」になる生命保険を見つけられるお役に立てれば幸いです。

目次

1.『収入保障保険』が他の生命保険と違うものは?

1-1終身保険、定期保険、『収入保障保険』はどう違う

1-2『収入保障保険』と所得補償保険って同じ?
1-3マイナス面はこれ
1-4合理的な面は?

2.子供のライフステージから見る『収入保障保険』
2-1収入保障保険に合っている人
2-2収入保障保険に合っていない人
2-3設定は自由、受け取る年金額はどのくらいにがいい?

3.インフレに弱い『収入保障保険』の対策
3-1インフレの仕組みを知っておく
3-2インフレでも強い生命保険
3-3保険料の見積もりは?
3-4団信生命保険で十分かも?

4.『収入保障保険』人気ランキング
4-1アクサダイレクト生命
4-2ソニー生命
4-3マニュライフ生命

5.『総合収入保障保険』とは『収入保障保険』と同じ?
5-1『総合収入保障保険』の説明
5-2三井住友海上あいおい生命の「&LIFE収入保障保険」
6.所得税も?!『収入保障保険』が課税対象
6-1受取人によって変わる税金
6-2なぜ所得税がかかる?
6-3年金払いの所得税計算
7.まとめ

続きを読む

オリックス生命の収入保障死亡保険「キープ」に加入して、安心な人生を

ファミリー

インターネット隆盛の昨今、多数の保険会社から多岐にわたる保険商品が販売されています。

とりわけ死亡保険の重要性は高く、社会における認知度も当然上がってきています。

そんな数ある死亡保険の中で、オリックス生命から販売されているKeep/キープという死亡保険商品が、注目を浴びているのをご存知ですか?

今回は、万が一に備えて収入保障がなされるオリックス生命の死亡保険Keep/キープを考察したいと思います。

目次

1.オリックスグループとは
1.1グループ概要
1.2グループ実績

2.オリックス生命とは
2.1オリックスグループにおけるオリックス生命の位置づけ
2.2会社概要
2.3沿革
2.4実績
2.5外部評価と顧客評価
2.6顧客満足への取り組み

3.オリックス生命の販売チャンネル
3.1保険代理店による販売
3.2金融機関による販売
3.3コンサーブアドバイザーによる対面販売
3.4通信販売

4.オリックス生命の死亡保険商品
4.1定期保険ファインセーブ
4.2定期保険ブリッジ
4.3収入保障保険キープ
4.4終身保険ライズ
4.5終身保険ライズ・サポート

5.収入保障保険の必要性
5.1所得補償保険
5.2収入保障保険

6.オリックス生命の収入保障保険とは
6.1収入保障保険キープの加入者の傾向
6.2収入保障保険キープ特徴
6.3収入保障保険キープ保証内容
6.4収入保障保険キープ特約
6.5収入保障保険キープ解約払戻金
6.6契約可能年齢と保険期間
6.7保険料
6.8保険引受の条件
6.9加入例

7.オリックス生命のインターネット申込
7.1申込の流れ
7.2注意事項
7.3申込から保障開始までのスケジュール
7.4保険料支払方法

8.オリックス生命の郵送申込
8.1申込の流れ
8.2注意事項
8.3申込から保障開始までのスケジュール
8.4保険料支払方法

9.保険相談サービス
9.1対応可能なリクエスト
9.2相談サービス利用の流れ
9.3紹介先

10.まとめ
続きを読む

保険の種類は意外と少ない!?これだけ知っておけば良い5つのポイント

保険に入りたいけど、種類が多くて、どれに入ったらいいかわからない。

決まりごとが多すぎてうんざりですよね。

それでも、大事な部分を理解しておけば、失敗せずにあなたにあった保険を選ぶことができるのです。

この記事では、失敗しない為の大事な部分を、いくつかポイントにしています。

この記事を読めばもう、保険の種類で悩むことや保険が分からないと悩むことは無くなります。

目次

1.種類が多くてわかりにくい生命保険がスルッとマルわかり

1.1 組み合わせが多いだけで本当はやさしい?

1.2 生命保険で将来に心配なし?

1.3社会保険でできないことが、生命保険でできるって?

1.4先を考えて、生活スタイルにあった生命保険は選ぶべき?

1.5 生命保険もクーリングオフできる?

2.人はいつか死ぬもの!死亡保険があなたの家族をいつまでも守ってくれる?

2.1 死亡保険ってどんなものがあるの?

2.2掛け捨て型と積立型どっちがお得?

2.3定額保険と変額保険、利用しやすいのは?

2.4無理をしないで保険料を払おう

2.5保険の見直しって大事

3.病気にならない人はいない!医療保険を知らないと損!

3.1民間の医療保険ははたして本当に必要なの?

3.2 医療保険は、どこまで保障してくれる?

3.3入院は、いくらぐらいかかるの?

3.4がん保険とどう違う?

3.5医療保険はどんなタイプがいいの?

4.2人に1人ががんになるらしい!がん保険でがんを克服!

4.1がんの現状を知らなければ!

4.2がん保険ができること

4.3がん保険に入る前に

4.4がんって一体どんな病気?

4.5がん保険に入ったらいいのは、どんな人?

5.進学したくたってお金がないとね!学資保険に感謝!

5.1学資保険って何?

5.2学資保険にもいろいろあるみたい

5.3学費って高いの?

5.4どんな学資保険がいい?

5.5学資保険って何でするの?

6.老後の生活って大変らしい!個人年金保険でバラ色の老後を!

6.1個人年金保険とはこういうことだ!

6.2受け取り方でだいぶ違う!

6.3老後にいくらあれば生きていける?

6.4どんな個人年金保険がおすすめ?

6.5年金に税金がかかるの?

7.損害保険はあなたの味方!外に出れば7人の敵がいる!

7.1損害保険は、やさしさだ!

7.2自動車社会で自動車保険の偉大さを知る!

7.3火災の悲劇を火災保険が癒す

7.4災害の多いこの国で活躍!

7.5いろんな損害があるようだ!

8.まとめ
続きを読む