アフラックのがん保険

aflac_cancer

賢い保険の選び方

将来に備えて保険を選ぶ。会社はいろいろあるしテレビでもコマーシャルで流れていて、いざ保険を選ぶとなると難しいものです。
しかし、いくつかの要点を抑えれば、自分に合った保険があります。そのためには資料を取り寄せて調べたり、ファイナンシャルプランナーのような専門家に相談するのもいいでしょう。この記事では、まずがん保険についてお話します。基礎的ながん保険と医療保険の違いを知り、自分に合った保険の選び方を考える参考にしてください。

続きを読む

オリックス生命保険の評判

orix_insurance

オリックス生命保険について

雑誌やサイトの「保険ランキング」で、毎回、上位にランキングされている保険会社に「オリックス生命」があります。

どんな保険会社なのでしょうか?オリックス生命の沿革をみてみましょう。

オリックスグループは、リース会社から始まり、今では、金融や自動車関連、エネルギー関連など、幅広く事業を展開している会社です。

オリックス生命は、その中の個人金融部門で、1991年に設立されました。

現在の販売スタイルは、代理店販売、銀行窓口販売、通信販売ですが、今後、直接販売のスタイルも展開していくと発表があり規模の拡大を感じさせます。

同グループの「オリックス・クレジット」や「オリックス銀行」を含めた金融部門は、ここ数年で2倍の利益成長を遂げています。

今後もますます成長しそうなオリックス生命ですが、今回は、そんな「オリックス生命」について、調べてみたいと思います。

続きを読む

アフラックのがん保険について

aflac

がん保険と聞いてまず思い浮かぶのがアフラックのがん保険という方も多いかもしれません。

アヒルをイメージキャラクターに使ったCMは、宮迫博之さんや櫻井翔さんをはじめ、名だたる有名芸能人を起用していることでもお馴染みです。

これだけの知名度を誇れば、アフラックのがん保険に入っておけば間違いない!と感じる方も少なからずいるはず。

でもちょっと待ってください!有名だからという理由で、安易に加入してしまうと、人によっては後悔してしまう可能性があります。

もちろん知名度があるということは、それだけ安心にもつながります。

ただがん保険というのは種類も多く、商品によって保証内容も大きく変わってきます。

またがんにかかった際の費用や保証してほしい内容は、人によって違うので、有名だから入るのではなく、自分の今の状況、がん保険の保証内容を知った上で加入する必要があります。

そこで今回は、CMでも有名なアフラックのがん保険とはどんな保険なのか?を書いた上で、入るメリットやどんな人に向いているのか?を書いていきたいと思います。

ちなみにここでは、アフラックのがん保険「新生きるためのがん保険」をもとに、すでにがん保険というものがある程度分かっている方や、アフラックの医療保険に現在加入しているという方に向けて書いていきたいと思います。
続きを読む

その「がん保険」は本当に必要?まずはがん保険を知ることから

cancer_insurance

本当にガン保険は必要なのか?

若い頃は考えもしなかったことかもしれませんが、だんだん年を取るにつれて、病気の心配も出てくるもの。

特に流れてくる保険のCMなんかを見ると、ガン保険の必要性をタレントの人たちが訴えかけていて、自分も入ったほうがいいのでは?と不安になってきます。

現在日本では2人に1人がガンにかかっているとも言われています。このデータだけ見ると、ガンにかかる確率はなんと50%です。

データだけを見るとガン保険に入ったほうがいいのではと思えてきます。

しかしそもそもガン保険って何?

今加入している保険とはどう違うの?

医療保険とがん保険どう違うの?

など様々な疑問が浮かんできます。

それに保険料に関しても、月負担額で見るとそこまでなかったとしても、その保険料をこれから何十年も払っていくことを考えると、安易にガン保険に加入するということも出来ません。

そこで今回はガン保険が必要性はっきりさせた上で、医療保険との違いも示し、じゃあどんな人がガン保険に加入するべきなのか、いざ加入するにあたってのガン保険を選ぶポイントは何なのかを書いていきたいと思います。

ここにかいてある記事を参考にして、がん保険への加入をご検討して頂ければと思います。

続きを読む

配当金の種類と内容

配当金

生命保険の配当金の内容と種類について解説しています
 
生命保険にも配当金の制度があります。

契約者が保険会社に支払う保険料は、純保険料と付加保険料に分けられます。

純保険料は、契約者から請求があった保険金に充てるものです。

付加保険料は、保険事業に必要な維持費等です。

・純保険料
予定死亡率と予定利率をもとに計算されます。
 
・付加保険料
新しい保険契約あるいは契約の維持管理費など事業経費から計算される予定事業費率で計算されます。

続きを読む

学資保険と生命保険の二つについて

学資保険と生命保険について解説いたします。

学資保険は保険なので入っていれば、生命保険には入らなくてもいいと思っている人がいるのですがそれは間違いです。

生命保険学資保険というのは、保険という言葉があるだけで全くの別です。

学資保険というのは教育資金をためることが目的です。

続きを読む

自動車保険の保険料の仕組みについて

車

自動車に乗る方は、自動車保険の保険料を毎年支払っていることでしょう。しかし、その仕組みについて十分に理解して今すか? 一般的に、補償金額(保険金額)、補償範囲、等級、契約者の条件などによって保険料は大きく変わってきます。複数の保険・特約によって構成され、またいろいろな条件設定などがある自動車保険は、非常にその仕組みが分かりづらいといえます。しかしながら、今からの時代、効率的に保険を活用することは必要不可欠な技術であり、ある程度保険料の仕組みを理解しておくことは大切です。
続きを読む

絶対これだけはおさえたい!生命保険の選び方が分かる超おすすめの良質記事10選

coins-948603_640い方は意識する機会が少ないかもしれませんが、就職、結婚、出産という人生の転機を迎えるとライフプラン(人生設計)に向き合う必要が出てきます。その際に検討する必要が出てくるのが生命保険。生命保険には死亡保険や入院保険と様々な種類があります。しかし、誰しもが全ての種類に加入する必要もありません。

「生命保険ってキーワードしか知らない」
「自分は今どんな保険に入っているんだろう」
「自分はどんな保険に入れば良いんだろう」

こんな悩みを抱える方は多いのでは無いでしょうか?そういった悩みを少しでも解決すべく、今回は「生命保険の選び方が分かる超おすすめの良質記事10選」をお届けします。

続きを読む

必ずおさえておきたい!お金と生命保険について考える良記事・良書10選

若い方ですと、まだ生命保険に加入されていない方も多いのではないでしょうか?生命保険とはいっても、ご自身に何かあった時のためにかけておくことを目的に加入する保険もあれば、貯蓄を目的加入できる生命保険もありま。今回は、生命保険についてわかりやすくまとめている記事を10つ厳選していみました。特に20代の社会人の方でまだ生命保険に対して何も検討したことがない方は是非ご覧下さい。

続きを読む

生命保険とは

生命保険とは何か、生命保険とは
どんな仕組みなのか見てみましょう。

生命保険は、人間の生命や病気・ケガにかかわる損失を保障することを目的とする保険で、一般的に死亡時に保険金が支払われる「死亡保険」のことを生命保険と呼ぶことがあります。
続きを読む

自動車保険の保険料の仕組みについて

自動車に乗る方は、自動車保険の保険料を毎年支払っていることでしょう。しかし、その仕組みについて十分に理解して今すか? 一般的に、補償金額(保険金額)、補償範囲、等級、契約者の条件などによって保険料は大きく変わってきます。複数の保険・特約によって構成され、またいろいろな条件設定などがある自動車保険は、非常にその仕組みが分かりづらいといえます。しかしながら、今からの時代、効率的に保険を活用することは必要不可欠な技術であり、ある程度保険料の仕組みを理解しておくことは大切です。
続きを読む

自動車保険の保険料の抑える方法

様々な要素が複雑に絡み合って保険料が決まる自動車保険。ここではその節約方法についてまとめています。

対人賠償と対物賠償では節約をしない

対人賠償保険と対物賠償保険が一番の要となる自動車保険です。この2つについては十分な補償(賠償資力)を確保するため保険料の節約を考えないようにしましょう。万が一の賠償リスクが実際に起こった際、十分対応できなければ、保険に加入している意味がありません。

自分と家族の補償は効率的に用意し、保険料を抑える

自動車保険では、自分と自分の家族の補償もしっかりとした準備が重要です。生命保険や医療保険などでも自分と家族の補償をカバーしている部分があるので、効率的に補償を用意し、全体の状況を考えた上で、無駄を省いていきましょう。

続きを読む

自動車保険におけるノンフリート等級とは

自動車に乗る方であれば、一度は耳にしたことがあるであろう「等級」という言葉を。この等級については、具体的に何なのと聞かれると「自動車保険の保険料に影響を及ぼすものだと知っていても、いまひとつ分からない」という人も多いのではないでしょうか。自動車保険の等級について、このページで基本的な知識をご紹介します。

続きを読む

自動車保険の見積りを比較する

自動車保険の見直しに興味があり、「自動車保険の保険料は安くできる!」と知ってはいるものの、イザとなると何からやればいいのか分からなかったり、つい面倒くさくて昨年と同じ内容で更新という方も多いのではないでしょうか。

通常、自動車保険は1年契約なので、医療保険や生命保険とは異なり、見直しの機会が毎年あります。最初から完璧に自動車保険の見直しを行うことは難しいですが、見直しの機会が毎年あるので、徐々に上達していくことができればよいのではないでしょうか。自動車保険の見積りを取るポイントについて、ここでは簡単にご紹介したいと思います。

続きを読む

自動車保険における割引制度

自動車保険では、営業コストの小さい契約者やリスクの少ない契約者に対しての保険料が安くなる様々な割引制度があります。リスクが少ないとは、保険会社から見た場合、事故を起こしても損害が少なかったり、事故を起こしにくかったりというように、保険金を支払う可能性が小さいことを意味します。

この割引制度は、また全ての保険会社にあるわけではなく、保険会社によって内容や割引率が異なるので、事前によく確認する必要が有ります。なお、自己申告制のため、割引制度を利用する際には正しく申告するようにしてください。もし申告と違っている場合、ペナルティを課されたり、後でトラブルになることもありますので。

保険料を確実に安くできる自動車保険の割引制度は、自分の状況をよく把握した上で、積極的に活用してみたいところです。

続きを読む

自動車保険の運転者の年齢条件・対象範囲

事故時の保険金の支払い対象である運転者の条件をどう設定するかによって、自動車保険の契約における保険料が大きく変わってきます。一般に自動車保険の保険料は、運転者の年齢条件を絞り込むほど、また運転者の対象範囲を絞り込むほど安くなります。

続きを読む

保険会社の信用度を確認(2)

この金融ビッグバンの時代にますます求められている金融取引における自己責任。しっかりと自分の目で保険会社の信用度を見極められるようにポイントをご紹介します。

ダイレクト系の損害保険会社のポイント

主にインターネットやコールセンター(電話)で、自動車保険の販売を行っている、ダイレクト系の損害保険会社。外資系と国内系の2種類があり、リスク細分型自動車保険の商品が主流となっています。以下は主なポイントです。

続きを読む

保険会社の信用度を確認(1)

金融ビックバンが進むと共に、金融取引において常に自己責任が求められるようになってきました。これは自動車保険についても例外ではなく、保険会社の信用度をしっかりとチェックそて取引することが重要です。契約を結ぶ際には自身の手で情報を収集し、自身の目で判断することが重要です。

保険会社の選択に失敗しないために、確認したいポイントはいくつかあります。ここでは二回に分けてそのポイントをご紹介していきます。

保険会社の信用度をチェックする

保険会社の信用度については、一般的にチェック項目がいくつかありますが、やはりその中でも重要なのは『格付け』と『ソルベンシーマージン比率』です。それに加え株価なども(株式を上場している会社であれば)参考になります。これ以外にも、会社のバックグランド(金融グループ、親会社等)について確認することも重要なポイントです。特に、異業種系や外資系の場合、バックグランドの情報は総合力を見る上でとても参考になります。

今のような自己責任が求められる時代において、もはや保険会社の信用度を確認することは必須と言っても過言ではなく、信用度の高い保険会社を選択し、実際の取引にあたるようにしましょう。

損害保険会社のタイプを確認

様々なタイプがある損害保険会社ですが、信用度をチェックする前に自分が取引する保険会社がどんなタイプかを把握しておきましょう。基本的なタイプを以下にまとめました。
・既存系損保(代理店販売)←→ダイレクト系損保(通信販売)
・国内系損保 (生保系、損保系、異業種系)←→外資系損保

既存系の損害保険会社について

主に代理店経由で自動車保険の販売を行っている会社を既存系の損害保険会社といいます。大手損保と生保系損保の2種類があります。以下は主なポイントです。
・自動車保険の多様な商品内容
・事故対応の拠点数が多くサービスが充実
・代理店網が充実
・保険の総合サービスを実施

保険会社の事故対応サービスを確認

万が一の自動車事故等への備えのために自動車保険(任意保険)は、加入するわけですが、その際重要な点には大きく分けて2つあります。一つは、万が一のときので、「事故対応(事故処理)サービス」もう一つは万が一のときの「補償の確保(保険と特約)」です。

一般に生命保険や医療保険などとは異なり、自動車保険では事故が起きた場合、事故証明の取得、事故車の処理、保険金の請求、相手との示談交渉など、複雑な事故対応が発生します。そのため、イザという時に保険会社の事故対応サービスはとても大きな影響を及ぼしますので、その内容は補償の確保と併せてしっかりとチェックするようにしましょう。

事故対応のサポート体制を確認

保険の契約台数やビジネスモデルなどの違いにより、事故対応のサポート体制を一概に判断することはできませんが、一つのその保険会社の利便性を見る上での参考となります。
・サポート体制の規模(拠点数、事故処理スタッフ数等)
・事故対応制度の状況(1事故1担当者制、対人・対物別担当制等)

事故対応のサポート受付を確認

事故の際に一刻も早く保険会社とコンタクトを取る上で、事故対応のサポート受付はとても重要になります。

・事故受付のフリーダイヤルの状況
・24時間事故受付や休日事故受付の状況
・休日の現場急行(事故相談、サポート)状況
・休日の事故処理対応状況

事故対応のサービス内容を確認

万が一の故障や事故の際にこそ事故対応のサービス内容の真価が問われ、保険会社(自動車保険)に対する安心感の元になります。

・故障時の無料ロードサービスの状況
・保険金の平均支払い日数はどうか?
・レッカー牽引の無料範囲
・担当者の入院被害者訪問サービスの状況
・事故処理の進捗状況の連絡の状況
・宿泊・帰宅サービスの状況
・事故証明取得サービスの状況
・示談交渉サービスはどうなっているか?
・指定修理工場での修理では修理箇所の保障の状況
・医療アシスタントサービス(簡易相談)の状況
・保険請求時の請求書類簡略サービスの状況
・緊急無料修理の状況
・代車無料貸与の状況