実は生命保険は掛け捨てが一番お得!掛け捨てを選ぶべき理由を詳しく解説!

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る

生命保険への加入を考えているあなたは、「掛け捨ての生命保険って、お金をドブに捨てているようなものだから嫌だ! 」って思っていませんか?

掛け捨ての生命保険は、イメージが「捨て」という言葉のせいで良くなく思われがちです。

しかし、実は「保障だけを買う」と非常にシンプルな保険なのですよ。

掛け捨てタイプの保険は、貯蓄タイプの保険のように複雑な仕組みがないため、安い保険料でリスクに備えることができます。掛け捨て保険に進んで加入する人は賢い人なのですよ。

今回は、生命保険の掛け捨てが一番お得な理由について詳しく解説いたしますので、最後までお読みくださいね。

目次

1.保険料が返ってくる保険は?
1.1終身保険
1.2養老保険
1.3個人年金保険
1.4学資保険
1.5お祝い金付き保険

2.掛け捨てでない保険の問題点
2.1保険料が高い
2.2元本割れのリスクがある
2.3利率は昔と比べると低い

3.掛け捨て型保険
3.1掛け捨て保険の特徴は保険料の安さ
3.2積立の保険
3.3積立型と掛け捨て型のハイブリッド「アカウント型保険」

4.掛け捨て生命保険の種類
4.1定期保険で大きな保障が必要な場合
4.2月々の保険料を低く
4.3収入保障保険
4.4掛け捨て生命保険の注意点

5.掛け捨ての死亡保険が合っている人は?
5.1子どもが独立するま抑えたい場合
5.2保険以外の資産運用で将来の老後・教育資金などに心配のない場合

6.掛け捨てタイプと積立タイプの保険どちらを選ぶ?
6.1掛け捨てタイプと積み立てタイプとは?
6.2掛け捨てタイとプのメリット・デメリット
6.3積み立てタイプのメリット・デメリット

7.生命保険は掛け捨てで十分か?
7.1掛け捨て型と貯蓄型の魅力を比較してみよう!
7.2なぜ保険が必要なのかを考る
7.3掛け捨てだけにする人はどんな人か

8.まとめ

1.保険料が返ってくる保険は?

実は生命保険は掛け捨てが一番お得!掛け捨てを選ぶべき理由を詳しく解説!

生命保険には、払った保険料が返戻されない掛け捨て保険と、保険料が返戻される保険があります。

保険料が掛け捨てではなく返戻される生命保険には次のような保険があります。

・終身保険
・養老保険
・個人年金保険
・学資保険
・お祝い金付き保険

これらについて簡単に紹介します。

1.1終身保険

終身保険とは、保障が一生涯続く保険です。

終身保険に加入していれば、人はいつかは死にますので、必ず保険金を受け取ることができます。

1.2養老保険

一定期間の「30年間」や「60歳まで」というように期間を定めて保障する保険で、保険金がその期間内に亡くなるともらえるという保険になります。

また、死ぬことがその期間内になければ、保険金が満期時に受け取れます。

1.3個人年金保険

個人年金保険に加入していれば、年金を「60歳から」や「65歳から」など自分が決めたタイミングから、受け取ることができます。

万が一、それまでに亡くなってしまうと死亡保険金として、既に払った保険料に相当する額が受け取れます。

1.4学資保険

学資保険は、保険金を大学進学時など決まったタイミングで受け取れます。

ただし、特約として入院保障など別の保険をつけていた場合には、その部分に関しては掛け捨てということになります。

1.5お祝い金付き保険

お祝い金が付いているタイプのものは普通の定期保険でもあります。

受け取れるタイミングが「3年ごと」など決まっています。

他にも、掛け捨てではない「保険料が返ってくる医療保険」など、いろいろな保険があります。

2.掛け捨てでない保険の問題点

実は生命保険は掛け捨てが一番お得!掛け捨てを選ぶべき理由を詳しく解説!

支払った保険料が返ってくるという保険には、実は大きな問題点があるのです。

それは、保険料が高い、元本割れのリスクがある、利率が低いと言うこてとです。

これから、これらの問題点ついて解説します。

2.1保険料が高い

保険の仕組みと言うのは、たくさんの人が少しずつのお金を出し合って、その集まったお金をプールしておくと言うことで成り立っています。

そして、出し合った方の中でどなたかが亡くなった場合には、プールしてあるお金の中から死亡時に3,000万円とか5,000万円などの大金がもらえるのです。

しかし、死亡したらお金がもらえますが、死亡しなければお金は1円ももらえないというのが、基本的な保険の仕組みです。

ここで考えていただきたいのが、支払った保険料が戻ってくるということは、それだけ保険料については負担が必要になっているからなのです。

掛け捨て保険とは比較できないくらい、掛け捨てではない保険の保険料は高額です。

たとえば、同じ期間の保険でも定期保険と養老保険とでは、10倍以上の差と驚くほどの差が出ています。

2.2元本割れのリスクがある

掛け捨てでない生命保険の売りは、その貯蓄性にありますが、リスクとして場合によっては元本割れを伴う危険性があります。

ですから、保険料を払込んでいる期間内に早期に解約すると、貯蓄が可能な終身保険の解約返戻金についても、支払った保険料の総額を解約返戻金の額が下回る可能性が高いと言えます。
また、早期解約は養老保険で満期給付金がある場合も、元本割れのリスクを覚悟しておく必要があります。
解約返戻金や死亡保険金の額が運用実績により異なる変額保険についても、もちろん元本割れのリスクを伴います。

保険の場合は途中解約すると元本割れしてしまいますし、貯金と違って万が一緊急でお金が必要になったとしても、引き出すことはできません。

また、決して利率が良いとも言えませんので、お金を増やすためにはね保険で増やすことは考えずに、自身で運用していく方が殖やしやすいと言えます。

特に、慎重に検討していただきたいのは、個人年金保険や終身保険やのように期間が非常に長く続く契約に関してです。

2.3利率は昔と比べると低い

生命保険は、銀行の定期預金と比較して、利率が高いと言われていますが、実は、昔と比べてその利率は低くなっています。

各保険会社が生命保険の予定利率は、決めているのですが、金融庁が基準となる利率は定めています。

平成2年には予定利率は、5.5%ほどでしたが、平成25年には1%程度にまでと4.5%も下がっています。

現在の経済情勢から、今後も予定利率は低くなることが予想されています。

現在の保険は、貯蓄性が高かった昔の保険と比べると、貯蓄性が掛け捨てじゃなくても低いということです。

マイナス金利による現在の日本は、終身保険の返戻率も大きく上昇するという状況はとても見込める状況下にはありません。

通常の終身保険は、死亡保険金の確保を目的に加入する場合においては、手厚い保障が期待できます。

しかし、高い利益を解約して得たい方にとっては不満が残る状況にあると言えます。

3.掛け捨て型保険

実は生命保険は掛け捨てが一番お得!掛け捨てを選ぶべき理由を詳しく解説!

掛け捨て型の生命保険には2つのタイプがあります。

そして2つには共通の特徴があります。

これからメリットと注意点を解説します。

3.1掛け捨て保険の特徴は保険料の安さ

掛け捨て生命保険は、その保険料の安さが最大の魅力といえます。

特に、住宅ローンやお子様の学費などで出費が多い子育て世代の方のケースでは、保険料をできるだけ抑えたいものです。

貯蓄性がない分、掛け捨て型は保障に重点をおいている保険です。

特徴として万が一の保障も手厚く受けられ、積立型と比較して保険料も安く設定されいます。

また、「10年間」や「60歳まで」などのように保障を受けられる期間も定めることができます。

ただし、途中解約したり、何事もなく満期を迎えても返ってくるお金はありませんし、あっても非常に少額です。

そのため、支払ったお金が戻ってこないことから、人によっては保険料を支払うのがもったいないと感じる方もいるのではないでしょうか。

掛け捨て型の保険は、しっかりとした保障を少ない予算で受けたい方や、少ない保険料でも安心を買ったと考えられる方が向いているといえます。

3.2積立の保険

積立型は貯蓄性を備えた保険であることから、毎月保険料を支払う感覚で積み立てることができます。

その分だけ保険料が掛け捨て型よりも高くなりますが、返戻金が満期を迎えた場合や中途解約時には受け取れます。

返戻率とは、支払ったお金に対して戻ってくるお金の割合のことをいいます。

返戻率100%以下であれば、払った分よりも少なく戻ってくることを意味します。

長期の保障を前提としている終身保険は、ほとんどの保険商品では中途解約だと返戻率が100%を下回るリスクもあることを承知しておいてください。

積立型と掛け捨て型の保険料支払総額を比較すると、30年間の保障期間では、掛け捨て型の総支払額の6倍も積立型については支払わなければならない試算結果が出ています。

もちろん、返戻金がある積立型保険は、支払った以上のお金を受け取ることもできます。

しかし、支払う毎月の保険料が家計の負担になってしまっては何のための保険か分かりません。

このように、保険選びはあなたの負担する保険料と必要保障額とのバランスをみて、あなたの人生設計に合わせることが大事です。

保険の無料相談もありますので、保険選びに困った場合はお金のプロであるファイナンシャルプランナーへ相談してみることをおすすめします。

3.3積立型と掛け捨て型のハイブリッド「アカウント型保険」

アカウント型終身保険とは、保障と、銀行口座のように出し入れできる積み立て部分をアカウントと言いますが、この部分が合わさった保険のことをいいます。

イメージ的には、定期付終身保険の終身保険部分が貯蓄になったと考えればよろしいのではないでしょうか。

各種特約をライフスタイルに合わせて自由に設定できることから、「自由設計型」とも呼ばれています。

特徴として、手厚い保障を受けながら貯蓄ができますので、何かのカ事情でお金が必要になったときには積み立て部分を引き出せることです。

こう聞くと良いことづくめのアカウント型終身保険のように思えますが、アカウント型終身保険には次のような問題点があります。

  • 終身保険ではない

名前が終身保険と付いていますが、正確には終身保険ではないのです。

終身保険へ移行する権利が、定期保険の支払期間が満期を迎えたときに与えられるだけであって、通常の定期保険とそれまでは同じです。

ほとんど積み立て部分は増えない
定期保険であるアカウント保険は、期限が来ますと更新をしなければなりません。

そして、更新時の年齢に応じて保険料は上昇します。

アカウント部から高くなった保険料分を充てられるため、メリットは負担が少なくなるということがありますが、積立金はその分減ってしまうというデメリットがあります。

基本的にアカウント型終身保険は、定期付終身保険と同じ仕組みなのです。

そのため積立型と掛け捨て型のメリットを併せ持ってはいますが、両者のデメリットも持っているのです。

また終身保険に移る場合に、差額の費用を支払うために、それまで積み立てた部分だけでまかなうということは難しいので、終身保険に移行する際には、ある程度の資金を準備しておく必要があります。

アカウント型保険とは、保険の積立部分をアカウントと呼びますが、この積み立て部分を主契約にして、特約として様々な定期保険や医療保険などの保険を付加できる総合保障タイプの保険をいいます。

仕組みは、支払った保険料は全てアカウント部分に積み立てられ、そこから特約の保険料を支払うということになります。

保険料は、家計が厳しい時は少なめにしたり余裕がある時は多めに支払って積み立てを多くしたりといった変更ができます。

ただし、問題点となっていることは、特約の支払いに支払った保険料のほとんどが回ってしまい、アカウントにほとんどお金が残っていない、というプランの組み方をしてしまうケースが散見されています。

アカウント保険は、仕組みが非常に複雑で理解しにくい保険なので、専門家のファイナンシャルプランナーなどのから入念な説明を受けた上で考えるべきです。

4.掛け捨て生命保険の種類

実は生命保険は掛け捨てが一番お得!掛け捨てを選ぶべき理由を詳しく解説!

掛け捨て保険にはどんな種類があるかみていきます。

掛け捨て型保険には、一般的に、生命保険(死亡保険)、医療保険それぞれに次のような種類があります。

  • 掛け捨ての保険の種類

死亡保障の生命保険には、次の2種類があります。

・定期保険

保険期間内に死亡した場合に、死亡保険金が受け取れる保険

・収入保障保険

保険期間内に死亡した場合に、毎月一定額の保険金を給料のように受け取れる保険

医療保障の保険にも次の2種類があります。

・医療保険

病気やけがによる手術や入院費用などに備える保険

・がん保険

がんによる手術や入院費用などに備える保険

生命保険で掛け捨ての保険というと、定期タイプといって保険期間が決まった保険になります。

しかし、医療保険では保険期間が定期のものと終身のものとがあって、主流となっているのは終身の掛け捨て保険です。

4.1定期保険で大きな保障が必要な場合

掛け捨て型の生命保険と積立型の生命保険を比較して、掛け捨て型の保険と積立型の保険の保障額の違いを見てみます。

現在30歳の男性が、掛け捨て型の定期保険で約4,700万円の死亡保障が得られるとすると、60歳まで毎月1万円の保険料を支払い続けることになります。

保険料支払総額360万円で4,700万円の保障が得られます。

その一方で、支払額が掛け捨て型と同じ、毎月1万円の積立(貯蓄)型終身保険に加入した場合、だいたい700万円の保障金額になります。

支払額が毎月変わらないのに保障額がこんなに違うとするなら、いかに掛け捨て型の保険がお得なのかがわかるのではないでしょうか。

4.2月々の保険料を低く

掛け捨て保険のメリットに、保険料が安いということがあります。

それは、貯蓄型の保険のように積み立て分の保険料を支払う必要がありません。

掛け捨て型は、純粋にに保障のみを売っている商品だからです。

そのため、何かとお金のかかる子育て世代などで、少ないお金で大きな死亡保障が必要な場合に、保険に加入しやすいといえます。

また、仕組みが保障のみのシンプルなもなので、保険加入の判断もその保障が必要かどうかだけをシンプルに考えれば大丈夫です。

掛け捨ての保険のデメリットは、10年、20年などと保険期間を更新していく場合に保険料が大幅に上がってしまいます。

また、80歳を超えると更新できなくなってしまうことです。

4.3収入保障保険

家庭の大黒柱が亡くなってしまうと、残された遺族には経済的負担が重くのしかかってきます。

子供さんの教育費や諸々の費用を終身保険でまかなおうとすると、月々の保険料は必然的に高額になってしまいます。

そのようは場合に役立つのが「収入保障型定期保険」です。

この保険は、被保険者が死亡または重篤な障害が発生したときに、保険金を給料のように毎月受け取れるプランになっています。

加入直後に死亡したときが保険金は最も多く、保険金は加入期間に応じて下がっていきます。

安い保険料で生活費や教育費などを保障できるため、子育て世代に人気のある保険です。

4.4掛け捨て生命保険の注意点

掛け捨て型の生命保険の魅力は比較的保険料が安く、万が一のときに備えられることです。

ただし、注意することは、更新型の保険にした場合、一般的に更新するごとに保険料が上がります。

何度も更新していくと、最終的に貯蓄型よりも割高になる可能性があります。

従って、あらかじめどれぐらいの金額まで上がるのかを、調べておくことをおススメします。

5.掛け捨ての死亡保険が合っている人は?

実は生命保険は掛け捨てが一番お得!掛け捨てを選ぶべき理由を詳しく解説!

掛け捨ての保険は大きな保障を安い保険料で得たい人に合っています。

死亡保険を掛け捨ての保険に加入するのには、どんな人生の節目がふさわしいのかみていきましょう。

5.1子どもが独立するまえに抑えたい場合

子どもが独立するまでは、親である自分に万が一のことがあった場合を想定して、特に大きな保障を必要とします。

しかし、子育てには教育費等色々な費用が掛かり、高い保険料を支払うことは家計を圧迫してしまいます。

そのような場合に、最適と言えるのが、定期保険です。

定期保険は少ない保険料で大きな保障を得ることができます。

また、子どもが独立した後は、保険料を抑えるために保障内容を減らすことが可能です。

5.2月々の保険料を低く抑えたい場合

まったく保険に入らないのは不安だけど、将来に対する備えはまだあまり考えられないという独身でまだ若い人に向いています。

保険の見直しについて、結婚、出産などの守るべきものが増えた場合などライフステージの変化によって行うとよいでしょう。

5.3保険以外の資産運用で将来の老後・教育資金などに心配のない場合

老後や教育資金の備えとして終身保険を活用する場合があります。

しかし、保険以外の不動産、貯金や預金、投資信託、株などの資産運用で資金をまかなえるといった場合もあるでしょう。

そのような場合には、掛け捨ての定期保険が一時的に必要なときだけ保障を得られるので、向いていることがあります。

6.掛け捨てタイプと積立タイプの保険どちらを選ぶ?

実は生命保険は掛け捨てが一番お得!掛け捨てを選ぶべき理由を詳しく解説!

保険を選ぶうえで、掛け捨てなのか積み立て型なのか、迷うと言う方も多いでしょう。

それぞれにメリットとデメリットがあるが故に、迷ってしまうと思います。

そこで、ここでは、それぞれのメリットとデメリットを見て行きましょう。

6.1掛け捨てタイプと積み立てタイプとは?

保険を検討する際に、積み立てタイプの保険は保険料が掛け捨てタイプに比べて高いので、掛け捨てタイプの保険は損だとは思っていても、どちらを選んでいいのか分からないという方がいらっしゃるのではないでしょうか。

積み立てタイプの生命保険とは、終身保険や養老保険が該当し、途中で解約した時や満期の時に戻ってくる解約返戻金や満期金がある保険のことです。

一方、掛け捨てタイプの生命保険は定期保険が該当し、解約返戻金や満期金が少ないか、全くなく、その分保険料が抑えられています。

6.2掛け捨てタイとプのメリット・デメリット

掛け捨て型保険のメリットとデメリットについて説明します。

  • メリット

掛け捨ての定期保険は、一般的に終身保険と比べて保険料が安く設定されています。

大きな保障を少ない保険料で得ることができるというメリットがあります。

人生の節目節目によっては、高額な保険料が家計を圧迫するような時期もあります。

その点、少ない負担で万が一に備えることができる掛け捨て型は魅力のある保険です。

また、保障期間が短く、途中解約によって損をすることがほとんどない定期保険は、保険の見直しを終身保険と比較すると行いやすいというメリットもあります。

  • デメリット

一番のデメリットとして考えられることは、保険金が満期になっても支払われないということです。

また、解約払戻金が途中解約をしてもはないか、もしくは非常に少ないことが言えます。

通常は、満期になると更新を行うことになりますが、一般的に同じ保障内容でも年齢が上がっていることから、更新時に保険料が上がるのです。

一時的に加入し、必要な保障を得るという場合に定期保険はメリットが得られます。

しかし、長期的に加入していると、子供の独立などで大きな保障が必要なくなって途中解約をしても解約払戻金がほとんどありません。

このため、終身保険と比べてデメリットが生じてしまう場合があります。

6.3積み立てタイプのメリット・デメリット

保険料が高いというのが、積み立てタイプと掛け捨てタイプを比較した場合のデメリットといえます。

しかし、保険に加入していることで貯蓄を兼ねていますので、貯蓄をしていると言う意識が薄くても毎月積立貯蓄をしていることと言えます。

保険商品の中には、保険料の満期期間が終了する前の途中解約時の解約返戻金については低く抑えられていたとしても、保険料の払込期間が終了した後は支払保険料総額よりも多くの解約返戻金が戻ってくるような保険もあります。

ただし、保険商品の中には、戻ってくるお金が支払った保険料より下回ってしまう場合もあります。

そのため、解約返戻金がどのくらい返ってくるのかを確認しておきましょう。

7.生命保険は掛け捨てで十分か?

実は生命保険は掛け捨てが一番お得!掛け捨てを選ぶべき理由を詳しく解説!

保険料が安くて保障の多いことが掛け捨ての生命保険の魅力ですが、それだけで保障は大丈夫なのかをみていきます。

7.1掛け捨て型と貯蓄型の魅力を比較してみよう!

何度も言いますが、保険料の安さに掛け捨て型の魅力はあります。

性別、年齢、保険期間(保障を受けられる期間)によって、保険料は変わってきます。

その保障効果は若いうちに契約すれば、契約後早期に万が一ご不幸が起こった際には高くなります。

欠点は「掛け捨て」、つまり、支払った保険料が戻ってこないことです。

貯蓄型の魅力は、それまで支払った保険料の総額を上回るお金が一、定期間を経過することによって返ってくるところにあります。

欠点は、掛け捨て型よりも保険料が大幅に高くなることです。

7.2なぜ保険が必要なのかを考る

掛け捨て型は、死亡・高度障害状態・就労不能状態になった場合に、一定の条件にあてはまると給与相当額を受け取ることができるなどの保障を備えるのに、公的保険で不足だと思う額を比較的安い保険料で満たせることができます。

ただし、誰にも将来のことは予想することができませんので、保障を受けられる期間を慎重に決める必要があります。

保険期間が長くなればなるほど、保険料は高くなります。

貯蓄型は、お金を貯めるのが苦手で、保障と貯蓄性の両方を保険を利用して兼ね備える必要があると思われる方は、一つの選択肢として貯蓄型もなります。

ただし、返戻率は一定期間以内に解約した場合においては相当低く、契約直後はほぼ半分しか戻らないと言うことを承知しておくことが必要です。

7.3掛け捨てだけにする人はどんな人か

保険が必要だが生活に余裕はないと感じている人は、掛け捨て型だけにとどめておきましょう。

給与もさほど余裕のない、就職して間もなく家族を持っているような方は掛け捨て保険で、もしもの際に備えることができます。

給与が一般的水準よりも低い方や不安定な方には掛け捨て型がおススメです。

8.まとめ

実は生命保険は掛け捨てが一番お得!掛け捨てを選ぶべき理由を詳しく解説!

今回は、生命保険の掛け捨てが一番お得な理由について詳しく解説してまいりましたがいかがでしたでしょうか。

掛け捨てタイプ、積み立てタイプのどちらにも、それぞれのメリットとデメリットがあります。

自分に必要な保障に対して、適したタイプを選択することが必要なのではないでしょうか。

無料の生命保険相談なども充実しておりますので、どの保険を選べばよいか迷った場合は、専門家に相談することをおススメします。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!